エピローグとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > ローグ > エピローグの意味・解説 

エピローグ【epilogue】

劇の最後に俳優観客に向かって述べる言葉納め口上(こうじょう)。⇔プロローグ

詩歌小説戯曲などで、結びの部分終章終曲また、物事結末。⇔プロローグ

音楽ソナタ形式で、第2主題に基づく小終結部。


エピローグ

作者折原一

収載図書ファンレター
出版社講談社
刊行年月1999.2
シリーズ名講談社文庫

収載図書愛読者ファンレター
出版社文藝春秋
刊行年月2007.11
シリーズ名文春文庫


エピローグ

作者シャーリー・ジャクスン

収載図書くじ
出版社早川書房
刊行年月2006.1
シリーズ名異色作家短篇集


エピローグ

作者伯方雪日

収載図書誰もわたしを倒せない
出版社東京創元社
刊行年月2006.10
シリーズ名創元推理文庫


エピローグ

作者吉津静音

収載図書幸せ感染症科幸せ感染する魔法
出版社文芸社
刊行年月2007.5


エピローグ

作者宮部みゆき

収載図書ドリームバスター 4
出版社徳間書店
刊行年月2007.5


エピローグ


エピローグ

作者松本俊明

収載図書hope
出版社ポプラ社
刊行年月2008.4


エピローグ―R、B、G・K・C&G・B・S永遠なるオリエント急行

作者レイ・ブラッドベリ

収載図書猫のパジャマ
出版社河出書房新社
刊行年月2008.1


エピローグ―色鉛筆専門店(リプライズ)

作者西山繭子

収載図書色鉛筆専門店
出版社アクセス・パブリッシング
刊行年月2007.7


エピローグ―旅日記から ルクソールの中国雑技団

作者V.S.ナイポール

収載図書自由の国で―V.S.ナイポール・コレクション 3
出版社草思社
刊行年月2007.12


エピローグ―古いシルクハットとの対話

作者アヴィグドル・ダガン

収載図書古いシルクハットから出た話
出版社成文社
刊行年月2008.1


エピローグ

作者ゆらひかる

収載図書We're Alone-ふたりだけ―RYOUMAシリーズ
出版社ビブロス
刊行年月2000.4
シリーズ名ビーボーイノベルズ


エピローグ

作者アンナ・ガヴァルダ

収載図書泣きたい気分
出版社新潮社
刊行年月2001.7

収載図書泣きたい気分
出版社新潮社
刊行年月2005.3
シリーズ名新潮文庫


エピローグ

作者宮下穂高

収載図書小組曲
出版社文芸社
刊行年月2003.4


エピローグ

作者飛鷹照和

収載図書青い海と空の物語地球人学校in慶良間
出版社遊戯
刊行年月2004.9


エピローグ

作者藤本隆志

収載図書かちゃん
出版社新風舎
刊行年月2004.12


エピローグ

作者佐川光晴

収載図書家族芝居
出版社文藝春秋
刊行年月2005.2


エピローグ

作者黒崎視音

収載図書六機の特殊―警視庁特殊部隊
出版社徳間書店
刊行年月2005.4
シリーズ名徳間文庫


エピローグ

作者田口仙年堂

収載図書コッペとBB団 その1
出版社エンターブレイン
刊行年月2005.8
シリーズ名ファミ通文庫


エピローグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/03 07:40 UTC 版)

エピローグ(英語:epilogue)は、通常文学作品や映画、ドラマなどにおいて物語を完結させるために、物語中の視点から描かれた結末の部分のことである[1]。物語の後に著者自身の言葉として書かれた文章は、エピローグとは別にあとがきと呼ばれている。対義語はプロローグであり、文学作品や映画、ドラマの冒頭の部分では、物語のオープニングを描いて関心を引き付けるために用いられる[2]。エピローグの語源はギリシャ語のepilogos(語結、)である[3]


  1. ^ Literary Devices: Definition and Examples of Literary Terms: Epilogue”. Literary Devices Website. Literary Devices (2014年). 2014年7月19日閲覧。
  2. ^ Literary Devices: Definition and Examples of Literary Terms: Prologue”. Literary Devices Website. Literary Devices (2014年). 2014年7月19日閲覧。
  3. ^ エピローグ(エピローグ)とは - コトバンク”. 2015年5月27日閲覧。
  4. ^ プロローグ・エピローグ | 舞台・演劇用語 | シアターリーグ”. 2015年5月27日閲覧。
  5. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目版2015 最終閲覧日2015年5月27日


「エピローグ」の続きの解説一覧

エピローグ

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 20:38 UTC 版)

名詞

エピローグ

  1. 物語終結部。終章終曲物語本編その後の話が描かれることもある。
  2. 劇などの最後に行う出演者による観客への語りかけ。納め口上
  3. 音楽における小終結部。

語源

関連語




エピローグと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エピローグ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エピローグのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエピローグ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのエピローグ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS