序章とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > > 序章の意味・解説 

じょ‐しょう〔‐シヤウ〕【序章】

読み方:じょしょう

小説論文などの、本題に入る前に前置きとして置かれた文章最初の章。

物事の始まり。「その事件は長い紛争の―に過ぎなかった」


序章

作者三島由紀夫

収載図書三島由紀夫短篇全集
出版社新潮社
刊行年月1987.11


序章

作者ジェームズ・サーバー

収載図書犬物語
出版社白水社
刊行年月1992.4


序章―最終出口

作者渋沢正広

収載図書フーコー短編小説傑作選 7
出版社フーコー
刊行年月2001.4


序章―神父アドネ・ドニ


導入部

(序章 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/01 23:41 UTC 版)

導入部(どうにゅうぶ)は、本題・本編・本筋へ入る前の始まり部分をいう[1][2][3][4][5][6]。以下のように、分野ごとに異なる語意をもつ。「導入」ともいう[3][4][5]


  1. ^ a b 小学館『デジタル大辞泉』. “導入部”. コトバンク. 2020年6月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “導入部”. コトバンク. 2020年6月3日閲覧。
  3. ^ a b 小学館『デジタル大辞泉』. “導入”. コトバンク. 2020年6月3日閲覧。第2義。
  4. ^ a b 三省堂『大辞林』第3版. “導入”. コトバンク. 2020年6月3日閲覧。第2義。
  5. ^ a b 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “導入”. コトバンク. 2020年6月3日閲覧。第2義。
  6. ^ a b c d 小学館『プログレッシブ英和中辞典』第4版. “introduction”. コトバンク. 2020年6月3日閲覧。
  7. ^ a b 小学館『デジタル大辞泉』. “イントロダクション”. コトバンク. 2020年6月3日閲覧。
  8. ^ a b c 三省堂『大辞林』第3版. “イントロダクション”. コトバンク. 2020年6月3日閲覧。
  9. ^ a b c d 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “イントロダクション”. コトバンク. 2020年6月3日閲覧。
  10. ^ a b c ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス『音楽用語ダス』. “[introduction-813105 イントロダクション[introduction]]”. コトバンク. 2020年6月3日閲覧。
  11. ^ 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “イントロ”. コトバンク. 2020年6月3日閲覧。
  12. ^ introduction”. 英辞郎 on the WEB. アルク. 2020年6月3日閲覧。
  13. ^ introduction” (English). Online Etymology Dictionary. 2020年6月3日閲覧。
  14. ^ a b intro” (English). Online Etymology Dictionary. 2020年6月3日閲覧。


「導入部」の続きの解説一覧

序章(流行り神2)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 05:31 UTC 版)

流行り神 警視庁怪異事件ファイル」の記事における「序章(流行り神2)」の解説

四方を壁に囲まれ無機質な空間呼ばれた男は、自身ガラスごしに見下ろ上流階級人間達に、風海純也捜査した事件について語り聞かせる男の話に大い興味を示す彼らだったが、男がそこに呼ばれた理由別にあった。

※この「序章(流行り神2)」の解説は、「流行り神 警視庁怪異事件ファイル」の解説の一部です。
「序章(流行り神2)」を含む「流行り神 警視庁怪異事件ファイル」の記事については、「流行り神 警視庁怪異事件ファイル」の概要を参照ください。


序章(流行り神3)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 05:31 UTC 版)

流行り神 警視庁怪異事件ファイル」の記事における「序章(流行り神3)」の解説

純也目を覚ますと、辺りには救急車のサイレンの音が響き近くでは賀茂泉小暮自分呼んでいた。ふと脇腹を見ると、そこから大量の血が流れ出している。一体どうしてこうなってしまったのか、考えようしながら純也は再び深い眠り落ちてしまう。

※この「序章(流行り神3)」の解説は、「流行り神 警視庁怪異事件ファイル」の解説の一部です。
「序章(流行り神3)」を含む「流行り神 警視庁怪異事件ファイル」の記事については、「流行り神 警視庁怪異事件ファイル」の概要を参照ください。


序章(1話・3話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 01:01 UTC 版)

タイガーマスクW」の記事における「序章(1話3話)」の解説

ある日海外プロレス界にその名を轟かすメジャー組織GWM(グローバル・レスリング・モノポリー)」が国内の中堅団体「ジパングプロレス」の興行招聘され対抗戦開催。そのメーンイベント悲劇起こったGWMトップ悪役ヒール)「イエローデビル」が団体の代表レスラー藤井大助徹底的に痛めつけ再起不能にしたのだ。団体の長を失ったジパングプロレスからは次々と選手去り実質的に道場潰されてしまい、大助息子藤井タクマ」すらも消息を絶った唯一人練習場にはデビューしたてのレスラー「東ナオト」が取り残される呆然とするナオト前に初老の男高岡太郎」が現れ、いずこかへとナオト連れていく

※この「序章(1話・3話)」の解説は、「タイガーマスクW」の解説の一部です。
「序章(1話・3話)」を含む「タイガーマスクW」の記事については、「タイガーマスクW」の概要を参照ください。


序章(1巻)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 22:56 UTC 版)

ハイキュー!!」の記事における「序章(1巻)」の解説

中総体バレーボール競技宮城県予選1回戦ヶ丘中学北川第一中学試合対峙した日向影山惨敗した日向影山へのリベンジを誓う。

※この「序章(1巻)」の解説は、「ハイキュー!!」の解説の一部です。
「序章(1巻)」を含む「ハイキュー!!」の記事については、「ハイキュー!!」の概要を参照ください。


序章(デルパ! イルイル! / ダイ爆発!!!)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 00:52 UTC 版)

DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」の記事における「序章(デルパ! イルイル! / ダイ爆発!!!)」の解説

魔王ハドラー率い魔王軍勇者率い勇者パーティ戦いは、勇者パーティ勝利終わり魔王配下であったモンスター魔王支配から解き放たれ世界に平和が訪れた。 それから十数年後。多数モンスターが住む怪物の島・デルムリン島赤子時に漂着し鬼面道士ブラス育てられた少年ダイは、島唯一の人間として、ゴールデンメタルスライムのゴメちゃんを始めとする友達モンスターたちと共に平和に暮らしつつも、勇者になることを夢見ていた。そんな中でも何度か冒険騒動もあり、その過程ダイパプニカ王国王女レオナ知り合う

※この「序章(デルパ! イルイル! / ダイ爆発!!!)」の解説は、「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」の解説の一部です。
「序章(デルパ! イルイル! / ダイ爆発!!!)」を含む「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」の記事については、「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」の概要を参照ください。


序章(マハティ編)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 17:13 UTC 版)

花咲ける青少年」の記事における「序章(マハティ編)」の解説

1939年ニューヨーク万国博覧会と同時に開催され植民地会議出席するために訪米中ラギネイ王国皇太子マハティは、現地クラブ歌手キャスリーン出会い互いに惹かれ合うマハティキャスリーンに「必ず迎えに来る」と約束してアメリカを去るが、キャスリーンマハティ立場思い姿を消したその後彼女は男児出産産まれた子供はハリー・バーンズワースと名付けられた。

※この「序章(マハティ編)」の解説は、「花咲ける青少年」の解説の一部です。
「序章(マハティ編)」を含む「花咲ける青少年」の記事については、「花咲ける青少年」の概要を参照ください。


序章(戦闘まで)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/29 09:36 UTC 版)

アケロオスの戦い」の記事における「序章(戦闘まで)」の解説

両者ともこの戦争決定的に終結させるべく用意周到に準備をしていた。東ローマ女帝ゾエアラブ人との紛争早急に終結させ東方軍団をこの紛争参加させるよう求め、また東ローマ帝国北方その他の部族(ペチェネグ人マジャール人など)と同盟を結びブルガリアに対して有利に動こうとした。しかしブルガリア首長シメオン1世は、東ローマ帝国外交政策熟知しており、ペチェネグ人マジャール人先回りして交渉することで、一連の東ローマ側の同盟交渉失敗させ、東ローマ帝国単独でブルガリア戦わざるを得なくなった。

※この「序章(戦闘まで)」の解説は、「アケロオスの戦い」の解説の一部です。
「序章(戦闘まで)」を含む「アケロオスの戦い」の記事については、「アケロオスの戦い」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「序章」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

序章

出典:『Wiktionary』 (2021/12/07 15:31 UTC 版)

この単語漢字
じょ
第五学年
しょう
第三学年
呉音 音読み

発音

名詞

(じょしょう)

  1. (文学) 小説論文などの本題入る前に置かれた章。

「序章」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



序章と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「序章」の関連用語

序章のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



序章のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの導入部 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの流行り神 警視庁怪異事件ファイル (改訂履歴)、タイガーマスクW (改訂履歴)、ハイキュー!! (改訂履歴)、DRAGON QUEST -ダイの大冒険- (改訂履歴)、花咲ける青少年 (改訂履歴)、アケロオスの戦い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの序章 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS