盗塁とは? わかりやすく解説

とう‐るい〔タウ‐〕【盗塁】

読み方:とうるい

[名](スル)野球で、走者守備側のすきをついて次の塁へ進むこと。スチール


盗塁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/06 06:49 UTC 版)

盗塁(とうるい)は、野球における攻撃側の走者の進塁方法の一つである。走者が、安打刺殺失策封殺野手選択捕逸暴投ボークによらないで、1個の塁を進んだときに盗塁が記録される[注 1]。英語名はStolen Baseで略記はSBが使われる。日本でも「スチール」(steal)とも呼ばれる。


注釈

  1. ^ 公認野球規則9.07
  2. ^ 公認野球規則9.07(d)
  3. ^ 公認野球規則9.07(a)
  4. ^ 公認野球規則9.07(b)
  5. ^ 公認野球規則9.07(f)
  6. ^ 公認野球規則5.06(b)(3)(D)
  7. ^ 公認野球規則9.07(a)【注2】
  8. ^ 公認野球規則5.09(b)(10)
  9. ^ 2011年9月26日ロッテ対西武戦においてホセ・フェルナンデスが記録
  10. ^ 二盗の項で触れられているとおり、捕手からの二塁送球時に三塁走者がスタートを切ると本盗を阻止できない場合が多い。無死や一死で走者一・三塁の状況では本盗に対処するため、一塁走者がスタートを切っても捕手は二塁にではなく投手に送球し、三塁走者がスタートを切った場合は投手が再び本塁に送球するのが一般的なセオリーである。ただし、二死の場合は一塁走者をアウトにした時点で攻撃終了となるため、盗塁阻止が可能だと判断すれば二塁に送球してもおかしくない。
  11. ^ 日本プロ野球史上初のボールカウント間違いでもある
  12. ^ かつてロッテオリオンズが陸上短距離選手の飯島秀雄を代走要員として入団させたが、失敗に終わっている。
  13. ^ 陸上の400メートル競走の選手に腕の振りの矯正を施され、また腿上げのトレーニングを繰り返すことで一定の歩幅でかつステップが横に広がらない陸上短距離選手の理想のようなランニングフォームを身に付けた。

出典

  1. ^ Offensive Stats 101”. Baseball-almanac.com. 2014年4月22日閲覧。
  2. ^ キャンパニス(1957年) p.217
  3. ^ キャンパニス(1957年) p.230
  4. ^ キャンパニス(1957年) pp.230-231
  5. ^ キャンパニス(1957年) pp.231-232
  6. ^ 1イニングで2度盗塁死!?中島史上初の珍記録”. スポーツニッポン (2012年4月1日). 2021年3月31日閲覧。
  7. ^ ヤクルト村上67年ぶり1イニング二盗、三盗、本盗 日刊スポーツ 2020年11月5日 記事タイトルの67年ぶりとはセントラル・リーグでの記録
  8. ^ Stealing Second, Third, And Home Plate in the Same Inning”. Baseball Almanac. 2020年6月1日閲覧。
  9. ^ http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20080128-00000034-kyodo_sp-spo.html[リンク切れ]
  10. ^ 雑誌「週刊ベースボール」(ベースボールマガジン社刊)2008年5月19日号78-79ページ『2008年随想集2 4月のプロ野球から』
  11. ^ 相手知らぬ間にサヨナラ本盗/神奈川大会
  12. ^ Baseball Library
  13. ^ 「一塁盗塁」「ロボット審判」米独立リーグで実施へ”. 日刊スポーツ (2019年7月11日). 2021年3月31日閲覧。
  14. ^ 米独立リーグで史上初の一盗成功も… ファンは大反対「これは酷いアイデア」”. Full-Count (2019年7月15日). 2021年3月31日閲覧。
  15. ^ 「一塁盗塁」ルールはどうなった?アトランティック・リーグが実践する「より良いベースボール」のための試行錯誤【豊浦彰太郎のベースボール一刀両断!】<SLUGGER>(2/2ページ) THE DIGEST 2021.06.04 (2022年2月7日閲覧)
  16. ^ 「一塁盗塁」ルールはどうなった?アトランティック・リーグが実践する「より良いベースボール」のための試行錯誤【豊浦彰太郎のベースボール一刀両断!】<SLUGGER>(1/2ページ) THE DIGEST 2021.06.04 (2022年2月7日閲覧)
  17. ^ 広島ノムラの考え的中!フォースボーク”. 日刊スポーツ (2011年6月17日). 2021年3月31日閲覧。
  18. ^ 勝機逸したDeNA 奇策「フォースボーク」不発…”. 日刊スポーツ (2012年6月1日). 2021年3月31日閲覧。
  19. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」617、717ページ
  20. ^ a b “盗塁のとき、良いスタートをするには?”. 中日スポーツ (中日新聞社). (2011年3月16日). http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/column/eto/CK2011031602000087.html 2011年3月25日閲覧。 
  21. ^ 赤星憲広 『決断 阪神引退からのリスタート』 集英社、2010年、ISBN 978-4087805604、p.147
  22. ^ モーリー・ウィルス 「STEAL THIS BASE 歴代盗塁王が語る盗塁の極意」 『月刊スラッガー No.42 , 2001年10月号』 吉藤宗弘訳、日本スポーツ企画出版社、6-15頁
  23. ^ 津川晋一「韋駄天クロフォード、盗塁数激増の理由。」『NUMBER』第735号、文藝春秋社、2011年3月25日閲覧。
  24. ^ ベースボール・マガジン社『週刊ベースボール』2018年10月1日号 p.76.
  25. ^ 得点期待値から見る盗塁
  26. ^ 価値ある盗塁王は誰だ! ”赤星式盗塁” で見る歴代盗塁ランキングトップ10、2020年ランキングトップ5は?”. livedoor ニュース. 野球専門メディア・ベースボールチャンネル (2021年2月13日). 2021年10月23日閲覧。
  27. ^ 歴代最高記録 盗塁【通算記録】 - NPB.jp 日本野球機構(シーズン中は毎日更新)
  28. ^ 歴代最高記録 盗塁刺【通算記録】 - NPB.jp 日本野球機構(シーズン中は毎日更新)
  29. ^ 歴代最高記録 盗塁【シーズン記録】 - NPB.jp 日本野球機構
  30. ^ 歴代最高記録 盗塁刺【シーズン記録】 - NPB.jp 日本野球機構
  31. ^ 米大学野球で超レアなサヨナラ本盗決着! プロ野球公式戦では29年前が最後”. ベースボールキング (2015年2月22日). 2015年2月22日閲覧。
  32. ^ Career Leaders & Records for Stolen Bases” (英語). Baseball-Reference.com. 2018年10月15日閲覧。
  33. ^ http://www.baseball-reference.com/leaders/CS_career.shtml
  34. ^ Single-Season Leaders & Records for Stolen Bases” (英語). Baseball-Reference.com. 2018年10月15日閲覧。
  35. ^ http://www.baseball-reference.com/leaders/CS_season.shtml
  36. ^ MLB Stolen Bases Records”. en:Baseball Almanac. 2020年6月17日閲覧。


「盗塁」の続きの解説一覧

盗塁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/05 16:18 UTC 版)

マネー・ボール」の記事における「盗塁」の解説

あまり意味のない行為定義した全ての盗塁企画のうち成功するのは70%前後であり、盗塁を試みてアウトになるリスク冒してホームベース踏んだ場合得られる得点1点であること変わりはない統計学的見地から見ても、アウトになるリスク冒すより塁上に留まって長打を待つ方得点期待値が高い。また、盗塁を狙うことのできる選手ごく一部であり、チーム戦略としての普遍性がない。

※この「盗塁」の解説は、「マネー・ボール」の解説の一部です。
「盗塁」を含む「マネー・ボール」の記事については、「マネー・ボール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「盗塁」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「盗塁」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

盗塁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



盗塁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの盗塁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマネー・ボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの盗塁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS