ドクタースランプとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ドクタースランプの意味・解説 

ドクタースランプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/04 03:59 UTC 版)

ドクタースランプ』(Dr.SLUMP)は、 鳥山明の漫画『Dr.スランプ』を原作としている東映アニメーション制作の テレビアニメ作品および集英社月刊誌Vジャンプ』にて、1997年12月号から2000年7月号まで連載されていた漫画作品である。


  1. ^ a b 1998年10月の商号変更に伴い第62話より変更。
  2. ^ 1話・2話は、小山高生が担当
  3. ^ a b c ドクタースランプ 公式サイト 1998年1月19日時点
  4. ^ a b c SLUMP THE BOX 90's」公式サイト>公式サイト 作品解説より
  5. ^ DVDBOX付属の ブックレット 川田妙子、屋良有作のインタビュー
  6. ^ メガネブタ、モラス、パーザン、ブビビンマン、オートバイ小僧、チャーミー山田など
  7. ^ a b c d e f g h i j 公式サイト スタッフより
  8. ^ 23話まで表記。24話以降はノークレジット。
  9. ^ SLUMP THE BOX 90's」付属ブックレット
  10. ^ 週刊少年ジャンプ 特別編集 ドクタースランプ ほよよSPECIAL 144項
  11. ^ 川田妙子、屋良有作、石橋千恵、皆口裕子、島田敏。
  12. ^ Aパートの一部もアニメオリジナル
  13. ^ ペンザラシの回は原作にもあるが、原作とは異なる内容となっている
  14. ^ キッズステーション版では未放送。
  15. ^ 2007年 - 2008年放送時はCS放送
  16. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)586頁
  17. ^ 1話・2話は小山高生が担当。
  18. ^ 著作権教育小委員会(第1回)議事要旨 資料4 著作権に関する普及啓発事業の概要について文部科学省、2002年6月24日。PDF版リンク
  19. ^ ピースケは絵画、あかねは自作の歌、アラレは人形を作っていた。
  20. ^ いつもアラレが暴れまわっていてパーツが痛んで修理が大変だから。このとき彼はコピー君の電池を長寿命のリチウム電池に交換することも話した。
  21. ^ このとき彼らは大根売りのアルバイトをしていた。
  22. ^ 彼らはコピー品で儲けようとしていた。なお、防犯カメラが感知し警備室にいたガラとパゴスにパトカーで追いかけられたが、爆弾を投下して振り切った。
  23. ^ この時おとぎマシーンは、「それはそんなに悪いことなのか?」と尋ねると、千兵衛は「もちろんだ!著作権侵害窃盗と同じことなんだ!」と返している。
  24. ^ 千兵衛はこのときニコチャン大王から爆弾を投げつけられるも、ガッちゃんのおかげで難を逃れた。この時アラレはんちゃ砲で撃墜しようとしたが、千兵衛に本物の作品も入っているかもしれないとの理由でコピー君でアラレのコピーをたくさん作り、トーテムポールを作る形で落下させた。なお、宇宙船から逃亡しようとした瞬間、ガッちゃんの光線でダウンした。
  25. ^ タイトルは、「遥かなりわが星への道」だった。



Dr.スランプ

(ドクタースランプ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/25 04:15 UTC 版)

Dr.スランプ』(ドクタースランプ、Dr.SLUMP)は、鳥山明による日本漫画作品。


注釈

  1. ^ 其之八十一から八十三まで。
  2. ^ アニメ『ドラゴンボール』第55話から第57話まで。
  3. ^ 第43話でもアラレが1シーンだけ登場した。
  4. ^ 第1作で千兵衛を担当した内海賢二は故人。
  5. ^ Dr.マシリトの声優は第1作 - 劇場版第9作の間で4回変更されているが、最も長い期間を担当し、『Dr.マシリト アバレちゃん』のDr.マシリトJrも演じた野沢那智は故人。
  6. ^ 第1作で担当した中野聖子は声優を引退。劇場版第6作 - 第9作では鉄砲塚葉子、第2作では石橋千恵が担当していた。
  7. ^ アラレがウンチと名付けた子犬の両親。
  8. ^ マシリトJr.の家族やタロウが書いた本について。「ABALEちゃんの舞台はDr.スランプ最終回から1年後くらい」という発言。

出典

  1. ^ アニメ高世帯視聴率番組 - 1977年9月26日以降に放送された番組(関東地区)ビデオリサーチ
  2. ^ 『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』飛鳥新社、1994年、293 - 294頁。
  3. ^ a b 「集英社、コミック単行本『Dr.スランプ』絶好調 - 第6巻初版220万部、業界新」『日経産業新聞』1981年12月21日、4面。
  4. ^ Dr.スランプ アラレちゃん』フジテレビ。
  5. ^ 「ペンギン村SOSの巻 Part1」『Dr.スランプ』第4巻、集英社、1981年。
  6. ^ 「ヤクザ屋さんいらっしゃい!の巻」『Dr.スランプ』第12巻、集英社、1983年。
  7. ^ アニメ第1作・第31話「アラレタッチャブル」。
  8. ^ 「ペンギングランプリの巻 Part1」『Dr.スランプ』第8巻、集英社、1982年。
  9. ^ 「いたいでーX(クリス)マス!の巻」『Dr.スランプ』第12巻、集英社、1983年。
  10. ^ 「あこがれのレストラン!!の巻」『Dr.スランプ』第15巻、集英社、1984年。
  11. ^ a b c 「都会島からの転校生の巻」『Dr.スランプ』第5巻、集英社、1981年。
  12. ^ 「哀愁のほよよデートスペシャル!!の巻」『Dr.スランプ』第4巻、集英社、1981年。
  13. ^ a b 「天使たちの笑いの巻」『Dr.スランプ』第17巻、集英社、1985年。
  14. ^ a b 「摘さん一家がやってきた」『Dr.スランプ』第10巻、集英社、1983年。
  15. ^ 「おとうさんは宇宙人!の巻」『Dr.スランプ』第15巻、集英社、1984年。
  16. ^ a b 「猛烈シェイプアップ!の巻」『Dr.スランプ』第14巻、集英社、1984年。
  17. ^ 「やた!ペンザラシくんの巻」『Dr.スランプ』第12巻、集英社、1983年。
  18. ^ 「駆けずりまわる青春の巻 Part1」『Dr.スランプ』第17巻、集英社、1985年。
  19. ^ a b 「んちゃ!ペンザラシくんの巻」『Dr.スランプ』第12巻、集英社、1983年。
  20. ^ a b 「Dr.マシリトの野望!!の巻 Part2」『Dr.スランプ』第6巻、集英社、1981年。
  21. ^ 「直進!ターボくんの巻」『Dr.スランプ』第15巻、集英社、1984年。
  22. ^ 鳥山明「トリさのつぶやき - ペンギン村、誕生の秘密」『ペンギン月報7』(Dr.スランプ完全版8巻初版用付録)、集英社、2007年。
  23. ^ 「合格!の巻」『Dr.スランプ』第18巻、集英社、1985年。
  24. ^ 「スーパーセンちゃんたち IN 大都会島の巻 Part1」『Dr.スランプ』第1巻、集英社、1981年。
  25. ^ 「大高校野球(ベースボール)大会〈その1〉の巻」『Dr.スランプ』第15巻、集英社、1984年。
  26. ^ 「じいちゃんが山からやってきたの巻」『Dr.スランプ』第11巻、集英社、1983年。
  27. ^ 「じいちゃんが山へかえっていったの巻」『Dr.スランプ』第11巻、集英社、1983年。
  28. ^ 「ギャースカ大魔王の巻」『Dr.スランプ』第3巻、集英社、1980年。
  29. ^ 「ハロー不思議島!の巻」『Dr.スランプ』第3巻、集英社、1980年。
  30. ^ 「とつげきアラレちゃんの巻 Part2」『Dr.スランプ』第2巻、集英社、1980年。
  31. ^ 「クレイジー・ハネムーンの巻 Part4」『Dr.スランプ』第9巻、集英社、1982年。
  32. ^ 「んちゃ!10年後のペンギン村の巻」『Dr.スランプ』第16巻、集英社、1985年。
  33. ^ 「駆けずりまわる青春の巻 Part6」『Dr.スランプ』第17巻、集英社、1985年。
  34. ^ 「ガッちゃんの正体!!の巻」『Dr.スランプ』第17巻、集英社、1985年。
  35. ^ 「宇宙捕物帳の巻 Part1」『Dr.スランプ』第11巻、集英社、1983年。
  36. ^ 「クレイジー・ハネムーンの巻 Part1」『Dr.スランプ』第9巻、集英社、1982年。
  37. ^ 鳥山明「Dr.スランプパーフェクトクイズ(株)皇帝ペンギン社入社試験」『Dr.スランプ』第7巻、集英社、1982年、180頁。
  38. ^ 「わたしってむちゃんこつおい!?の巻」『Dr.スランプ』第7巻、集英社、1982年。
  39. ^ 「なんでもきいてちょ!ペンギン村Q&A」『少年ジャンプ特別編集 Dr.スランプSpecial』集英社、1981年9月30日、58頁。
  40. ^ 「ハロー!お月さまの巻」『Dr.スランプ』第11巻、集英社、1983年。
  41. ^ 「地球SOS!の巻 Part1」『Dr.スランプ』第3巻、集英社、1980年。
  42. ^ 「ニコチャン一家(ファミリー)再会!の巻」『Dr.スランプ』第12巻、集英社、1984年。
  43. ^ 「弟しょっぱまん参上!の巻」『Dr.スランプ』第14巻、集英社、1984年。
  44. ^ 「宇宙捕物帳の巻 Part2」『Dr.スランプ』第11巻、集英社、1983年。
  45. ^ 「ながれ星ねがい星の巻」『Dr.スランプ』第12巻、集英社、1984年。
  46. ^ 「さようならガッちゃん!!の巻」『Dr.スランプ』第5巻、集英社、1981年。
  47. ^ a b c 「んちゃ!閻魔大王の巻」『Dr.スランプ』第16巻、集英社、1985年。
  48. ^ 「真夜中にごめんくださいの巻」『Dr.スランプ』第15巻、集英社、1984年。
  49. ^ a b 「チビルくんのアルバイトの巻」『Dr.スランプ』第6巻、集英社、1981年。
  50. ^ 「モンスターズ・ナイトの巻」『Dr.スランプ』第5巻、集英社、1981年。
  51. ^ 「離婚します!の巻」『Dr.スランプ』第16巻、集英社、1985年。
  52. ^ 「地獄の使者(メッセンジャー)の巻」『Dr.スランプ』第6巻、集英社、1981年。
  53. ^ 「とりやま放送局」第16巻、集英社、1985年
  54. ^ 「執念のダイエッ島…の巻」『ちょっとだけかえってきたDr.スランプ』第3巻、集英社、31頁。
  55. ^ 『アニメコミックス Dr.スランプ アラレちゃん ハロー!不思議島』集英社〈ジャンプ コミックス セレクション〉、1995年3月22日、151頁。ISBN 4-8342-1318-8
  56. ^ 「其之十四 未来からのSOS」『ドラゴンボール超』第2巻、集英社、2016年。
  57. ^ 鳥山明「トリさのつぶやき - またもやカバーキャラを語る」『ペンギン月報12』(Dr.スランプ完全版13巻初版用付録)、集英社、2007年。
  58. ^ 「T.S.W.(タイム・ストップ・ウォッチ)の巻」『Dr.スランプ』第17巻、集英社、1985年。
  59. ^ 鳥山明「トリさのつぶやき - 最終回」『ペンギン月報14』(Dr.スランプ完全版15巻初版用付録)、集英社、2007年。
  60. ^ a b c d e 「アラレちゃんほよよリサーチ2007」『月刊少年ジャンプ』2007年4月号、集英社、2007年、190 - 191頁。
  61. ^ 「真夜中にごめんください」『Dr.スランプ』第15巻、集英社、1984年。
  62. ^ 週刊少年ジャンプ特別編集「鳥山明大図鑑 PART2 メカニック番外編」『鳥山明THE WORLDアニメスペシャル』集英社、1990年10月10日、雑誌29939-10/10、173頁。
  63. ^ 「直進!ターボくん」『Dr.スランプ』第15巻、集英社、1984年。
  64. ^ アニメ第1作187話「みたか!超人スッパマン」
  65. ^ 「怪獣博士」『Dr.スランプ』第1巻、集英社、1981年。
  66. ^ 『Dr.スランプ』第15巻、集英社、1984年、62頁。
  67. ^ 243話+SP2話+総集編
  68. ^ 74話+SP1話
  69. ^ さくまあきらアワー ~帰ってきたジャンプ放送局~ニコニコ生放送、2010年8月30日。
  70. ^ ULTRAMAN×Dr.SLUMP”. ウルトラマンSHOP. 2009年12月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年8月14日閲覧。
  71. ^ ウルトラマン×Dr.スランプ!!!!」円谷ステーション、2009年6月16日。
  72. ^ ウルトラマン風デザインの『スーパーカブ』公開」ORICON STYLE、2009年6月25日。
  73. ^ 『誌外戦』創出版、1993年、286頁。ISBN 4924718084
  74. ^ 鳥山明「鳥山先生に聞いてみたっ!Dr.スランプのすべて!?物語編」『ペンギン月報2』(Dr.スランプ完全版3巻初版用付録)、集英社、2006年。
  75. ^ ドクター・スランプ2007特別編 Dr.MASHIRITO ABALEちゃん”. 月刊少年ジャンプ. 2010年2月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年8月14日閲覧。
  76. ^ a b 「劇場版Dr.SLUMP Dr.マシリト アバレちゃん声優大集合」『月刊少年ジャンプ』2007年4月号 集英社、2007年、174頁。
  77. ^ 「アラレちゃんほよよリサーチ2007」『月刊少年ジャンプ』2007年4月号 集英社、2007年、190 - 191頁。
  78. ^ 「After the Period of DRAGON BALL」『30th ANNIVERSARY ドラゴンボール超史集 -SUPER HISTORY BOOK-』集英社、2016年1月21日、77頁。
  79. ^ 商品情報 - ドクタースランプDVD-BOX SLUMP THE BOX MOVIES」東映アニメーション。
  80. ^ Dr.スランプの世界 - ドクタースランプDVD-BOX SLUMP THE BOX MOVIES」東映アニメーション。
  81. ^ 「2007年 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」『キネマ旬報2008年平成20年)2月下旬号、キネマ旬報社、2008年、 164頁。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ドクタースランプ」の関連用語

ドクタースランプのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ドクタースランプのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドクタースランプ (改訂履歴)、Dr.スランプ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS