パンダの大冒険とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > パンダの大冒険の意味・解説 

パンダの大冒険

原題:
製作国:日本
製作年:1973
配給:東映
スタッフ
監督:芹川有吾 セリカワユウゴ
製作:登石雋一 
脚本:山浦弘靖 ヤマウラヒロヤス
企画:横山賢二 ヨコヤマケンジ
作画監督:高橋信也 タカハシシンヤ
音楽:小杉太一郎 コスギタイチロウ
美術:福本智雄 フクモトトモオ
キャスト(役名
太田淑子 オオタヨシコ (ロンロン
平井道子 ヒライミチコ (フィフィ
増山江威子 マスヤマエイコ (女王
山本圭子 ヤマモトケイコ (ピンチ
野村道子 ノムラミチコ (トンチ
八奈見乗児 ヤナミジョウジ (長老
富田耕生 トミタコウセイ (デモン
大竹宏 オオタケヒロシ (ポン太
解説
東映動画二十三本目の作品。くま王国王子として生まれパンダが、厳し自然の中で立派なパンダ成長する物語を、詩情あふれる原野舞台に描く。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
ある暖かい春の日、くまたちの王国王子さま生まれました。女王さまは王子さまロンロンという名前をつけました。ところが、このロンロン、こうの鳥がどこでどう間違えたのか、パンダ赤ちゃんだったのです。子ぐまピンチトンチは、おかしくて思わず笑ってしまいます。くま王国王位を狙っている大ぐまのデモンにとって、王子誕生面白くありません。邪魔者がまた一人増えたからです。ロンロンすくすく大きくなりましたが、気が弱くて、失敗ばかりしています。そこで、女王さまは、強い子になるようにと、ロンロンを旅に出しました。ロンロンの身を心配して追ってきたピンチ一緒に旅をつづけます。そしてまたデモン腹心タヌキポン太ロンロン殺ししまうため後を追って来ました。ある町近くに来たとき、ロンロンピンチ人間のつくった罠につかまり、サーカスに売られてしまいました。一座花形パンダ少女フィフィ弱虫ロンロン笑って馬鹿にするのでした。それから、ロンロンの猛くんれん始まりました。象や、虎や、や、スカンク仲間たちとも友だちになりました。ロンロンは、だんだん強い子になっていきました。ある夜ポン太ロンロンを殺そうとして、サーカステントに火をつけました。逃げ遅れたフィフィや虎たちは、火事の中へ飛びこんだロンロン勇気でみんな救い出されました。ロンロンは皆をくまの国の隣りにある美しい緑のに連れて行きました。ところが、そこヘピンチが悲しい知らせを持って来ました。デモン手下のくまたちが、女王牢屋に閉じこめてしまったというのです。ロンロンたちは、くまの国に攻め入って悪いデモン一味闘うことにしました。デモン一味は、道という道をふさいで迎え撃ちます。ロンロン誰も守っていない大滝を登って仲間たちみちびきデモン一味を国から追い払ったのでした。

パンダの大冒険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/23 14:52 UTC 版)

パンダの大冒険』(パンダのだいぼうけん 英文:Panda's Adventures)は、1973年3月17日封切の『東映まんがまつり』内で公開された、東映動画制作の劇場用アニメ映画である。フジカラー、ワイド、50分。




  1. ^ 1972年12月26日まで。この事については
  2. ^ しかし鼻に入りクシャミして自分が襲われるというオチ。
  3. ^ しかしジャンボとモン次郎にも屁が回ってダウンするオチ。
  4. ^ 当初7月28日に『宇宙戦艦ヤマト』(劇場版)・『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』・『海のトリトン』(再編集劇場版)で構成された「宇宙戦艦ヤマト フェスティバル」、8月4日より『銀河鉄道999』(劇場版)』をそれぞれ公開(いずれも全国公開)するため、この年の夏興行は中止の予定であったが、土壇場になって急遽編成された。


「パンダの大冒険」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パンダの大冒険」の関連用語

パンダの大冒険のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パンダの大冒険のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパンダの大冒険 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS