日本のアニメとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本のアニメの意味・解説 

アニメ

(日本のアニメ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/02 17:44 UTC 版)

アニメは、アニメーション略語である[1]。アニメーションを用いて構成された映像作品全般を指す。




注釈

  1. ^ ボンバーマンジェッターズシナリオ打ち合わせ アニメ ボンバーマンジェッターズ 制作現場レポートテレコム・アニメーションフィルムアニメ業界の基礎知識〜アニメーションの制作の流れ〜アニメーション産業に関する実態調査報告書(PDF)-2009年1月,公正取引委員会を元に記述している。
  2. ^ アルプスの少女ハイジ』や『ムーミン』などの30分アニメシリーズ枠。後に『世界名作劇場』という名称になった。
  3. ^ アメリカディズニー製作作品も日本では「ディズニーアニメ」と呼ばれ、講談社ディズニーアニメブック、偕成社ディズニーアニメ小説版など、ディズニー公認の絵本やノベライズ版にも「アニメ」が使用されている。

出典

  1. ^ 日本国語大辞典大辞林三省堂国語辞書(三省堂ウェブディクショナリー)「アニメ」の項
  2. ^ サトウタツオ通信_diary(2005年8月10日分の日記) 佐藤竜雄 2015年4月8日閲覧。
  3. ^ 「アライブ 最終進化的少年」アニメ化中止発表 増加する製作中止 アニメ!アニメ!ビズ 2010年6月6日、2015年4月8日閲覧。
  4. ^ 声優あるある漫画『それが声優!』TVアニメ化決定。原作者・あさのますみ×作画・畑健二郎、最速対談(1ページ) エキサイトレビュー 2014年12月30日、同31日閲覧。
  5. ^ ガイナックス、「オネアミス」後の世界描く「蒼きウル」制作開始 来春に“先行短編”公開 ITmedia 2014年12月11日、2015年4月8日閲覧。
  6. ^ 第14回 日本のアニメーション産業は大丈夫か? (2006/10/16) http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tv_iibun/061016_14th/
  7. ^ 第15回 アニメ産業に忍び寄る暗い影とは (2006/11/07) http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tv_iibun/061107_15th/
  8. ^ 講座アニメーション第3巻 イメージの設計・池田宏編 / 美術出版社
  9. ^ animeMarian Webster dictionary
  10. ^ 津堅信之『日本アニメーションの力 85年の歴史を貫く2つの軸』NTT出版、2004年、p20
  11. ^ 津堅信之『アニメ作家としての手塚治虫 その軌跡と本質』NTT出版、2007年、p.20アニメ!アニメ!の勝手な用語集 第1回アニメとアニメーションの違い アニメ!アニメ! Archived 2010年7月6日, at the Wayback Machine. 2008年2月17日
  12. ^ 例としてドビュッシーのピアノ曲「映像」第3曲「ムーヴマンmouvement(動き)」冒頭のテンポ指示が「トレザニメ très animé(とても動いて)」など。
  13. ^ フレッド・パッテン(Fred Patten)による。
  14. ^ Dictionary.com-Otaku
  15. ^ Dictionary.com-Anime
  16. ^ キネマ旬報1995
  17. ^ 例としては、japanimation.comなど。Anime Oxide
  18. ^ 『スーパーナチュラル・ザ・アニメーション』海外ドラマPowerPush!! TVGroove.com
  19. ^ 全米の大人気ドラマ『SUPERNATURAL』を日本が完全アニメ化 cinema-magazine.com
  20. ^ スタジオジブリだけじゃない!これからのジャパニメーションを占う作品に注目! - シネマトゥデイ [1]
  21. ^ 日本芸能マネジメント事業者協会
  22. ^ 日本声優事業社協議会
  23. ^ 日本音声製作者連盟
  24. ^ 協同組合日本俳優連合
  25. ^ 文化庁メディア芸術プラザ アーカイブされたコピー”. 2009年4月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年8月26日閲覧。
  26. ^ 地球人間模様@ヨーロッパ 日本を究める
  27. ^ Documentaire présentant le Japon à travers l'amitié franco-japonaise
  28. ^ 大塚康生『リトル・ニモの野望』徳間書店、2004年、p.29。
  29. ^ アメリカ版のカードキャプターさくらは主人公名がAVALONになっている、フランス版のめぞん一刻は舞台がミモゼペンションでヒロイン名がジュリエットになっている、韓国版のクレヨンしんちゃんは舞台がソウル特別市となっている、など色々。
  30. ^ ROBOTECH.COM(公式サイト)タツノコプロとハーモニーゴールド社とのライセンス契約上の問題により、オンラインショップの発送先に日本は選択できない
  31. ^ 増田弘道『アニメビジネスがわかる』NTT出版、2007年、p.148
  32. ^ 日本のアニメ番組輸出売上高 年間30億円 総務省調 アニメ!アニメ! 2007年6月21日
  33. ^ 日本貿易振興機構 調査レポート(コンテンツ) http://www.jetro.go.jp/industry/contents/reports/
  34. ^ 草薙聡志『アメリカで日本のアニメは、どう見られてきたか?』徳間書店、2003年、pp.30-32
  35. ^ 草薙(2003)、p.55
  36. ^ 山本暎一『虫プロ興亡記 安仁明太の青春』新潮社、1989年、p.153
  37. ^ 古田尚輝『鉄腕アトムの時代 映像産業の攻防』世界思想社、2009年、p.254
  38. ^ 古田(2009)、p.258
  39. ^ 清谷信一『ル・オタク フランスおたく事情』ベストセラーズ、1998年、p.33
  40. ^ 古田(2009)、pp.254-255
  41. ^ 「ドラゴンボール」を欧州に広めた男 日本アニメ輸出の第一人者、アニマックス滝山社長に聞く[リンク切れ]週刊東洋経済、2013年04月24日
  42. ^ 遠藤誉『中国動漫新人類 日本のアニメと漫画が中国を動かす』日経BP社、2008年、pp.9,81
  43. ^ 放送コンテンツの海外展開に関する現状分析(2013年度) (PDF)”. 内閣官房 (2014年11月28日). 2014年12月3日閲覧。
  44. ^ 梶山寿子『雑草魂 石川光久 アニメビジネスを買えた男』日経BP社、2006年、p.195
  45. ^ 氷川竜介「ジャパニメーションの真実」『別冊宝島985 このアニメがすごい 絶対観たい超名作編』宝島社、2004年、p.35
  46. ^ 清谷(1998)、p.52
  47. ^ 清谷(1998)、pp.53-54.
  48. ^ 我が国のコンテンツの海外における「ゲートキーパー」プロファイリング調査(フランス編)(2011年3月) | 調査レポート - 国・地域別に見る - ジェトロ
  49. ^ 『鉄腕アトム(Astro Boy)』『ジャングル大帝(Kimba the White Lion)』『ガッチャマン(Battle of the Planets)』『宇宙戦艦ヤマト(Star Blazers)』など多数
  50. ^ 中国コンテンツ市場調査(6分野) 2009年版(2009年10月) | 調査レポート - 国・地域別に見る - ジェトロ
  51. ^ 遠藤誉(2008)、p.67,91.196,206
  52. ^ 解禁以降は架空の地理あるいは日本の実在地理が舞台ではあるが架空の施設が主な舞台のものは、原作の名称のままだったり、地理や人名のみ韓国ローカライズされたりしている
  53. ^ 「「しんちゃん」インドでTV放映中止? 子供への影響懸念」アーカイブされたコピー”. 2008年12月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年12月7日閲覧。
  54. ^ web SPA! 「日本のマンガ、実は世界でウケてない!」http://spa.fusosha.co.jp/feature/list00000686_2.php
  55. ^ 津堅信之『アニメーション学入門』平凡社新書、2005年、pp.108-110
  56. ^ 津堅(2005)、pp.110-111.
  57. ^ 米沢嘉博「マンガと同人誌のささやかな饗宴」『別冊宝島358 私をコミケにつれてって! 巨大コミック同人誌マーケットのすべて』宝島社、1998年pp.44-45.
  58. ^ 津堅(2005)、pp.111-112.
  59. ^ 押井守「消息期には終息期のテーマがあるはずです 『アニメージュ』創刊200号に寄せて」『アニメージュ』1995年2月号
  60. ^ 小牧雅伸『アニメックの頃… 編集長ま奮闘記』NTT出版、2009年、p.83
  61. ^ 岡田斗司夫、山本弘、小巻雅伸「オタクの歴史徹底大研究」『空前絶後のオタク座談会1 ヨイコ』音楽専科社、2001年、p.57
  62. ^ 藤津遼太『「アニメ評論家」宣言』扶桑社、2003年、pp.277-278
  63. ^ 津堅(2007)、p.179
  64. ^ 日本アニメーション学会公式サイト
  65. ^ 苺ましまろ:月刊コミック電撃大王2006年3月号




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本のアニメ」の関連用語

日本のアニメのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日本のアニメのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアニメ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS