ミルウォーキー・ブルワーズとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > スポーツ競技団体 > 野球 > MLBのチーム > ミルウォーキー・ブルワーズの意味・解説 

ミルウォーキー・ブルワーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/04 04:36 UTC 版)

ミルウォーキー・ブルワーズ英語: Milwaukee Brewers、略称: MIL)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)ナショナルリーグ中地区所属のプロ野球チームである。本拠地はウィスコンシン州ミルウォーキーにあるアメリカンファミリー・フィールド


  1. ^ Milwaukee Brewers Special Event Uniform - National League (NL) - Chris Creamer's Sports Logos Page - SportsLogos.Net 2015年7月24日閲覧
  2. ^ Milwaukee Brewers Jersey Logo - National League (NL) - Chris Creamer's Sports Logos Page - SportsLogos.Net 2015年7月24日閲覧
  3. ^ Milwaukee Brewers Cap Logo - National League (NL) - Chris Creamer's Sports Logos Page - SportsLogos.Net 2015年7月24日閲覧
  4. ^ 『2017年MLB選手名鑑 全30球団コンプリートガイド』日本スポーツ企画出版社〈スラッガー〉、101頁
  5. ^ 2020年に記録。なおアメリカンリーグではヒューストン・アストロズが同じく2020年にポストシーズン進出を決めながらレギュラーシーズンを負け越した成績で終えている。
  6. ^ 青木、ブルワーズが落札 ヤクルト発表asahi.com、 2011年12月18日。
  7. ^ David Adler (2021年9月2日). “Clase, Williams tabbed top August relievers” (英語). MLB.com. 2021年9月3日閲覧。
  8. ^ Anthony Castrovince (2021年9月12日). “Crew combines on record-breaking no-hitter” (英語). MLB.com. 2021年9月14日閲覧。
  9. ^ Brewers’ Corbin Burnes wins tight Cy Young race” (英語). BBWAA – Baseball Writers' Association of America (2021年11月17日). 2021年11月17日閲覧。
    Adam McCalvy (2021年11月17日). “Burnes crowned NL Cy Young in close vote” (英語). MLB.com. 2021年11月18日閲覧。


「ミルウォーキー・ブルワーズ」の続きの解説一覧

ミルウォーキー・ブルワーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/16 03:45 UTC 版)

スコット・ポドセドニック」の記事における「ミルウォーキー・ブルワーズ」の解説

2003年ジェフ・ジェンキンス故障に伴い開幕から左翼手起用され以降は中堅手レギュラーに定着チーム10連勝マークした8月には、新人としてはリーグトップとなる10二塁打ニューヨーク・メッツホセ・レイエス遊撃手と並ぶ39安打107打数)をマークするなど活躍した。その月は27試合出場打率.364、3本塁打16打点挙げてナショナルリーグ月間最優秀新人にも選出された。最終的には打率.314(リーグ8位)、43盗塁リーグ2位。1位フアン・ピエール外野手65個。)、175安打リーグ14位)、100得点リーグ13位)、8三塁打リーグ3位)と、新人野手の中でリーグトップ成績残した他にも9本塁打58打点マークするなど、ナ・リーグ新人王争いではマーリンズドントレル・ウィリスに次ぐ次点の評価得た2004年出塁率.313ながら持ち前の脚力生かして70盗塁記録して初めてのタイトルとなる盗塁王獲得

※この「ミルウォーキー・ブルワーズ」の解説は、「スコット・ポドセドニック」の解説の一部です。
「ミルウォーキー・ブルワーズ」を含む「スコット・ポドセドニック」の記事については、「スコット・ポドセドニック」の概要を参照ください。


ミルウォーキー・ブルワーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 08:40 UTC 版)

ゴーマン・トーマス」の記事における「ミルウォーキー・ブルワーズ」の解説

1969年のMLBドラフトシアトル・パイロッツから1巡目全体21位)に指名を受け入団翌年チーム名がミルウォーキー・ブルワーズに改称される1973年4月6日ボルティモア・オリオールズ戦でメジャーデビュー4月15日の同カードで9回にジム・パーマーから同点追い付メジャー本塁打放つ1974年AAA級で51本塁打122打点175三振93四球記録するが、メジャーで目立った成績残せず。1977年AAA級で打率.322・36本塁打114打点105四球記録するが、メジャーで出場はなかった。10月25日8月獲得した選手の見返りとしてテキサス・レンジャーズ放出されるが、1978年2月8日復帰同年32本塁打86打点記録し長距離打者として開花する1979年45本塁打123打点記録して最多本塁打タイトル獲得する一方で、両リーグワーストの175三振MVP投票では7位に入った1980年38本塁打105打点1981年自身最初で最後オールスターゲーム選出される同年50日間に及ぶストライキシーズン短縮されたため103試合出場に留まるが、キャリアハイ打率.259、1位1本差の21本塁打記録したストライキの影響前後期のスプリットシーズン制の変則日程となり、チーム後期優勝前期優勝ニューヨーク・ヤンキースとのディビジョンシリーズでは、第5戦でロン・ギドリーから本塁打放つ打率.111に終わりチームは2勝3敗で敗退した1982年39本塁打112打点記録しレジー・ジャクソン並んで3年ぶりの最多本塁打獲得チーム本塁打216本の強力打線一角占めたボルティモア・オリオールズ追い上げ振り切って球団創設以来初の地区優勝果たしカリフォルニア・エンゼルスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは、第1戦でトミー・ジョンから放った本塁打1本のみで打率.067と振るわなかったが、チーム2連敗の後3連勝でリーグ優勝セントルイス・カージナルスとのワールドシリーズでも打率.115と不振でチームは3勝4敗で敗退したMVP投票では8位。1983年開幕から不振続き6月6日に2選手との交換トレードで、2選手と共にクリーブランド・インディアンス移籍

※この「ミルウォーキー・ブルワーズ」の解説は、「ゴーマン・トーマス」の解説の一部です。
「ミルウォーキー・ブルワーズ」を含む「ゴーマン・トーマス」の記事については、「ゴーマン・トーマス」の概要を参照ください。


ミルウォーキー・ブルワーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 04:44 UTC 版)

リッチー・セクソン」の記事における「ミルウォーキー・ブルワーズ」の解説

移籍後打率.296、14本塁打記録しシーズン通算で30本塁打91打点記録新本拠地ミラー・パーク開場した2001年後半戦打率.293、27本塁打69打点調子上げゴーマン・トーマスが持つ球団記録に並ぶ45本塁打キャリアハイ125打点記録する一方で178三振喫した2002年地元ミルウォーキー開催されオールスターゲーム初め選出され前日行われた本塁打競争にも出場した2003年2年連続オールスターゲーム選出される全試合出場果たし45本塁打124打点98四球記録MVP投票12位に入った12月1日クリス・カプアーノクレイグ・カウンセルライル・オーバーベイら6選手との交換トレードで、他2選手とともにアリゾナ・ダイヤモンドバックス移籍

※この「ミルウォーキー・ブルワーズ」の解説は、「リッチー・セクソン」の解説の一部です。
「ミルウォーキー・ブルワーズ」を含む「リッチー・セクソン」の記事については、「リッチー・セクソン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ミルウォーキー・ブルワーズ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ミルウォーキー・ブルワーズ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミルウォーキー・ブルワーズ」の関連用語

ミルウォーキー・ブルワーズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ミルウォーキー・ブルワーズのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミルウォーキー・ブルワーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスコット・ポドセドニック (改訂履歴)、ゴーマン・トーマス (改訂履歴)、リッチー・セクソン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS