エチゼンクラゲとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > その他の動物 > 刺胞動物 > エチゼンクラゲの意味・解説 

エチゼンクラゲ


越前水母

読み方:エチゼンクラゲ(echizenkurage)

日本近海生息する最大クラゲ


越前水母

読み方:エチゼンクラゲ(echizenkurage)

エチゼンクラゲ科のクラゲ

学名 Stomolophus meleagris


越前水母

読み方:エチゼンクラゲ(echizenkurage)

半球形に近い傘があり、その下に多数触手をもつクラゲ一種

季節

分類 動物


エチゼンクラゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/08 09:44 UTC 版)

エチゼンクラゲ(越前水母、越前海月、Nemopilema nomurai)は刺胞動物門鉢虫綱根口クラゲ目ビゼンクラゲ科エチゼンクラゲ属に属する動物である。


  1. ^ 岸上鎌吉 「エチゼンクラゲ」『動物學雜誌』34巻、343-346頁、1922年。
  2. ^ 放送禁止用語一覧
  3. ^ 独立行政法人水産総合研究センター 日本海区水産研究所 「大型クラゲ関連情報
  4. ^ クラゲと魚のつながりをフィールドからさぐる – 京大フィールド研
  5. ^ エチゼンクラゲとズワイガニ 兵庫県立農林水産技術総合センター 但馬水産技術センター
  6. ^ エチゼンクラゲ激減、昨年の千分の一に 東シナ海で調査 朝日新聞
  7. ^ 食用クラゲは6種類/エチゼンクラゲ/くらげ普及協会 くらげ普及協会
  8. ^ 独立行政法人理化学研究所プレスリリース クラゲから採取したムチン、関節治療への応用で動物実験に成功
  9. ^ TBS夢の扉+“海の厄介者” 巨大クラゲで地球を救う! 〜クラゲの保水力で山林の荒地を緑化する『夢の肥料』開発
  10. ^ 小川元「大型クラゲの来遊について (PDF) 」『岩手県水産技術センター平成15年度水産試験研究成果等報告会講要』、15-16頁、2004年。
  11. ^ 「プレスリリース」関西電力『火力発電所におけるクラゲ大量発生による出力抑制について
  12. ^ 「ニュースアンカー」関西テレビ報道 『発電所にクラゲ大発生のワケ』
  13. ^ 毎日新聞 2006年6月10日夕刊 エチゼンクラゲ:中国の三峡ダム開発→東シナ海環境変化→大発生 仮説検証へ
  14. ^ 『図解 最新・地球の真実』宝島社、124-127頁、2008年
  15. ^ 大阪読売新聞2005年10月21日夕刊 18ページ「エチゼンクラゲやめて 福井県、大型クラゲに呼び換え訴え」
  16. ^ 毎日新聞2010年1月4日 ウマヅラハギ:餌のエチゼンクラゲ追って?やってきた 大漁にホクホク--福井


「エチゼンクラゲ」の続きの解説一覧



エチゼンクラゲと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エチゼンクラゲ」の関連用語

エチゼンクラゲのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エチゼンクラゲのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエチゼンクラゲ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS