ドラゴンボールZ_銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ドラゴンボールZ_銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴の意味・解説 

ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/14 02:50 UTC 版)

ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴』(ドラゴンボールゼット ぎんがギリギリ ぶっちぎりのすごいやつ)は、1993年7月10日に公開された「ドラゴンボール」シリーズの劇場公開作第12弾である。監督は上田芳裕。




注釈

  1. ^ a b c d e 劇場版本編ではボージャック一味は銀河戦士(実はサタンの弟子)とすり替わっていた。ゴクアの「只の銀河戦士じゃ不足か!?」という台詞があるのみで、劇場版ではボージャック、ザンギャなどが銀河戦士だと明言はされていない。また、劇場版には「ヘラー一族」という設定、単語も出てこない。その後、1993年12月17日発売のゲーム『ドラゴンボールZ 超武闘伝2』ではザンギャが「銀河戦士ザンギャ」と名乗り、「銀河戦士はヘラー一族の生き残り」という新設定が登場する。『超武闘伝2』の攻略本Vジャンプブックスのザンギャの項目では「かつて銀河を荒らしまわったヘラー一族の生き残り。それが“銀河軍団”の女戦士ザンギャ[3]」、ボージャックの項目では「かつて東西南北の銀河を荒らした軍団、銀河戦士一味。そのリーダー格が、この男ボージャック[3]」と記載されている。
  2. ^ 戦闘描写は無い。
  3. ^ 劇場版公式サイト 劇場版ドラゴンボールヒストリー マル秘ノートではギョーサン・マネーは八奈見乗児とあるが、実際には龍田直樹が担当している[8]

出典

  1. ^ 1993年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 渡辺彰則編「DBZ THE MOVIE BATTLE STORIES」『ドラゴンボール大全集6巻』集英社、1995年12月9日、ISBN 4-08-782756-9、114頁。
  3. ^ a b c d e 「爆烈戦士キャラクターデータ」『Vジャンプブックス ゲームシリーズ ドラゴンボールZ 超武闘伝2』集英社、1994年1月、雑誌67301-6、40頁、44頁。
  4. ^ a b 渡辺彰則編「'93memorial」『ドラゴンボール大全集6巻』集英社、1995年12月9日、ISBN 4-08-782756-9、122-123頁。
  5. ^ Vジャンプ編集部編「『DRAGON BALL』ANIMATION INTERVIEW 山室直儀」『30th Anniversary ドラゴンボール超史集』集英社、平成28年(2016年)1月26日、ISBN 978-4-08-792505-0、140頁。
  6. ^ 吉倉英雄編「あのころのDB 『ドラゴンボールZ』キャラクターデザイン山室直儀インタビュー」『DRAGON BALL アニメイラスト集 金色の戦士』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2009年4月16日、ISBN 978-4-8342-8413-3、50頁。
  7. ^ a b c 渡辺彰則編 「ANIMATION'S GLEANINGS DBアニメの舞台裏 Planning PART2・TVスペシャル&劇場版編」『ドラゴンボール大全集 補巻』集英社、1996年8月18日、ISBN 4-08-102019-1、68頁。
  8. ^ a b c d 劇場版ドラゴンボール ヒストリー」東映アニメーション。


「ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ドラゴンボールZ_銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴」の関連用語

ドラゴンボールZ_銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ドラゴンボールZ_銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS