キン肉マン_正義超人vs古代超人とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > キン肉マン_正義超人vs古代超人の意味・解説 

キン肉マン 正義超人VS古代超人

原題:
製作国:日本
製作年:1985
配給:東映
スタッフ
監督:山吉康夫 ヤマヨシヤスオ
製作総指揮:今田智憲 
プロデューサー:田宮武 タミヤタケシ
原作:ゆでたまご 
脚本:山崎晴哉 ヤマザキハルヤ
作画監督:森利夫 モリトシオ
撮影:白井久男 シライヒサオ
音楽:風戸慎介 カザトシンスケ
美術:襟立智子 
キャスト(役名
神谷明 カミヤアキラ (キン肉マン
松島みのり マツシマミノリ (ミート君
田中秀幸 タナカヒデユキ (テリーマン
郷里大輔 ゴウリダイスケ (ロビン・マスク
蟹江栄司 カニエエイジ (ラーメンマン
水島鉄夫 ミズシマテツオ (ブロッケンJr
堀秀行 ホリヒデユキ (ウォーズマン
広瀬正志 ヒロセマサシ (リキシマン
佐藤正治 サトウマサハル (バッファローマン
永井一郎 ナガイイチロウ (サタンキング)
解説
人気TVアニメキン肉マン」の劇場版第三作。ドジでひょうきんキン肉マン友人正義超人たちの活躍を描く。原作ゆでたまご脚本山崎晴哉監督山吉康夫撮影白井久男それぞれ担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
キン肉マンテリーマンほかの正義超人が、宇宙支配者サタンキングの部下古代超人たちに襲われた。サタンキングは、大昔から部下たちを地球秘かに送りこみ、時を待っていたのだ。地球の謎の古代遺跡群もすべて彼らの仕わざだった。正義超人苦戦しながらそれぞれの必殺技危機を脱した。だが、サタンキングは、キン肉マンマドンナマリさんの幼稚園の子供たちを人質にとって、エベレスト正義超人たちを呼びつけた。次々と襲いかかってくるサタンプリンスたちに、正義超人たちは傷ついていく遂に地球征服したと哄笑するサタンキング。その時キン肉マンが現われた。世紀一大決戦が始まった。サタンキングの冷凍攻撃稲妻攻撃さしものキン肉マンも、フラフラとなるが、起死回生の新必殺技キン肉ドライバー炸裂、サタンキングを倒すのだった

キン肉マン 正義超人vs古代超人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/19 07:29 UTC 版)

キン肉マン 正義超人vs古代超人(キンにくマン せいぎちょうじんたいこだいちょうじん)はゆでたまごの漫画を原作とするアニメ『キン肉マン』の劇場版第3作。




  1. ^ 「1985年邦画4社<封切配収ベスト作品>」『キネマ旬報1986年昭和61年)2月下旬号、キネマ旬報社、1986年、 128頁。
  2. ^ 「STORY EX 特別編 THE☆MOVIE ザ・ムービー『キン肉マン』」『キン肉マン コンプリートDVD-BOX収録内容ガイド』43頁。
  3. ^ 「アニメチラシ大カタログ 邦画版」(勁文社)35頁 2000年
  4. ^ 劇場版パンフレットより。
  5. ^ 『キン肉マン』41巻 P123。原作では、正義・悪魔完璧などそれぞれの属性の古代超人が存在していたことが明かされている。
  6. ^ a b c d e f g h i j ニンテンドーゲームキューブソフト『キン肉マンII世 新世代超人VS伝説超人
  7. ^ a b DVD『キン肉マン THE MOVIE』解説書より。
  8. ^ 中山基編「『キン肉マン』ヒストリー」『フィギュア王 No.119』ワールドフォトプレス、2008年1月30日、ISBN 978-4-8465-2701-3、32頁。


「キン肉マン 正義超人vs古代超人」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キン肉マン_正義超人vs古代超人」の関連用語

キン肉マン_正義超人vs古代超人のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



キン肉マン_正義超人vs古代超人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキン肉マン 正義超人vs古代超人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS