をとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 助詞 > 格助詞 > の意味・解説 

五十音図ワ行の第5の仮名。現在は、五十音図ア行第5の仮名「お」と発音上の区別がなく、現代仮名遣いでは、助詞「を」以外には、この仮名用いない。しかし、歴史的仮名遣いでは「お」と区別している。

平仮名「を」は「遠」の草体から。片仮名「ヲ」は「乎」の初3画から変したもの

[補説] 「を」は、古くは[wo]の音で、「お」(発音[o])と発音上も区別があったが、のち、両者は同じ音となり、中世末期には[wo]、近世以降は[o]となった。


【一】[格助]名詞名詞準じる語に付く。

動作作用目標対象を表す。「家を建てる」「寒いのをがまんする」「飲みたい」

「ただ月—見てぞ、西東をば知りける」〈土佐

移動の意を表す動詞に応じて動作出発点分離点を示す。…から。「東京離れる」「席を立つ

さびしさに宿—立ち出でてながむればいづくも同じ秋の夕暮」〈後拾遺秋上

移動の意を表す動詞に応じて動作経由する場所を示す。…を通って。「山道を行く」「廊下を走る」「山を越す」

「また住吉のわたりこぎゆく」〈土佐

動作作用持続する時間を示す。「長い年月を過ごす」「日々を送る」

足引山鳥の尾しだり尾ながながし夜—独りかも寝む」〈拾遺・恋三〉

(「香(か)をにほふ」「寝(い)を寝(ぬ)」「音(ね)を泣く」などの形で)同類の意をもつ名詞動詞の間に置かれ、慣用句作る

「夜はも夜のことごと昼はも日のことごと音(ね)のみ—泣きつつありてや」〈万・一五五

遭遇別離対象を表す。…に。

逢坂(あふさか)にて人—別れける時に詠める」〈古今離別詞書

[補説] 1の「飲みたい」などは、「を」の代わりに「が」を用いることもある。格助詞「を」は、【三】間投助詞から生じたといわれる

【二】[接助]活用語連体形、まれに名詞に付く。

逆接確定条件を表す。…けれども。…のに。

亡き人の来る夜とて魂(たま)まつるわざは、このごろ都にはなき—、東(あづま)の方には、なほする事にてありしこそあはれなりしか」〈徒然一九

原因理由を表す。…ので。…(だ)から。

「ししこらかしつる時は、うたて侍る—、とくこそ試みさせ給はめ」〈源・若紫

【三】[間助]名詞動詞型活用語連体形命令形形容詞形容動詞活用語連用形助詞などに付く。

文中文末で)感動詠嘆強調を表す。…(だ)なあ。…ね。…よ。

「我妹子(わぎもこ)は釧(くしろ)にあらなむ左手我が奥の手巻きて去(い)なまし—」〈万・一七六六〉

花散るらむ小野露霜にぬれて—ゆかむ小夜(さよ)は更(ふ)くとも」〈古今秋上

文中名詞付き、下に形容詞語幹接尾語「み」の付いたもの伴って理由原因を表す句の中で、上の名詞を特に取り立てて強調する意を表す。…が…ので。…の…さに。

「若の浦に潮満ち来れば潟(かた)—なみ葦辺(あしへ)をさして(たづ)鳴き渡る」〈九一九〉

[補説] 主に上代の用法で、中古でもみられるが、鎌倉時代以後和歌以外にはほとんどみられなくなる。この用法が格助詞接続助詞発達したという。なお、1文末用法を終助詞2格助詞とする説もある。


を【を・ヲ】

〔名〕 五十音図第十第五段(ワ行オ段)に置かれ、五十音順第四十七位(同音のかなの重複を含めるとき、第五十位)のかな。いろは順では第十二位で、「る」のあと、「わ」の前に位置する。→お(二)(を・ヲ)


1 〔間投助〕

[一] 文末にあって活用語連体形または体言を受け、詠嘆をこめて確認する。

古事記(712)上・歌謡「八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣(ヲ)」

源氏100114頃)真木柱「いとかうきはぎはしうとしも思はで、たゆめられたる妬さ

[二] 文中用法

意志希望命令文中にあって連用文節を受け、指示強調する。

万葉(8C後)三・三四九「生(いける)者遂に死ぬるものにあれば今(こ)の世なる間は楽(たのしく)(ヲ)あらな」

古今(905‐914)恋三・六三〇「人はいさ我はなき名をしければ昔も今もしらずといはむ〈在原元方〉」

情意対象詠嘆的に指示する。→補注(1)(ハ)。

万葉(8C後)一・二一「紫草(むらさき)のにほへる妹(ヲ)憎くあらば人妻ゆゑに吾れ恋ひめやも」

③ 「…を…み」の形で対象提示する。…が…なので。→補注(1)(ハ)。

古事記(712)下・歌謡「梯立の 倉(ヲ) 嶮(さが)しみと 岩懸きかねて 我が手取らすも」

2 〔格助〕

働きかけ対象となる物や事柄表わす

(イ) 状態を変化させる動作対象となる物や事柄表わす

古事記(712)上・歌謡「太刀が緒も いまだ解かずて 襲(おすひ)(ヲ)も いまだ解かねば」

徒然草1331頃)六〇「よきいもがしら選びて、ことに多く食て、の病いやしけり」

好人物の夫婦1917)〈志賀直哉〉「細君は〈略〉、糸断り、針針差し差し仕事片付け始めた」

(ロ) 第一対象第二対象取り付けたり、そこから取り除いたりする動作の、第一対象となる物を表わす

万葉(8C後)一七・三九一〇「珠に貫く(あふち)(ヲ)家に植ゑたらば山霍公鳥(ほととぎす)離(か)れず来むかも」

平家13C前)二「解脱幢相法衣ぬぎ捨て、忽に甲冑よろひ、弓箭帯しましまさん事」

俳諧奥の細道(1693‐94頃)日光「髪剃て墨染にさまをかえ」

(ハ) 空間的位置変化させる動作対象となる物を表わす

万葉(8C後)一六三八四八「あらき田の鹿猪田(ししだ)の稲(ヲ)倉に上げてあなひねひねし吾が恋ふらくは」

源氏100114頃)「御硯の箱御帳の内にさし入れておはしにけり」

(ニ) 接触対象となる物を表わす

万葉(8C後)一四・三四五九「稲つけばかかる我が(ヲ)今夜(こよひ)もか殿の若子取りて嘆かむ」

俳諧炭俵(1694)下「盆の月ねたかと門たたきけり〈野坡〉」

(ホ) ある動作によって作り出される物を表わす

万葉(8C後)一・三八「高殿(ヲ) 高知りまして 登り立ち 国見をせせば たたなにはる 青垣山

俳諧奥の細道(1693‐94頃)出羽三山「此国の鍛冶霊水を撰て、爰に潔斎して剣打(うち)」

(ヘ) 表現したり感じたりすることによって出現する抽象物を表わす

万葉(8C後)一八・四〇九四「遠き代にかかりしこと(ヲ)朕(わ)が御世に顕はしてあれば」

徒然草1331頃)六七「若かりける時、常に百首の歌よみて」

働きかけ対象となる人を表わす

(イ) 物理的な状態の変化空間的位置変化引き起こす動作対象となる人を表わす

万葉(8C後)五・八九一一世にはふたたび見えぬ父母(ヲ)置きてや長く吾(あ)が別れなむ」

浮世草子西鶴諸国はなし(1685)二「彼娘の親、〈略〉、彼子取かへし」

(ロ) 心理的な状態の変化引き起こす動作対象となる人を表わす

万葉(8C後)四・七四〇「言のみを後も逢はむねもころにわれ(ヲ)頼めて逢はざらむかも」

徒然草1331頃)一二九「人くるしめ、物をしへたくる事」

(ハ) 社会的な状態の変化引き起こす動作対象となる人を表わす

万葉(8C後)四・四九四「吾妹子(ヲ)相知らしめし人をこそ恋のまされば恨めしみ思へ」

平家13C前)二「次男宗盛大納言右大将にておはしけるをこえさせて、徳大寺左大将にぞなされける」

(ニ) 呼びかけ誘いかけの対象となる人を表わす

万葉(8C後)一八・四〇九四「しかれども 吾が大君の 諸人(もろひと)(ヲ) 誘ひたまひ よきことを 始めたまひて」

浮世草子好色一代男(1682)一「袖垣のまばらなるかたより、女よび懸」

所有対象所有関係の変更対象表わす

(イ) 授受貸借対象表わす

万葉(8C後)一四・三四七二「人妻とあぜかそを言はむしからばか隣の衣(ヲ)借りて着なはも」

平家13C前)三「此疵治しつべし。但五十斤の金あたへば治せんといふ」

(ロ) 入手対象手放す対象表わす

万葉(8C後)七・一一四五「妹がため貝(ヲ)拾ふ茅渟(ちぬ)の海に濡れにし袖は干せど乾かず」

俳諧冬の日(1684)「烹る事をゆるしてはぜ放ける〈杜国〉 声よき念仏をへだつる〈荷兮〉」

④ ある意図のもとに行なわれる動作対象表わす

(イ) ある人・場所に接近ようとする態度行なわれる動作対象表わす

*竹取(9C末‐10C初)「かぐや姫必逢はんまうけして」

土左(935頃)承平四年一二二七日大津より浦戸さしてこぎいづ

金の棺(1947)〈網野菊〉「けい子は〈略〉彼等新居訪れことがある

(ロ) ある人・場所・物事から離れようとする態度行なわれる動作対象表わす

万葉(8C後)二〇・四三四八たらちねの(ヲ)別れてまことわれ旅の仮廬(かりほ)に安く寝むかも」

源氏100114頃)明石「つひに后の御諫め背きて、ゆるされ給ふべき定め出で来ぬ」

金閣寺(1956)〈三島由紀夫〉三「木の除(よ)けながら登った」

(ハ) ある物を、相手提示ようとする動作対象表わす

万葉(8C後)五・八一三「斎ひたまひし 真珠なす 二つの石(ヲ) 世の人示したまひて」

浮世草子西鶴諸国はなし(1685)一「就夫(それにつき)上書に、一作者と、くだんの小判出せば、さてもかる口なる御事と、見てまはせば」

(ニ) ある人や物を他の働きかけから守ろうとする動作対象表わす

源氏100114頃)東屋今はわが姫君思ふやうにて見奉らばや、と、明け暮れまもりて撫でかしづくこと限りなし

灰色の月1946)〈志賀直哉〉「若者自分の荷庇(かば)ふやうにして」

(ホ) 問いただしたり、調べたりする動作対象表わす

古事記(712)下・歌謡「大坂に 遇ふや嬢子(をとめ)(ヲ) 道問へば 直(ただ)には告(の)らず 当芸麻道(たぎまち)を告る

風船(1955)〈大仏次郎父親新しく売り出し会社製品批評聞いたり、売れ行き様子調べるのが目的であった」

(ヘ) ある物事描写表現ようとする動作対象表わす

源氏100114頃)絵合年の内節会どものおもしろく興ある、昔の上手どものとりどりにかけるに、延喜御手づから、事の心かかせ給へるに」

俳諧続猿蓑(1698)下「かつは展重陽のためしなきにしもあらねば、なを秋菊詠じて人々をすすめられける事になりぬ」

(ト) 崇拝する気持行なわれる動作対象表わす

万葉(8C後)六・九二〇「天地の 神(ヲ)ぞ祈る かしこかれども」

俳諧奥の細道(1693‐94頃)黒羽「そこにまねかれて、行者堂拝す

(チ) ある特定の態度行なわれる動作対象表わす

万葉(8C後)一・一三「古も しかにあれこそ うつせみも 妻(ヲ) 争ふらしき」

平家13C前)三「保元平治よりこのかた、度々の朝敵たひらげて、勧賞身にあまり」

少年(1911)〈谷崎潤一郎〉「毎日のやうに年下の子いぢめて居る名代餓鬼大将だから」

(5) 認知活動言語活動対象その内容を表わす

(イ) 視覚聴覚嗅覚など感性的な知覚活動対象表わす

万葉(8C後)一九・四一八〇「さ夜中鳴く霍公鳥(ほととぎす) 初声(はつこゑ)(ヲ) 聞けばなつかし

古今(905‐914)夏・一三九「さつきまつ花たちばなのかかげば昔の人袖のかぞする〈よみ人しらず〉」

芋粥(1916)〈芥川龍之介〉「彼は飲んでしまった後のしげしげ眺めながら」

(ロ) 抽象的認識思考活動対象その内容を表わす

万葉(8C後)九・一八〇七「遠き代ありけること(ヲ) 昨日しも 見けむがごとも 思ほゆるかも」

平家13C前)一「天下のみだれむ事さとらずして、民間の愁(うれふ)る所しらざっしかば」

(ハ) 発見対象その内容を表わす

源氏100114頃)胡蝶兵部卿宮の、ほどなく焦られがましわび言どもをかき集めたまへる御文御覧じつけて、こまやか笑ひ給ふ

(ニ) 話す・聞く・書く・読むなどの言語活動対象その内容を表わす

万葉(8C後)一・一「しきなべて われこそ座(ま)せ われこそば 告らめ 家(ヲ)も名(を)も」

徒然草1331頃)六〇「いもがしら〈略〉大きなる鉢にうづだかく盛り膝元に置きつつ、食ひながら文読みけり」

俳諧奥の細道(1693‐94頃)市振年老たるおのこの声も交て物語するきけば」

(6) 物事対するある態度活動対象、またその内容を表わす

(イ) 感情評価対象表わす

万葉(8C後)四・七二一あしひきの山にしをれば風流(みやび)なみ我がするわざ(ヲ)とがめたまふな」

方丈記1212)「富める家のとなりに居るものは、朝夕すぼき姿恥ぢて」

走れメロス(1940)〈太宰治〉「私は王の卑劣憎んだ」

(ロ) 希望対象表わす。→補注(2)(ロ)。

徒然草1331頃)二三八「紫のうばふことを悪むと云文御覧ぜられたき事ありて」

どちりなきりしたん一六〇〇年版)(1600)四「くんねんなしたくは」

帰郷(1948)大仏次郎孔雀「ほんたうに自分で画描きたくなってゐるのを知って

(ハ) 意志的行為要求行為対象となる内容表わす

万葉(8C後)四・五四八今夜(こよひ)の早く明けなばすべをなみ秋の百夜(ももよ)(ヲ)願ひつるかも」

平家13C前)一「いかにもして平家をほろぼし、本望とげむ」

(ニ) 経験する物事内容表わす

万葉(8C後)九・一七八七「布留の里に 紐解かず 丸寝(ヲ)すれば 吾が着たる 衣はなれぬ」

徒然草1331頃)六九「恨しく我をば煮て、からき目見すものかな

(ホ) (下の動詞同意体言をのせて) 動作作用内容表わす

万葉(8C後)一四・三四一四「伊香保ろの八尺(やさか)の堰塞(ゐで)に立つ虹(のじ)の顕はろまでもさ寝(ヲ)さ寝てば」

源氏100114頃)柏木そこはかとなく物を心細く思て、ねのみ時々泣き給」

(7) 移動動作成り立空間的状況周り状況表わす

(イ) 移動動作が行なわれる範囲表わす

万葉(8C後)一七・三四四をみなへし咲きたる野辺(ヲ)行きめぐり君を思ひ出たもとほり来ぬ

方丈記1212)「羽なければも飛ぶべからず

草枕(1906)〈夏目漱石〉一「山路登りながら、かう考へた」

(ロ) 通過する場所を表わす

古事記(712)中・歌謡「新治 筑波(ヲ)過ぎて 幾夜か寝つる」

俳諧奥の細道(1693‐94頃)尿前の関「関守にあやしめられて、漸として関こす」

(ハ) 出発する場所を表わす

万葉(8C後)一五・三六八八「大和(ヲ)も 遠く離(さか)りて 石(いは)が根の 荒き島根宿りする君」

平家13C前)四「七日福原いでさせ給ふに」

(ニ) 動作が行なわれる周り状況表わす

万葉(8C後)八・八四六霞立つ長き春日(ヲ)かざせれどいやなつかし梅の花かも」

(8) 動作が行なわれる時間表わす

万葉(8C後)一〇・二一三九「ぬばたまの夜渡る雁はおほほし幾夜(ヲ)経てかおのが名を告る

読本雨月物語(1776)浅茅が宿寺院遠けれ贈号求むる方もなくて、五とせ過し侍るなり」

*秋(1920)〈芥川龍之介〉二「大阪やその近郊遊覧地へ気散じ一日暮しに行った」

(9) 主体変化がどんな側面で起こるかを表わす。→補注(2)(ハ)。

天草本伊曾保(1593)獅子と鼠の事「ネズミワ アマノ inochiuo (イノチ)タスカッテ」

3 〔接助〕 活用語連体形を受けて句と句を接続する。逆接的な関係での接続が最も多いが、順接場合もあり、また因果関係のない場合もある。→補注(3)(イ)。

源氏100114頃)桐壺おのづからかろき方に見え、この御子生まれ給ひて後はいと心ことにおもほしおきてたれば」

今昔1120頃か)五「羸(つか)れ(こう)じて我が命も可絶き〈略〉山野罷出たらむ間、此の子共師子預け師子に預奉らむ」

徒然草1331頃)一八「孫晨は冬月に衾なくて、一束ありける、夕にはこれにふし、朝にはをさめけり」

日葡辞書(1603‐04)「ソナタエ mairǒzuruuo (マイラウズル)」

[補注](1)間投助詞について) (イ)語源については「否も(を)も欲しまにまに赦(ゆる)すべき皃(かたち)は見ゆや我れも依りなむ」〔万葉三七九六のような感動詞「を」から出たものといわれる。ただし間投助詞「を」は格助詞「を」から派生したものとする説もある。(ロ)鎌倉時代以後間投助詞用法文語化したらしく、和歌を除いてほとんど見られなくなる。(ハ)(一)(二)②および③の用法場合、「を」によって主格表示されていると考えて、格助詞とする説もある。格助詞であるとすれば(一)(二)②の用法(二)(6)(イ)の感情的態度表わす用法であるということになる。なお、原因理由表わす「[名詞]を…み」の形と並んで、「を」のない「[名詞]…み」の形も奈良時代からある。→み。
(2)格助詞について) (イ)(二)用法は、感動対象提示する(一)用法から転じたものとするのが通説である。用例見て詠嘆気分の強いものがあり、(一)(二)いずれの用法とも決しがたい場合がある。(ロ)(二)(6)(ロ)の用法(一)(二)②の用法本質的大きく異なるものではないが、間投助詞口語として用いられなくなった時代には、格助詞の一用法として意識されたものと思われる。なお、「…を…したい」という言い方と並んで「…が…たい」という言い方もある。→が。(ハ)(二)(9)自動詞に「を」が用いられたものであるが、述語表わす変化主語どういう属性についてのものであるかを明らかにするものなので、格助詞考えた。ただし、主格表わすものと見ることもできる。
(3)接続助詞について) (イ)(三)用法活用語連体形を受けた格助詞「を」からの派生といわれるが、間投助詞「を」からの派生考えなければならない。「今こそ我鳥にあらめ 後は 汝鳥にあらむ(ヲ) 命は な死せ給ひそ」〔古事記‐上歌謡のような「を」は間投助詞であるが、そこには逆説的な意味をもって下に続く趣が感じられる。このようなところからも接続助詞化したと考えられる。(ロ)接続助詞としての成立期に関して奈良時代からすで用いられていたとする説、鎌倉時代以後用いられるようになったとする説がある。(一)(二)(三)それぞれの間には、形式・意味いずれの面からも明らかな境界引けないため、同一例に対す解釈揺れることが多いが、接続助詞指摘される平安時代以前の例は、ほとんどすべて間投助詞あるいは格助詞としても解し得るのである。(ハ)接続助詞としての用法中には白露の色は一ついかにして秋の木の葉をちぢにそむらん〈藤原敏行〉」〔古今‐秋下〕、「忘れては打ち歎かるる夕べかな我のみしりて過ぐる月日式子内親王〉」〔新古今‐恋一〕のように体言を受けるものもある、とする説があるが、これらはやはり間投助詞とすべきか。


方言共通語使用例または説明
動詞の前の「を」を抜く「まんま 食う」(ご飯を食べる)、「夢見た」(夢を見た)の例のように動詞の前のをを抜く

(を)

大阪弁 訳語 解説
(を) 動作対象基点通過する場所を表す。目的語の後につく「を」は省略される。水飲みたいねん、これ取ったって、あほなこと言いな、なにしてんねん、家出たんは五時前やねんけどまだ着いてへんのんかいな、橋渡って交番右曲がってちょっと走った左手の店や。九州奥羽では「ば」、下野で「ごと」。


読み方:を

  1. 十。〔古本屋

分類 古本屋

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/16 09:14 UTC 版)

五十音と撥音


  1. ^ CORPORATION, TOYOTA MOTOR. “「お・し・へ・ん」を車のナンバーに使えないワケ” (日本語). GAZOO.com. 2020年2月29日閲覧。



出典:『Wiktionary』 (2020/04/11 00:36 UTC 版)

発音

IPA: /o/又はIPA: /ɰo/

助詞

  1. 目的語を表す格助詞
    1. 動作作用対象目的であることを表す。
    2. 動作作用が及んだ結果となることを表す。
  2. 起点を表す格助詞
    1. 出るやそれに類する動詞で、移動起点を表す。から。
    2. やめるやそれに類する動詞で、異動処分などの起点所属元を表す。
  3. 経路を表す格助詞
    1. 通過する場所を表す。
    2. 動作作用継続する時間・期間を表す。
    3. 状況を表す。
  4. 方向目標などを表す。
    1. 方向を表す。
      • 向く。
    2. 目標とすべき地点時点出来事などを表す。
  5. 時間距離などの比較差を表す。
  6. 自動詞使役表現における行為主体を表す。

用法

一つ単文の中で、一つしか使われない。従って目的語経路共存できない

  • うまとおす。
  • もん通す。
  • *馬通す。 (誤り)

移動起点を表すは、終点を表す共存しない。

派生語

翻訳

同様の機能有する

文字コード




品詞の分類

格助詞      を  にて

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「を」に関係したコラム

  • 株式の株価チャートをエクセルで表示するには

    株式の株価チャートエクセルで表示する方法紹介します。まず、下の図のように、エクセルのシートのセルに、出来高、日付、始値、高値、安値、終値の列作成します。次に、各列にデータ入力していきます。行の...

  • FXのチャート分析ソフトMT4でよく使うテクニカル指標をまとめて表示するには

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)には、さまざまなテクニカル指標が表示できます。1つのチャート画面に複数のテクニカル指標表示させることもできます。しか...

  • FXのチャート分析ソフトMT4で気配値を表示するには

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)では、リアルタイムで為替レートの気配値表示することができます。MT4で気配値表示するには、MT4のメニューから「表...

  • MT4でCFDの銘柄をグループ分けしてチャートを順次表示するには

    MT4(Meta Trader 4)でCFDの銘柄グループ分けしてチャート順次表示する方法紹介します。CFDには、コモディティや株式、株価指数、債券などの商品があります。まず、それぞれの商品につ...

  • FXのドテンとは

    FX(外国為替証拠金取引)のドテンとは、現在のポジション決済して同時に逆のポジション保有することです。ドテンは、漢字では「途転」と書きます。ドテンは、例えば売りポジション決済して同時に買いポジシ...

  • 株式やFX、CFDのギャン理論とは

    株式やFX、CFDのギャン理論とは、ウィリアム・デルバート・ギャン(William Delbert Gann)の考案した相場張る時のルールのことです。ギャン理論は、「ギャンの価値ある28のルール(G...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「を」の関連用語

をのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



をのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
新潟県田上町の方言新潟県田上町の方言
Copyright (C) 2021 Akira Hasegawa All rights reserved.
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2021 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
鳥取弁辞書鳥取弁辞書
Copyright (C) 1996-2021 gonbe007
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのを (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS