銀河パトロール_ジャコとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 銀河パトロール_ジャコの意味・解説 

銀河パトロール ジャコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/12 09:26 UTC 版)

銀河パトロール ジャコ』(ギンガパトロール ジャコ)は、鳥山明による日本漫画作品。




注釈

  1. ^ これは本作から数十年後の設定である『ドラゴンボールZ 復活の「F」』でも変わっておらず、作中でも本人は「まだ若いので死にたくない」と語っている。
  2. ^ ただし、漫画版『ドラゴンボール超』では主に銀河パトロールの同僚に対して「オレ」になる場合がある。
  3. ^ 銀河王がジャコに、地球へ向かうサイヤ人の子供を退治するよう頼んだときも、他の隊員は「たいして重要じゃない星だ。銀河王さまもダメ元で任命されたんだろう」と喋っている。ジャコの宇宙船はかなり古いタイプなので、重力装置のライセンス契約料をどうすればいいかブリーフ博士から聞かれて本部に聞いたときも、タダでいいという返事が返ってきた。
  4. ^ アニメ映画『ドラゴンボールZ 復活の「F」』およびテレビアニメ『ドラゴンボール超』ではいずれも孫悟天からそのことを指摘されている。
  5. ^ ジャコの隊員ナンバーは34。
  6. ^ ただしサイヤ人には通用しない。

出典

  1. ^ a b “鳥山明氏、13年ぶり新連載決定 タイトルは『銀河パトロール ジャコ』”. オリコンスタイル. (2013年7月1日). http://www.oricon.co.jp/news/ranking/2023773/full/ 2013年7月1日閲覧。 
  2. ^ a b “鳥山明 : 13年ぶりの新連載「銀河パトロール ジャコ」 13日発売のジャンプでスタート”. まんたんウェブ. (2013年7月1日). http://mantan-web.jp/2013/07/01/20130630dog00m200030000c.html?utm_medium=twitter&utm_source=twitterfeed 2013年7月1日閲覧。 
  3. ^ 瓶子吉久編「2013 NO.33 CONTENTS」『週刊少年ジャンプ 2013年33号』集英社、2013年7月13日発売、雑誌29935-7/29、480頁。
  4. ^ a b Vジャンプ編集部編「After the Period of DRAGON BALL 2013 JAKO THE GALACTIC PATROLMAN 鳥山先生コメント」『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』集英社、平成28年(2016年)1月26日、ISBN 978-4-08-792505-0、81頁。
  5. ^ a b c d e f g 「寺P『ジャコ』のすべてを探る!!」『Vジャンプ』2013年12月号、集英社、453-457頁。
  6. ^ MEN'S NON-NO』2014年1月号、集英社、187頁。
  7. ^ 『桂正和×鳥山明共作短編集 カツラアキラ』集英社〈ヤングジャンプ・コミックス〉、192-194頁。
  8. ^ a b c d 最強ジャンプ』2014年3月号ふろくコミック『ドラゴンボール エピソード オブ バーダック』の鳥山明一問一答から(これらは漫画では描かれていない)。
  9. ^ 『キャラクター&パワーアップ大図鑑」『ドラゴンボール超 ブロリー 通常パンフレット』東映、2018年12月14日、14頁。
  10. ^ 小説『ドラゴンボール超 ブロリー』集英社(ジャンプ ジェイ ブックス)、2018年12月14日、ISBN 978-4-08-703468-4、48頁。
  11. ^ 「ドラゴンボール超 其之四十三 銀河パトロール入隊!」『Vジャンプ』2019年2月特大号、集英社、63頁。


「銀河パトロール ジャコ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「銀河パトロール_ジャコ」の関連用語

銀河パトロール_ジャコのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



銀河パトロール_ジャコのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの銀河パトロール ジャコ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS