綴りとは? わかりやすく解説

つづり【×綴り】

読み方:つづり

つづること。また、つづったもの。とじ合わせたもの。「伝票の―」

欧米語などを表記する際の、文字並びスペリングスペル。「ローマ字―」

布切れなどをつぎ合わせ作った粗末な衣服。つづれ。

手向(たむ)けには―の袖も着るべきにもみぢに飽(あ)ける神や返さむ」〈古今羇旅


綴り

読み方:つづくり

【文語】ラ行四段活用動詞綴る」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの


綴り

読み方:つづり

ラ行五段活用動詞綴る」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

綴り字

(綴り から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/01 23:29 UTC 版)

綴り字(つづりじ)とは、ある文字で表す際に、どの意味文法的機能にどの字を用いるかという規則のこと。綴字(ていじ、てつじ)、スペリング英語名詞: spelling)、スペル(英語動詞: spell)ともいう[注釈 1]


注釈

  1. ^ 英語などの綴りを間違えることをスペルミス(和製英語: spell miss)と呼ぶ。これは和製英語であり、綴りを間違えることは英語でspelling mistake, spelling error, mis-spellingである[1]

出典

  1. ^ 坂田俊策 『NHKカタカナ英語うそ・ほんと』日本放送出版協会、1988年5月20日、44頁。 
  2. ^ アテ漢字のイロイロと そのガイ カナモジカイ


「綴り字」の続きの解説一覧

綴り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 07:48 UTC 版)

女瀬川」の記事における「綴り」の解説

別綴には如是川とある。これは明治にできた新し表記法で、旧来の表記法たる「女瀬川」の「女瀬(にょぜ)」と同じ音である仏教用語如是我聞の「如是」をとったものである

※この「綴り」の解説は、「女瀬川」の解説の一部です。
「綴り」を含む「女瀬川」の記事については、「女瀬川」の概要を参照ください。


綴り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/24 01:43 UTC 版)

ミケーネ・ギリシャ語」の記事における「綴り」の解説

ミケーネ・ギリシャ語は およそ200ヶの音節文字表語文字からなる線文字B文章として残っている線文字B未だ読み解かれていないミノア語の文字である線文字Aから分かれており、ミケーネ・ギリシャ語音韻十分に反映していない。また線文字Bギリシャ語を示すために必要な音声足りていないため、かなり単純化して示されている。 主な綴りの単純化以下に示す。 単純化内容例え 線文字B転写 発音 意味 t, dを除き有声音有気音無気無声音区別されない 𐀁𐀒 e-ko egō 私 ekhō 私はつ 子音の前のmとn、音節末のl, m, n, r, sは省かれる。 𐀞𐀲 pa-ta panta 全て 𐀏𐀒 ka-ko khalkos 連続する子音間に母音差し込まれる 𐀡𐀵𐀪𐀚 po-to-ri-ne ptolin 古希 polin 町を rとlは分かたれていない 𐀣𐀯𐀩𐀄 qa-si-re-u asileus古希 basileus語頭のhは示されない 𐀀𐀛𐀊 a-ni-ja hāniai 手綱 長母音示されない 通常zで映される子音はおそらく*、または語頭の*j, *, *を表す qはʷを表す 𐀣𐀄𐀒𐀫 qo-u-ko-ro oukoloi古希 boukoloi 牛飼い達 子音の前に立つ語頭のsは綴られない 𐀲𐀵𐀗 ta-to-mo stathmos 立ち所 二重子音示されない 𐀒𐀜𐀰 ko-no-so Knōsos クノーッソス(地名) これらの決まりに加えて複数の音が同音になることで、見せかけの同音異義語生まれてしまう。 長い単語語中または語尾を省くことができる。 ミケーネ・ギリシャ語線文字B書かれており、半母音/w, j/、流音/m, n, r/、摩擦音/s/、閉鎖音の/p, t, d, q, z/と、まれに/h/が区別される有声無声帯気音全て同じに綴られ、/t, /と/d/のみが書き分けられる。 流音の/r/と/l/は共に/r/と綴られる。 /h/はaに続くときのみ書き分けられるが、その他の場合では書き分けられない。 母音と子音長さ書き表せない。 多くの環境母音続かない子音を記すことができず、次の音節母音を挟むか子音省いて綴られる。

※この「綴り」の解説は、「ミケーネ・ギリシャ語」の解説の一部です。
「綴り」を含む「ミケーネ・ギリシャ語」の記事については、「ミケーネ・ギリシャ語」の概要を参照ください。


綴り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 14:11 UTC 版)

随伴関手」の記事における「綴り」の解説

"adjunct"と"adjunction"と"adjoint"というように、二つ異な語根使われる(例えば、この記事の英語版)。Oxford shorter English dictionaryによると、"adjunct"はラテン語由来であり、"adjoint"はフランス語由来である。 Mac LaneCategories for the working mathematician 第4章 "Adjoints" においては次のように使われているのが確認できる。 φ : hom C ⁡ ( F Y , X ) ≅ hom D ⁡ ( Y , G X ) {\displaystyle \varphi \colon \operatorname {hom} _{\mathcal {C}}(FY,X)\cong \operatorname {hom} _{\mathcal {D}}(Y,GX)} The hom-set bijection φ {\displaystyle \varphi } is an "adjunction". If f {\displaystyle f} an arrow in hom C ⁡ ( F Y , X ) {\displaystyle \operatorname {hom} _{\mathcal {C}}(FY,X)} , φ f {\displaystyle \varphi f} is the right "adjunct" of f {\displaystyle f} (p. 81). The functor F {\displaystyle F} is left "adjoint" for G {\displaystyle G} .

※この「綴り」の解説は、「随伴関手」の解説の一部です。
「綴り」を含む「随伴関手」の記事については、「随伴関手」の概要を参照ください。


綴り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 08:46 UTC 版)

モリエール」の記事における「綴り」の解説

1644年6月28日初めてのサインでは「Mollière」と「l」が1つ多い。証書などにおいても最初のころはこの綴りであったが、やがて「Molière,Molières」の2つ絞られるようになり、1658年以後パリ進出後はMolière」とのスペル統一された。これは彼がパリで成功を収めるにつれ、その名前が広く知られるようになったためだと思われる彼のサイン筆跡には統一性がなく、特徴がない。その書体変化富んでおり、ごつごつしていたり、丸み帯びていたり、線も太かった細かったりと、筆跡からは何一つ判定できない。当然、1人人間書いていたサインではないのではないか疑問を抱く研究者多くいたが、証書類を除いて私的な手紙自筆原稿一切見つかっていないため、比べようがない。

※この「綴り」の解説は、「モリエール」の解説の一部です。
「綴り」を含む「モリエール」の記事については、「モリエール」の概要を参照ください。


綴り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 02:36 UTC 版)

アルカディア」の記事における「綴り」の解説

ギリシア地名元来「Αρκαδία」である。ギリシア語の「κ」をローマ字転写するとき、「k」「c」混在することとなった。現在、多くの言語ではどちらの表記用いられている。

※この「綴り」の解説は、「アルカディア」の解説の一部です。
「綴り」を含む「アルカディア」の記事については、「アルカディア」の概要を参照ください。


綴り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/15 06:35 UTC 版)

カオヤングサウルス」の記事における「綴り」の解説

他の多くの恐竜とは違いカオヤングサウルス公式に発表される以前から多くの所で議論の的となったそのため、幾つかの異なった綴りが世間流布する至った最初に活字になった綴りChaoyoungosaurus(gの後にoが入る)は、日本の博物館ガイドブックにおけるものであるZhao (1983) においても同様の綴りが使用された。 Dong (1992) も同様の綴りを正式に記載したが、必要な記載文を伴っていなかったためChaoyoungosaurus(gの後にoが入る)は裸名nomen nudum)と見なされている。 1999年までこの恐竜正式名称付けられなかった。Sereno (1999) における角竜類分類法概観中でChaoyangsaurus の名が使われた。同年12月Cheng, Zhao, and Xu論文中でChaoyangsaurus youngi の名が正式に記載され属名Chaoyangsaurus裸名ではなくなった。以降はgの後にoが入らない綴りが正式と見なされている。

※この「綴り」の解説は、「カオヤングサウルス」の解説の一部です。
「綴り」を含む「カオヤングサウルス」の記事については、「カオヤングサウルス」の概要を参照ください。


綴り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/11 08:38 UTC 版)

カナダ英語」の記事における「綴り」の解説

カナダ英語の綴りは、イギリス英語とアメリカ英語規則混合されている。 フランス語から入った言葉で、「color」や「center」など、アメリカ英語では「-or」「-er」で終わ単語が、イギリス英語の綴りが残る「-our」「-re」(「colour」「centre」など)になる。またアメリカ英語での「defense」「offense」等の名詞は、カナダではイギリス綴りの「defence」「offence」と書く。 カナダではアメリカ同様、イギリス綴りの「tyre」「kerb」を使用せずtire」「curb」などを使用するなど、イギリス綴りを使用しない場合もある。 カナダではアメリカ同様「realize」や「paralyze」などの単語通常「-ize」「-yze」と綴られ、「-ise」「-yse」を使用しないカナダでは「-ice」で終わ名詞動詞語末が「-ise」になることがある例として名詞practice」の動詞形は「practise」。名詞licence」の動詞形は「license」(アメリカでは名詞動詞も「license」と綴る)。 カナダではイギリス同様、動詞語末アクセント置かれない場合でも「-ing」などの接尾辞がつく場合語末の子音を重ねることが多い(カナダでは「travelling」「cancelled」「controllable」。アメリカではtraveling」「canceled」「controlable」)。 カナダ綴りの慣習は、カナダ産業史とも関係しているものがある例えば、カナダ小切手イギリス同様「cheque」と綴るのは、カナダにとって重要であったイギリス金融機関関連すると考えられる一方カナダ自動車産業アメリカ企業発祥とするため、「tireタイヤ)」など自動車部品専門用語アメリカの用語を使っている。他にもトラックは「truck」(イギリスでは「lorry」)、ガソリンは「gasoline」(イギリスでは「petrol」)等にもみられる例である。 政治的な用語では、カナダの政治史が影響与えているものも多い。カナダ初代首相ジョン・A・マクドナルドはかつて、カナダ政府文書イギリス綴りで記載するよう勅令出したことがある現在の公式的なカナダ綴りは、カナダ国会の公式議事録ハンサード (Hansard) 様式)に使用されているものが基準となっている。但しカナダ編集者の間では、カナディアン・オックスフォード・ディクショナリー(Canadian Oxford Dictionary)の「Editing Canadian Englishカナダ英語での編集)」の章で参照する者が多く必要であればさらに複数辞書使用している近年ではカナダ新聞、特に末尾「-our」等に関してイギリス綴りを使用しているカナダの全国紙グローブ・アンド・メール」は1990年10月綴り方針を更新し他の新聞同様に変更行なった。「トロント・スター」はイギリス綴りの採用には積極的ではなかったが、他紙同様の変更行なった

※この「綴り」の解説は、「カナダ英語」の解説の一部です。
「綴り」を含む「カナダ英語」の記事については、「カナダ英語」の概要を参照ください。


綴り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/14 02:27 UTC 版)

オックスフォード英語辞典」の記事における「綴り」の解説

詳細は「オクスフォード式綴りを参照 OEDは、見出し語を(labor, centerなどの)異なる綴りとともに英国式綴りで表記している(例: labour, centre)。接尾辞については、イギリス英語では、より一般的に-ise綴られるが、オックスフォード大学出版局の方針では、-ize綴るよう、指示されている。例えば、realizerealiseglobalizationとglobalisationなどである。その理論根拠は、語源学的にこの英語の接尾辞は主にギリシャ語接尾辞である-ιζειν, (-izein)、またはラテン語の-izāreから派生している点にある。-ze時折アメリカニズムとして扱われるが、-ze接尾辞がその単語の本来属していなかったところへ紛れ込んだ限りで、イギリス英語ではanalyse、そしてアメリカ英語ではanalyzeと、それぞれ綴られる。

※この「綴り」の解説は、「オックスフォード英語辞典」の解説の一部です。
「綴り」を含む「オックスフォード英語辞典」の記事については、「オックスフォード英語辞典」の概要を参照ください。


綴り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/11 19:12 UTC 版)

HTTPリファラ」の記事における「綴り」の解説

本来、参照という意味英単語は「referrer」であるが、HTTPリファラの場合は意図的にreferer」と綴る場合がある。これは、HTTP策定され時にヘッダ名を間違ったスペル書いてしまい、それが今でも使われている、という歴史的経緯のためである前述の通り仕様上のヘッダ名は「referer」であるため、特にHTTPヘッダ直接扱うようなソフトウェアプログラムの場合、「referrer」と綴る意図通りに動作しない場合すらある。

※この「綴り」の解説は、「HTTPリファラ」の解説の一部です。
「綴り」を含む「HTTPリファラ」の記事については、「HTTPリファラ」の概要を参照ください。


綴り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 04:40 UTC 版)

オルムルム」の記事における「綴り」の解説

独特の綴りが行われている 短母音音節末尾の子音を二字書き長母音の場合に一字にする(ormulumならばo'rr'umlum) 開音節母音終わ音節)のときにはアクセント記号をつけて母音長短区別する gを[g]と[j]で別の字にする([j]にȝ,[g]に別の字体古英語eoとつづる音はeoとeで揺れがある。(13,000行のところでeoがeに変わっている

※この「綴り」の解説は、「オルムルム」の解説の一部です。
「綴り」を含む「オルムルム」の記事については、「オルムルム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「綴り」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「綴り」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「綴り」の関連用語

綴りのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



綴りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの綴り字 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの女瀬川 (改訂履歴)、ミケーネ・ギリシャ語 (改訂履歴)、随伴関手 (改訂履歴)、モリエール (改訂履歴)、アルカディア (改訂履歴)、カオヤングサウルス (改訂履歴)、カナダ英語 (改訂履歴)、オックスフォード英語辞典 (改訂履歴)、HTTPリファラ (改訂履歴)、オルムルム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS