イニングとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > イニングの意味・解説 

イニング【inning】

読み方:いにんぐ

《「インニング」とも》野球で、両チーム攻撃と守備交互に行う試合一区分。回。「三―を無失点抑える

「イニング」に似た言葉

イニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 08:38 UTC 版)

イニング: inning野球など)、innings(クリケット[1]))は、スポーツ、特に野球ソフトボールクリケットビリヤードにおいて、攻撃を行う間の試合の部分である。


  1. ^ 単複同形
  2. ^ 「観戦必携/すぐわかる スポーツ用語辞典」1998年1月20日発行、発行人・中山俊介、28頁。


「イニング」の続きの解説一覧

イニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 05:06 UTC 版)

キャップ投げ」の記事における「イニング」の解説

大会リーグ規定によって異なるが、1試合3-6イニングで競われる第一回公式キャップ投げ大会で予選3回制、決勝は6回制であった

※この「イニング」の解説は、「キャップ投げ」の解説の一部です。
「イニング」を含む「キャップ投げ」の記事については、「キャップ投げ」の概要を参照ください。


イニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 14:49 UTC 版)

ベースボール5」の記事における「イニング」の解説

5イニング制で行われ同点の場合タイブレーク方式延長戦を行う。3回終了時点15点差、4回終了時点10点差がついた場合にはコールドゲームとなる。

※この「イニング」の解説は、「ベースボール5」の解説の一部です。
「イニング」を含む「ベースボール5」の記事については、「ベースボール5」の概要を参照ください。


イニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 06:34 UTC 版)

日本女子プロ野球機構」の記事における「イニング」の解説

開催試合に応じて7イニング制(1日2試合開催時)、9イニング制(1日1試合開催時)の2形式イニング制を導入。7イニング制5イニング終了をもって試合成立とする。 4イニング終了をもって勝利投手権利を獲得するものとする。 9イニング制5イニング終了をもって試合成立とする。 5イニング終了をもって勝利投手権利を獲得するものとする。 ※5月27日会議以下に変更 開催試合に応じて5イニング制(1日2試合開催時)、7イニング制(1日1試合開催時)の2形式イニング制を導入

※この「イニング」の解説は、「日本女子プロ野球機構」の解説の一部です。
「イニング」を含む「日本女子プロ野球機構」の記事については、「日本女子プロ野球機構」の概要を参照ください。


イニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 05:12 UTC 版)

リトルリーグ」の記事における「イニング」の解説

イニングは6回まで。トーナメント制が多いので同点の場合時間回数無制限の延長戦が行われたり、あるいはタイムテーブルの都合で時間制限=抽選で次のステップ進出するチーム決めることが多い。(一般は9回、少年軟式野球の場合7回までの場合もある)2019年より8回以降無死二塁タイブレーク導入されたが、これは日本の高校野球よりも遅い。

※この「イニング」の解説は、「リトルリーグ」の解説の一部です。
「イニング」を含む「リトルリーグ」の記事については、「リトルリーグ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「イニング」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「イニング」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イニング」の関連用語

イニングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イニングのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイニング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのキャップ投げ (改訂履歴)、ベースボール5 (改訂履歴)、日本女子プロ野球機構 (改訂履歴)、リトルリーグ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS