綴りとは?

つづり【×綴り】

つづること。また、つづったもの。とじ合わせたもの。「伝票の綴り」

欧米語などを表記する際の、文字並びスペリングスペル。「ローマ字綴り

布切れなどをつぎ合わせて作った粗末衣服。つづれ。

手向(たむ)けには—の袖も着るべきにもみぢに飽(あ)ける神や返さむ」〈古今羇旅


つづり【綴】

〔名〕 (動詞「つづる(綴)」の連用形名詞化

① 布きれをつぎ合わせたもの。粗末衣服ぼろぼろ着物。つづれ。〔享和本新字鏡(898‐901頃)〕

ささめごと(1463‐64頃)下「此等は外穢内浄の句なるべしたとへば、金(こがね)をつづりに裹(つつ)みたるごとし」

種々のきれをつぎ合わせてつくった袈裟、または、法衣

古今(905‐914)羇旅・四二一「たむけにはつづりの袖もきるべきにもみぢにあけるかみやかへさん〈素性〉」

単語文章などを文字連ね書き表わすこと。また、特に表音文字組み合わせ順序つづり字スペリング

人情本春色梅児誉美(1832‐33)四「よくよくかんがへよみたまはねば、作者の綴(ツヅ)りがあしきゆゑ、わかりがたかるくだりもあるべし」

書類などをとじ合わせること。また、そのものファイル

ノリソダ騒動記(1952‐53)〈杉浦明平〉四「書記が綴からぬき出してくれた書類を見ると」


つづくり【綴】

〔名〕 (動詞つづくる(綴)」の連用形名詞化。「つつくり」とも) 修理修繕補修

俳諧大坂独吟集(1675)上「日覆(ひおほひ)もよりしもに朽果(くちはて)て 大工つかひやつづくり〈幾音〉」


綴り

読み方:つづくり

【文語】ラ行四段活用動詞綴る」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの


綴り

読み方:つづり

ラ行五段活用動詞綴る」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

綴り字

(綴り から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/24 01:11 UTC 版)

綴り字(つづりじ)とは、ある文字で表す際に、どの意味文法的機能にどの字を用いるかという規則のこと。綴字(ていじ、てつじ)、スペリング英語名詞:spelling)、スペル(英語動詞:spell)ともいう[注釈 1]


注釈

  1. ^ 英語などの綴りを間違えることをスペルミス(和製英語: spell miss)と呼ぶ。これは和製英語であり、綴りを間違えることは英語でspelling mistake, spelling error, mis-spellingである[1]

出典

  1. ^ 坂田俊策『NHKカタカナ英語うそ・ほんと』日本放送出版協会、1988年5月20日、44頁。


「綴り字」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「綴り」の関連用語

綴りのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



綴りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの綴り字 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS