銀河鉄道999_(アニメ)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 銀河鉄道999_(アニメ)の意味・解説 

銀河鉄道999 (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/19 21:51 UTC 版)

本項では、松本零士作のSF漫画銀河鉄道999』(ぎんがてつどうスリーナイン)を原作とした、各種アニメ作品について解説する。




注釈

  1. ^ a b c 当初は最終回である113話の翌々週に放送予定だったがプロ野球ナイター中継のため放送休止となり[1]、実際に総集編が放送されたのは1982年の第1回再放送終了後であった[2]。またこの総集編はフジテレビの都合で制作されたため権利元の東映は正式な話数に含めずあくまで全113話としており(東映以外のムックなどでは第114話と表記されることもあった)、長らくソフト化もされなかったが、2003年発売のDVD-BOX6「無限への旅立ち」の特典映像として初ソフト化された。宝島社発行の『完全版 銀河鉄道999 PERFECT BOOK』(2006年)には、‘今まで一度もソフト化はなされていない’と記されていたが、同書の文庫化(2008年)に際して訂正された。
  2. ^ 例としては、原作では鉄郎が母の仇討ちのあとに機械化人たちへの憎しみから「地球の機械人間どもを皆殺しにしてやる」と発言しているが、テレビアニメではカットされている。このほか「17億6千5百万人のルンペン星」では、作中のゲストキャラクターが「人を殺してでも生き抜いて」といった台詞を口にしているが、74話で映像化した際にはこうした問題のある表現はカットされている。ただし、TV版「C62の反乱」では制圧した強盗に鉄郎が「死の恐怖に怯えているが良い」と過激なセリフをしゃべっている。
  3. ^ 「心優しき花の都」は原作では鉄郎の説得も虚しく悲劇的な結末になっているが、アニメでは全く正反対の結末になる。ただし、その過程で鉄郎が銃で官憲を脅迫するシーンが入る。
  4. ^ 具体例としては、「ミーくんの思い出の館」では動物虐待のシーンが追加され、「卑怯者の長老帝国」では敵役が泣きながら命乞いをしていても、鉄道管理局の武装列車は構わずに惑星上を無差別攻撃した挙句に惑星を破壊し(原作でも惑星が破壊されたが、999号が出発した直後に惑星が爆発する表現になっている)、「沈黙の聖地」ではアドルフ・ヒトラーのイラストとナチスのマークが登場し、「フライング・クロ」では飛行する機械化猫の大群を惑星の軍隊が毒ガスで虐殺している、など。
  5. ^ もっともこの当時はアニメの表現への意識がそれほど厳しくなく、未成年飲酒や未成年喫煙のシーンは珍しくなかった。
  6. ^ ただし、EDのクレジットでは、車掌と担当声優の肝付の名前はクレジットされている
  7. ^ 内山まさゆきの別名義
  8. ^ 1996年の『新世紀エヴァンゲリオン』のサウンドトラック『NEON GENESIS EVANGELION III』まで、その後17年間オリコンチャートで1位を獲得するアニメ関連のアルバムはなかった[31]
  9. ^ 現在は青春出版社から出版されている。
  10. ^ 漫画版の「時間城の海賊」のエピソードでは、劇場版のリューズに相当するキャラクター・レリューズがこの曲を惑星ヘビー・メルダーの酒場で歌っている(テレビ版で歌っているのは「想い出なみだ色」)。また、かおりくみこはテレビ版ではレリューズの「歌」だけでなく、声優として「声」も担当している。
  11. ^ DVDパッケージの説明や、公開当時に出版された各種書籍などで前作から2年後と記述されるが、劇中では明示されていない。
  12. ^ C62のキャブは、C58形以降の中・大型機で採用された密閉キャブだが、第1作、およびテレビ版では、C57以前の、背面開放型キャブで描かれてしまっていた。
  13. ^ ラーメタル到着時の駅構内でのアナウンスのほか、トチロー役としても声を担当している。

出典

  1. ^ 『読売新聞』1981年4月9日・10日
  2. ^ 『読売新聞』1982年4月5日
  3. ^ 東映ビデオ『銀河鉄道999』ブルーレイ紹介ページ
  4. ^ a b 藤津亮太「『銀河鉄道999』(映画版)」『20世紀アニメ大全』双葉社、2000年、pp.30-33
  5. ^ NHK衛星第2テレビジョンお宝TVデラックス』「宇宙へのロマン」(2007年10月13日放送)、西沢信孝インタビュー。
  6. ^ 赤星政尚、高橋和光、早川優「第8章 ボクらの欲望に火をつけたキャラクターグッズ大行進 90|時代の寵児『銀河鉄道999』もオモチャの販売では大苦戦!?」『懐かしのTVアニメ99の謎〈東映動画 編〉』二見書房、1995年1月25日、ISBN 4-576-94199-2、225-226頁。
  7. ^ ミス銀河鉄道999が決定 原作者も認定したメーテルは…”. 朝日新聞 (2008年11月13日). 2016年10月31日閲覧。
  8. ^ 「銀河鉄道999 あなたの選ぶ鉄郎」 webアーカイブのキャッシュ、2014年1月23日閲覧。
  9. ^ アメリカインディアンの歴史を下地にしたエピソード「水の星のシャイアン」など。
  10. ^ 第100話「ルーズゾーンの妖怪」など。
  11. ^ 『オリコン年鑑 1980年版』、44頁。
  12. ^ a b c d e f g h 短編集『四次元世界』収録
  13. ^ a b c d 短編集『帰らざる時の物語』収録
  14. ^ 「ロケハン紀行 山口路に999号を見た!」『Fantastic Album 銀河鉄道999 アニメ画集 PART.8 TVアニメ大特集』少年画報社、1980年
  15. ^ 『福島民報』1978年9月14日 - 1981年3月26日付朝刊、テレビ欄。
  16. ^ 『河北新報』1979年3月1日 - 1980年4月24日付朝刊、テレビ欄
  17. ^ 『福島民報』1978年10月22日 - 1981年6月21日付朝刊、テレビ欄。
  18. ^ 岡田茂『悔いなきわが映画人生 東映と、共に歩んだ50年』財界研究所、2001年、461頁。ISBN 4-87932-016-1
  19. ^ 50周年実行委員会/50周年事務局50年史編纂チーム他編「第3章 アニメビジネスの開花 「銀河鉄道999」と「宇宙戦艦ヤマト」劇場版」『東映アニメーション50年史 1956-2006 〜走りだす夢の先に〜』東映アニメーション、2006年8月1日、53頁。
  20. ^ a b スタジオ雄構成・編集『PLUS MADHOUSE 04 りんたろう』キネマ旬報社、2009年、p.69
  21. ^ りんたろうインタビュー、小出正志『アニメクリエータになるには』ぺりかん社、2003年、p17-18。
  22. ^ スタジオ雄構成・編集『PLUS MADHOUSE 04 りんたろう』キネマ旬報社、2009年、p.70,144
  23. ^ 『アニメージュスペシャル ロマンアルバム・デラックス24 銀河鉄道999』徳間書店、1979年
  24. ^ 野沢雅子「第6章『銀河鉄道999』発車!! 劇場版、涙のラストシーン」『ボクは声優。』オプトコミュニケーションズ、1995年11月19日、ISBN 4-07-217886-1、84頁。
  25. ^ 赤星政尚・たるかす・早川優・山本元樹・原口正宏「第4章 強敵・ライバルの魅力を徹底解剖 48|メーテルが戦いを挑む"偽ハーロック"は情ない裏切者!?」『懐かしのTVアニメベストエピソード99〈東映動画編〉』二見書房、1995年10月25日、ISBN 4-576-95158-0、146頁。
  26. ^ キネマ旬報1986年7月上旬号。
  27. ^ 「記者会見 銀河鉄道999」『キネマ旬報』1979年5月下旬号、p.175
  28. ^ 津堅信之『日本アニメーションの力 85年の歴史を貫く2つの軸』NTT出版、2004年。
  29. ^ 日経産業新聞1982年1月18日付、15頁。この記録は東映の映画作品としては、1982年の『セーラー服と機関銃』まで破られなかった。
  30. ^ a b 『オリコン・チャートブック LP編 昭和45年-平成1年』オリジナル・コンフィデンス、1990年、333頁。ISBN 4871310256
  31. ^ 竹熊健太郎編『庵野秀明パラノ・エヴァンゲリオン』太田出版、1997年、p109
  32. ^ アニメージュ』1981年3月号、120頁。木村英俊『THEアニメ・ソング―ヒットはこうして作られた』角川書店、1999年、174頁。ISBN 4048531522
  33. ^ 草薙聡志 『アメリカで日本のアニメは、どう見られてきたか?』徳間書店、2003年、p.134
  34. ^ 小野耕世『世界のアニメーション作家たち』人文書院、2006年、p.139
  35. ^ 森卓也『アラウンド・ザ・ムービー』平凡社1989年、p37。
  36. ^ 1981年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  37. ^ 松本零士「さらば私のメーテル さらば999……」『ロードショー特別編集 さよなら銀河鉄道999アンドロメダ終着駅』集英社、1981年。
  38. ^ スタジオ雄構成・編集『PLUS MADHOUSE 04 りんたろう』キネマ旬報社、2009年、p.145,178
  39. ^ 『THEアニメ・ソング―ヒットはこうして作られた』156頁
  40. ^ 佐藤忠男、山根貞男責任編集『シネアルバム 日本映画1982 1981年公開映画全集』芳賀書店、1982年、p.193。
  41. ^ 『アニメノベライズの世界』洋泉社、2006年、p.81。
  42. ^ 映連データベース 長靴をはいた猫(1998)
  43. ^ 岡田斗司夫、田中公平、山本弘『史上最強のオタク座談会2 回収』音楽専科社、2000年、p.71。
  44. ^ 映画秘宝 Special Extra この映画を見ろ!'99』洋泉社、1999年、p.32
  45. ^ 「銀河鉄道999集大成版製作ピンチ!! 先月公開 エターナル・ファンタジー大赤字」『中日スポーツ』1998年4月5日号。
  46. ^ 東映アニメーション2007年5月25日付プレスリリース より
  47. ^ 東映アニメーション2002年12月28日付プレスリリース より
  48. ^ ディアゴスティーニ・ジャパン公式サイトのアナウンスより [1]
  49. ^ 講談社BOOK倶楽部 講談社公式サイト内
  50. ^ NHKスペシャル“生命”の未来を変えた男 ~山中伸弥・iPS細胞革命~ NHK公式サイト内


「銀河鉄道999 (アニメ)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「銀河鉄道999_(アニメ)」の関連用語

銀河鉄道999_(アニメ)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



銀河鉄道999_(アニメ)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの銀河鉄道999 (アニメ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS