ジャングル大帝とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > ジャングル大帝の意味・解説 

ジャングル大帝

原題:
製作国:日本
製作年:1997
配給:松竹配給
スタッフ
監督:竹内啓雄 
演出:五月女有作 

吉村文宏 ヨシムラ

桑原智 
製作:松谷孝征 マツタニ

幸甫 

清水義裕 シミズ
プロデューサー:久保田稔 クボタ

宇田川純男 ウダガワスミオ

秋葉千晴 アキバチハル
原作:手塚治虫 テヅカオサム
脚本:竹内啓雄 

手塚プロダクション文芸部 
企画:古徳稔 

石田康男 イシダヤスオ
音楽:冨田勲 トミタイサオ
音楽プロデューサー:長澤隆之 ナガセタカユキ
主題曲:松たか子 マツタカコ
編集:森田清次 
録音:井上秀司 イノウエシュウジ

飯塚秀保 イイヅカヒデヤス
スクリプター:壱岐和美 
スチール:滝沢真理 
その他:杉野昭夫 スギノアキオ

玉川芳行 タマガワヨシユキ

阿部行夫 アベユキオ

東上別符精 

黒川昌満 

千葉耕市 チバコウイチ

倉橋静男 

太田憲之 オオタ

岡野強 オカノツヨシ

オムニバス・ジャパン 

岡野強 オカノツヨシ

小針裕子 
キャスト(役名
津嘉山正種 ツカヤママサネ (レオ
柊美冬  (ルネ
富田耕生 トミタコウセイ (ヒゲオヤジ
立川談志 タテカワダンシ (ハム・エッグ
倍賞千恵子 バイショウチエコ (ライヤ
椎名へきる シイナヘキル (ルキオ
松本保典 マツモトヤスノリ (ラムネ
中嶋朋子 ナカジマトモコ (メリー
龍田直樹 タツタナオキ (トミー
肝付兼太 キモツキカネタ (ココ
伊武雅刀 イブマサト (パグーラ)
鈴木蘭々 スズキランラン (ビゾー)
谷啓 タニケイ (ブラッザー)
茶風林 チャフウリン (ジャック
遠藤晴 エンドウ (オフクロサン)
松村康雄  (プラス
塩屋浩三 シオヤコウゾウ (マイナス)
竹村拓 タケムラタク (ハリー
長島雄一 ナガシマユウイチ (トム
宝亀克寿  (ジョー
坂東尚樹  (マック
一条和矢 イチジョウカズヤ (アラン
泉谷しげる イズミヤシゲル
大槻ケンヂ オオツキケンヂ
大森はじめ オオモリハジメ
北原雅彦 
車だん吉 クルマダンキチ
涼風真世 スズカゼマヨ
竹下景子 タケシタケイコ
手塚眞(手塚真) テヅカマコト
中井貴一 ナカイキイチ
浜崎貴司 
林家木久蔵 ハヤシヤキクゾウ
林家こぶ平 ハヤシヤコブヘイ
ブラザー・コーン 
解説
ジャングル舞台に、人間と動物たちの闘い友情、愛、冒険を描いたスペクタクル長編アニメーション監督は、テレビ・アニメ美味しんぼ』の竹内啓雄手塚治虫の大ベストセラー・コミックを、竹内と「ブラック・ジャックの手プロダクション文芸部脚色。声の出演
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
ジャングルの王者、白ライオンレオとその妻・ライヤの間に2頭の子供・ルネルキオ生まれジャングル中がお祝い気分いっぱいの頃、人間街でハム・エッグという男がジャングル発見した月光石めぐって騒ぎが起きる。月光石未知エネルギー秘めた特殊な石で、エネルギー危機直面した地球救世主として注目集めていたが、それがあるとされる幻のムーン山がどこにあるのかは明らかになっていなかった。科学技術庁員のラムネとともに月光石探しに行くことになったハム・エッグは、ジャングルに詳しいヒゲオヤジ合流する。ところが、ハム・エッグは車の通る道を切り開くために木々焼き払い動物たち殺し始めた。意見異にするヒゲオヤジラムネとともに隊を離脱するが、火災のせいで自然環境崩れジャングル大雨洪水見舞われるその影響でルネ濁流に流され、遥かな海人間の船に拾われた。サーカスに売られたルネ空中ブランコの大スターになり、楽しい日々を送ったが、その頃ジャングルでは死斑病が動物たちの間に大流行し、ライヤが息を引き取っていた。それを渡り鳥たちに聞いたルネは、サーカス少女メリーの手引きでジャングル帰る決心をする。一方動物たちで救ってやったヒゲオヤジは、ついにハム・エッグムーン山を発見したことを知り、月光石悪用されてはならないムーン山へ登山開始した。レオ案内で、ヒゲオヤジたちはハム・エッグよりも早く登頂成功し、月光石発見するが、後をついてきたハム・エッグ熾烈闘いになり、ヒゲオヤジレオだけが生き残る下山途中、彼らは猛吹雪に襲われ、ヒゲオヤジに肉と毛皮与えようとレオは自らの命を絶った。ひとりで下山したヒゲオヤジは、偶然会ったルネ偉大な父の話を聞かせてやる。

ジャングル大帝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/01 00:27 UTC 版)

ジャングル大帝』(ジャングルたいてい)は、手塚治虫漫画およびそれを原作とした一連のアニメ作品。




  1. ^ 「バッタの襲撃」に近年の放送タイトルでは変更。
  2. ^ 「大暴走の季節」に近年の放送タイトルでは変更。
  3. ^ 第五十章までは本編部分を分割し前後編に再編集。
  1. ^ 手塚治虫『ぼくはマンガ家』大和書房、1979年、pp111-112.
  2. ^ 清水勲『漫画少年と赤本マンガ 戦後マンガの誕生』ゾーオン社、1989年、pp105-106.
  3. ^ 手塚治虫『手塚治虫 ぼくのマンガ道』新日本出版社、2008年、pp.18-19。初出は手塚治虫『手塚漫画の主人公たち』 第4話「ジャングル大帝」(『赤旗』1974年1月12日付)
  4. ^ 手塚治虫『手塚治虫漫画全集399 手塚治虫のマンガの描き方』講談社、1997年、p228
  5. ^ 石上三登志「手塚少年と幻の戦前映画」『誕生!手塚治虫』霜月たかなか編、朝日ソノラマ、1998年。
  6. ^ 桜井哲夫『手塚治虫 時代と切り結ぶ表現者』講談社現代新書、1990年、p83。
  7. ^ 清水勲『「漫画少年」と赤本マンガ 戦後マンガの誕生』ゾーオン社、1989年、pp76-78.
  8. ^ 米沢嘉博『戦後野球マンガ史 手塚治虫のいない風景』平凡社新書、2002年、pp17-18
  9. ^ STVラジオ『島本和彦のマンガチックにいこう!』2001年12月22日放送 第12回ジャングル大帝
  10. ^ 夏目房之介『マンガの力 成熟する戦後マンガ』晶文社、1999年、p.174
  11. ^ 二階堂黎人『僕らが愛した手塚治虫2』小学館、2008年、p.297
  12. ^ 呉智英、藤田尚、米沢嘉博、村上知彦、喰始「座談会『手塚治虫』検証 戦後民主主義とヒューマニズムの人だったか」『COMIC BOX』1989年5月号、pp.77-78
  13. ^ 呉智英「手塚治虫の意味」『手塚治虫がいなくなった日』手塚プロダクション、村上知彦編、潮出版社、1995年、p.234
  14. ^ サラウンド寺子屋塾 5.1 Surround Terakoya Lab
  15. ^ 『手塚治虫漫画全集 ジャングル大帝(3)』講談社、1977年。あとがきより
  16. ^ 夏目房之介、竹内オサム編著『マンガ学入門』ミネルヴァ書房、2009年、p.204
  17. ^ 漫画少年版『ジャングル大帝』豪華限定版発売!! Tezuka Osamu official内 2009年12月18日
  18. ^ リスト製作委員会編『アニメージュ アニメポケットデータ2000』徳間書店、2000年、p58.
  19. ^ 山口康男『日本のアニメ全史 世界を制した日本アニメの奇跡』テン・ブックス、2004年、p87。
  20. ^ 津堅信之『日本アニメーションの力 85年の歴史を貫く2つの軸』NTT出版、2004年、p138.
  21. ^ 山本暎一『虫プロ興亡記 安仁明太の青春』新潮社、1989年、p185。
  22. ^ 米沢嘉博「ジャングル大帝 あらゆる様相を閉じ込めた大河ロマン」『手塚治虫マンガ論』河出書房新社、2007年、p110。
  23. ^ 山本暎一『虫プロ興亡記 安仁明太の青春』新潮社、1989年、p.156
  24. ^ 山本暎一『虫プロ興亡記 安仁明太の青春』新潮社、1989年、p.170
  25. ^ 富野由悠季『増補改訂版 だから僕は…』徳間書店アニメージュ文庫、1983年、pp.131-132
  26. ^ 山本暎一『虫プロ興亡記 安仁明太の青春』新潮社、1989年、p.198
  27. ^ 山本暎一『虫プロ興亡記 安仁明太の青春』新潮社、1989年、pp.156、211
  28. ^ 山本暎一『虫プロ興亡記 安仁明太の青春』新潮社、1989年、p173。
  29. ^ 秋山邦晴「日本映画音楽史を形作る人々50 アニメーション映画の系譜11 手塚治虫と虫プロの足跡」『キネマ旬報』1976年11月下旬号(『手塚治虫劇場 手塚アニメーションフィルモグラフィー』手塚プロダクション、1991年第2版、p.29)
  30. ^ 山口康男『日本のアニメ全史―世界を制した日本アニメの奇跡』(テンブックス、2004年、ISBN 4886960111)88頁。
  31. ^ 衛藤 邦夫(コロムビアME 担当ディレクター). “LPファクトリー / コラム 第16回:1965年の弘田三枝子を検証する”. コロムビア LPファクトリー. 日本コロムビア. 2008年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月29日閲覧。
  32. ^ 山本暎一『虫プロ興亡記 安仁明太の青春』新潮社、1989年、p207。
  33. ^ フレッド・ラッド、ハーヴィー・デネロフ著、久美薫訳『アニメが「ANIME」になるまで 鉄腕アトム、アメリカを行く』NTT出版、2010年、p.70
  34. ^ 山本暎一『虫プロ興亡記 安仁明太の青春』新潮社、1989年、p.153
  35. ^ 草薙聡志『アメリカで日本のアニメは、どう見られてきたか?』徳間書店、2003年、pp.68-69
  36. ^ a b 河北新報』1965年10月6日 - 1967年3月29日付朝刊、テレビ欄。
  37. ^ a b c 福島民報』1965年10月6日 - 1967年3月29日付朝刊、テレビ欄。
  38. ^ a b 『北日本新聞』 1966年11月2日付朝刊テレビ欄。
  39. ^ 『福島民報』1965年10月13日 - 1967年3月29日付朝刊、テレビ欄。
  40. ^ 『福島民報』1965年10月5日付朝刊、テレビ欄。
  41. ^ 徳島新聞』1965年12月29日、7ページ、テレビ欄。
  42. ^ 『北海道新聞(マイクロフィルム版)』1965年(昭和40年)10月 - 1966年(昭和41年)3月 テレビ欄
  43. ^ 『北海道新聞(マイクロフィルム版)』1966年(昭和41年)4 - 9月 テレビ欄
  44. ^ 『河北新報』1965年10月15日 - 1967年3月29日付朝刊、テレビ欄。
  45. ^ 山本暎一『虫プロ興亡記 安仁明太の青春』新潮社、1989年、p.206
  46. ^ 『マーチャンダイジングライツレポート』1989年8月号
  47. ^ アニメディア 1990年10月号』 1990年、学研パブリッシング、テレビ局ネットワーク(91 - 93頁)。
  48. ^ 1989年10月22日、1990年10月14日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  49. ^ 富山新聞 1990年5月25日付および1991年6月21日付各テレビ欄より
  50. ^ 水木悦子、赤塚りえ子手塚るみ子『ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘』文藝春秋、2010年、p.200
  51. ^ 大高宏雄『日本映画への戦略』、希林館、2000年、p155.
  52. ^ 吉岡たかを「ジャングル大帝とライオン・キングの関係」『オタクになれないアニメ好きの本』キルタイムコミュニケーション、1997年。
  53. ^ 「1997年邦画作品配給収入」『キネマ旬報1998年平成10年)2月下旬号、キネマ旬報社、1998年、 168頁。
  54. ^ a b 「フジテレビ開局50周年」「手塚治虫生誕80周年」記念アニメ『ジャングル大帝』2009年夏放送決定!”. フジテレビ (2009年1月27日). 2009年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月11日閲覧。
  55. ^ “手塚治虫原作アニメ『ジャングル大帝』、韓国初の劇場公開決定”. 財経新聞 (財経新聞社). (2012年2月8日). https://www.zaikei.co.jp/article/20120208/94804.html 2013年8月11日閲覧。 
  56. ^ “鈴木おさむ氏オリジナル!ジャングル大帝20年ぶり復活”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2009年1月27日). オリジナルの2009年1月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090129183502/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090127-OHT1T00010.htm 
  57. ^ “松嶋菜々子、子供気に入る…「ジャングル大帝」試写会”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2009年8月28日). オリジナルの2009年8月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090829224206/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090828-OHT1T00010.htm 
  58. ^ “時任&松嶋:ジャングル大帝で声優デビュー(まんたんウェブ)”. 毎日jp (毎日新聞社). (2009年8月28日). オリジナルの2009年9月7日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2009-0907-1245-12/mainichi.jp/enta/mantan/news/20090828spn00m200018000c.html 
  59. ^ “岡田ジャパン、サポーターも見放した?オランダ戦視聴率↓”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2009年9月7日). オリジナルの2009年9月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090910122849/http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20090907042.html 
  60. ^ サイエンスアート社プラネタリウム番組ライブラリー ジャングル大帝レオ ~空を染める謎の星~ [サイエンスアート社公式サイト]内
  61. ^ 『京都新聞』 2003年5月8日記事[リンク切れ]
  62. ^ フレデリック・L・ショット『ニッポンマンガ論 日本マンガにはまったアメリカ人の熱血マンガ論』マール社、1998年、p233。
  63. ^ 日経BP社技術研究部編「第二章 ビジネスの環境が変わる 三.限定的な海外市場への展開 ●米国ではマニアのためにANIME」『アニメ・ビジネスが変わる―アニメとキャラクター・ビジネスの真実』日経BP社、1999年6月17日、ISBN 4-8222-2550-X、71頁。
  64. ^ 手塚眞『天才の息子 ベレー帽をとった手塚治虫』ソニーマガジンズ、2003年、pp203-206
  65. ^ 有馬哲夫『ディズニーとは何か』NTT出版、2001年、pp239-256.
  66. ^ ローランド・ケルツ『ジャパメリカ 日本発ポップカルチャー革命』ランダムハウス講談社、2007年、pp69-70.
  67. ^ 岡島正晃、あさのまさひこ、中島紳介『ボトムズ・アライヴ』太田出版、2000年、p237。
  68. ^ 渡辺繁「『ジャングル大帝』が『ライオン・キング』成功の鍵」『アニメへの変容 原作とアニメの微妙な関係』竹内オサム、小山昌幸編著、現代書館、2006年
  69. ^ 「『ライオン・キング』の独自性 漫画家ら疑問呈す 映画配給会社にメッセージ送付」『朝日新聞』1994年8月20日付夕刊
  70. ^ 「里中満智子さんら488人、ディズニー側へ抗議文」『読売新聞』1994年8月21日付
  71. ^ 一億人の手塚治虫編集委員会『一億人の手塚治虫』JICC出版局、1989年、p379.
  72. ^ Earth Dreaming~ガラスの地球を救え~ ABCラジオ 2003年2月15日
  73. ^ 幻のソフト研究所(「たった一人のファミコン少年」内)
  74. ^ 手塚眞『天才の息子 ベレー帽をとった手塚治虫』ソニーマガジンズ、2003年、p191.





固有名詞の分類

映画作品 スタンド・イン/続黒砲事件  インターセプター  ジャングル大帝  おいしい生活  ハンナ・セネシュ
OVA ドラゴンボールZ外伝 サイヤ人絶滅計画  お天気お姉さん  ジャングル大帝  Wind -a breath of heart-  ねこぢる草
テレビ東京系アニメ ふぉうちゅんドッグす  ダンボール戦機  ジャングル大帝  プラトニックチェーン  宇宙大帝ゴッドシグマ
フジテレビ系アニメ 逆転イッパツマン  あかねちゃん  ジャングル大帝  ミッドナイトホラースクール  荒野の少年イサム
アニメ作品 し Steins;Gate  新ビックリマン  ジャングル大帝  人工少女 〜変身セックスアンドロイド〜  ジョニー・ブラボー
2009年のテレビアニメ バトルスピリッツ 少年激覇ダン  DARKER THAN BLACK -流星の双子-  ジャングル大帝  真マジンガー 衝撃! Z編  よくわかる現代魔法
1989年のテレビアニメ たいむとらぶるトンデケマン!  新ビックリマン  ジャングル大帝  ドラゴンボールZ  チップとデールの大作戦
1965年のテレビアニメ ハッスルパンチ  ジャングル大帝  宇宙パトロールホッパ  スーパージェッター  戦え!オスパー
日本の漫画作品一覧 ノイローゼ・ダンシング  カグツチ  ジャングル大帝  バイトでウィザード  よいこ
漫画作品 し 純愛ステーション  じゃじゃ馬グルーミン★UP!  ジャングル大帝  上京アフロ田中  ジャンボーX
手塚治虫の作品 ガムガムパンチ  I.L  ジャングル大帝  アポロの歌  熟れた星

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジャングル大帝」の関連用語

ジャングル大帝のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ジャングル大帝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジャングル大帝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS