レガースとは? わかりやすく解説

レガース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/05 10:59 UTC 版)

レガースレガーズまたは脛当て(すねあて)は、スポーツ競技者が用いるに装着する防具である(ここに強い打撃を受けると、激痛で成人男子といえども立てなくなる。「弁慶の泣き所」と言われる所以)。語源は英語Leg Guards に由来する和製英語である。シンガード(脛のガードの意)やレッグガードの方が英語としては正しい。




「レガース」の続きの解説一覧

レガース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 10:20 UTC 版)

捕手」の記事における「レガース」の解説

から下保護する保護部はポリカーボネート可動部合成繊維のものが多い。膝部の裏側には膝への負担を減らすためクッション入れられている。ウレタン製が多い。

※この「レガース」の解説は、「捕手」の解説の一部です。
「レガース」を含む「捕手」の記事については、「捕手」の概要を参照ください。


レガース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 04:25 UTC 版)

プロレス」の記事における「レガース」の解説

蹴り技による自身相手双方ダメージ低減する目的で1984年頃、新格闘技後の修斗)を模索中ザ・タイガー佐山聡)とマスク職人豊嶋裕司によって考案作成された。当初はシューティングレガースと呼称され、蹴りを使う選手UWFルール装着義務付けられ、革+発泡スチロール緩衝材筒状にしたストレッチ素材の脛箇所縫い付けられ仕様になっている。。UWF初期の頃足の甲部分ガードは、かかとが紐開きで甲に薄いクッション仕込まれたシューティングシューズ を組み合わせ履く事で請け負われ、同じタイプシーザー武志シュートボクシング初期の修斗でも使用された。第2次UWFの頃以降では足の甲脛かガード延長され(脛の革箇所一枚から二枚接ぎ型紙改良変更ハイカットスニーカーのようなアマレスシューズ等と組み合わされ場合多くなった。UWF象徴するアイテムとしてUWF団体出身選手着用者多かったが、現在ではリングコスチュームファッションとして浸透し選択肢の一つになっている

※この「レガース」の解説は、「プロレス」の解説の一部です。
「レガース」を含む「プロレス」の記事については、「プロレス」の概要を参照ください。


レガース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 06:16 UTC 版)

野球」の記事における「レガース」の解説

膝から足首までを保護するために装着する

※この「レガース」の解説は、「野球」の解説の一部です。
「レガース」を含む「野球」の記事については、「野球」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「レガース」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

レガースのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



レガースのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレガース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの捕手 (改訂履歴)、プロレス (改訂履歴)、野球 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS