アニメとは?

アニメ

アニメーション」の略。

[補説] 近年、英語に取り入れられてanime綴り日本アニメーション作品を指す語として用いられている。


アニメ

アニメーション(animation)の略。ただし英語圏animeという場合は、日本製アニメーションを意味し、他のアニメーションanimeとは呼ばない。アジアではドラえもんが受けるが、欧米では主人公のび太情けないという理由で全く受けない。

アニメ

作者篠崎未知

収載図書透き通ったタマゴ
出版社マガジンハウス
刊行年月1994.8


アニメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/06 17:41 UTC 版)

アニメは、アニメーション英語: animation)の日本語における略語である[1]。アニメーションを用いて構成された映像作品全般を指す。当記事では主に日本の一般向け商業アニメーション(テレビアニメ劇場アニメOVAなど)について記述する。




注釈

  1. ^ ボンバーマンジェッターズシナリオ打ち合わせ アニメ ボンバーマンジェッターズ 制作現場レポートテレコム・アニメーションフィルムアニメ業界の基礎知識〜アニメーションの制作の流れ〜アニメーション産業に関する実態調査報告書(PDF)-2009年1月,公正取引委員会を元に記述している。
  2. ^ アメリカディズニー製作作品も日本では「ディズニーアニメ」と呼ばれ、講談社ディズニーアニメブック、偕成社ディズニーアニメ小説版など、ディズニー公認の絵本やノベライズ版にも「アニメ」が使用されている。
  3. ^ アメリカ版の『カードキャプターさくら』(現地タイトルは『CardCaptors』)は主人公の姓がAVALONになっている、フランス版の『めぞん一刻』(現地タイトルは『Juliette, je t'aime』)は舞台がミモザ・ペンションでヒロインの名前がジュリエットになっている、韓国版の『クレヨンしんちゃん』(現地タイトルは『짱구는 못말려』)は舞台がソウル特別市となっている、など色々。
  4. ^ 解禁以降は架空の地理あるいは日本の実在地理が舞台ではあるが架空の施設が主な舞台のものは、原作の名称のままだったり、地理や人名のみ韓国ローカライズされたりしている

出典

  1. ^ 日本国語大辞典大辞林三省堂国語辞書(三省堂ウェブディクショナリー)「アニメ」の項
  2. ^ 米軍管理下での製作(せいさく)とフィルムの接収「線画発注書」の説明参照。広島平和記念資料館バーチャル・ミュージアム内を参照
  3. ^ 『フクちゃんの潜水艦』日本映画データベース
  4. ^ サトウタツオ通信_diary(2005年8月10日分の日記) 佐藤竜雄 2015年4月8日閲覧。
  5. ^ 「アライブ 最終進化的少年」アニメ化中止発表 増加する製作中止 アニメ!アニメ!ビズ 2010年6月6日、2015年4月8日閲覧。
  6. ^ 声優あるある漫画『それが声優!』TVアニメ化決定。原作者・あさのますみ×作画・畑健二郎、最速対談(1ページ) エキサイトレビュー 2014年12月30日、同31日閲覧。
  7. ^ ガイナックス、「オネアミス」後の世界描く「蒼きウル」制作開始 来春に“先行短編”公開 ITmedia 2014年12月11日、2015年4月8日閲覧。
  8. ^ 第14回 日本のアニメーション産業は大丈夫か? (2006/10/16) http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tv_iibun/061016_14th/
  9. ^ 第15回 アニメ産業に忍び寄る暗い影とは (2006/11/07) http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tv_iibun/061107_15th/
  10. ^ 講座アニメーション第3巻 イメージの設計・池田宏編 / 美術出版社
  11. ^ anime Marian Webster dictionary
  12. ^ 津堅信之『日本アニメーションの力 85年の歴史を貫く2つの軸』NTT出版、2004年、p20
  13. ^ 津堅信之『アニメ作家としての手塚治虫 その軌跡と本質』NTT出版、2007年、p.20 アニメ!アニメ!の勝手な用語集 第1回アニメとアニメーションの違い アニメ!アニメ! Archived 2010年7月6日, at the Wayback Machine. 2008年2月17日
  14. ^ 例としてドビュッシーのピアノ曲「映像」第3曲「ムーヴマンmouvement(動き)」冒頭のテンポ指示が「トレザニメ très animé(とても動いて)」など。
  15. ^ フレッド・パッテン(Fred Patten)による。
  16. ^ Dictionary.com-Otaku
  17. ^ Dictionary.com-Anime
  18. ^ キネマ旬報1995
  19. ^ 例としては、japanimation.com など。Anime Oxide
  20. ^ 『スーパーナチュラル・ザ・アニメーション』海外ドラマPowerPush!! TVGroove.com
  21. ^ 全米の大人気ドラマ『SUPERNATURAL』を日本が完全アニメ化 cinema-magazine.com
  22. ^ スタジオジブリだけじゃない!これからのジャパニメーションを占う作品に注目! - シネマトゥデイ
  23. ^ 日本芸能マネジメント事業者協会
  24. ^ 日本声優事業社協議会
  25. ^ 日本音声製作者連盟
  26. ^ 協同組合日本俳優連合
  27. ^ 文化庁メディア芸術プラザ アーカイブされたコピー”. 2009年4月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年8月26日閲覧。
  28. ^ 地球人間模様@ヨーロッパ 日本を究める
  29. ^ Documentaire présentant le Japon à travers l'amitié franco-japonaise
  30. ^ 大塚康生『リトル・ニモの野望』徳間書店、2004年、p.29。
  31. ^ ROBOTECH.COM(公式サイト)タツノコプロとハーモニーゴールド社とのライセンス契約上の問題により、オンラインショップの発送先に日本は選択できない
  32. ^ 増田弘道『アニメビジネスがわかる』NTT出版、2007年、p.148
  33. ^ 日本のアニメ番組輸出売上高 年間30億円 総務省調 アニメ!アニメ! 2007年6月21日
  34. ^ 日本貿易振興機構 調査レポート(コンテンツ) http://www.jetro.go.jp/industry/contents/reports/
  35. ^ 草薙聡志『アメリカで日本のアニメは、どう見られてきたか?』徳間書店、2003年、pp.30-32
  36. ^ 草薙(2003)、p.55
  37. ^ 山本暎一『虫プロ興亡記 安仁明太の青春』新潮社、1989年、p.153
  38. ^ 古田尚輝『鉄腕アトムの時代 映像産業の攻防』世界思想社、2009年、p.254
  39. ^ 古田(2009)、p.258
  40. ^ 清谷信一『ル・オタク フランスおたく事情』ベストセラーズ、1998年、p.33
  41. ^ 古田(2009)、pp.254-255
  42. ^ 「ドラゴンボール」を欧州に広めた男 日本アニメ輸出の第一人者、アニマックス滝山社長に聞く[リンク切れ]週刊東洋経済、2013年04月24日
  43. ^ 遠藤誉『中国動漫新人類 日本のアニメと漫画が中国を動かす』日経BP社、2008年、pp.9,81
  44. ^ 放送コンテンツの海外展開に関する現状分析(2013年度) (PDF)”. 内閣官房 (2014年11月28日). 2014年12月3日閲覧。
  45. ^ 梶山寿子『雑草魂 石川光久 アニメビジネスを買えた男』日経BP社、2006年、p.195
  46. ^ 氷川竜介「ジャパニメーションの真実」『別冊宝島985 このアニメがすごい 絶対観たい超名作編』宝島社、2004年、p.35
  47. ^ 清谷(1998)、p.52
  48. ^ 清谷(1998)、pp.53-54.
  49. ^ 我が国のコンテンツの海外における「ゲートキーパー」プロファイリング調査(フランス編)(2011年3月) | 調査レポート - 国・地域別に見る - ジェトロ
  50. ^ 『鉄腕アトム(Astro Boy)』『ジャングル大帝(Kimba the White Lion)』『ガッチャマン(Battle of the Planets)』『宇宙戦艦ヤマト(Star Blazers)』など多数
  51. ^ 中国コンテンツ市場調査(6分野) 2009年版(2009年10月) | 調査レポート - 国・地域別に見る - ジェトロ
  52. ^ 遠藤誉(2008)、p.67,91.196,206
  53. ^ 「「しんちゃん」インドでTV放映中止? 子供への影響懸念」アーカイブされたコピー”. 2008年12月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年12月7日閲覧。
  54. ^ web SPA! 「日本のマンガ、実は世界でウケてない!」http://spa.fusosha.co.jp/feature/list00000686_2.php
  55. ^ 津堅信之『アニメーション学入門』平凡社新書、2005年、pp.108-110
  56. ^ 津堅(2005)、pp.110-111.
  57. ^ 米沢嘉博「マンガと同人誌のささやかな饗宴」『別冊宝島358 私をコミケにつれてって! 巨大コミック同人誌マーケットのすべて』宝島社、1998年pp.44-45.
  58. ^ 津堅(2005)、pp.111-112.
  59. ^ 押井守「消息期には終息期のテーマがあるはずです 『アニメージュ』創刊200号に寄せて」『アニメージュ』1995年2月号
  60. ^ 小牧雅伸『アニメックの頃… 編集長ま奮闘記』NTT出版、2009年、p.83
  61. ^ 岡田斗司夫、山本弘、小巻雅伸「オタクの歴史徹底大研究」『空前絶後のオタク座談会1 ヨイコ』音楽専科社、2001年、p.57
  62. ^ 藤津遼太『「アニメ評論家」宣言』扶桑社、2003年、pp.277-278
  63. ^ 津堅(2007)、p.179
  64. ^ 日本アニメーション学会 公式サイト
  65. ^ 苺ましまろ:月刊コミック電撃大王2006年3月号



アニメ+

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/17 03:25 UTC 版)

アニメ+』(アニメプラス)および『ANIME+』(読みは同じ)は、BS11で放送されているアニメ(一部実写番組も含む)の放送枠である。




注釈

  1. ^ BS11も属するビックカメラグループで唯一配布されている。
  2. ^ 2020年春号より掲載開始。
  3. ^ 2017年夏号より掲載開始。
  4. ^ 2018年夏号から2020年秋号まで掲載(但し、2020年冬号は休載)。
  5. ^ 2020年4月期から7月期までは金曜日19時台。この期間のみ、BS朝日の『アニメタイム』枠と常時競合していた。
  6. ^ 2017年4月29日に最終回を迎えた『ドキドキ!プリキュア』を最後に、新シリーズの放送が途絶えている。
  7. ^ 日曜19時台については、2018年4月以降、不定期ではあるが、TOKYO MXなどと同時ネットの形で、日曜19:00 - 21:00に『ANIME+』枠扱いとして放送されている。
  8. ^ 番組内のテロップなどとロゴが重なる場合、パートがオープニングや次回予告から始まる場合、提供クレジットの表示中、『あにめのめ』枠(現在は廃止)などの別の枠名称のアイキャッチがある場合は数秒遅れてそれらの直後に表示されるか、一切表示がない場合もある。アニメ以外の実写番組であっても、『ANIME+』扱いの番組であれば同様の方式で表示される。
  9. ^ やや離れて浮かぶ複数の赤い立方体(表面に白抜きで1文字ずつアルファベットが描かれている)と立体の「+」が回転しながら横一列に並び、左から光り輝くアニメーションとなっている。前述の通り登録商標のため、末尾には®(丸の中にRが入るマーク)が添えられている(マークはロゴが光る直前に現れる。2020年9月の送出マスター更新までは、®マークの表記が無かった)。2007年12月中(開局から1ヶ月間)のみ、ロゴは回転せず、現在よりもサイズが若干大きかった。
  10. ^ 2008年1月のレギュラー編成以降実施。23時台前半にアニメ番組がない時期に限り、23時30分より流される。2016年3月までは終了時刻15秒前(翌0時59分45秒、時期によっては翌0時29分45秒)にも流されていた。このアニメーション映像は毎年4月(2009年以降)にリニューアルされている。2019年度は、冒頭に『BS11 Presents』の文言が追加された。BGMは2013年度まで、初代から流用していた。
  11. ^ 2019年7月より土曜日23時台前半は『ANIME+』枠外の扱いだが、15秒間のアニメーションは引き続き流されている。また、2020年7月より土曜22時台前半枠が新設されたが、直後の枠が非アニメ番組の『うまナビ!イレブン』である関係上、アニメーションが流れる時間は変更されていない。
  12. ^ 月曜日から金曜日の場合は『報道ライブ インサイドOUT』の後続の5分枠を利用して放送する。主にCygamesが関与する作品を放送し、それらは同社の本社がある佐賀県のサガテレビでも遅れネットされる。
  13. ^ ソードアート・オンラインシリーズ』・『Fateシリーズ』(アニプレックスが関与するテレビアニメ第2作以降)・『鬼滅の刃』など
  14. ^ ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかシリーズ』(外伝『ソード・オラトリア』および第2期以降)・『食戟のソーマシリーズ』(第4期「神ノ皿」以降)など
  15. ^ 戦姫絶唱シンフォギアシリーズ』(第4期「AXZ」以降)・『ポプテピピック』など
  16. ^ 在京キー局の系列局のように毎週必ず同時ネットされるとは限らず、他の番組との兼ね合いにより、特定の日のみ同日または後日の時差放送となる場合がある(各局の放送対象地域県内の地方選挙の投開票日における特別番組や、サンテレビにおける野球中継による繰り下げなど)。
  17. ^ TVerは在京民放5社が運営しているため、対象となる番組は基本的に在阪局で放送されているものに限られる(関東地方ではTOKYO MXなどの独立局で放送する番組を含む)。
  18. ^ a b c d e f g h 番組本編では、BS11とアニマックスの2つのウォーターマークが表示された(BS11が画面右上、アニマックスが右下)。また、番組内や終了後には通販サイト「アニマックスショップ」などのアニマックスオリジナルのCMも放送されたり、2009年4月以降は番組の終了後にアニマックスの加入案内(局の簡単な紹介や問い合わせ先の情報などをまとめた静止画を表示)も行われたりした。提供画面もアニマックスのロゴのアニメーションを使用していた。
  19. ^ アニマックスは2年後の2011年10月1日より、当時のスカパー!e2(現・スカパー!)向けのチャンネルをCS放送からBS放送に移行している。
  20. ^ a b c d ただし2021年1月期現在、同枠は旧作の再放送が主体であり、BS11で放送済みの番組の実質再放送も多い。
  21. ^ 2018年10月以降は日曜日1時台(土曜日25時台)に移動したものの、競合状態は続いていた。2020年4月より土曜日2時台(金曜日26時台)後半に移動したため、競合が解消された。
  22. ^ ただし2021年1月期現在、同枠は旧作の再放送が主体であり、ほとんどがBS11で放送済みの番組の実質再放送となっている。
  23. ^ ただし2018年10月期以降、同時間帯は『+Ultra』枠(フジテレビと共同で製作委員会に参加)の作品が主体であり、UHFアニメ作品は放送されていない。
  24. ^ 前半枠は無料放送、後半枠は有料放送。
  25. ^ 第14話は、2017年12月30日(土)17:00 - 17:30に放送。
  26. ^ 初回放送は2008年2月23日までで、それ以降は再放送。
  27. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co cp cq cr cs ct cu cv cw cx cy cz da db dc dd de df dg dh di dj dk dl dm dn do dp dq dr ds dt du dv dw dx dy dz ea eb ec ed ee ef eg eh ei ej ek el em en eo ep eq er es et eu ev ew ex ey ez fa fb fc fd fe ff fg fh fi fj fk fl fm fn fo fp fq fr fs ft fu fv fw fx fy fz ga gb gc gd ge gf gg gh 再放送番組。
  28. ^ 初回放送は2009年3月14日までで、それ以降は再放送。
  29. ^ ウルトラマンA』『ウルトラマンタロウ』『ウルトラマンレオ』から計28本をセレクトして放送。
  30. ^ 2013年10月からは、BSジャパンでの放送に引き継がれた。
  31. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s BS11では以前のシリーズは未放送。
  32. ^ 初回放送は2016年7月2日までで、それ以降は再放送。
  33. ^ 初回放送は2016年12月31日までで、それ以降は再放送。
  34. ^ 第1話は1時間スペシャルだったため、30分に再編集のうえ前後編で放送。
  35. ^ 2017年9月24日までは日曜19:00 - 19:30に放送。
  36. ^ 2017年11月4日・11月11日は『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』放送のため休止。
  37. ^ 東日本大震災による休止あり。
  38. ^ OPは通常版(以降も同様)。
  39. ^ 2016年4月2日は19:00-20:00の2話放送(第40、41話)。
  40. ^ 2016年12月3日は21:30 - 22:00に放送。
  41. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi BS11自ら製作委員会に参加。
  42. ^ 第16話、第22話、第23話は未放送。
  43. ^ 9月24日までは日曜19:30 - 20:00に放送。
  44. ^ 11月4日、11日、25日は、特別番組の挿入により休止。
  45. ^ 初回放送は2008年2月16日まで、以降は再放送。ミニ番組ということもあり、ノンスポンサーでの放送となった。
  46. ^ a b 前後編に分割して放送。
  47. ^ 初回放送は2009年6月7日まで。以降は再放送。
  48. ^ a b 2011年4月3日は、特別番組の挿入により休止。
  49. ^ 機動戦士ガンダム 第08MS小隊』を放送。
  50. ^ 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』を放送。3月31日は2話連続放送。
  51. ^ 『無印』・『W』をセレクション放送。
  52. ^ 初回放送は2014年4月6日まで。以降は再放送。2014年7月6日以降は19:00 - 19:28枠で放送。
  53. ^ 2015年1月4日は休止。初回放送は同年4月5日まで。以降は再放送。
  54. ^ 再放送・2016年4月3日は21:00 - 21:30に放送
  55. ^ a b 放送時間は19:00 - 20:00かつ2話連続放送。かつてBS-TBSで放送したため実質再放送。11月26日は当該時間帯に京都紅葉生中継を編成するため21:00 - 22:00に放送。12月24日は話数の関係で1話のみ放送。
  56. ^ a b 放送時間は19:00 - 20:00かつ2話連続放送。かつてBS-TBSで放送したため実質再放送。12月24日は話数の関係で1話のみ放送。
  57. ^ 機動戦士Vガンダム』『機動武闘伝Gガンダム』『新機動戦記ガンダムW』『機動新世紀ガンダムX』『∀ガンダム』『機動戦士ガンダムSEED』『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』から31本をセレクトして放送。
  58. ^ セレクション放送。放映作品は順に『SEED』『W』『G』『1st』『Z』『ZZ』。
  59. ^ 初回放送は11月25日まで。以降は再放送(セレクション)。
  60. ^ 2014年7月6日 - 9月28日は19時31分 - 20時00分枠で放送。同年10月5日は19時00分 - 20時00分枠で2話連続放送。最終回は19時00分枠で放送。
  61. ^ a b c d e f g h BS-TBSでも放送された。
  62. ^ a b イベント用アニメ作品『模型戦士ガンプラビルダーズ ビギニングG』、および関連実写パートの2部構成。
  63. ^ 2010年10月24日・12月12日・2011年1月30日に再放送を実施。
  64. ^ a b 最終回のみの再放送。
  65. ^ episode1のダイジェストも放送。
  66. ^ 同時期にBSを含むアニマックスの無料放送枠にて2012年10月6日から12月22日まで放送されたため、実質再放送。
  67. ^ 2017年10月にBS-TBSで再放送された。
  68. ^ a b c d e WOWOWプライムで先行放送するため、当枠では実質再放送扱いとなる。
  69. ^ 2017年3月6日は放送設備の点検・メンテナンスに伴い、2017年3月5日22:00 - 22:30に放送。
  70. ^ a b 第2期はBSフジアニメギルド枠で放送。
  71. ^ 最終話は1時間スペシャルだったため、30分に再編集のうえ前後編で放送。
  72. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z AT-Xと共同で製作委員会に参加。
  73. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp TOKYO MXと同時放送。
  74. ^ 初回は0:00 - 1:00の1時間スペシャルで尚且つ2話連続放送。
  75. ^ a b c d e f TOKYO MX・AT-Xと同時放送。
  76. ^ TOKYO MX・AT-Xと共同で製作委員会に参加。TOKYO MXと同時放送。
  77. ^ a b c 毎日放送・AT-Xと共同で製作委員会に参加。
  78. ^ a b c d 毎日放送と共同で製作委員会に参加。
  79. ^ 2012年11月26日は休止。
  80. ^ 最終話は2015年10月8日に放送した。
  81. ^ 第1期はアニマックスにて放送。
  82. ^ 第3期・第4期後半はBS-TBSアニメイズム』枠、第4期前半はBS日テレアニメにむちゅ〜』枠にてそれぞれ裏番組扱いで放送。
  83. ^ 最終回は2:30 - 3:30の1時間スペシャルで放送。
  84. ^ 2017年3月6日は放送設備の点検・メンテナンスに伴い、2017年3月5日22:30 - 23:00に放送。
  85. ^ a b c d e 最速放送。
  86. ^ 15分番組の2本立て。前半は『ガイコツ書店員 本田さん』、後半は『ひもてはうす』を放送。
  87. ^ 15分番組の2本立て。前半は『上野さんは不器用』、後半は『マナリアフレンズ』を放送。
  88. ^ a b c d TOKYO MX・サンテレビと同時放送。
  89. ^ 初回のみ2話連続の1時間スペシャルとして放送。
  90. ^ a b c d e f g TOKYO MX・メ〜テレと共同で製作委員会に参加。
  91. ^ ミス・モノクローム-The Animation2-うーさーのその日暮らし夢幻編わかば*ガールの3本立て。
  92. ^ ハッカドール〜THE・あにめーしょん〜・ミス・モノクローム-The Animation3-・影鰐-KAGEWANI-の3本立て。
  93. ^ おしえて! ギャル子ちゃん石膏ボーイズコミックス・ウェーブ・フィルムオムニバスの3本立て。
  94. ^ 宇宙パトロールルル子・影鰐-KAGEWANI-承・ぷちます! -PETIT IDOLM@STER-の3本立て。
  95. ^ a b 毎日放送・TOKYO MX・アニマックスと共同で製作委員会に参加。
  96. ^ 2018年4月30日は放送設備の点検・メンテナンス及び4K・8K放送準備に伴い、同年4月29日21:30 - 22:00に放送。
  97. ^ a b c TBSテレビ・AT-Xと共同で製作委員会に参加。
  98. ^ 初回は1:30 - 2:30の1時間スペシャルで放送。
  99. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r サンテレビと同時放送。
  100. ^ a b 第1期はBS-TBSにて裏番組で放送。
  101. ^ 最終話は金曜 23:00 - 23:30枠で放送。
  102. ^ a b c d e f g h i j k l m アバンで『DENGEKI 25th Anniversary』(2018年4月以降は『電撃文庫 25th』)のロゴも表示される(BSフジの『アニメギルド』枠などで放送された『ゼロから始める魔法の書』、『天使の3P!』でも同じロゴが表示される。また、『ブギーポップは笑わない』ではAパート冒頭でも表示される)。
  103. ^ CBCテレビ・毎日放送と共同で製作委員会に参加。
  104. ^ a b c 特撮番組。
  105. ^ a b c d TOKYO MXと共同で製作委員会に参加。
  106. ^ 15分番組の2本立て。前半は『なんでここに先生が!?』、後半は『せいぜいがんばれ!魔法少女くるみ』をそれぞれ放送。
  107. ^ a b 第2期はBS日テレで放送。
  108. ^ 最終話は21:50 - 21:55に放送。
  109. ^ a b c d e f g h TOKYO MXと共同で製作委員会に参加。TOKYO MXと同時放送。
  110. ^ TOKYO MX・読売テレビと共同で製作委員会に参加。TOKYO MXと同時放送。
  111. ^ a b c d AT-Xと同時放送。
  112. ^ a b c d e かつてBS日テレで放送されたため、実質再放送。
  113. ^ a b 第1期はTwellVで放送。
  114. ^ 毎月最終週に放送。
  115. ^ カットインサートドラマ。
  116. ^ 毎月第1週に放送。
  117. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap TOKYO MX・AbemaTVと同時放送。
  118. ^ 再放送・エンドカード変更版usagi_animeのツイート(552129775695712259)
  119. ^ 2015年8月18日は放送設備の点検・メンテナンスに伴い、同年8月17日23:00 - 23:30に放送。
  120. ^ 再放送・エンドカード更新版
  121. ^ 2016年9月13日は放送設備の点検・メンテナンスに伴い同年9月12日23:00 - 23:30に放送。
  122. ^ a b c d e f g h i j k l m TOKYO MX・KBS京都・サンテレビと同時放送。
  123. ^ 2019年1月1日は年跨ぎ特別編成のため休止。
  124. ^ 第2章終盤のアンコールはTOKYO MXと同時放送。
  125. ^ 初回放送は2020年1月28日までで、残りは再放送。新型コロナウイルス感染拡大による製作スケジュール遅延のため、同年4月より放送再開。
  126. ^ 実写パートを削除したうえで、2話連続放送。
  127. ^ a b c 3話分を再放送後、第4話以降を追加した完全版として放送。
  128. ^ 2本立て構成(前者は13分枠、後者は17分枠)。
  129. ^ 2015年8月18日は放送設備の点検・メンテナンスに伴い、同年8月17日23:30 - 24:00に放送。
  130. ^ 2016年9月13日は放送整備の点検・メンテナンスに伴い、同年9月12日23:30 - 24:00に放送。
  131. ^ a b 本放送当時Dlifeで放送したため、実質再放送となる。
  132. ^ 2018年3月20日は放送機器の点検・メンテナンスに伴い休止。
  133. ^ 本放送時は初回2話連続の1時間スペシャルだったため、30分に分割したうえで放送。
  134. ^ a b 人形劇作品。
  135. ^ 副音声ではミリタリー専門家による細かすぎて伝わらないオーディオコメンタリーを実施。
  136. ^ a b TOKYO MX・WOWOWと共同で製作委員会に参加。
  137. ^ 最終話のみ0:30 - 1:00にTOKYO MX・サンテレビと同時放送。
  138. ^ a b c かつてBS-TBSにて放送されたため、実質再放送。
  139. ^ ショートアニメ『俺たちゃ妖怪人間』も内包。
  140. ^ 2018年3月20日は放送機器の点検・メンテナンスに伴い同年3月19日23:30 - 24:00に放送。
  141. ^ ショートアニメ『俺たちゃ妖怪人間G』も内包。
  142. ^ 12月30日は総集編を放送。
  143. ^ 2015年8月18日は放送設備の点検・メンテナンスのため休止し、同年8月25日3:00 - 4:00に2話連続で放送。
  144. ^ 2016年9月13日は放送設備の点検・メンテナンスに伴い1:30 - 2:00に放送。
  145. ^ ANIME+2018 - 2019年跨ぎスペシャル第4部として放送。
  146. ^ a b c d e f g h i 本放送から同一週内のリピート放送。
  147. ^ a b 第37話以降を放送。
  148. ^ 第10話から第13話までは2016年3月に土曜19:00枠で放送された。
  149. ^ a b c AbemaTVと同時放送。
  150. ^ 初回は0:00 - 1:00の1時間スペシャルで放送。
  151. ^ 初回は0:00 - 1:00の本編とオーディオコメンタリー版をセットにした1時間スペシャルで放送。
  152. ^ 初回と第15回は0:00 - 1:00の1時間スペシャルで放送。
  153. ^ 残り2話は同年5月25日1:30 - 2:30に単発番組として放送。
  154. ^ 2019年1月2日は休止。
  155. ^ 初回は2020年1月3日0:00 - 1:00、第2回は同年1月4日20:00 - 20:55の2話連続1時間スペシャルとして放送。
  156. ^ 初回は0:00 - 1:00の2話連続1時間スペシャルとして放送。
  157. ^ 新型コロナウイルス感染拡大のため、2020年10月期に放送再開。
  158. ^ a b Netflixで独占配信された作品を放送。
  159. ^ 劇場版をテレビ放送用に編集し、新規OP、EDや戦闘シーンを追加したものを放送。
  160. ^ 第3・4話を再放送した後、第5話以降を放送。
  161. ^ アニメとバラエティのコンプレックス番組
  162. ^ 最終話は2020年1月19日 3:00 - 3:30に放送。
  163. ^ a b c d e あにめのめ』ブランドとして放送。
  164. ^ a b 最終話は1:00 - 1:30に放送。
  165. ^ a b 第1話は1:30 - 2:00に放送。
  166. ^ a b 両作品ともBS11自ら製作委員会に参加
  167. ^ a b 15分番組の2本立て。前半はアホガール、後半は徒然チルドレンをそれぞれ放送。
  168. ^ 第2期はBSフジで9話分を放送し、残り4話分を当枠で放送。
  169. ^ OVA版をテレビ放送用に編集したものを放送。
  170. ^ 15分番組の2本立て。前半は『虹色デイズ』・後半は2016年1月~3月までが『ciubRAINBOW〜虹色デイズ〜』、4月~6月までが『とんかつDJアゲ太郎』となっている。
  171. ^ 第3期はBSフジアニメギルド枠で放送。
  172. ^ 毎月第3週に放送。
  173. ^ a b 毎月第2週に放送。
  174. ^ 2夜連続放送。
  175. ^ a b 本放送当時BSフジで放送したため、実質再放送。
  176. ^ a b c d e f g h i j k l m TOKYO MX・関西テレビ・AT-Xと共同で製作委員会に参加。
  177. ^ 5.1chサラウンドと通常のステレオ放送の二重音声で放送。
  178. ^ 第2期はBS-TBSアニメイズム』枠にて裏番組として放送。
  179. ^ 最終話のみ3月23日23:30 - 翌0:00に放送。
  180. ^ 15分番組の2本立て。前半は『異世界かるてっと』、後半は『501部隊発進しますっ!』をそれぞれ放送。
  181. ^ 15分番組の2本立て。前半は『異世界かるてっと2』、後半は『501部隊発進しますっ!』をそれぞれ放送。前者は新作、後者は再放送となっている。
  182. ^ a b c 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、2020年7月に再開。
  183. ^ KADOKAWAが手掛けた動画工房制作アニメの第1話を再放送するアンソロジー企画。参加作品はオンエア順に『月刊少女野崎くん』『緋弾のアリアAA』『NEW GAME!』『ガヴリールドロップアウト』『多田くんは恋をしない』『うちのメイドがウザすぎる!』『私に天使が舞い降りた!』『世話やきキツネの仙狐さん』『ダンベル何キロ持てる?』『恋する小惑星』となっている。
  184. ^ 最終回(2013年10月10日)は3時00分枠で放送。
  185. ^ 2016年3月24日は放送設備のメンテナンスに伴い0:00 - 0:30に放送の上、初回放送は2016年3月31日までで、残りは再放送。
  186. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg ch ci cj ck cl cm cn co TOKYO MX、群馬テレビとちぎテレビと同時放送。
  187. ^ a b c d TOKYO MX・毎日放送と共同で製作委員会に参加。TOKYO MXと同時放送。
  188. ^ 初回は1:00 - 2:00の1時間スペシャルで放送。
  189. ^ 最終回は1:00 - 2:00に2話連続の1時間スペシャルとして放送。
  190. ^ KADOKAWAが原作版元の異世界・ファンタジー作品のアニメ版第1話を再放送するアンソロジー企画。参加作品はオンエア順に『オーバーロード』『幼女戦記』『この素晴らしい世界に祝福を!』『賢者の孫』『旗揚!けものみち』『慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜』『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』『盾の勇者の成り上がり』(第1期・2週に分けて放送)『異世界かるてっと』(2話連続放送)『Re:ゼロから始める異世界生活』(第1期・2週に分けて放送)となっている。
  191. ^ 初回は1:30 - 2:30の1時間スペシャルで放送。
  192. ^ 初回と最終回は1:30 - 2:30の1時間スペシャルで放送。
  193. ^ 2016年9月22日は放送設備の点検・メンテナンスに伴い、1:00 - 1:30に放送。
  194. ^ 劇場公開作のシリーズをテレビ向けに再構成したもの。
  195. ^ サークルKサンクス一社提供(放送当時、関東地方の店舗においてタイアップキャンペーンを実施したことから)。
  196. ^ 3時00分 - 3時15分枠で放送。
  197. ^ 最終回のみ2021年1月1日 0時30分 - 1時00分に放送。
  198. ^ a b シリーズ途中で枠移動。
  199. ^ a b c d e f g TOKYO MX・AT-Xと共同で製作委員会に参加。
  200. ^ KBS京都・AT-Xと同時放送。
  201. ^ 第3期はBS日テレアニメにむちゅ〜枠で放送。
  202. ^ 本放送は第10話までだが、2020年1月より金曜23:30 - 24:00枠に移動のうえ10週連続の再放送を実施。
  203. ^ 最終話は2020年4月17日1:15 - 1:45に放送。
  204. ^ 最終話は2020年7月3日1:00 - 1:30に放送。
  205. ^ テレビシリーズはBS-TBSで放送したため、劇場版のみ当枠で放送される。
  206. ^ a b c d e f g h i TOKYO MX・群馬テレビと同時放送。
  207. ^ 初回は2:00 - 3:00の1時間スペシャルで放送。
  208. ^ 最終話のみ0:30 - 1:00にて放送。
  209. ^ 2019年1月4日は休止。
  210. ^ WOWOW・AT-Xと共同で製作委員会に参加。
  211. ^ Blu-ray & DVDに収録されたリマスター版の内容で放送。
  212. ^ TOKYO MX・毎日放送・AT-Xと共同で製作委員会に参加。
  213. ^ KBS京都と同時放送。
  214. ^ 第10話までの放送。なお、第11・12話は未放送。
  215. ^ 2015年10月2日は放送設備の点検に伴い2:30 - 3:00に放送。
  216. ^ 宵闇枠と呼称されていた。
  217. ^ a b 深夜枠ではないが、ANIME+として括られている。
  218. ^ 4月6日は第1話先行放送。
  219. ^ a b OVA版『やすみじかん 〜あなたがわたしにくれたもの〜』も放送された。
  220. ^ OVAのために1本が30分を超えていることから、通常より10分早い22時50分から放送された。
  221. ^ 第13話からは23時00分 - 翌0時00分枠で2話連続放送。一部のメディアでは26話で打ち切りと発表されていたが、第27話以降も放送された。
  222. ^ 23時00分 - 翌0時00分枠で2話連続放送。
  223. ^ 実写作品。
  224. ^ 最終回のみ4月3日 21時30分 - 22時00分に放送。
  225. ^ a b 15分番組の2本立て構成。
  226. ^ 最終話のみ23:30 - 翌0:00に放送
  227. ^ 初回は23:00 - 24:00の1時間スペシャル、第10話から第13話は2019年2月24日19:00 - 21:00の2時間スペシャルとして放送。2時間スペシャルのみTOKYO MX・サンテレビと同時放送。
  228. ^ 地上波で放送された『キスダム -ENGAGE planet-』を改題したもの。放送後には、1分間のスタッフインタビューが放送された。
  229. ^ 地上波では放送されなかった第6話と、その振り替えとして放送された総集編「すみと瑠璃子のもえたんダイアリー」も放送された。
  230. ^ 番組内のCM枠で、『舞-HiME』を制作しているサンライズの発表作品『宇宙をかける少女』に出演しているMAKOの進行による1分間のミニコーナー「宇宙かけTV☆HiMEをかたるMAKO」が次回予告の後に編成されていた。12月18日の第15回をもって一旦終了したが、翌年1月22日の第20回より『舞-HiME』に出演している清水愛浅井清巳の進行による「HiMEをかたる命&深優」として再開。いずれもスポンサーとのコラボレーション企画である。
  231. ^ 2010年3月27日までは土曜0時30分 - 1時00分に放送。
  232. ^ 9月10日のみ23時00分 - 翌0時00分枠で2話連続放送。
  233. ^ 第10話は権利元からの要請により放送中止。
  234. ^ 8月19日は休止。
  235. ^ 初回のみ水曜1:00枠で放送。
  236. ^ 関西テレビと共同で製作委員会に参加。
  237. ^ 2018年12月28日と2019年1月4日は休止。
  238. ^ パッケージマスター版を10週連続で放送後、第11話・最終話を追加した完全版として放送。
  239. ^ TBS製作、BS11は製作協力で参加。
  240. ^ 『屍姫 玄』が全てのネット局で休止となったため、本局のみ穴埋めとして放送された。
  241. ^ 劇場公開作品を特別放送。
  242. ^ 2010年8月25日に発売された「「蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH」イメージミニアルバム」の同梱DVDに収録されていたもの。
  243. ^ 1話のみ放送。
  244. ^ アニメを扱ったバラエティ番組。一部の回は放送されず、2か月で打ち切りとなった。
  245. ^ 2009年10月(地上波と同時期)よりBS日テレで放送されたため、実質再放送。
  246. ^ 2011年2月26日まで第1期を再放送、同年3月5日から第2期を初回放送。
  247. ^ 最終回のみ4月3日 20時00分 - 20時30分に放送。
  248. ^ 初回のみアニメ本編と実写番組「いのこり!30歳の保健体育」各15分の構成であったが、実写番組は1回のみで打ち切りとなった。第2回以降はアニメの前週回を編集したものと最新回とを連続して放送。
  249. ^ 初回は0時00分 - 1時00分の1時間スペシャル。
  250. ^ a b 2013年1月5日は特番放送のため休止。
  251. ^ a b TOKYO MX・群馬テレビ・KBS京都と同時放送。
  252. ^ a b TOKYO MX・群馬テレビ・KBS京都・サンテレビと同時放送。
  253. ^ 第24・25話のみANIME+2015大みそかスペシャル第4部として2話連続放送。
  254. ^ 第1期〜第3期の傑作選6話と新規6話を放送。
  255. ^ TOKYO MXと共同で製作委員会に参加。TOKYO MX・群馬テレビ・とちぎテレビ・AbemaTVと同時放送。
  256. ^ TOKYO MX・AT-Xと共同で製作委員会に参加。TOKYO MX・群馬テレビ・とちぎテレビ・AT-X・AbemaTVと同時放送。初回は0:00 - 1:00の1時間スペシャルで放送。
  257. ^ a b TOKYO MX・AT-Xと共同で製作委員会に参加。TOKYO MX・AT-Xと同時放送。
  258. ^ 第1期はBS11の開局前に放送されたことから、1月5日には総集編の「絶望少女撰集(BS11 Ver.)」が放送された(先に発売された「序〜絶望少女撰集〜」のDVDを編集したものである)。
  259. ^ 2012年1月7日は休止。
  260. ^ 6月16日は休止。
  261. ^ a b c d e TOKYO MX・KBS京都・サンテレビ・AbemaTVと同時放送。
  262. ^ 2019年1月5日は休止。
  263. ^ a b TOKYO MX・KBS京都・サンテレビ・AT-Xと同時放送。
  264. ^ 北海道文化放送と共同で製作委員会に参加。
  265. ^ 第2話まで再放送後、第3話以降を追加した完全版として放送。
  266. ^ 最終話は1:00 - 2:00の1時間スペシャルで放送。
  267. ^ データ放送対応。
  268. ^ 第38話・最終話は2019年7月28日に放送。
  269. ^ a b アバンで『電撃大王25th』のロゴが表示される。
  270. ^ 新型コロナウイルス感染拡大に伴う製作スケジュール調整のため、過去話の再放送や傑作選を放送。
  271. ^ 毎日放送・WOWOWと共同で製作委員会に参加。
  272. ^ 第24話、第25話、最終話のみ放送。
  273. ^ 2013年3月23日に第10.5話の再放送後、3月30日に未放送の第11話、第12話を3:00 - 4:00に2話連続で放送した。
  274. ^ 初回は3:00 - 4:00の1時間スペシャルで放送。
  275. ^ 最終回は3:00 - 4:00の1時間スペシャルで放送。
  276. ^ 残り2話は同年7月24日 3:00 - 4:00に単発番組として放送。
  277. ^ 2019年11月16日は日本ソフトボールリーグ中継のため、21:55 - 22:00に放送。
  278. ^ 前週の10月11日から開始する予定だった『かんなぎ』の放送が急遽取り止めとなったため、穴埋めとして放送された。なお、10月11日には『黒塚 KUROZUKA』の事前特番(別記)が再放送された。
  279. ^ 第11話のみ3月31日(木曜) 0時00分 - 0時30分に放送。
  280. ^ 4月7日は第1話先行放送。
  281. ^ 12月29日の第10.5話をもって一旦放送を終了。未放送分は2013年3月30日に放送した。
  282. ^ 最終回は、出演者の副音声によるコメンタリーが実施された。
  283. ^ 第2期以降はBS日テレで放送。
  284. ^ 2017年8月19日は休止。
  285. ^ 毎日放送・AT-Xと共同で製作委員会に参加。
  286. ^ エンディングテーマ差し替え版(2018年版)
  287. ^ 以前のシリーズ及び続編となる、『続・高校生編』以降のシリーズはBSテレ東で放送。
  288. ^ 2009年9月20日までは日曜0時30分 - 1時00分枠で放送を行っていた。
  289. ^ 2009年7月5日より日曜0時30分 - 1時00分に放送予定だったが、製作側の都合により延期となった。開始までの間には、穴埋めとして『うたわれるもの』の再放送が行われていた。
  290. ^ 本放送は計8回。4月2日までの期間は第1期の特別編と傑作選3話を放送(傑作選第2回のみ3月31日(木曜)0時30分 - 1時00分に放送)。
  291. ^ 9月10日は『WORKING'!!』(2期)の第1話先行放送のため休止。10月1日は第12話を0時00分 - 0時30分に放送し、最終話を所定の時間に放送(この日は未明と深夜で計2回放送)。
  292. ^ 2011年9月10日の同時刻に第1話が先行放送された。
  293. ^ 6月2日は休止。
  294. ^ 第1期の内容を再編成したものを放送。
  295. ^ 2013年1月6日の最終回のみ日曜0:00 - 0:30に放送。
  296. ^ 朝日放送と共同で製作委員会に参加。土曜23:00枠廃止に伴う『ANIME+』ジングル挿入のため、TOKYO MX・群馬テレビ・とちぎテレビより15秒遅れて放送。
  297. ^ 2020年1月4日から3月21日にかけて本編終了後に『へんたつ』を放送。
  298. ^ 初回は23:30 - 翌0:30の1時間スペシャルで放送。
  299. ^ セレクション放送。
  300. ^ a b 『Fate/Zero』の総集編。
  301. ^ 前半30分はアニメ、後半30分は霜降り明星司会のバラエティ番組の2本立て。
  302. ^ 第1期の第1 - 3、5、7話(DVDでのリテイク版)が放送された。また、番組の最後には監督のインタビューと視聴者プレゼントも放送された。
  303. ^ 2月15日に放送されたものは特番の扱いで、キャストインタビューのみであった(話数にも数えられていない)。
  304. ^ 読売テレビと共同で製作委員会に参加。本放送時は、この番組に限り、ANIME+とは別に常闇枠(とこやみわく)という枠名称が付けられていた。同様に翌金曜18時30分からのリピート放送は宵闇枠(よいやみわく)と呼称されていた。
  305. ^ 総集編のみ4月3日(日曜) 20時30分 - 21時00分に放送。
  306. ^ 2012年1月1日のみ1時間枠で放送(前半に総集編第1回を再放送、後半に総集編第2回を放送)。
  307. ^ a b TOKYO MX・朝日放送と共同で製作委員会に参加。TOKYO MXと同時放送。
  308. ^ 第0・1・最終話は0:00 - 1:00の1時間スペシャル放送。
  309. ^ 初回は0:00 - 1:00の1時間スペシャルで放送。
  310. ^ 初回と最終回は0:00 - 1:00の1時間スペシャルで放送。
  311. ^ 初回は23:30 - 翌0:30の1時間スペシャルで放送(23:30 - 24:00は特番)。
  312. ^ イルステリアス天動説は同年7月29日 19:00 - 21:00に2時間の単発特番として放送。
  313. ^ 2018年12月30日は休止。
  314. ^ 2020年6月28日は0:00 - 1:00の2話連続放送。
  315. ^ 3月31日 - 4月4日の0時00分 - 0時15分(3月31日のみ0時30分 - 0時45分)には、特番「花満開・あなたに もっと近づきたい」が放送された。
  316. ^ この再放送版では中島愛遠藤綾が出演するインフォメーション・コーナー「マクロスF情報局」をあわせて放送。
  317. ^ 2011年1月2日は特別番組の挿入により休止。最終回のみ21時00分 - 21時30分に放送。
  318. ^ 2008年10月に一度放送決定したものの諸事情により見送られ、BSジャパンに振り替え放送となった経緯があり、BS11としては今回が初放送となる。
  319. ^ 5月27日は休止、最終回のみ0:00 - 0:30に放送。
  320. ^ 2013年6月2日は特番編成のため、休止。以降、TOKYO MXとは1週間遅れとなる。
  321. ^ 9月28日のみ0時30分 - 1時30分枠で2話連続放送。
  322. ^ 最終回のみ4月2日(木曜)1:00 - 1:30での放送。
  323. ^ 朝日放送・AT-Xと共同で製作委員会に参加。TOKYO MX・群馬テレビ・とちぎテレビと同時放送。
  324. ^ 最終話のみ12月31日(木曜)19:00 - 20:00にて『ANIME+2015大みそかスペシャル第2部』として放送。
  325. ^ 内包CMとしてラグナストライクエンジェルズも放送。
  326. ^ 2020年4月5日は0:00 - 1:00の2話連続放送。
  327. ^ 非アニメ番組だがANIME+のロゴ表記あり。
  328. ^ 最終話は1:30 - 2:00に放送。
  329. ^ a b TOKYO MX・サンテレビ・AbemaTVと同時放送。
  330. ^ 初回放送は2020年5月17日までで、残りは第1話〜第5話の再放送。
  331. ^ 新型コロナウイルス感染拡大のため、2020年10月に放送再開。
  332. ^ 第23話 - 最終話は2夜連続で尚且つ2話連続の1時間スペシャルで放送(20:00 - 21:00)。
  333. ^ 副音声でオーディオコメンタリーを実施。
  334. ^ 第4話まではTOKYO MXと同時放送。
  335. ^ 第7話まで再放送した後、第8話以降を追加した完全版として放送。
  336. ^ 再放送はアニメパート出演声優陣と製作スタッフ陣によるオーディオコメンタリー版として放送。
  337. ^ 2006年版を放送(次回予告含む)
  338. ^ 詳細はこちらを参照
  339. ^ 残り2話は2017年2月13日 3:00 - 4:00に単発番組として放送。
  340. ^ 勝鬨スタジオコレクションとして放送。
  341. ^ 放送当時BSジャパンで放送したため、実質再放送。
  342. ^ a b c d e f 野球中継が行われる場合はそちらの方が優先されるため、休止となっていた。
  343. ^ 同週の日曜16時55分 - 17時00分にもリピート放送を行っていた。
  344. ^ BS11の2009-10年の年越し特別番組として放送された。
  345. ^ 2011年1月14日(金曜)もイレギュラーではあるが、放送した。
  346. ^ BS11の2010-11年の年越し特別番組として、本編全12話と総集編が一挙放送された。
  347. ^ ANIME+2012大晦日スペシャル第1部として放送。
  348. ^ a b c TOKYO MX、ニコニコ生放送との同時ネット。『ANIME+』ロゴが表示された。
  349. ^ ANIME+2012大晦日スペシャル第2部として放送。
  350. ^ ANIME+2013大晦日スペシャル第1部として放送。
  351. ^ ANIME+2013大晦日スペシャル第2部として放送。
  352. ^ ANIME+2014大晦日スペシャル第1部として放送。
  353. ^ ANIME+2014大晦日スペシャル第2部として放送。
  354. ^ ANIME+2015大晦日スペシャル第1部として放送。
  355. ^ ANIME+2015大晦日スペシャル第2部として放送。
  356. ^ ANIME+2015大晦日スペシャル第3部として放送。
  357. ^ ANIME+2015大晦日スペシャル第4部として放送。
  358. ^ a b 石川テレビと共同で製作。
  359. ^ ANIME+2018 - 2019年跨ぎスペシャル第1部として放送。
  360. ^ ANIME+2018 - 2019年跨ぎスペシャル第2部として放送。
  361. ^ a b c TOKYO MX、群馬テレビ、とちぎテレビと同時放送で尚且つAbemaTV、ニコニコ生放送で同時配信。
  362. ^ ANIME+2018 - 2019年跨ぎスペシャル第3部として放送。
  363. ^ BS11大晦日超!アニメスペシャル第1部として放送。
  364. ^ BS11大晦日超!アニメスペシャル第2部として放送。
  365. ^ BS11大晦日超!アニメスペシャル第3部として放送。
  366. ^ 全力BS11超!アニメスペシャル第1部として放送。
  367. ^ 全力BS11超!アニメスペシャル第2部として放送。
  368. ^ 全力BS11超!アニメスペシャル第3部として放送。
  369. ^ 9月13日には、映画『ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦』が18時30分 - 20時00分に放送された(通常放送の番組は全て休止)。
  370. ^ 2011年3月25日までは金曜17:30 - 18:00、同年4月1日から9月30日までは金曜18:30 - 19:00に放送(野球中継が行われる場合、そちらの方が優先されるため休止となっていた)。
  371. ^ 同年7月6日 - 9月21日に同時間帯で再放送
  372. ^ ANIME+2016大晦日スペシャル第1部として放送。
  373. ^ ANIME+2016大晦日スペシャル第2部として放送。
  374. ^ 同局の開局10周年記念番組の一環として放送
  375. ^ 同局の11の日の一環として放送。
  376. ^ 前番組とステブレレスで接続。
  377. ^ a b 番組自体は『ANIME+』には属さないが、冒頭15秒のジングルが流れていた。TOKYO MXと同時放送だが、前述のジングルにより15秒遅れて放送。
  378. ^ 『ANIME+ SPECIAL』枠として放送。3月7日の21:00 - 24:00に全話を一挙放送。
  379. ^ 2015年4月4日の3:30 - 4:30に再放送。
  380. ^ 年末の中断期にて放送実績があるため、同局では実質再放映。
  381. ^ ANIME+2017大晦日スペシャル第1部として放送。
  382. ^ ANIME+2017大晦日スペシャル第2部として放送。
  383. ^ ANIME+2017大晦日スペシャル第3部として放送。

出典

  1. ^ a b c 12月1日に開局する「BS11」、アニメ枠の放送内容が発表 -開局記念で新海アニメなどを放送。'08年にはエヴァも”. AV Watch (2007年11月22日). 2021年1月6日閲覧。
  2. ^ a b c 12月1日オープンBS11にふたつの大型アニメ枠 ガンダム エヴァ等”. アニメ!アニメ! (2007年11月23日). 2021年1月6日閲覧。
  3. ^ 月・夜はBS11でアニメ三昧!「Anison Days」「アニゲー☆イレブン!」「転生スライム」連続放送!予告動画”. navicon[ナビコン] (2019年1月28日). 2021年1月6日閲覧。
  4. ^ bs11.prの投稿(2521544718113030) - Facebook
  5. ^ BS11_Animeの2014年12月17日20:15のツイート2018年5月29日閲覧。
  6. ^ BS11_Animeの2014年12月17日20:30のツイート2018年5月29日閲覧。
  7. ^ decadence_animeの2020年12月17日18:45のツイート2021年1月2日閲覧。
  8. ^ Tadashi Sudo (2020年2月4日). “BS11が4月に新アニメ枠「キッズアニメ∞」、「ミュラキュラス」や「アドベンチャータイム」”. アニメーションビジネス・ジャーナル. 2021年1月6日閲覧。
  9. ^ BS11のアニメ枠「ANIME+」のレギュラー番組が発表 -「絶望先生」第2期や「true tears」など新作多数”. AV Watch (2007年12月3日). 2021年1月6日閲覧。
  10. ^ BS11_Animeの2015年3月23日14:13のツイート2018年5月29日閲覧。
  11. ^ a b 今年も12月31日に『Fate Project 大晦日TVスペシャル2020』が放送決定!”. PR TIMES (2020年12月2日). 2021年1月6日閲覧。
  12. ^ a b アニメ『リゼロ 氷結の絆』本日より順次テレビ放送中。見逃してしまった人は…!”. 電撃オンライン (2020年12月31日). 2021年1月6日閲覧。
  13. ^ 高田隆 (2008年1月10日). “アニマックス,BSデジタル放送「BS11」に自社のアニメ番組を提供”. 日経クロステック. 2021年1月6日閲覧。
  14. ^ BS日テレ、アニメ枠拡大で強化発表 1月期は新作7本で全25作品放送 若年層獲得へ”. ORICON NEWS (2019年12月17日). 2020年9月6日閲覧。
  15. ^ BSフジはアニメに本気!"アニメギルド"の始動が発表されたBSフジ アニメステージ【AnimeJapan 2017】”. 2017年6月20日閲覧。
  16. ^ 宇宙かけTV HiMEをかたるMAKO!”. 舞-HiME・舞-乙HiMEシリーズ公式HP. 2021年1月6日閲覧。
  17. ^ HiMEをかたる命&深優”. 舞-HiME・舞-乙HiMEシリーズ公式HP. 2021年1月6日閲覧。



アニメ

出典:『Wiktionary』 (2020/04/04 00:23 UTC 版)

名詞

アニメ

  1. アニメーションの略。
  2. 日本製のアニメーション

発音

ア↘ニメ
ア↗ニメ

諸言語への影響




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アニメ」の関連用語

アニメのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アニメのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2021 横浜美術学院 AllRights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアニメ (改訂履歴)、アニメ+ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアニメ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS