ハイタッチとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ハイタッチの意味・解説 

ハイタッチ


ハイ‐タッチ【high-touch】

読み方:はいたっち

現代技術社会必要とされる人同士心の触れ合い

スポーツで、うまくいったときなどに、チームメート相棒と手をあげて行うタッチ

[補説] 2日本語での用法で、英語ではhigh-five

ハイ‐タッチの画像
ハイタッチ(2)/撮影Keith Allison [CC BY-SA 2.0] https://goo.gl/49WHwD

ハイタッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/16 01:20 UTC 版)

ハイタッチは、2人が互いの手のひらを顔や頭の高で合わせて叩きあう動作。明るい挨拶や、自賛を他人に伝える場面、また称賛や祝勝を分かち合う仕草でもある。 現在ではグータッチに置き換わっている[要出典]


  1. ^ ESPN Video30 for 30 Shorts: The High Five
  2. ^ B.A.P K-Pop High Touch in New York|TIME.com
  3. ^ NASAでの実例
  4. ^ "ON THE SET WITH - Arnold Schwarzenegger; Big Guy. Big Star. Big Deal, Baby.", Bernard Weinraub, New York Times, March 4, 1993.
  5. ^ They Might Be Giants"High Five!"という曲、アルバム Here Come the 123s(2008)収録


「ハイタッチ」の続きの解説一覧

ハイタッチ!/あしたはきっと

(ハイタッチ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/12 19:38 UTC 版)

ハイタッチ!/あしたはきっと」は、サトシ松本梨香) & ヒカリ豊口めぐみ)/歌奈子あきよしふみえグリンのシングル。






「ハイタッチ!/あしたはきっと」の続きの解説一覧

ハイタッチ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/12 19:38 UTC 版)

ハイタッチ!/あしたはきっと」の記事における「ハイタッチ!」の解説

テレビ東京系『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール』オープニングテーマで、同アニメ主人公であるサトシヒカリシリーズ史上初のデュエットソング。 タイトルは、サトシヒカリ行いからきている。 のちに「ハイタッチ!2009」としてリメイクされ、2009年の『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール アルセウス 超克の時空へ』やアニメ本編オープニングになった

※この「ハイタッチ!」の解説は、「ハイタッチ!/あしたはきっと」の解説の一部です。
「ハイタッチ!」を含む「ハイタッチ!/あしたはきっと」の記事については、「ハイタッチ!/あしたはきっと」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ハイタッチ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ハイタッチ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 13:11 UTC 版)

名詞

ハイタッチ

  1. 人がたがいに手を上げて、手と手タッチすること。歓喜表現

翻訳

関連語


「ハイタッチ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハイタッチ」の関連用語

ハイタッチのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ハイタッチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハイタッチ (改訂履歴)、ハイタッチ!/あしたはきっと (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのハイタッチ!/あしたはきっと (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのハイタッチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS