個体群とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 集まり > 個体群の意味・解説 

こたい‐ぐん【個体群】

一定の時間空間内に生活する生物個体集まり同種のものについていうが、広義には異種集まりにもいう。


個体群 (こたいぐん)

 生態学的にみて何らかの機能をもった同種個体のある地域での集まり。ある地域限られた空間生息する何らかのまとまりをもった同種の個体全部を、主として個体数の面から把握したものである。便宜的に、任意に区切られた地域内の個体集まりや、特定の発育ステージのものだけの集団を個体群ということもある。
 野生シカサルなど主に群で行動する動物において、一定地域棲息同一行動をとる個体集団(群)のこと。

個体群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/18 06:00 UTC 版)

生態学における個体群(こたいぐん、: population)、遺伝学における集団(しゅうだん、英訳同じ)とは、ある一定範囲に生育・生息する生物1種の個体のまとまりを表す概念である。必ずしも集まっているものを指すわけではない。




「個体群」の続きの解説一覧



個体群と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「個体群」の関連用語

個体群のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



個体群のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
環境省環境省
Copyright © 2021 Kankyosho All rights reserved.
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2021 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの個体群 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS