ロサンゼルス・ドジャースとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > スポーツ競技団体 > 野球 > MLBのチーム > ロサンゼルス・ドジャースの意味・解説 

ロサンゼルス・ドジャース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/03 03:17 UTC 版)

ロサンゼルス・ドジャース英語: Los Angeles Dodgers、略称: LAD)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)ナショナルリーグ西地区所属のプロ野球チーム。本拠地はカリフォルニア州ロサンゼルスにあるドジャー・スタジアム。日本語圏でも英語発音に合わせて「ドジャーズ」と濁る事もある。


  1. ^ ナショナルリーグでワールドシリーズの優勝回数が一番多いのがセントルイス・カージナルスの11回。
  2. ^ サンフランシスコ・ジャイアンツシカゴ・カブスに次ぐ
  3. ^ “【MLB】経営難ドジャースのオーナー、管理責任者に前駐日大使就任で異論”. 産経新聞. (2011年4月28日). http://sankei.jp.msn.com/sports/news/110428/mlb11042812280012-n1.htm 2011年6月29日閲覧。 
  4. ^ “マジック・ジョンソン氏の投資グループ、ドジャースを買収”. フランス通信社. (2012年3月28日). http://www.afpbb.com/article/sports/baseball/mlb/2868402/8710942 2012年5月10日閲覧。 
  5. ^ http://www.jsports.co.jp/press/article/N2013021316475901.html
  6. ^ a b c d e f 伊東一雄「大リーグ球団史1 ロサンゼルス・ドジャース」『月刊メジャー・リーグ』1997年8月号、ベースボールマガジン社、1997年、雑誌 08625-8、64 - 68頁
  7. ^ a b 「ロサンゼルス・ドジャース [的確な補強で優勝街道進むも得点力不足響きこうはんせんに大失速]」『月刊メジャー・リーグ』2007年11月号、ベースボールマガジン社、2007年、雑誌 08625-11、29頁。
  8. ^ 「ロサンゼルス・ドジャース [ラミレス獲得が起爆剤に。トーリ監督は13年連続のプレーオフ]」『メジャー・リーグ記録集計号 ザ・スタッツブック 2008』、ベースボールマガジン社、2008年、雑誌 20449-11/20、57頁。
  9. ^ 3月13、14日 中華職棒與美國職棒道奇隊友誼賽CPBL公式HP 2010年1月22日付
  10. ^ Dodgers to play pair of exhibitions in Taiwan ロサンゼルス・ドジャース公式HP 2010年1月23日付
  11. ^ Eric, Stephen (2017年9月22日). “Cody Bellinger breaks NL record for home runs by a rookie” (英語). SB Nation. 2017年9月27日閲覧。
  12. ^ “ドジャース2連覇ベリンジャーV弾/ナ優勝決定S詳細 - MLB : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201810210000231.html 2018年10月23日閲覧。 
  13. ^ 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部「ドジャース リーグ優勝決定弾のベリンジャーがMVP - スポニチ Sponichi Annex 野球」『スポニチ Sponichi Annex』。2018年10月23日閲覧。
  14. ^ “ドジャース対レッドソックス、102年ぶり対決 - MLB : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201810220000116.html 2018年10月23日閲覧。 
  15. ^ 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部「ドジャース、WS最長7時間超の死闘制しサヨナラ勝ち!マエケン2回5K無失点で貢献 - スポニチ Sponichi Annex 野球」『スポニチ Sponichi Annex』。2018年10月27日閲覧。
  16. ^ “ドジャース 延長18回7時間20分の死闘制し、1勝2敗に” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ. http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/mlb/news/CK2018102802000160.html 2018年10月28日閲覧。 
  17. ^ “マエケン「抑えていれば勝敗は…」 九回途中登板で失点、レ軍に王手許す” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ). https://www.sanspo.com/baseball/news/20181028/mlb18102814330013-n1.html 2018年10月30日閲覧。 
  18. ^ “ドジャースまたも頂点に届かず…エース左腕カーショー3被弾4失点” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ). https://www.sanspo.com/baseball/news/20181029/mlb18102912490009-n1.html 2018年10月30日閲覧。 
  19. ^ ドジャースが開幕戦史上最多8発で大勝、王者レッドソックスは大敗” (日本語). www.afpbb.com. 2019年3月30日閲覧。
  20. ^ 試合終了は深夜1時過ぎ、ドジャース6時間5分の死闘の末敗れる” (日本語). SANSPO.COM(サンスポ) (2019年3月30日). 2019年3月31日閲覧。
  21. ^ ドジャース、地区V一番乗り!圧巻のナ西7連覇 先発ビューラー7回11K0封&シーガー2連発” (日本語). ベースボールチャンネル(BaseBall Channel). 2019年9月11日閲覧。


「ロサンゼルス・ドジャース」の続きの解説一覧

ロサンゼルス・ドジャース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/16 23:22 UTC 版)

スティーブ・フィンリー」の記事における「ロサンゼルス・ドジャース」の解説

移籍後13本塁打46打点記録10月2日サンフランシスコ・ジャイアンツ戦でサヨナラ満塁本塁打放って逆転勝利し、チーム9年ぶりの地区優勝果たしたシーズン通算で36本塁打94打点記録し39歳にしてキャリアハイ本塁打となった自身4度目対戦となったカージナルスとのディビジョンシリーズ1勝3敗で敗退10月28日フリーエージェントとなり、12月11日アナハイム・エンゼルス移籍

※この「ロサンゼルス・ドジャース」の解説は、「スティーブ・フィンリー」の解説の一部です。
「ロサンゼルス・ドジャース」を含む「スティーブ・フィンリー」の記事については、「スティーブ・フィンリー」の概要を参照ください。


ロサンゼルス・ドジャース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 09:56 UTC 版)

デレク・ロウ」の記事における「ロサンゼルス・ドジャース」の解説

2005年1月11日4年総額3,600ドルでロサンゼルス・ドジャースに移籍2004年防御率が5.42だったにもかかわらず大型契約締結した理由ポール・デポデスタGMは「ゴロ打たせるピッチングロウは、内野守備のいいドジャースではいい成績挙げられるはず」と説明している2005年1215敗で負け越したが、リーグ5位の23クオリティ・スタート記録8月31日カブス戦では被安打1で完封勝利2006年8月9日時点で9勝8敗だったが、閉幕まで7連勝記録し9月27日シーズン最後の登板通算100勝に到達した16勝で最多勝利タイトル獲得ドジャース移籍1年目2005年から3年連続開幕投手務めたが、2008年開幕投手ブラッド・ペニー譲ってしまい、5月には4敗・防御率6.11と不振に陥ったが、8月31日以降の6試合登板で4勝・防御率0.50を記録ジョー・トーリ監督は「デレクマウンドに上がる全身全霊込め球一球投げる本物プロ開幕投手外されても腐ることなく見事なリーダーシップ発揮してくれた」と絶賛しチームメイトデレクエース認めていた。

※この「ロサンゼルス・ドジャース」の解説は、「デレク・ロウ」の解説の一部です。
「ロサンゼルス・ドジャース」を含む「デレク・ロウ」の記事については、「デレク・ロウ」の概要を参照ください。


ロサンゼルス・ドジャース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/21 23:22 UTC 版)

アンディ・メサースミス」の記事における「ロサンゼルス・ドジャース」の解説

移籍1年目1973年1410敗・防御率2.70。1974年前半戦11勝2敗・防御率2.11を記録し3年ぶりにオールスターゲーム選出され先発投手務めたシーズン通算でフィル・ニークロと並ぶ20勝、スティーブ・カールトンに次ぐリーグ2位の221奪三振記録し最多勝利タイトル獲得チーム地区優勝大きく貢献しピッツバーグ・パイレーツとのリーグチャンピオンシップシリーズでも第2戦に先発し勝利を挙げリーグ優勝導いたオークランド・アスレティックスとのワールドシリーズでは2試合先発したいずれも敗戦投手となり、チーム1勝4敗で敗退しワールドチャンピオンはならなかった。サイ・ヤング賞投票では、106試合登板メジャー記録樹立したチームメイトマイク・マーシャルに次ぐ2位だったが、初のゴールドグラブ賞受賞したオフ球団との契約交渉決裂し契約書サインしないまま1975年シーズン迎えることになる。球団オプションとして契約1年延長する権利を行使する、という形を取った同年はいずれリーグ最多の40先発19完投・7完封・321.2イニングリーグ3位19勝、リーグ2位の防御率2.29を記録するなど大活躍し、前年続いてゴールドグラブ賞受賞オフ調停申請し1975年オプション年としてプレイしたのであり、球団にはもはや拘束する権利はなく、現在はどこの球団にも所属していない」と主張した裁定結果球団との契約期限切れた他の球団と交渉するのは自由」という判断下されフリーエージェント制度が生まれきっかけとなった1976年4月10日アトランタ・ブレーブス3年総額100万ドル契約同年1111敗・防御率3.04とまずまずだったが、1977年は5勝に終わり12月7日ニューヨーク・ヤンキース移籍1978年故障もあってわずか6試合登板で0勝3敗に終わり11月6日解雇1979年2月7日古巣ドジャース復帰するが、2勝に終わって8月28日解雇され引退

※この「ロサンゼルス・ドジャース」の解説は、「アンディ・メサースミス」の解説の一部です。
「ロサンゼルス・ドジャース」を含む「アンディ・メサースミス」の記事については、「アンディ・メサースミス」の概要を参照ください。


ロサンゼルス・ドジャース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/25 14:54 UTC 版)

ジョン・トーマス・シーファー」の記事における「ロサンゼルス・ドジャース」の解説

2011年4月MLBコミッショナーバド・セリグは、経営状態悪化懸念から球団監視下置いたロサンゼルス・ドジャースの管理責任者シーファー選任したが、現在のオーナーのフランク・マッコートは「送り込まれ誰かがドジャースを奪うことは明らかに間違っている」と異を唱えている。

※この「ロサンゼルス・ドジャース」の解説は、「ジョン・トーマス・シーファー」の解説の一部です。
「ロサンゼルス・ドジャース」を含む「ジョン・トーマス・シーファー」の記事については、「ジョン・トーマス・シーファー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ロサンゼルス・ドジャース」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ロサンゼルス・ドジャース」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ロサンゼルス・ドジャース」の関連用語

ロサンゼルス・ドジャースのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ロサンゼルス・ドジャースのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロサンゼルス・ドジャース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスティーブ・フィンリー (改訂履歴)、デレク・ロウ (改訂履歴)、アンディ・メサースミス (改訂履歴)、ジョン・トーマス・シーファー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS