ヒューストン・アストロズとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > スポーツ競技団体 > 野球 > MLBのチーム > ヒューストン・アストロズの意味・解説 

ヒューストン・アストロズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/09 00:55 UTC 版)

ヒューストン・アストロズ英語: Houston Astros、略称: HOU)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)アメリカンリーグ西地区所属のプロ野球チーム。本拠地はテキサス州ヒューストンにあるミニッツメイド・パーク


注釈

  1. ^ 2020年に記録。なお、ナショナルリーグではミルウォーキー・ブルワーズが同じく2020年にレギュラーシーズンを負け越しながらポストシーズン進出を決めている。

出典

  1. ^ a b アストロズのサイン盗み、MLBが「選手ほぼ全員が計画関与」と認定”. 読売新聞オンライン. 2020年1月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 伊東一雄「大リーグ球団史20 ヒューストン・アストロズ」『月刊メジャー・リーグ』1999年6月号、ベースボールマガジン社、1999年、雑誌 08625-6、64 - 66頁
  3. ^ “米大リーグ・アストロズ身売りへ、オーナー表明”. 読売新聞. (2010年11月20日). オリジナルの2010年11月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101123104501/http://www.yomiuri.co.jp/sports/mlb/news/20101120-OYT1T00264.htm 2010年11月22日閲覧。 
  4. ^ “大リーグ:アストロズ売却で合意”. 毎日新聞. (2011年5月17日). オリジナルの2012年7月10日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120710003306/http://mainichi.jp/sports/?inb=fs 
  5. ^ アストロズ ア・リーグ編入 シーズン通し交流戦実施へ”. スポーツニッポン (2011年11月19日). 2012年6月16日閲覧。
  6. ^ アストロズが地区3連覇 スプリンガー3発、ヴァーランダー20勝目” (日本語). www.afpbb.com. 2020年1月5日閲覧。
  7. ^ アストロズ、アルトゥーベの劇的サヨナラ弾で2年ぶり3度目V 猛追ヤンキースを撃破【MLBリーグ優勝決定シリーズ】” (日本語). ベースボールチャンネル(BaseBall Channel). 2020年1月5日閲覧。
  8. ^ ナショナルズがWS初制覇、アストロズとの激闘制す” (日本語). www.afpbb.com. 2020年1月5日閲覧。
  9. ^ アストロズの“サイン盗み”疑惑、関与した人物は…米メディア「まとめ」に大物が続々”. Full-count. 2020年1月14日閲覧。
  10. ^ 遂に元所属の現役投手がサイン盗みを認める証言を! 窮地に追い込まれそうなアストロズの行方は?”. Yahoo!ニュース 個人. 2020年1月14日閲覧。
  11. ^ Gaydos, Ryan. “Video shows how Houston Astros were allegedly stealing signs during 2017 season”. Fox News. 2020年1月14日閲覧。
  12. ^ アストロズの“サイン盗み”疑惑を「徹底調査」へ MLBコミッショナーが明言”. Full-count. 2020年1月14日閲覧。
  13. ^ アストロズのサイン盗み問題で約60人の証人と面談”. nikkansports.com. 2020年1月14日閲覧。
  14. ^ Luhnow, Hinch suspended for '20, then are let go”. MLB.com. 2020年1月14日閲覧。
  15. ^ Bregman, Altuve among Astros to apologize”. MLB.com. 2020年2月14日閲覧。
  16. ^ サイン盗みア軍OP戦初戦はブーイングの嵐 「詐欺師どもが!」「ろくでもないぞ!」”. Full-Count. 2020年10月18日閲覧。
  17. ^ 昨季最多勝利のアストロズ、負け越しでPO進出”. nikkansports.com. 2020年10月18日閲覧。
  18. ^ Astros and Constellation Announce Long-Term Extension to Naming Rights of Sugar Land Home Ballpark” (英語). MiLB.com (2021年11月30日). 2022年2月2日閲覧。


「ヒューストン・アストロズ」の続きの解説一覧

ヒューストン・アストロズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/16 23:22 UTC 版)

スティーブ・フィンリー」の記事における「ヒューストン・アストロズ」の解説

移籍1年目1991年打率.285・170安打10三塁打34盗塁記録する1992年全試合出場果たし打率.292・177安打13三塁打44盗塁と更に成績伸ばした1993年故障影響もあり全体的に数字落としたが、13三塁打リーグトップだった。1994年MLBストライキシーズン打ち切られたが、自身初の二桁となる11本塁打記録した12月28日にデレク・ベル、ダグ・ブロケイルら6選手との交換トレードで、ケン・カミニティロベルト・ペタジーニと共にサンディエゴ・パドレス移籍

※この「ヒューストン・アストロズ」の解説は、「スティーブ・フィンリー」の解説の一部です。
「ヒューストン・アストロズ」を含む「スティーブ・フィンリー」の記事については、「スティーブ・フィンリー」の概要を参照ください。


ヒューストン・アストロズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/24 13:37 UTC 版)

マイク・スコット」の記事における「ヒューストン・アストロズ」の解説

1983年故障出遅れる10勝。 1984年途中6連敗喫するなど5勝11敗に終わる。オフデトロイト・タイガース投手コーチだったロジャー・クレイグからスプリットフィンガード・ファストボール伝授される1985年前半戦で8勝・防御率2.76を記録後半戦防御率3.92ながら10勝を挙げシーズン通算で18勝8敗・防御率3.29を記録1986年前半戦で9勝を挙げオールスターゲームに初選出される9月25日恩師クレイグ監督務めサンフランシスコ・ジャイアンツ戦で13三振奪ってノーヒッター達成1810敗・防御率2.22・306奪三振いずれもリーグトップの275.1イニング・5完封・WHIP0.92を記録して最優秀防御率最多奪三振二冠獲得するなど、チーム6年ぶりの地区優勝大きく貢献ナショナルリーグ右投手がシーズン300奪三振以上を記録したのは、20世紀以降ではJ.R.リチャード以来2人目の快挙だった。古巣メッツとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第1戦に先発して5安打14奪三振完封勝利挙げドワイト・グッデンとの投手戦制した第4戦でも3安打無四球1失点完投勝利を挙げるが、チームそれ以外試合全て敗れ、2勝4敗で敗退した。しかし活躍評価されシリーズMVP受賞敗退チームからの選出リーグ史初だったオフサイ・ヤング賞初受賞し、MVP投票でも10位に入ったオフ日米野球メジャーリーグ選抜一員として来日し日本でもスプリットフィンガード・ファストボール旋風巻き起こした1987年自身初の開幕投手務める。前半戦10勝5敗・防御率2.76の成績残しオールスターゲームでは先発投手務めた終盤でやや調子落としたが、1613敗・防御率3.23・233奪三振記録した1988年開幕から6連勝6月12日アトランタ・ブレーブス戦では9回2死までノーヒット抑え、1安打無四球完封勝利途中故障による離脱もあったが、14勝8敗・防御率2.92・190奪三振記録した1989年5月19日ピッツバーグ・パイレーツ戦で7回までノーヒット抑えて完封勝利挙げるなど前半戦14勝5敗・防御率2.58を記録し2年ぶりにオールスターゲーム選出される登板機会はなし。後半戦は6勝に留まるが、2010敗・防御率3.10・172奪三振記録し最多勝利タイトル獲得サイ・ヤング賞投票ではマーク・デービスに次ぐ2位入った1990年開幕から不調で負け先行6月8日シンシナティ・レッズ戦では6回までに13奪三振試合両チーム無得点のまま延長入り10回に1点を失うがその裏逆転しキャリアハイ15奪三振完投勝利を挙げるその後はやや持ち直した好投して援護恵まれない事が多く、9勝13敗に終わった1991年故障影響で開幕から2試合連続ノックアウトされる故障者リスト入りし、そのまま現役引退した不正投球(スカッフボール。ボールに傷を付けることで変化が増す)疑惑持たれたこともあったが、これについては肯定否定もしなかったという。 1992年アストロズ在籍時の背番号33』が永久欠番指定された日本のゲームメーカーナムコ1987年発売した野球ゲームプロ野球ファミリースタジアム'87」に登場する「すこつと」のモデルになっている本家同様、驚異的なスピードフォークボール投げる。

※この「ヒューストン・アストロズ」の解説は、「マイク・スコット」の解説の一部です。
「ヒューストン・アストロズ」を含む「マイク・スコット」の記事については、「マイク・スコット」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ヒューストン・アストロズ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ヒューストン・アストロズ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヒューストン・アストロズ」の関連用語

ヒューストン・アストロズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヒューストン・アストロズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒューストン・アストロズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスティーブ・フィンリー (改訂履歴)、マイク・スコット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS