31日とは? わかりやすく解説

31日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/15 05:38 UTC 版)

31日(さんじゅういちにち)は、上の各における31目である。






「31日」の続きの解説一覧

CJK互換用文字

(31日 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 15:05 UTC 版)

CJK互換用文字(CJKごかんようもじ、英語: CJK Compatibility)は、Unicodeブロックの1つであり、片仮名 (例: "㍍")・漢字 (例: "㍻")・英数字 (例: "㎠") などを組み合わせて1文字にした記号が収録されている。


バージョン コードポイント[a] 文字数 L2 ID WG2 ID ドキュメント
1.0.0 U+3300..3357, 337B..33DD 187 (to be determined)
1.1 U+3358..3376, 33E0..33FE 62 (to be determined)
4.0 U+3377..337A, 33DE..33DF, 33FF 7 L2/99-353 N2056 Amendment of the part concerning the Korean characters in ISO/IEC 10646-1:1998 amendment 5, (1999-07-29) 
L2/99-380 Proposal for a New Work item (NP) to amend the Korean part in ISO/IEC 10646-1:1993, (1999-12-07) 
L2/99-380.1 Cover page and Outline of the proposal, (1999-12-07) 
L2/99-380.3 Annex B, Special characters compatible with KPS 9566-97 (To be extended), (1999-12-07) 
L2/00-084 N2182 Amendment of the part concerning the Korean characters in ISO/IEC 10646-1:1998 amendment 5, (1999-12-07) 
L2/99-382 Whistler, Ken (1999-12-09), Comments to accompany a U.S. NO vote on JTC1 N5999, SC2 N3393, New Work item proposal (NP) for an amendment of the Korean part of ISO/IEC 10646-1:1993 
L2/00-066 N2170 The technical justification of the proposal to amend the Korean character part of ISO/IEC 10646-1 (proposed addition of 79 symbolic characters), (2000-02-10) 
L2/00-073 N2167 Karlsson, Kent (2000-03-02), Comments on DPRK New Work Item proposal on Korean characters 
L2/00-285 N2244 Proposal for the Addition of 82 Symbols to ISO/IEC 10646-1:2000, (2000-08-10) 
L2/00-291 Everson, Michael (2000-08-30), Comments to Korean proposals (L2/00-284 - 289) 
N2282 Report of the meeting of the Korean script ad hoc group, (2000-09-21) 
L2/01-349 N2374 Proposal to add of 70 symbols to ISO/IEC 10646-1:2000, (2001-09-03) 
L2/01-387 N2390 Kim, Kyongsok (2001-10-13), ROK's Comments about DPRK's proposal, WG2 N 2374, to add 70 symbols to ISO/IEC 10646-1:2000 
L2/01-388 N2392 Kim, Kyongsok (2001-10-16), A Report of Korean Script ad hoc group meeting on Oct. 15, 2001 
L2/01-458 N2407 Umamaheswaran, V. S. (2001-11-16), Request to Korean ad hoc group to generate mapping tables between ROK and DPRK national standards 
L2/02-372 N2453 Umamaheswaran, V. S. (2002-10-30), Unconfirmed minutes of WG 2 meeting 42 
  1. ^ 提案されたコードポイントと文字の名前は、最終決定と異なる場合がある。
  1. ^ Unicode character database”. The Unicode Standard. 2016年7月9日閲覧。
  2. ^ Enumerated Versions of The Unicode Standard”. The Unicode Standard. 2016年7月9日閲覧。
  3. ^ CJK Compatibility” (2015年). 2016年2月21日閲覧。
  4. ^ The Unicode Standard, Version 8.0.0”. Mountain View, CA: The Unicode Consortium (2015年). 2016年2月21日閲覧。


「CJK互換用文字」の続きの解説一覧

31日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 09:12 UTC 版)

2010年のラジオ (日本)」の記事における「31日」の解説

毎日放送開局60周年記念番組 31.5(サイコー時間ラジオMBS史上最大ラジオ祭り 歌でつなげる60年 目指せ1179曲てアンタ!?〜(MBSラジオ10:30-91日17:54出演:上泉雄一 他)後日レギュラー化

※この「31日」の解説は、「2010年のラジオ (日本)」の解説の一部です。
「31日」を含む「2010年のラジオ (日本)」の記事については、「2010年のラジオ (日本)」の概要を参照ください。


31日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 23:31 UTC 版)

福島第一原子力発電所事故の経緯 (2011年4月以降)」の記事における「31日」の解説

4号機使用済み燃料プールについて、代替注水手段による淡水注入から熱交換器による循環冷却切り替えられる

※この「31日」の解説は、「福島第一原子力発電所事故の経緯 (2011年4月以降)」の解説の一部です。
「31日」を含む「福島第一原子力発電所事故の経緯 (2011年4月以降)」の記事については、「福島第一原子力発電所事故の経緯 (2011年4月以降)」の概要を参照ください。


31日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/29 23:31 UTC 版)

福島第一原子力発電所事故の経緯 (2011年4月以降)」の記事における「31日」の解説

国際原子力機関事故最終報告書発表した日本では原発絶対安全であるとの思い込みがあったことにより大事故つながった批判し各国安全第一文化をもつ重要性強調している。日本の電力事業者間ではこの規模事故あり得ないとの思い込み政府規制当局責任と権限不明確疑問持たなかったなど問題点列挙した長時間にわたり電力供給停止することなどを想定外としていたことが事故主な要因挙げている。

※この「31日」の解説は、「福島第一原子力発電所事故の経緯 (2011年4月以降)」の解説の一部です。
「31日」を含む「福島第一原子力発電所事故の経緯 (2011年4月以降)」の記事については、「福島第一原子力発電所事故の経緯 (2011年4月以降)」の概要を参照ください。


31日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 18:05 UTC 版)

知床遊覧船沈没事故」の記事における「31日」の解説

海上自衛隊41掃海隊の掃海艇ちちじま」は終日水上捜索実施10時19以降および15時02以降空自千歳救難隊U-125A捜索救難機1機が捜索実施10時57以降および15時25以降空自千歳救難隊UH-60J救難ヘリコプター1機が捜索実施海上保安庁巡視船艇6隻、航空機1機、北海道警察警備艇2隻、ヘリコプター1機、北海道漁業取締船1隻にて捜索実施。。

※この「31日」の解説は、「知床遊覧船沈没事故」の解説の一部です。
「31日」を含む「知床遊覧船沈没事故」の記事については、「知床遊覧船沈没事故」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「31日」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「31日」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「31日」に関係したコラム

  • 株式の配当金や株主優待、新株を受け取るには

    株主は、その企業の経済的な利益を受け取る権利を持っています。その中でもよく知られているのが配当金、株主優待、新株です。配当金企業の利益をお金で受け取ることができます。配当金は、会社の利益を株主の出資比...

  • 株365の取引ができる証券会社の一覧

    株365とは、東京金融取引所(金融取)を通じて取引を行う株価指数証拠金取引のことです。東京金融取引所では株365の他に取引所FXの「くりっく365」の取引も行っています。投資家は、証券会社を通じて株3...

  • CFDのオレンジジュース相場の見方

    CFDで取引されるオレンジジュースの実体はオレンジ果汁を冷凍濃縮した状態のもので、Frozen Concentrate Orange Juice(FCOJ)、ICE US Frozen Concent...

  • CFDの小麦相場の見方

    小麦は、米やトウモロコシと並んで世界の三大穀物として世界各国で消費されています。次の図は、小麦の生産量をグラフに表したものです(アメリカ合衆国農務省調べ)。EU27か国、中国、インド、アメリカ合衆国の...

  • 株365の税金は

    株365で利益を得た場合には確定申告をして税金を納めなければなりません。課税方法は申告分離課税で、税率は利益の20%になります。申告は、会社勤めをしているサラリーマン、主婦、フリーターなど、職業を問わ...

  • 株式やFX、CFDのハッチの10%法とは

    株式やFX、CFDのハッチの10%法とは、サイラス・ハッチの考案した投資方法のことです。ハッチの10%法は、ハッチの10%ルール、10%転換法などとも呼ばれています。ハッチの10%法は、週末ごとに保有...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

31日のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



31日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの31日 (改訂履歴)、CJK互換用文字 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの2010年のラジオ (日本) (改訂履歴)、福島第一原子力発電所事故の経緯 (2011年4月以降) (改訂履歴)、知床遊覧船沈没事故 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS