ボストン・レッドソックスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > スポーツ競技団体 > 野球 > MLBのチーム > ボストン・レッドソックスの意味・解説 

ボストン・レッドソックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/17 01:46 UTC 版)

ボストン・レッドソックス英語: Boston Red Sox、略称: BOS、レ軍)は、メジャーリーグベースボール(以下MLB)アメリカンリーグ東地区所属のプロ野球チーム。本拠地はマサチューセッツ州ボストンにあるフェンウェイ・パーク


注釈

  1. ^ 当時は名物であるグリーンモンスターは存在しなかった。1936年に設置され、1947年に緑色に塗られるようになった
  2. ^ a b レッドソックス初の永久欠番
  3. ^ 1997年指定

出典

  1. ^ 「歴史が動いた日-1947年7月5日 ア・リーグ初の黒人選手、ドビーがメジャーデビュー」『月刊スラッガー』2008年1月号、日本スポーツ企画出版社、2007年、雑誌15509-1、92-94頁。
  2. ^ WORLD SERIES MVP DAVID ORTIZ” (英語). iHigh.com. 2013年10月31日閲覧。
  3. ^ Red Sox to retire Papi's No. 34 next year” (英語). 2016年10月13日閲覧。
  4. ^ Tribute to David Ortiz includes plan to retire his number” (英語). bostonglobe.com. Boston Globe Media Partners, LLC. 2016年10月13日閲覧。
  5. ^ Ian, Browne. “Red Sox release manager John Farrell after five seasons”. MLB.com. 2017年10月13日閲覧。
  6. ^ “Alex Cora Hired as Red Sox’ Manager” (英語). https://www.nytimes.com/2017/10/22/sports/alex-cora-red-sox-manager.html 2018年10月30日閲覧。 
  7. ^ Red Sox acquire Steve Pearce from Blue Jays” (英語). MLB.com. 2018年10月30日閲覧。
  8. ^ Red Sox trade for Nathan Eovaldi” (英語). MLB.com. 2018年10月30日閲覧。
  9. ^ Ian Kinsler traded to Red Sox” (英語). MLB.com. 2018年10月30日閲覧。
  10. ^ “レッドソックス圧勝、ホルトが歴史的サイクル達成 - MLB : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201810090000400.html 2018年10月30日閲覧。 
  11. ^ “レッドソックス5年ぶりV アストロズ連覇の夢消滅 - MLB : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201810190000357.html 2018年10月30日閲覧。 
  12. ^ “リーグ優勝決定シリーズMVPは3戦連発ブラッドリーJr.「言葉にならないよ」” (日本語). Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―. https://full-count.jp/2018/10/19/post230958/ 2018年10月30日閲覧。 
  13. ^ “ドジャース対レッドソックス、102年ぶり対決 - MLB : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201810220000116.html 2018年10月30日閲覧。 
  14. ^ “ドジャース18回サヨナラ!/Wシリーズ第3戦詳細 - MLB : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201810270000084.html 2018年10月30日閲覧。 
  15. ^ “【MLB】レッドソックスが驚異の逆転劇で世界一に王手 ドジャース前田健太は4点を献上|ニフティニュース” (日本語). ニフティニュース. https://news.nifty.com/article/sports/baseball/12133-237663/ 2018年10月30日閲覧。 
  16. ^ “【ワールドシリーズ】レッドソックスが5-1でドジャースを下し5年ぶり9度目の世界一|ニフティニュース” (日本語). ニフティニュース. https://news.nifty.com/article/sports/baseball/12133-238425/ 2018年10月30日閲覧。 
  17. ^ “レッドソックス世界一 コーラ監督際立つ柔軟性 - MLB : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201810300000153.html 2018年10月30日閲覧。 
  18. ^ 連覇を逃し、失意のレッドソックス指揮官「出遅れが響いた」”. ベースボールチャンネル(BaseBall Channel). 2019年9月23日閲覧。
  19. ^ レッドソックスにサイン盗み疑惑発覚”. スポーツ報知. 2020年1月8日閲覧。
  20. ^ Red Sox part ways with manager Alex Cora” (英語). MLB.com. 2020年5月7日閲覧。
  21. ^ レッドソックスが18年WSで“裏切り”のサイン盗み 17年に再犯しない覚書も…当時の選手3人が証言”. Yahoo!ニュース. 2020年4月23日閲覧。
  22. ^ 選手は誰1人処分を受けず! サイン盗み行為は誰のために行われていたものなのか?”. Yahoo!ニュース 個人. 2020年4月23日閲覧。
  23. ^ 【MLB】サイン盗み疑惑 Rソックスにドラフト指名権剥奪などの処分(MLB.jp)”. Yahoo!ニュース. 2020年5月7日閲覧。
  24. ^ レッドソックス、レネキー氏が正式に監督就任 - MLB : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2020年5月7日閲覧。
  25. ^ Cotillo, Chris (2020年2月17日). “Boston Red Sox say Mookie Betts trade not a salary dump: ‘You don’t trade Mookie Betts to get under the CBT’”. https://www.masslive.com/redsox/2020/02/boston-red-sox-say-mookie-betts-trade-not-a-salary-dump-you-dont-trade-mookie-betts-to-get-under-the-cbt.html 2020年2月23日閲覧。 
  26. ^ Sox Minor Leaguer tests positive for COVID-19”. MLB.com (2020年3月24日). 2020年3月26日閲覧。
  27. ^ 2020 Boston Red Sox Statistics”. Baseball-Reference.com. 2020年9月28日閲覧。
  28. ^ Ron Roenicke let go as Boston Red Sox manager; team will begin search immediately”. Masslive.com (2020年9月27日). 2020年9月27日閲覧。
  29. ^ サイン盗みで処分のコーラ氏がレッドソックス監督に復帰へ”. スポーツ報知 (2020年11月7日). 2020年11月7日閲覧。
  30. ^ Ian Browne (2021年4月1日). “Sox-O's postponed to Friday due to rain” (英語). MLB.com. 2021年4月9日閲覧。
  31. ^ Ian Browne (2021年5月7日). “Red Sox first to 20 wins as Dalbec breaks out” (英語). MLB.com. 2021年5月8日閲覧。
  32. ^ Andrew Simon (2021年9月2日). “Dalbec, Schwindel top rookies for August” (英語). MLB.com. 2021年9月3日閲覧。
  33. ^ 160 Players Become XX(B) Free Agents” (英語). mlbplayers.com (2021年11月3日). 2021年11月5日閲覧。
  34. ^ Red Sox agree to a one-year contract with RHP Michael Wacha” (英語). MLB.com Press Release (2021年11月27日). 2021年11月28日閲覧。
  35. ^ スポーツビジネス from NY 『ヤンキースとレッドソックスに“ぜいたく税”』 鈴木友也
  36. ^ レッドソックス本拠地、455試合連続完売 メジャー記録に並ぶ 米大リーグ
  37. ^ レッドソックス主催試合が連続完売 足掛け6年、メジャー記録を更新
  38. ^ レッドソックス公式ページ
  39. ^ a b c Red Sox Hall of Fame” (英語). The Official Site of the Boston Red Sox. MLB.com. 2014年2月18日閲覧。
  40. ^ Wally The Green Monster's Sister Tessie Is Coming To Boston”. boston.cbslocal.com. CBS Boston (2016年1月5日). 2017年3月30日閲覧。



ボストン・レッドソックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/17 15:01 UTC 版)

フランク・バイオーラ」の記事における「ボストン・レッドソックス」の解説

1992年1月2日レッドソックス契約本拠地フェンウェイ・パーク左翼狭く伝統的に投手には不利な球場だが、1年目1312敗・防御率3.44。 1993年11勝8敗・防御率3.14まずまずの成績残した1994年故障5月3日最後に戦線離脱。6試合登板で1勝に終わりオフフリーエージェントとなった

※この「ボストン・レッドソックス」の解説は、「フランク・バイオーラ」の解説の一部です。
「ボストン・レッドソックス」を含む「フランク・バイオーラ」の記事については、「フランク・バイオーラ」の概要を参照ください。


ボストン・レッドソックス(1978年 - 1984年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/13 07:38 UTC 版)

デニス・エカーズリー」の記事における「ボストン・レッドソックス(1978年 - 1984年)」の解説

4月は0勝だったが5月に5勝を挙げるなど前半戦10勝を記録後半戦防御率2.62・11完投調子上げ、リーグワーストの30被本塁打ながら20勝8敗・防御率2.99・16完投記録チーム一時ニューヨーク・ヤンキース最大14ゲーム差付けるが9月逆転されシーズン最終戦同率で並ぶものの、ワンゲームプレイオフで敗れて地区優勝逃したサイ・ヤング賞投票では4位に入る。 1979年7月11日から7連続完投を含む8連勝直後から5連敗喫するが、1710敗・防御率2.99・17完投好成績1980年開幕から不調で5連敗喫し5月離脱するなど1214敗に留まる1981年50日間に及ぶストライキの影響で9勝。 1982年5年ぶりにオールスターゲーム選出され先発投手務め13勝。 1983年5年連続開幕投手務めるが不安定な投球続き、9勝13敗・防御率5.61と不振陥る1984年5月25日ビル・バックナーとの交換トレードで、1選手と共にシカゴ・カブス移籍

※この「ボストン・レッドソックス(1978年 - 1984年)」の解説は、「デニス・エカーズリー」の解説の一部です。
「ボストン・レッドソックス(1978年 - 1984年)」を含む「デニス・エカーズリー」の記事については、「デニス・エカーズリー」の概要を参照ください。


ボストン・レッドソックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 08:29 UTC 版)

カールトン・フィスク」の記事における「ボストン・レッドソックス」の解説

1967年1月MLBドラフトMLBのボストン・レッドソックスから1巡目全体4位)に指名を受け入団同年9月18日の対ボルチモア・オリオールズ戦でMLBデビュー1971年9月12日の対デトロイト・タイガース戦でMLB本塁打記録1972年レギュラー獲得し前半戦打率.310、15本塁打成績オールスターゲームに初選出される打率.293、22本塁打61打点、リーグトップの9三塁打、共にリーグ2位の長打率.538、OPS.909を記録し新人王満票受賞MVP投票でも4位に入りゴールドグラブ賞獲得した1973年ニューヨーク・ヤンキースとの開幕戦満塁本塁打を含む2本塁打放ち6打点記録するなど、前半戦18本塁打放つが、後半戦打率.196と不振陥った1974年故障出遅れ復帰後は好調だったものの6月28日最後に左足骨折して離脱し52試合出場留まる同年オールスターゲーム前の開会式では、松葉杖支えられながらアメリカンリーグスター選手達とファウルライン上に並びスタンドファン大喝采受けた1975年故障出遅れ6月下旬復帰79試合出場ながら打率.331、10本塁打52打点記録しチーム地区優勝貢献ワールドシリーズ3連覇中のオークランド・アスレチックスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは打率.417と活躍しチームは3連勝8年ぶりのリーグ優勝シンシナティ・レッズとのワールドシリーズでは王手かけられ本拠地フェンウェイ・パーク迎えた第6戦の延長12回裏に先頭打者として打席に立ち、左翼ポール直撃するサヨナラ本塁打放つポール際に飛んだ打球向かって両手大きく右に振って入れ入れ」とジェスチャーする姿は全米注目の的となり、当時世界一の名バレエダンサーだったルドルフ・ヌレエフばりに「ヌレエフ・ダンス」と有名になった。後に「シリーズ史上最高のゲーム」と呼ばれるようになった試合象徴的なシーンだった。チームは第7戦で敗れてワールドチャンピオン逃すレッズ監督スパーキー・アンダーソンフィスク送球シュート気味に二塁ベース右の方偏るのを見抜いて積極的に走らせレッズはこのシリーズフィスクから9連続盗塁成功させている。 1977年26本塁打102打点いずれもキャリアハイ打率.315、出塁率.402、106得点記録1978年キャリアハイ157試合出場し20本塁打88打点記録チームヤンキースとのワンゲームプレーオフで敗れて地区優勝逃した1980年オフフリーエージェントFA)となる。

※この「ボストン・レッドソックス」の解説は、「カールトン・フィスク」の解説の一部です。
「ボストン・レッドソックス」を含む「カールトン・フィスク」の記事については、「カールトン・フィスク」の概要を参照ください。


ボストン・レッドソックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 09:56 UTC 版)

デレク・ロウ」の記事における「ボストン・レッドソックス」の解説

7月31日ジェイソン・バリテックとともにボストン・レッドソックスにトレード移籍マリナーズ在籍時はドラフト入団時から先発投手であったが、リリーフ転向1998年先発投手としてシーズン迎えるが、結果出ずリリーフにまわり、その後リリーフとして好成績を残す。 1999年防御率2.63・15セーブ記録した2000年にはクローザー定着し42セーブリーグ最多セーブ記録しオールスター選出果たした2001年24セーブ記録した救援失敗重なったデレク先発転向考えをジョー・ケリガン監督伝え、ケリガンはその考え気に入りシーズン終盤先発再転向。 2002年開幕から先発ローテーション名を連ねるこの年開幕から好調で、4月27日デビルレイズ(現レイズ)戦ではノーヒットノーラン達成MLBオールスターゲームではア・リーグ先発投手務めたシーズン通算残した21勝・防御率2.58はともにリーグ2位で、サイ・ヤング賞投票ではバリー・ジトペドロ・マルティネスに次ぐ3位入った2003年17勝を挙げたが、防御率は4.47と前年より2点近く悪化した。さらに2004年勝利数減少防御率悪化続いたレッドソックスワールドシリーズ進出ロウは第4戦に登板し7回無失点勝利投手となり、チーム86年ぶりの世界一となったが、シーズン終了後FAとなったロウとの契約レッドソックス見送った

※この「ボストン・レッドソックス」の解説は、「デレク・ロウ」の解説の一部です。
「ボストン・レッドソックス」を含む「デレク・ロウ」の記事については、「デレク・ロウ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ボストン・レッドソックス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ボストン・レッドソックス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ボストン・レッドソックス」の関連用語

ボストン・レッドソックスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ボストン・レッドソックスのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボストン・レッドソックス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフランク・バイオーラ (改訂履歴)、デニス・エカーズリー (改訂履歴)、カールトン・フィスク (改訂履歴)、デレク・ロウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS