ポストシーズンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ポストシーズンの意味・解説 

ポストシーズン【postseason】

読み方:ぽすとしーずん

プロ野球で、選手球団2月1日から11月30日までの10か月間の契約を結ぶが、その契約期間以外の2か月間のこと。その間試合コーチによる指導禁止される

野球・サッカー・アイスホッケーなどのリーグ戦で、レギュラーシーズン終了後に、各リーグあるいは前後期成績上位チーム出場し優勝者順位決定する試合を行う期間。


ポストシーズン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/16 05:48 UTC 版)

ポストシーズンとは、スポーツ(特に球技)のリーグ戦において、リーグ戦の成績上位チームによる順位決定トーナメント(プレーオフ)を総じて表現するものである。




「ポストシーズン」の続きの解説一覧

ポストシーズン(プレーオフ→クライマックスシリーズ、日本選手権シリーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 14:08 UTC 版)

RKBエキサイトホークス」の記事における「ポストシーズン(プレーオフクライマックスシリーズ日本選手権シリーズ)」の解説

クライマックス・パソフトバンクの絡む試合み放送(ソフトバンクリーグ優勝してファイナルステージからの出場の場合、ファーストステージ放送しない)。日本シリーズについては、以前はソフトバンク出場関係なく放送していたが、2010年以降ソフトバンク出場時のみの放送となった競合局のKBCも、2年後2012年から同様の対応となった)。 そのため、ソフトバンク出場しない年の日本シリーズラジオ中継は、福岡地区ではNHK R1独占となるが、NHK19時台ニュース(『きょうのニュース』)による中断がある上、今後もこの体制が続くと、NHKが日本シリーズ開催衆議院の解散または任期満了による総選挙重なった際の日曜日(主に第2・7戦)に開票速報優先し、かつ他の国スポーツイベントにおける日本代表戦中継重なるなどの理由でNHK-FMへの迂回編成ができなかったり、その他地震・台風などの災害この場合試合自体が行われない可能性もある)や事故大事件等で報道特別番組優先すると、Radikoプレミアム経由外で福岡県内日本シリーズラジオ中継聴けない試合発生する可能性想定される2018年JRNナイター廃止もあり、マツダスタジアム開催分を含めて全試合自社制作行い他局へのネットがないローカル放送となったが、第3 - 5戦は乗り込み自社制作行ったRCCへの技術協力RKBが行った。リポーターKBC制作NRNネット中継兼務したため、RCCは在福両局に関わるになった

※この「ポストシーズン(プレーオフ→クライマックスシリーズ、日本選手権シリーズ)」の解説は、「RKBエキサイトホークス」の解説の一部です。
「ポストシーズン(プレーオフ→クライマックスシリーズ、日本選手権シリーズ)」を含む「RKBエキサイトホークス」の記事については、「RKBエキサイトホークス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ポストシーズン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ポストシーズン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ポストシーズン」の関連用語

ポストシーズンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ポストシーズンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポストシーズン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのRKBエキサイトホークス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS