松井稼頭央とは? わかりやすく解説

松井稼頭央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/29 11:18 UTC 版)

松井 稼頭央(まつい かずお、本名:松井 和夫〈読み同じ〉、1975年10月23日 - )は、大阪府東大阪市出身の元プロ野球選手内野手外野手、右投両打)、プロ野球監督


注釈

  1. ^ 左で打つように言われたのは、翌年(1995年)のマウイキャンプであるとする文献も存在する[16][25]。本格的に左で打つようになったのは同年オフにウインター・リーグに参加してからで、ウインター・リーグで首脳陣が左で打たせてもらうよう指示され向こうの監督に許可をもらったもののあまりに打てず禁止された。帰国後に秋季キャンプでコーチの土井正博から左で練習するように言われたところから両打ち挑戦が始まった[16]
  2. ^ 自著の別頁で「奈良原さんは僕の先生でもあった」と著している[27]
  3. ^ 一度一軍ベンチ入りを経験すると一軍と二軍の差がはっきり見えたという。二軍ではだらだらおしゃべりしながら笑顔で練習している選手が多く、一軍は張り詰めた空気の中必死の形相で戦っており、緊張感が全然違い、もう二軍にはいたくないと思ったという[28]
  4. ^ 古田は「まいった。素晴らしいスピード。足の早いのは知っていたけど。いい勝負になったのは5回の二盗の時ぐらい。あとは投げるのをやめようと思うくらい。完全にやられた」「1試合で同じ選手に4盗塁されたことは記憶にないですね。松井君はスピードもスタートもとにかく速い。ベストの中でベストのものを出さないと刺せない」などと語っている[33][31]
  5. ^ この記録は1995年にイチローが記録した147km/hを抜く野手最速記録となった[31]
  6. ^ 小坂誠との盗塁王争いに関連して、故意のボーク疑惑が発生した。
  7. ^ 1999年のリーグ平均OPSは.731、2000年は.749。
  8. ^ 前年のパ・リーグ平均打率は2000年が.2637、2001年が.2643。平均OPSは2000年が.749、2001年が.768。パ・リーグ総本塁打数が2000年が753本、2001年は1021本に増加した。
  9. ^ パ・リーグ規定打席到達者で松井の他に1割に満たなかったのはチームメイトのカブレラのみであり(.091、11打数1安打)[54]、西武は満塁でのチーム打率両リーグワーストの.189[55]を記録してしまった。
  10. ^ 翌年に当時読売ジャイアンツ仁志敏久も22盗塁で達成している。
  11. ^ シーズン最終戦のみ4番で起用された。
  12. ^ パ・リーグ平均OPSが2001年が.768、2002年が.723、2003年が.790。パ・リーグ平均打率は2001年が.264、2002年は2000年代ではもっとも低い.255、2003年には.276。パ・リーグ総本塁打数は2001年は1021本、2002年は869本、2003年は1000本と変動した。
  13. ^ 36本塁打の内1本は指名打者での出場[66]
  14. ^ 3年連続での達成は1958年1959年長嶋茂雄1983年1984年高橋慶彦1991年1992年佐々木誠の2年連続での記録を更新する日本プロ野球新記録だった。
  15. ^ リーグ10位以内に入れなかったのは自身初。
  16. ^ 自打球以来足を守る意味も含めスパイクを変更。足首には負担、痛みがあり苦しんだ[79]
  17. ^ いずれもパ・リーグ記録。1143試合連続出場は2003年終了時点で現役最長記録だった[81]
  18. ^ 7年連続での記録は日本プロ野球記録。
  19. ^ 遊撃手として7年連続での受賞は連続受賞記録としては最高記録、7回受賞も吉田義男に次ぐ歴代2位タイで、パ・リーグでは最多(2013年現在)。
  20. ^ 前年に新庄剛志が付けていた。
  21. ^ 監督のアート・ハウは「御伽話のようだ」とコメントしたほか、アトランタのトップ紙「ジャーナル・コンスティチューション」では「ブレーブスのために、日本でカズオ(松井稼頭央)をスカウティングしていたヤツはどこのどいつだ。裁判にかけてやりたい」と書かれた[90]伊東勤は「これで本当のメジャーリーガーになったな」、松坂大輔は「すごかったですね。敬遠(四球)もされたし、見ていて感動しました」、ボビー・バレンタインは「センターに本塁打するのが非常に難しいターナー・フィールドで打ったということは、圧巻の一言」、新庄剛志は「プレッシャーの中で初球から打てるなんて、すごさを感じる」と語った[91]
  22. ^ もっとも現在、レンジファクターはその欠陥ゆえにほとんど参考にされておらず、松井を擁護する意見を述べたコラムニストも後に [1] にて、守備防御点を重視した評論を書いている。
  23. ^ 監督のクリント・ハードルは好調の原因を「我々は非常にエキサイティングなコンビネーション(「コンビネーション」は打順の1番と2番に定着したタベラスと松井を指している[118])を擁している。2人が塁にいる時は、常にプレッシャーをかけ続けている。すべての選手が欲しているものだが、誰にも教えることはできないし、ごく一部の選手しか有していないものだ」と説明した[118]。タベラスは「いうまでもなく我々2人は最高のスピードを持っている。盗塁という武器があるから、投手は我々を出塁させたら常に意識しなければならなくなる。個人的にも僕の後を打つマツイがスイッチ打者というのも理想的だと思っている。あらゆる状況に対応できるからね。これからも2人で協力しながら、チームが勝つために頑張っていきたい」と語っている[118]
  24. ^ rWAR3.4は日本人内野手歴代最高値。
  25. ^ クアーズ・フィールドは本塁打の指数はそれほど高くなく、左打者に至っては平均以下の数値が出ているという[129]。外野が広いためヒットが出やすい[129]
  26. ^ 事実2007年はホームで打率.330だったのに対しビジターで.249だった[122]
  27. ^ NPBでは1995年以来。
  28. ^ NPBでリーグ平均を下回ったのは1996年以来。
  29. ^ NPBでリーグ平均を下回ったのは1995年以来であり、規定打席に到達した年では自身初。
  30. ^ 規定打席を公式戦と同様に所属球団の試合数×3.1=22打席(小数点以下四捨五入)とした場合。21打席以下の選手では聖澤諒が.471、デニス・ホールトンが1.000と松井を上回る打率を記録している[175][176]
  31. ^ 50試合以上にスタメン出場した一番打者が対象[184]
  32. ^ ただしオールスターでは中堅手として出場したこともある[189]
  33. ^ 中盤以降数字が落ちた理由として「おそらくコンディション不良が原因」と分析されている[205]
  34. ^ 背筋群を鍛える基本種目であるベント・オーバー・ローイングで「3年前には70kgでヒイヒイ言うてた」のを115kgを当時こなしていたという[243]
  35. ^ 後半戦は1か月半離脱する[104]など本塁打なしに終わっている。
  36. ^ 三遊間の守備には絶賛を受ける一方、自身は二遊間の打球への入り方が課題と語っている(遊撃手転向5年目時点のインタビュー)[265]
  37. ^ 一方で将来的には平均より上になりうるとも評され[268][269]、しっかりとした姿勢で捕球した時や深い位置から投げる際にはかなりの強肩を発揮するとも評されていた[269]。また、MLB移籍1年目の開幕前の連携プレーの練習では肩や手首の強さやスローイングの正確さなどに関しては松井は明らかに群を抜いており、当時のメッツの監督であるアート・ハウにも「松井はまだグラウンドに慣れていないようだが、やはりスローイングは素晴らしい。」と評されていた[270]
  38. ^ MLBのスカウトも松井が適応しなければならない最大の要素として、多くの試合が天然芝の球場で行われる点を挙げていた[269]
  39. ^ ただし、このコラム(出典)でもレンジファクターを用いた評価を行っている。
  40. ^ 2001年9月30日、連続出場を止めたくなかった東尾が強引に球場に呼び、試合に出場。それから腰痛が持病となっている[301]
  41. ^ ただし松井は現役続行中であり現役引退した選手からだと吉田義男であると著されている[309]。また復元できていない記録があったため1950年以前に全盛期を迎えたような選手は参考記録としての扱いに留めており[310]、1リーグ時代に活躍した選手では白石勝巳が吉田に迫る可能性があったという[309]
  42. ^ Baseball-Reference.com の各ページを参照した。ただしNPBについては各年度一定の打数に満たない選手は記載されていない(例えば1995年は130打数に満たない選手)。
  43. ^ 2008年にアレックス・ラミレス、2011年に青木宣親も記録。ラミレスは9年連続まで記録を伸ばした。
  44. ^ 順位は2023年終了時点
  45. ^ イチロー福留孝介及びNPB歴代上位9選手に次ぐ
  46. ^ イチロー松井秀喜及びNPB歴代上位4選手に次ぐ
  47. ^ イチロー及びNPB歴代上位2選手に次ぐ
  48. ^ イチロー松井秀喜及びNPB歴代上位5選手に次ぐ
  49. ^ イチロー及びNPB歴代上位3選手に次ぐ
  50. ^ イチローに次ぐ
  51. ^ イチロー及びNPB歴代上位5選手に次ぐ
  52. ^ 松井秀喜イチロー福留孝介及びNPB歴代上位12選手に次ぐ
  53. ^ イチロー松井秀喜及びNPB歴代上位10選手に次ぐ
  54. ^ イチロー及びNPB歴代上位5選手に次ぐ

出典

  1. ^ a b Kazuo Matsui Japanese League Statistics & History」Baseball-Reference.com。2015年1月23日閲覧
  2. ^ 西武・稼頭央が今季限り引退…42歳、日米25年の野球人生に幕」『産経スポーツ』2018年9月26日。2018年11月3日閲覧
  3. ^ “ミスター”はチームの象徴 ~NPBパ・リーグ編~」『VICTORY』2018年10月17日。2018年11月3日閲覧
  4. ^ 松井 稼頭央」日本プロ野球名球会オフィシャルホームページ 2020年5月23日閲覧。
  5. ^ 第1回メジャーリーガー 松井稼頭央さん|転機をチャンスに変えた瞬間」『クライス&カンパニー』2008年11月25日。2014年7月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月15日閲覧
  6. ^ メッツ松井稼が誕生!入団会見全文(前編)「チャンピオンリングを取りたい」」スポーツナビ、2003年12月11日。2006年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月22日閲覧
  7. ^ タレント詳細」 OSCAR PROMOTION 2014年12月9日閲覧。
  8. ^ メジャー最終兵器. pp. 98 
  9. ^ メジャー最終兵器. pp. 99-100 
  10. ^ 藤井彰人 引退惜別インタビュー「色々な経験をしたんだなあ」」週刊ベースボールONLINE、2015年12月8日。2022年1月25日閲覧
  11. ^ a b メジャー最終兵器. p. 100 
  12. ^ メジャー最終兵器. p. 102 
  13. ^ a b メジャー最終兵器. p. 124 
  14. ^ メジャー最終兵器. p. 131 
  15. ^ メジャー最終兵器. p. 142-143 
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『日本プロ野球偉人伝 vol.13 1997→99編』ベースボール・マガジン社、2014年、44–47頁。ISBN 978-4-583-62103-6
  17. ^ メジャー最終兵器. p. 144 
  18. ^ メジャー最終兵器. p. 145-146 
  19. ^ メジャー最終兵器. p. 146-148 
  20. ^ 【松井稼頭央】PLの主戦・松井、無念の大阪大会決勝逆転負け〈1993年8月1日〉」asahi.com。2014年6月5日閲覧
  21. ^ メジャー最終兵器. p. 152-153 
  22. ^ 朝日新聞、1993年12月2日付朝刊 (22面)
  23. ^ a b c メジャー最終兵器. p. 157 
  24. ^ 谷沢健一『勝利の演出者たち―プロ野球監督はクリエイターである』毎日新聞カルチャーシティ、1997年。ISBN 978-4-6209-0465-8
  25. ^ メジャー最終兵器. p. 162 
  26. ^ a b メジャー最終兵器. p. 160 
  27. ^ メジャー最終兵器. p. 197 
  28. ^ a b c メジャー最終兵器. pp. 160-161 
  29. ^ メジャー最終兵器. p. 163 
  30. ^ a b 西武ライオンズTHE HISTORY 1979‐2003. p. 149 
  31. ^ a b c d e 『ベースボールマガジン 2012年 09月号』ベースボール・マガジン社、2012年、63頁。
  32. ^ 1997年度サンヨーオールスターゲーム 試合結果(第1戦) 2012年11月15日閲覧。
  33. ^ a b c d e 【7月23日】1997年(平9) 球宴デビューで新記録 松井稼頭央「いいとこ見せたる」」(2011年7月23日)Sponichi Annex 2013年6月19日閲覧。
  34. ^ a b c d e f 『週刊プロ野球データファイル』2012年81号、ベースボール・マガジン社、雑誌27203-11/21、5-8頁。
  35. ^ 『週刊ベースボール』2012年12月10日号、ベースボール・マガジン社、 84頁、 雑誌20442-12/10。
  36. ^ a b 稼頭央 シリーズ、五輪、プレーオフ…ここぞで頼れる」Sponichi Annex 2013年3月7日閲覧。
  37. ^ a b 西武ライオンズTHE HISTORY 1979‐2003. p. 125 
  38. ^ a b 西武ライオンズTHE HISTORY 1979‐2003. p. 126 
  39. ^ 西武ライオンズTHE HISTORY 1979‐2003. p. 129 
  40. ^ a b c 『プロ野球全記録 (2002年版)』、実業之日本社、122頁。ISBN 4-408-61577-3
  41. ^ メジャー最終兵器. p. 71 
  42. ^ Columns Part II I Baseball」Number Web。2002年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月27日閲覧
  43. ^ 西武ライオンズTHE HISTORY 1979‐2003. p. 143 
  44. ^ 西武ライオンズTHE HISTORY 1979‐2003. p. 141 
  45. ^ a b 『江川卓・スカウティングレポート2001』 ザ・マサダ出版社、2001年、240頁。ISBN 4-88397-069-8
  46. ^ メジャー最終兵器. p. 36 
  47. ^ 松井稼頭央[本紙独占手記] 「ホンマ、最高っ!」」報知ベースボールパーク、2002年9月21日。2002年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月28日閲覧
  48. ^ 『プロ野球全記録 (2002年版)』、実業之日本社、171頁。ISBN 4-408-61577-3
  49. ^ 【7月8日】2001年(平13) 後に大リーグへ 1000本安打の松井稼頭央と100勝小宮山悟」『スポーツニッポン』2012年7月8日。2021年3月1日閲覧
  50. ^ a b 2001年度サンヨーオールスターゲーム 試合結果(第1戦) 2013年5月29日閲覧。
  51. ^ 2001年度サンヨーオールスターゲーム 試合結果(第2戦) 2013年5月29日閲覧。
  52. ^ 2001年度サンヨーオールスターゲーム 試合結果(第3戦) 2013年5月29日閲覧。
  53. ^ a b ■ 2001年度サンヨーオールスターゲーム 試合結果 2013年5月29日閲覧。
  54. ^ a b c 『プロ野球全記録 (2002年版)』、実業之日本社、189頁。ISBN 4-408-61577-3
  55. ^ 『プロ野球全記録 (2002年版)』、実業之日本社、178頁。ISBN 4-408-61577-3
  56. ^ a b c 『プロ野球全記録 (2002年版)』、実業之日本社、184頁。ISBN 4-408-61577-3
  57. ^ メジャー最終兵器. p. 191 
  58. ^ 松井“初体験”サヨナラ弾 犬伏8回同点1号レオ首位ガッチリ」報知ベースボールパーク、2002年5月10日。2002年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月28日閲覧
  59. ^ 潮崎6回69球で4勝目」報知ベースボールパーク、2002年5月21日。2002年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月28日閲覧
  60. ^ 山田、柳田の同時達成はほぼ間違いなし! 過去のトリプルスリー達成者とは?」『BASEBALL KING』2015年9月8日。2021年3月1日閲覧
  61. ^ プロ野球デキゴトロジー/5月11日 西武時代の松井稼頭央が2試合連続サヨナラ弾【2002年5月11日】 週刊ベースボール
  62. ^ 2戦連続サヨナラ弾のバルディリス プロ野球9人目の快挙! スポーツニッポン
  63. ^ a b 松井 痛みこらえ17号3ラン」Sponichi Annex、2002年7月17日。2004年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月24日閲覧
  64. ^ 許5回完全→小笠原に三井の豪華リレー」Sponichi Annex、2002年7月18日。2005年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月3日閲覧
  65. ^ 8月16日】2002年(平14) 西武 球団史上最高の逆転劇でマジック点灯」『スポーツニッポン』2020年8月1日。2021年3月1日閲覧
  66. ^ a b c d e 西武ライオンズTHE HISTORY 1979‐2003. p. 159 
  67. ^ a b 最多長打86のプロ新 西武の松井内野手」『47NEWS』2002年10月2日。2013年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月1日閲覧
  68. ^ リトル松井がやってくる ESPNが電子版で紹介」47NEWS、2003年11月18日。2014年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月29日閲覧
  69. ^ 2002年度 表彰選手 投票結果(ベストナイン) 2013年12月22日閲覧。
  70. ^ 2002年度 表彰選手 投票結果(最優秀選手) 2014年11月29日閲覧。
  71. ^ 『プロ野球全記録 (2003年版)』、実業之日本社、344頁。ISBN 4-408-61599-4
  72. ^ 2002年度日本シリーズ 試合結果(第1戦) 2013年7月17日閲覧。
  73. ^ 2002年度日本シリーズ 試合結果(第3戦) 2013年7月17日閲覧。
  74. ^ 2002年度日本シリーズ 試合結果(第2戦) 2013年7月17日閲覧。
  75. ^ 2002年度日本シリーズ 試合結果(第4戦) 2013年7月17日閲覧。
  76. ^ 2002年度日本シリーズ 試合結果 2013年7月17日閲覧。
  77. ^ 巨人・上原浩治投手、西武・松井稼頭央内野手、ユニセフ・アフガン緊急募金に寄付」『www.unicef.or.jp』2002年2月12日。2021年3月1日閲覧
  78. ^ メジャー最終兵器. p. 50 
  79. ^ a b 西武 松井300盗塁」スポーツ報知、2003年8月3日。2003年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月27日閲覧
  80. ^ メジャー最終兵器. p. 63 
  81. ^ リトル松井がやってくる ESPNが電子版で紹介」 Archived 2014-11-16 at Archive.is」 47NEWS 2014年11月16日閲覧。
  82. ^ メジャー最終兵器. p. 62 
  83. ^ 【最新版】日本人メジャーリーガーの歴代最高年俸ランキング11~15位。世界一の胴上げ投手、MLB挑戦のパイオニアも」ベースボールチャンネル、2021年9月13日。2021年11月30日閲覧
  84. ^ 松井稼が右手指けが 骨には異常なし」47NEWS、2014年1月7日閲覧。
  85. ^ 松井稼、初安打は出ず オープン戦デビュー」47NEWS、2014年1月7日閲覧。
  86. ^ 松井稼の守備力を高評価 NY各紙が絶賛の記事掲載」47NEWS、2014年1月7日閲覧。
  87. ^ 松井稼がオープン戦欠場 右手首痛める」47NEWS、2014年1月7日閲覧。
  88. ^ 松井稼も2打数無安打 エクスポズとのオープン戦」47NEWS、2014年1月7日閲覧。
  89. ^ 今でも記憶に残るメジャー・デビュー戦、松井稼頭央が残した先頭打者初球本塁打のインパクト/日本人メジャーの軌跡 | 野球コラム」『週刊ベースボールONLINE』ベースボール・マガジン社、2021年6月26日。2022年1月14日閲覧
  90. ^ “リトル”が与えたインパクトの大きさ『月刊スラッガー』2004年6月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-6、40-43頁。
  91. ^ 「これで本当のメジャー」 快打に日本球界は驚嘆の声」47NEWS、2014年1月7日閲覧。
  92. ^ a b c d e f g Kazuo Matsui 2004 Batting Gamelog Baseball-Reference、2017年1月18日閲覧。※英語
  93. ^ 05.13 真っ直ぐだけを狙って打った」KAZ-MATSUI.com、2004年5月13日。2007年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月9日閲覧
  94. ^ New York Mets at Arizona Diamondbacks Box Score, May 12, 2004 Baseball-Reference、2017年7月4日閲覧。※英語
  95. ^ 「稼頭央 連続試合出場1213で止まる」『読売新聞』(縮刷・関東版) 2004年(平成16年)6月25日付夕刊、3面。
  96. ^ 松井稼、2戦連続欠場 ブルワーズ戦」47NEWS、2014年11月16日閲覧。
  97. ^ 松井稼頭央特集|全打席速報/詳細」スポーツナビ、2004年8月4日。2004年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年1月23日閲覧
  98. ^ 松井稼頭央特集|全打席速報/詳細」スポーツナビ。2005年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年1月23日閲覧
  99. ^ 2004 New York Mets Statistics」Baseball-Reference.com。2023年1月22日閲覧
  100. ^ Kazuo Matsui 2004 Batting Splits Baseball-Reference、2013年6月18日閲覧。※英語
  101. ^ メガネを着用せよ! 球団が松井稼に要請」47NEWS、2013年6月18日閲覧。
  102. ^ ニューヨークメッツの松井稼頭央、もう後がないぞ 「松井稼頭央、崖っぷち」(後編) 【PART4 松井稼頭央の守備面】」All About 2014年3月28日閲覧。
  103. ^ 李啓充 「「松井稼頭央の守備は大リーグ失格」の嘘。」『MLB Column from USA』、Number Web(2005年12月1日)、2011年11月26日閲覧。
  104. ^ a b c 松井稼が2年目へ始動 「勝負の年だと思う」」47NEWS、2005年1月6日。2014年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年9月15日閲覧
  105. ^ Kazuo Matsui 2005 Batting Gamelog Baseball-Reference、2017年7月4日閲覧。※英語
  106. ^ 右太もも裏側に違和感 松井稼、9回に退く」47NEWS、2014年1月7日閲覧。
  107. ^ 松井稼、代打で二ゴロ 10試合ぶり出場」47NEWS、2014年1月7日閲覧。
  108. ^ a b 39歳で外野手に、松井稼頭央の勇気 元個人コーチが語る身体能力以外の才能」スポーツナビ、2015年1月20日。2015年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月21日閲覧
  109. ^ 今季はけがをせずに 3年目へ意欲、松井稼」47NEWS、2014年1月7日閲覧。
  110. ^ 右ひざ痛め途中退場 松井稼、17日に精密検査」47NEWS、2014年1月7日閲覧。
  111. ^ 松井稼、ロッキーズへ 当面は3Aで調整」47NEWS、2014年1月8日閲覧。
  112. ^ 2年ぶり遊撃で出場 松井稼、マイナー合流」47NEWS、2014年1月8日閲覧。
  113. ^ 松井稼、試合直前に腰痛 松井秀は本拠地で練習」47NEWS(WAYBACK MACHINE)、2017年7月4日閲覧。
  114. ^ 松井稼、復帰も三振 3Aの試合で」47NEWS、2014年1月8日閲覧。
  115. ^ 松井稼、出場せず ブルワーズ戦」47NEWS、2014年1月8日閲覧。
  116. ^ Kazuo Matsui 2006 Batting Gamelog Baseball-Reference、2017年7月5日閲覧。※英語
  117. ^ a b 菊地慶剛 「「マツザカフィーバー」の陰で、 この男に期待!」『MLB Column from WEST』、Number Web(2007年2月23日)、2012年1月14日閲覧。
  118. ^ a b c d 菊地慶剛 「ロッキーズを支える俊足コンビ」『MLB Column from WEST』、Number Web(2007年7月11日)、2012年1月13日閲覧。
  119. ^ 2007 World Series Game 3, Red Sox at Rockies, October 27 Baseball-Reference、2017年7月5日閲覧。※英語
  120. ^ Kazuo Matsui 2007 Batting Gamelog Baseball-Reference、2013年6月18日閲覧。※英語
  121. ^ 2007 Major League Baseball Team Starting Lineups Baseball-Reference、2022年8月10日閲覧。※英語
  122. ^ a b c 『野球小僧 世界野球選手名鑑2008』白夜書房、2008年、229頁。ISBN 978-4-86191-374-7
  123. ^ アストロズ、松井稼と契約 3年総額約18億円」47NEWS、2014年12月9日閲覧。
  124. ^ a b 菊地慶剛 「チームを変える2番打者。」『MLB Column from WEST』、Number Web(2008年5月21日)、2012年1月13日閲覧。
  125. ^ a b 菊地慶剛 「チームを変える2番打者。」『MLB Column from WEST』、Number Web(2008年5月21日)、2012年1月13日閲覧。
  126. ^ 稼頭央「いやらしい1番に」近づけた?」Sponichi Annex 2013年7月17日閲覧。
  127. ^ Kazuo Matsui 2008 Batting Splits」Baseball-Reference.com。2023年1月22日閲覧
  128. ^ a b c d e f g h i j 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』廣済堂出版、2009年、358頁。ISBN 978-4-331-51370-5
  129. ^ a b 『月刊スラッガー』2008年4月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-4、95頁。
  130. ^ Kaz Matsui Fangraphs、2012年12月23日閲覧。※英語
  131. ^ a b c Kazuo Matsui Baseball-Reference、2013年11月4日閲覧。※英語
  132. ^ a b 松井稼 メジャー6年目のキャンプイン」Sponichi Annex 2013年7月17日閲覧。
  133. ^ a b c 稼頭央右太もも痛6年連続9度目DL入り」日刊スポーツ 2015年5月3日閲覧。
  134. ^ a b 『ベースボールマガジン 2012年 07月号』ベースボール・マガジン社、2012年、71頁。
  135. ^ a b 松井稼 通算2019安打でスイッチ打者日本一!」Sponichi Annex 2013年8月8日閲覧。
  136. ^ a b c 菊地慶剛 「松井稼頭央、突然解雇の真相。 開幕の好調ぶりは何故消えたのか?(1ページ目)」『MLB東奔西走』、Number Web(2010年5月30日)、2012年1月13日閲覧。
  137. ^ a b 菊地慶剛 「松井稼頭央、突然解雇の真相。 開幕の好調ぶりは何故消えたのか?(2ページ目)」『MLB東奔西走』、Number Web(2010年5月30日)、2012年1月13日閲覧。
  138. ^ 稼頭央が古巣西武D訪問「一からやる」」 日刊スポーツ(2010年10月9日)、2011年11月26日閲覧。
  139. ^ 日本人野手のMLB成績は十分に成功? 安打500本を一つの基準にしてみると。」Number Web、2015年12月12日。2017年4月30日閲覧
  140. ^ a b 稼頭央苦労重ね…「野球続けてよかった」」日刊スポーツ、2009年8月17日。2014年5月7日閲覧
  141. ^ 松井稼頭央選手との契約合意に関して」 東北楽天ゴールデンイーグルス(2010年11月25日)、2011年11月26日閲覧。
  142. ^ 楽天稼頭央は初心 西武入団時の背番32」 日刊スポーツ(2010年11月30日)2011年11月26日閲覧。
  143. ^ 松井稼は現状維持 来季の背番号は7に」 スポーツニッポン(2011年11月25日)、2011年11月26日閲覧。
  144. ^ 色紙に書いた決意の数字 松井稼「試合に出るためにグラウンドへ」Sponichi Annex 2013年1月14日閲覧。
  145. ^ 岡田友輔、道作、三宅博人、morithy、蛭川皓平、高多薪吾、Student、水島仁『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・レポート2』水曜社、2013年、85頁。ISBN 978-4-88065-319-8
  146. ^ 2013WBC日本代表候補選手発表 日本野球機構 (2012年12月4日) 2015年4月3日閲覧
  147. ^ 2013 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表候補選手 日本野球機構 (2012年12月4日) 2015年4月3日閲覧
  148. ^ 2013WBC日本代表28選手の発表 日本野球機構 (2013年2月20日) 2015年4月2日閲覧
  149. ^ 2013 Tournament Roster[リンク切れ] WBC公式サイト 英語 2015年4月2日閲覧
  150. ^ 2013 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表メンバー 日本野球機構 (2013年2月20日) 2015年4月2日閲覧
  151. ^ 2013年度 東北楽天ゴールデンイーグルス 個人打撃成績(オープン戦) 日本野球機構 2015年8月10日閲覧
  152. ^ a b c 選手名鑑」東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト。2016年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月13日閲覧
  153. ^ ファン投票結果発表 2013年10月14日閲覧。
  154. ^ 選手間投票 2013年10月14日閲覧。
  155. ^ 2013年度マツダオールスターゲーム 試合結果(第1戦) 2013年10月14日閲覧。
  156. ^ 2013年度マツダオールスターゲーム 試合結果(第2戦) 2013年10月14日閲覧。
  157. ^ 2013年度マツダオールスターゲーム 試合結果(第3戦) 2013年10月14日閲覧。
  158. ^ 稼頭央 20ずくめのV弾 M20、20年目、マー君開幕20連勝 スポーツニッポン2013年9月7日付ニュース
  159. ^ a b c ニュースJAPAN&すぽると!」gooテレビ番組 2013年12月24日閲覧。
  160. ^ a b 小関順二『プロ野球スカウティングレポート2014』廣済堂出版、2014年、43頁。ISBN 978-4-331-51810-6
  161. ^ 【楽天】稼頭央「やってはいけない」盗塁死」日刊スポーツ 2013年10月14日閲覧。
  162. ^ 【楽天】松井1500試合出場で猛打賞」日刊スポーツ 2013年10月14日閲覧。
  163. ^ 楽天松井350二塁打も悔しいサヨナラ逸機」日刊スポーツ 2013年10月14日閲覧。
  164. ^ パシフィック・リーグ優勝セレモニーを実施 東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト10月3日付ニュース
  165. ^ 【楽天】松井「おいしいところを…」 日刊スポーツ2013年9月7日付ニュース
  166. ^ 【楽天】稼頭央、激走!一塁から生還!最後は“神の手”タッチ スポーツ報知2013年10月20日付ニュース
  167. ^ 稼頭央「とっさに出た」 ブロックの股の下から“神の手”生還 スポニチアネックス2013年10月20日付ニュース
  168. ^ これぞ神の手!楽天・稼頭央、里崎決死ブロックも股抜きホーム サンケイスポーツ2013年10月20日付ニュース
  169. ^ ロペス 坂本のミス、松井の好走塁消した高度なプレー」Sponichi Annex 2013年11月4日閲覧。
  170. ^ 亀井 ジャンプで好捕「思い切って突っ込んだ」先制点にも貢献」Sponichi Annex 2013年11月4日閲覧。
  171. ^ 猛攻呼んだ稼頭央の積極走塁 右翼手の位置見て二進」Sponichi Annex 2013年11月4日閲覧。
  172. ^ 松井 攻守で貢献 先制つなげる右前打に背走キャッチ」Sponichi Annex 2013年11月4日閲覧。
  173. ^ 稼頭央 美技ダイビング!初左翼のジョーンズと“連係”」Sponichi Annex 2013年11月4日閲覧。
  174. ^ 楽天わずか3安打も…松井4戦連続の複数安打」Sponichi Annex 2013年11月4日閲覧。
  175. ^ a b 2013年度 東北楽天ゴールデンイーグルス 個人打撃成績(日本シリーズ) 2013年11月4日閲覧。
  176. ^ a b 2013年度 読売ジャイアンツ 個人打撃成績(日本シリーズ) 2013年11月4日閲覧。
  177. ^ 日本シリーズ:楽天の松井 38歳で初の日本一毎日新聞 2013年11月4日閲覧
  178. ^ 楽天、歓喜のビールかけ!松井「皆さん日本一です」 サンケイスポーツ 2013年11月4日閲覧
  179. ^ 稼頭央 初打席初球2ランで楽天V2だ」日刊スポーツ、2014年3月29日。2014年3月29日閲覧
  180. ^ 楽天・稼頭央、先制2ラン!14年プロ野球第1号 岸から右翼席へ」SANSPO.COM、2014年3月28日。2014年3月29日閲覧
  181. ^ a b 【プロ野球】楽天・デーブ大久保がNo.1か…出身ポジションでわかる「監督力」」DMMニュース。2015年4月3日閲覧
  182. ^ 2014年8月度「日本生命月間MVP賞」受賞選手 (パシフィック・リーグ) 2014年10月8日閲覧。
  183. ^ 2014年 パシフィック・リーグ 2015年6月30日閲覧。
  184. ^ a b 『がっつり!プロ野球 2015年 4/15号』66-69頁
  185. ^ 楽天・松井稼 3ラン含む猛打賞で大記録に花添える活躍 スポーツニッポン2014年8月24日配信
  186. ^ a b 【楽天】稼頭央、プロ20年目で初サード」スポーツ報知、2014年5月4日。2014年5月8日閲覧
  187. ^ 松井稼頭央は永遠の野球小僧…純粋な思い「仕事の感覚ではない」 スポーツニッポン 2015年8月7日閲覧。
  188. ^ 楽天稼頭央、初の外野守備「緊張した」 日刊スポーツ 2014年8月23日閲覧
  189. ^ 1999年度サンヨーオールスターゲーム 試合結果(第2戦) 2014年9月1日閲覧。
  190. ^ 松井稼頭央選手が9月度「スカパー!サヨナラ賞」を受賞 東北楽天ゴールデンイーグルス公式サイト
  191. ^ a b 楽天 松井稼、外野手登録に変更 捕手・内田は内野手に」Sponichi Annex、2015年1月21日。2015年1月23日閲覧
  192. ^ a b c 楽天・松井稼頭央「選手寿命を延ばすために外野手になった」」web Sportiva、2015年5月7日。2015年5月8日閲覧
  193. ^ 楽天、投打の“W松井”で今季初勝利! デーブ監督に白星プレゼント」SANSPO.COM、2015年3月28日。2015年4月2日閲覧
  194. ^ 【プロ野球パ】衰えぬ“スピードスター”松井稼が三盗!! 2015/03/28 F-E」PacificLeagueMovie。2015年4月2日閲覧
  195. ^ 楽天松井稼 下半身の張りでベンチ外れる」日刊スポーツ、2015年3月29日。2015年4月2日閲覧
  196. ^ 松井稼が通算3000塁打=プロ野球・楽天」時事ドットコム、2015年4月11日。2015年5月3日閲覧
  197. ^ 39歳稼頭央 日米通算450盗塁「走らなくなったら自分ではなくなる」」スポーツニッポン、2015年4月25日。2015年5月3日閲覧
  198. ^ 楽天・稼頭央、11年ぶり2発!「出来過ぎです」」SANSPO.COM(サンスポ)、2015年5月8日。2015年5月8日閲覧
  199. ^ 稼頭央、両打ち2人目2000安打 こだわった「振り切って長打」」スポーツニッポン、2015年7月29日。2015年8月7日閲覧
  200. ^ 松井稼が日本通算400二塁打 立浪氏抜き最速1755試合目で到達 スポーツニッポン、2015年9月20日閲覧。
  201. ^ 【松井稼頭央登場!①】「今季の成績は○○…」OB鈴木健が聞き出したホンネとは?【OB出張対談】OBTV、2015年11月15日閲覧。
  202. ^ プロ野球 パ・リーグ打者成績 スポーツナビ、2015年10月8日閲覧。
  203. ^ 秋山翔吾(埼玉西武ライオンズ) 「異次元のヒットメーカー」 Part1 Number Web、2015年10月8日閲覧。
  204. ^ 秋山が200安打達成できた理由 フォーム改造でNPB記録更新も視野 スポーツニッポン、2015年10月8日閲覧。
  205. ^ a b 『数字で斬る! 2015年プロ野球 パ・リーグ編』ベースボール・マガジン社、2015年、37頁。
  206. ^ a b 『2016プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2016年、227頁。ISBN 978-4-905411-36-9
  207. ^ 楽天松井稼、現状維持1億6000万「ありがたい」 日刊スポーツ、2015年11月21日閲覧。
  208. ^ 楽天、松井稼は現状維持でサイン 「一本一本積み重ねたい」 西日本新聞、2015年11月21日閲覧。
  209. ^ 2016年度 東北楽天ゴールデンイーグルス 東北楽天ゴールデンイーグルス 個人打撃成績(オープン戦) NPB.jp 日本野球機構、2016年4月13日閲覧。
  210. ^ a b 楽天松井稼、大事取って先発外れ別メニュー調整 日刊スポーツ、2016年4月13日閲覧。
  211. ^ 楽天 松井稼が今季1号 デイリースポーツ、2016年4月13日閲覧。
  212. ^ 楽天松井稼1軍へ 梨田監督「何でもやってもらう」 日刊スポーツ(2016年8月5日)、2016年9月5日閲覧。
  213. ^ 【楽天】稼頭央、1週間ぶり出場で猛打3打点! スポーツ報知(2016年8月22日)、2016年9月5日閲覧。
  214. ^ 稼頭央、56%減の7000万円 「必要と言ってもらえ良かった」 中日スポーツ(2016年11月20日)、2016年12月4日閲覧。
  215. ^ 松井稼頭央選手日本通算200本塁打達成!」東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト、2017年4月22日。2017年4月23日閲覧
  216. ^ a b 楽天・松井稼頭央が日本通算200号 両打ち史上2人目」朝日新聞デジタル、2017年4月22日。2017年4月30日閲覧
  217. ^ 楽天、代打・松井稼が同点打 3年ぶり遊撃守備でも貢献」デイリースポーツ、2017年6月27日。2017年9月4日閲覧
  218. ^ 松井稼頭央 15年ぶり西武復帰 テクニカルC兼任「年齢関係なく元気な姿を」」スポニチアネックス、2017年11月17日。2017年11月17日閲覧
  219. ^ 【西武復帰一問一答】稼頭央、選手兼テクニカルコーチに!「勉強させてもらう」」サンケイスポーツ、2017年11月18日。2022年12月4日閲覧
  220. ^ 西武が松井のコーチ登録外す」西日本スポーツ、2018年3月31日。2018年3月31日閲覧
  221. ^ 西武松井稼頭央が今季限り現役引退、近く球団発表へ」『日刊スポーツ』2018年9月26日。2018年9月26日閲覧
  222. ^ 松井稼頭央「最後の1年、最高の1年」引退スピーチ」『日刊スポーツ』2018年11月23日。2024年5月29日閲覧
  223. ^ a b 西武が来季組閣発表 松井稼頭央2軍監督は背番号77」デイリースポーツ、2018年11月4日。2021年11月3日閲覧
  224. ^ 松井稼頭央1軍ヘッドコーチ、内海哲也は選手兼任コーチ/西武組閣一覧」日刊スポーツ、2021年11月3日。2021年11月3日閲覧
  225. ^ 松井稼頭央監督 就任のお知らせ|埼玉西武ライオンズ」『埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト』2022年10月13日。2022年10月13日閲覧
  226. ^ 西武・松井稼頭央新監督「キーマンは僕」 メジャー時代の体験生かし常勝と育成両立目指す」デイリースポーツ online、2022年10月19日。2022年10月20日閲覧
  227. ^ 監督人事に関するお知らせ」『埼玉西武ライオンズ』2024年5月26日。2024年5月26日閲覧
  228. ^ 【西武】松井稼頭央監督が休養へ 渡辺久信GMが監督代行 26日のオリックス戦を最後に」『日刊スポーツ』2024年5月26日。2024年5月26日閲覧
  229. ^ [長嶋ジャパン アテネへの道]西武編 華麗な稼頭央にプロを見た」スポーツ報知、2003年2月19日。2003年12月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月26日閲覧
  230. ^ Matsui notches 2,000th career hit」 astros.com 2014年10月16日閲覧。※英語
  231. ^ かつて絶賛された秋山とリトル松井 日米野球で名を売る侍野手は誰だ!?」 ベースボールキング 2014年11月10日閲覧。
  232. ^ 2003年プロ野球選手名鑑 ■西武ライオンズ」Sponichi Annex。2004年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月24日閲覧
  233. ^ 『江川卓・スカウティングレポート2000』 ザ・マサダ出版社、2000年、240頁。ISBN 4-88397-011-6
  234. ^ 米国内で過熱する田中将大の高評価。前例から考える、1年目の成績は?(2/4)」Number Web 2016年4月22日閲覧。
  235. ^ a b c d e f g h i 「現役スカウト部長による“本物”のスカウティングレポート」『月刊スラッガー』2008年1月号、日本スポーツ企画出版社、34-37頁。雑誌15509-1。
  236. ^ 『野球小僧 世界野球選手名鑑2011』白夜書房、2011年、79頁。ISBN 978-4-86191-710-3
  237. ^ 『野球小僧 プロ野球&世界野球選手名鑑2012』白夜書房、2012年、66頁。ISBN 978-4-86191-710-3
  238. ^ 松井稼、イチ&松井に続く日米2500安打」日刊スポーツ 2015年2月26日閲覧。
  239. ^ 『2015プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2015年、98頁。ISBN 978-4-905411-26-0
  240. ^ メジャー最終兵器. pp. 201-203 
  241. ^ a b 稼頭央 “先頭弾男”健在 日米通算30本目」 Sponichi Annex 2013年5月11日閲覧。
  242. ^ 楽天・稼頭央、歴代9位タイ21本目の先頭弾!(1/2ページ)」 SANSPO.COM 2013年5月11日閲覧。
  243. ^ a b 「戦うための肉体改造」松井稼頭央・松中信彦(2ページ目)」Number Web、2001年4月12日。2004年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月28日閲覧
  244. ^ リトル松井スイッチ弾 日米野球2002第6戦 左で先頭打者アーチ右で2ラン」スポーツ報知、2002年11月16日。2002年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月26日閲覧
  245. ^ 第1回メジャーリーガー 松井稼頭央さん | 転機をチャンスに変えた瞬間」クライス&カンパニー 2013年10月9日閲覧。
  246. ^ 明憲と稼頭央が兄弟宣言、“AKB”結成」日刊スポーツ、2010年12月2日。2014年5月7日閲覧
  247. ^ 『中学・高校生のための野球レベルアップ教本 2003』ベースボール・マガジン社、2003年、24–25頁。ISBN 4-583-61227-3
  248. ^ 『中学・高校生のための野球レベルアップ教本 2006』ベースボール・マガジン社、2006年、12–13頁。ISBN 4-583-61404-7
  249. ^ a b 楽天星野SA「日本一のショート」松井稼の快挙祝う」日刊スポーツ 2015年8月7日閲覧。
  250. ^ 高畑好秀なぜ松井稼頭央は左脳と右脳をリンクできるのか」PRESIDENT、2013年5月11日閲覧。
  251. ^ a b c ニューヨークメッツの松井稼頭央、もう後がないぞ 「松井稼頭央、崖っぷち」(後編) 【PART5 松井稼頭央の攻撃面】」All About 2022年9月17日閲覧。
  252. ^ 西武・松井メジャー見送り 2003年FA権取得後移籍 今季の打撃内容に不満左足首負傷で決断」スポーツ報知、2001年8月30日。2001年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月26日閲覧
  253. ^ 最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦(TBS)より。
  254. ^ a b 「ダイヤモンドの疾風 塁間の韋駄天―27・43mに凝縮された盗塁の美学」『スポーツ20世紀―甦る「スポーツの世紀」の記憶 (Vol.2)』〈B・B MOOK 127〉、ベースボール・マガジン社、2000年、92-95頁。ISBN 4-583-61088-2
  255. ^ a b 第2回 西武・松井稼頭央内野手」Sponichi Annex。2002年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月24日閲覧
  256. ^ a b c 股関節と膝の柔らかさが生んだ 稼頭央“ひねり”の盗塁」Sponichi Annex 2013年6月9日閲覧。
  257. ^ 稼頭央速っ 3拍子健在35歳」日刊スポーツ 2022年3月5日閲覧。
  258. ^ a b 【特集】アサヒビールチャレンジ アジア野球選手権」日刊スポーツ。2015年1月24日閲覧
  259. ^ a b c 二宮清純『プロ野球の職人たち』光文社新書、2012年。ISBN 978-4-334-03678-2
  260. ^ 松井稼にとって「1番・遊撃手」は天職か!? (1/2)「KAZUO INSIDE」 VOL.7」スポーツナビ、2004年6月12日。2007年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月8日閲覧
  261. ^ 稼頭央140キロ台連発!メジャー初登板ある!?」スポーツ報知、2010年2月11日。2010年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月11日閲覧
  262. ^ a b 稼頭央が「救援」投手プラン 登板過多リリーフ陣のため40歳男気 スポーツニッポン、2016年4月29日閲覧。
  263. ^ メジャー最終兵器. p. 194 
  264. ^ メジャー最終兵器. p. 196 
  265. ^ a b 松井稼、日米通算2000本安打達成! SPORTS COMMUNICATIONS 2014年10月27日閲覧
  266. ^ 松井稼にとって「1番・遊撃手」は天職か!? (2/2)「KAZUO INSIDE」 VOL.7」スポーツナビ、2004年6月12日。2004年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月8日閲覧
  267. ^ morithy 「松井稼頭央守備成績(archive.is)」日本プロ野球計量分析レポート&データ集、2016年5月23日閲覧。
  268. ^ a b c d e f g h 「MLB某球団スカウト部長による松井稼頭央スカウティングレポート」『月刊スラッガー』2001年12月号、日本スポーツ企画出版社、58-61頁。雑誌15509-12。
  269. ^ a b c d e f g h i j 「スカウティング・レポート」『月刊スラッガー』2003年12月号、日本スポーツ企画出版社、8-11頁頁。雑誌15509-12。
  270. ^ 松井稼頭央が直面した厳しい船出 (2/2) 「KAZUO INSIDE」VOL.1」スポーツナビ、2004年3月5日。2004年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月8日閲覧
  271. ^ a b c 松井稼頭央13年前の日米野球で輝き(第487回)」蛭間豊章記者のBaseball inside 2009年8月19日 2015年2月23日閲覧。
  272. ^ 「徹底比較 ショートストップ6人」『月刊スラッガー』2003年12月号、日本スポーツ企画出版社、13頁頁。雑誌15509-12。
  273. ^ a b c 二塁転向説を吹き飛ばせ! 松井稼の逆襲 (2/2)「KAZUO INSIDE」 VOL.11」スポーツナビ、2004年8月5日。2006年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年1月22日閲覧
  274. ^ 松井稼のセカンド転向の行方(1/2)「KAZUO INSIDE」VOL.12」スポーツナビ、2004年9月3日。2006年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年1月22日閲覧
  275. ^ ニューヨークメッツの松井稼頭央、もう後がないぞ 「松井稼頭央、崖っぷち」(後編) 【PART6 データで比較する稼頭央の守備】」All About 2014年3月28日閲覧。
  276. ^ a b Kazuo Matsui - Stats - Batting」FanGraphs Baseball。2023年1月23日閲覧
  277. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2008』廣済堂出版、2008年、364頁。ISBN 978-4-331-51300-2
  278. ^ 奥田秀樹 「すべては基本が大事になります 松井稼頭央の二塁守備」『週刊ベースボール』2009年8月31日号、ベースボール・マガジン社、雑誌20445-8/31、28-29頁。
  279. ^ a b 【MLB】松井稼、イチロー以来の「最優秀守備選手」なるか」Yahoo!スポーツ (配信元:ISM)、2009年11月27日。2009年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月13日閲覧
  280. ^ 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2010』廣済堂出版、2010年、386頁。ISBN 978-4-331-51439-9
  281. ^ a b ニュースJAPAN&すぽると!」gooテレビ番組 2013年12月24日閲覧。
  282. ^ a b c 【WBC】37歳・稼頭央、イチロー級の柱だ!4打点」スポーツ報知 2013年5月6日閲覧。
  283. ^ 2013年度 パシフィック・リーグ 個人守備成績(規定以上)」日本野球機構。2014年12月8日閲覧
  284. ^ 岡田友輔、三宅博人、morithy、蛭川皓平、高多薪吾、Student、水島仁『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・レポート3』水曜社、2014年、29頁。ISBN 978-4-88065-340-2
  285. ^ 稼頭央、プロ初三塁守った「予定通り」/WBC」SANSPO.COM 2013年5月7日閲覧。
  286. ^ 【2014シーズン終了】10 7(火)最終戦:試合後の選手コメント」東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト、2014年10月8日。2014年12月15日閲覧
  287. ^ a b 楽天・松井稼頭央「選手寿命を延ばすために外野手になった」」web Sportiva、2015年5月7日。2015年5月8日閲覧
  288. ^ 楽天松井稼V弾 頼りになる男が連敗5で止めた」日刊スポーツ 2015年8月31日閲覧。
  289. ^ 今年39歳のリードオフマン 松井稼頭央が放つ大きな存在感」BASEBALL KING、2014年7月7日。2015年1月21日閲覧
  290. ^ 稼頭央日米通算2500安打 イチ、ゴジラに続く史上3人目」Sponichi Annex、2014年8月25日。2015年1月21日閲覧
  291. ^ 稼頭央 美技!バックハンドで20メートル以上封殺も」Sponichi Annex、2014年6月19日。2015年1月21日閲覧
  292. ^ 楽天松井稼が美技で封殺!先発川井を援護」日刊スポーツ、2014年6月18日。2015年1月21日閲覧
  293. ^ 【プロ野球パ】松井稼頭央が華麗な守備!あの体勢から二塁へ!? 2014/06/18 C-E」YouTube 2014年1月21日閲覧。
  294. ^ 松井稼 22年目のモデルチェンジ」中日スポーツ、2015年1月10日。2015年1月21日閲覧
  295. ^ 【新世代ショート】(2)西武・源田「理想は小坂誠さん」」スポーツ報知、2017年6月22日。2017年9月4日閲覧
  296. ^ a b 『週刊ベースボール』2014年7月21日号、ベースボール・マガジン社、12-13頁。
  297. ^ 松井稼頭央『3000安打の向こう側』ベースボールマガジン社、2016年、58頁。ISBN 978-4-583-10990-9
  298. ^ メジャー最終兵器. p. 138 
  299. ^ メジャー最終兵器. p. 140 
  300. ^ a b メジャー最終兵器. p. 150 
  301. ^ a b 恩師・東尾修氏が松井稼祝福 痛みに耐えてよく頑張った」スポーツニッポン、2015年7月29日。2015年8月31日閲覧
  302. ^ 宮本英治『松井稼頭央のナチュラル・フィットネス』ベースボール・マガジン社、2009年、13頁。ISBN 978-4583101545
  303. ^ 松井稼が始動 今年も堅守へ目標は無失策」Sponichi Annex 2015年5月3日閲覧。
  304. ^ ファンページ - 日本プロ野球選手会公式ホームページ
  305. ^ 選手が選ぶ!2013年MVP/ベストナイン」 日本プロ野球選手会公式ホームページ 2013年12月19日閲覧。
  306. ^ メジャー最終兵器. p. 235 
  307. ^ メジャー最終兵器. p. 222 
  308. ^ 楽天イーグルス松井稼頭央 「NPB史上最高の遊撃手の新たなる挑戦」とは?」BASEBALL KING、2015年3月9日。2015年5月3日閲覧
  309. ^ a b c 岡田友輔、鳥越規央、道作、三宅博人、蛭川皓平、森嶋俊行、高多薪吾、Student『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・リポート1』水曜社、2012年、167–168頁。ISBN 978-4-88065-286-3
  310. ^ 岡田友輔、鳥越規央、道作、三宅博人、蛭川皓平、森嶋俊行、高多薪吾、Student『プロ野球を統計学と客観分析で考える セイバーメトリクス・リポート1』水曜社、2012年、166頁。ISBN 978-4-88065-286-3
  311. ^ 特集&インタビュー一覧」週刊ベースボールONLINE 2014年10月29日閲覧。
  312. ^ a b 矢崎良一(著)、久慈照嘉(監修)『遊撃手論』PHP研究所、2009年、88-89頁。ISBN 978-4569706719
  313. ^ MLB EloRater」 Baseball-Reference、2012年1月6日閲覧。 ※英語
  314. ^ 二宮清純『プロ野球 名人たちの証言』講談社、2014年。ISBN 978-4062882569
  315. ^ 第一回 松井稼頭央 ● 背番号7 内野手 右投げ」東尾修 公式Webサイト。2007年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年1月28日閲覧
  316. ^ 元西武助っ人が19歳の松井稼頭央を回想 「米で成功しなかったのが驚きだ」」Full-Count、2019年8月3日。2024年1月28日閲覧
  317. ^ 元西武ジャクソン氏が19歳の松井稼頭央について語る 「すべての選手を上回っていた」」ベースボールチャンネル、2017年8月10日。2024年1月28日閲覧
  318. ^ 元西武助っ人が19歳の松井稼頭央を回想 「米で成功しなかったのが驚きだ」」Full-Count、2019年8月3日。2024年1月28日閲覧
  319. ^ a b 「プロ野球OBが語る松井稼頭央の能力と素顔」『月刊スラッガー』2003年12月号、日本スポーツ企画出版社、22-23頁。雑誌15509-12。
  320. ^ a b 高校生離れしていた稼頭央の体」 Sponichi Annex 2012年12月25日閲覧。
  321. ^ 「オヤジ」稼頭央V打!楽天堅首 2カード連続勝ち越し」Sponichi Annex 2013年12月6日閲覧。
  322. ^ 楽天・稼頭央、日米2500安打!イチロー、松井氏に続く快挙」SANSPO.COM 2014年9月1日閲覧。
  323. ^ 乙武洋匡のフィールド・インタビュー 2/3」Number Web、2002年10月3日。2002年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月24日閲覧
  324. ^ 楽天松井稼日本通算2000本、実は日本人最速」日刊スポーツ 2015年11月21日閲覧。
  325. ^ 跳び箱神話part2. p. 113 
  326. ^ 握力77.3キロ!松井稼怪力NO.1だ」Sponichi Annex 2012年12月25日閲覧。
  327. ^ 新春!名球会ゴルフin台湾」gooテレビ番組 2013年12月24日閲覧。
  328. ^ [ニュース]松井、Max137キロ!_20140209」東北楽天ゴールデンイーグルス。2014年5月12日閲覧
  329. ^ a b 松井稼頭央が直面した厳しい船出 (1/2)「KAZUO INSIDE」VOL.1」スポーツナビ、2004年3月5日。2007年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月8日閲覧
  330. ^ メジャー最終兵器. p. 176 
  331. ^ 跳び箱神話part1. p. 62 
  332. ^ 跳び箱神話part1. p. 285 
  333. ^ 跳び箱神話part2. p. 96 
  334. ^ 跳び箱神話part2. p. 96-97 
  335. ^ 跳び箱神話part2. p. 97 
  336. ^ 跳び箱神話part2. p. 97-98 
  337. ^ 跳び箱神話part2. p. 98 
  338. ^ a b 跳び箱神話part2. p. 108 
  339. ^ a b 跳び箱神話part2. p. 110 
  340. ^ 跳び箱神話part2. p. 111 
  341. ^ 跳び箱神話part2. p. 112-113 
  342. ^ 跳び箱神話part2. p. 115 
  343. ^ 跳び箱神話part2. p. 118 
  344. ^ 跳び箱神話part2. p. 122 
  345. ^ 跳び箱神話part2. p. 123 
  346. ^ 跳び箱神話part2. p. 192 
  347. ^ 跳び箱神話part2. p. 194 
  348. ^ 跳び箱神話part2. p. 195-196 
  349. ^ a b 跳び箱神話part2. p. 203 
  350. ^ a b 跳び箱神話part2. p. 204 
  351. ^ 跳び箱神話part2. p. 205 
  352. ^ 跳び箱神話part2. p. 213-215 
  353. ^ 跳び箱神話part2. p. 219 
  354. ^ a b 跳び箱神話part2. p. 227-228 
  355. ^ 「稼頭央と二遊間を組む新鋭 ホセ・レイエス 松井稼頭央との比較」『月刊スラッガー』2004年3月号、日本スポーツ企画出版社、49頁。雑誌15509-3。
  356. ^ 西武・松井稼頭央監督の長女・遥南22歳は人気モデルに目元は父そっくり」『デイリースポーツ online』2023年1月16日。2024年1月1日閲覧
  357. ^ 『サンケイスポーツ』 2007年10月17日付
  358. ^ 松井稼、レイエスと初練習 実力認め合う二遊間コンビ」47NEWS、2004年2月10日。2015年1月22日閲覧
  359. ^ 相棒レイエス、移籍の松井稼にエール」MLB.com。2007年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月3日閲覧
  360. ^ 楽天まさに「松井」デー!裕樹100K&稼頭央サヨナラ弾!!(1/2ページ)」『サンケイスポーツ』2014年9月9日。2024年3月31日閲覧
  361. ^ a b 『週刊ベースボール』2003年5月5日号、ベースボール・マガジン社、110頁。
  362. ^ 侍ジャパンメンバー 内野手 松井 稼頭央」日刊スポーツ。2014年5月7日閲覧
  363. ^ a b メジャー最終兵器. p. 174 
  364. ^ メジャー最終兵器. p. 206 
  365. ^ 上原ブルペンで稼頭央に61球、新球試した」日刊スポーツ 2013年7月17日閲覧。
  366. ^ いい仲間」koji-uehara.net BLOG 2013年7月13日閲覧。
  367. ^ メジャー最終兵器. p. 207 
  368. ^ 2002報知プロスポーツ大賞表彰式 スポーツ報知(archive.today)2015年2月25日閲覧。
  369. ^ 松井稼頭央『3000安打の向こう側』ベースボールマガジン社、2016年、134–135頁。ISBN 978-4-583-10990-9
  370. ^ 楽天・稼頭央、歴代9位タイ21本目の先頭弾!(2/2ページ)」 SANSPO.COM 2013年11月4日閲覧。
  371. ^ メジャー434発のジョーンズも稼頭央に敬意」Sponichi Annex 2014年1月6日閲覧。
  372. ^ AJ お目覚めシリーズ初打点 稼頭央主催ホームパーティーで気分転換」Sponichi Annex 2013年11月4日閲覧。
  373. ^ 39歳で外野手に、松井稼頭央の勇気 元個人コーチが語る身体能力以外の才能」スポーツナビ。2015年4月3日閲覧
  374. ^ No.26 監督就任でV2、そして松坂の育成」『野球人 東尾修のスポニチ連載コラム 我が道』RS INTERNATIONAL。2020年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月20日閲覧
  375. ^ 楽天 喜びパフォ名称「Burn!(バーン)」に決定」『スポーツニッポン』2012年7月15日。2024年3月31日閲覧
  376. ^ a b メジャー最終兵器. p. 212 
  377. ^ メジャー最終兵器. p. 214 
  378. ^ 鷲田康 「[アテネ五輪コラム]【ドリーム・チーム史上最大の挑戦】 金への船出は最高な形で。」Number Web(2004年08月17日)、2013年5月29日閲覧。
  379. ^ 稼頭央4打点!打線突貫“浩二”ズバリ/WBC (2/3ページ)」『サンケイスポーツ』2013年2月25日。2013年9月21日閲覧
  380. ^ 松坂「一緒にやりたかった」…稼頭央、岡島の落選に」ZAKZAK、2008年12月16日。2014年4月5日閲覧
  381. ^ 上原、川上、稼頭央が日本代表を祝福」日刊スポーツ、2009年3月25日。2014年4月5日閲覧
  382. ^ 楽天稼頭央で連勝 あと少しで首位届く」日刊スポーツ 2013年4月8日閲覧。
  383. ^ 【WBC】稼頭央、腰痛で阪神戦欠場も「大丈夫です」」 スポーツ報知 2013年5月6日閲覧。
  384. ^ a b 2002年度日米野球 試合結果(第1戦) 2013年6月30日閲覧。
  385. ^ a b 2002年度日米野球 試合結果(第2戦) 2013年6月30日閲覧。
    2002年度日米野球 試合結果(第3戦) 2013年6月30日閲覧。
    2002年度日米野球 試合結果(第4戦) 2013年6月30日閲覧。
    2002年度日米野球 試合結果(第5戦) 2013年6月30日閲覧。
    2002年度日米野球 試合結果(第6戦) 2013年6月30日閲覧。
    2002年度日米野球 試合結果(第7戦) 2013年6月30日閲覧。
  386. ^ 【11月16日】2002年(平14) リトルがビッグな記録!松井稼頭央、メジャーにアピール弾2発」Sponichi Annex 2013年6月30日閲覧。
  387. ^ 松井稼にメジャーからオファー」報知ベースボールパーク。2002年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月27日閲覧
  388. ^ 2011年度 東北楽天ゴールデンイーグルス 個人守備成績(パシフィック・リーグ)”. 日本野球機構. 2017年3月3日閲覧。
    2012年度 東北楽天ゴールデンイーグルス 個人守備成績(パシフィック・リーグ)”. 日本野球機構. 2017年3月3日閲覧。
    2013年度 東北楽天ゴールデンイーグルス 個人守備成績(パシフィック・リーグ)”. 日本野球機構. 2017年3月3日閲覧。
    2014年度 東北楽天ゴールデンイーグルス 個人守備成績(パシフィック・リーグ)”. 日本野球機構. 2017年3月3日閲覧。
    2015年度 東北楽天ゴールデンイーグルス 個人守備成績(パシフィック・リーグ)”. 日本野球機構. 2017年3月3日閲覧。
    2016年度 東北楽天ゴールデンイーグルス 個人守備成績(パシフィック・リーグ)”. 日本野球機構. 2017年3月3日閲覧。
  389. ^ パシフィック・リーグ表彰 | 2002年 表彰選手 日本野球機構 2023年6月25日閲覧。
  390. ^ 日米野球2002 2015年1月24日閲覧。
  391. ^ 青木最速1500安打!クロウ超え最年長首位打者だ」日刊スポーツ、2019年5月22日。2019年5月25日閲覧
  392. ^ 稼頭央 松井秀喜の日米通算2643安打にあと27本」スポーツニッポン、2015年7月29日。2015年8月7日閲覧
  393. ^ 楽天松井稼頭央200本塁打 NPB史上100人目」『日刊スポーツ』2017年4月22日。2021年11月24日閲覧
  394. ^ 松井稼頭央が球史に名を残す大選手に 史上8人目の2000安打&200HR&200盗塁」Full-Count、2017年4月23日。2017年4月30日閲覧
  395. ^ Career Leaders & Records for SB %」『Baseball-Reference.com』(英語)。2024年5月29日閲覧
  396. ^ 楽天松井稼が日米450盗塁「通過点」39歳健脚」『日刊スポーツ』2015年4月24日。2021年11月24日閲覧
  397. ^ 10/9(日)松井稼頭央選手が NHK総合(全国) サンデースポーツに出演 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト(2016年10月8日)、2016年10月14日閲覧。[リンク切れ]
  398. ^ 3000安打の向こう側」SportsClick。2016年5月20日閲覧



松井稼頭央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/25 23:40 UTC 版)

マツイ日記は知っている!」の記事における「松井稼頭央」の解説

西武ライオンズニューヨーク・メッツ(→コロラド・ロッキーズ)の内野手

※この「松井稼頭央」の解説は、「マツイ日記は知っている!」の解説の一部です。
「松井稼頭央」を含む「マツイ日記は知っている!」の記事については、「マツイ日記は知っている!」の概要を参照ください。


松井稼頭央

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 03:14 UTC 版)

ササキ様に願いを」の記事における「松井稼頭央」の解説

西武ニューヨーク・メッツコロラド・ロッキーズヒューストン・アストロズ楽天西武の元内野手外野手(→西武2軍監督、現:西武ヘッドコーチ)。背番号は7→25メッツ)→16→7(ロッキーズ)→3(アストロズ)→32楽天)→7(→77)。

※この「松井稼頭央」の解説は、「ササキ様に願いを」の解説の一部です。
「松井稼頭央」を含む「ササキ様に願いを」の記事については、「ササキ様に願いを」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「松井稼頭央」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「松井稼頭央」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「松井稼頭央」の関連用語

松井稼頭央のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



松井稼頭央のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松井稼頭央 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマツイ日記は知っている! (改訂履歴)、ササキ様に願いを (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS