サハラ砂漠とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > サハラ砂漠の意味・解説 

サハラ‐さばく【サハラ砂漠】

読み方:さはらさばく

Saharaアラビア語平坦な砂漠の意》アフリカ大陸北部にある世界最大砂漠面積約860万平キロメートルで、アルジェリア・リビア・エジプトの国土大半を覆う。石油・天然ガスなどの地下資源がある。


サハラ砂漠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/03 23:40 UTC 版)

サハラ(サハラ砂漠)は、アフリカ大陸北部にある砂漠で、氷雪気候南極を除くと世界最大の砂漠である[1]。南北1,700キロメートルにわたる。面積は約1,000万平方キロメートルであり、アフリカ大陸の3分の1近くを占め、アメリカ合衆国とほぼ同じ面積である。


  1. ^ a b c フジテレビトリビア普及委員会 『トリビアの泉〜へぇの本〜 2』講談社、2003年。 
  2. ^ 「週刊朝日百科世界の地理98 モロッコ・モーリタニア・西サハラ」朝日新聞社 昭和60年9月8日 p10-215
  3. ^ 「週刊朝日百科世界の地理99 アフリカ西部諸国」朝日新聞社 昭和60年9月15日 p10-236
  4. ^ 「リビアを知るための60章」 p222 塩尻和子 明石書店 2006年8月15日
  5. ^ 『アフリカを知る事典』、平凡社、ISBN 4-582-12623-5 1989年2月6日 初版第1刷 p.174
  6. ^ 「キリマンジャロの雪が消えていく―アフリカ環境報告」p158 石弘之(岩波新書、2009)
  7. ^ 「ビジュアルシリーズ世界再発見2 北アフリカ・アラビア半島」p26 ベルテルスマン社、ミッチェル・ビーズリー社編 同朋舎出版 1992年5月20日第1版第1刷
  8. ^ 『アフリカを知る事典』、平凡社、ISBN 4-582-12623-5 1989年2月6日 初版第1刷 p.173
  9. ^ 石弘之著『地球環境報告』岩波書店《岩波新書(新赤版33)》 1988年 130ページ
  10. ^ アフリカに築かれる「緑の万里の長城(Great Green Wall)」”. 一般社団法人環境金融研究機構 (2016年9月7日). 2021年3月29日閲覧。
  11. ^ 2009年8月3日、ナショナルジオグラフィック ニュース「サハラ砂漠、気候変動で緑化が進行か」
  12. ^ 田辺裕島田周平柴田匡平、1998、『世界地理大百科事典2 アフリカ』、朝倉書店  p371 ISBN 4254166621
  13. ^ 「新書アフリカ史」第8版(宮本正興・松田素二編)、2003年2月20日(講談社現代新書)p184
  14. ^ 「サハラが結ぶ南北交流」(世界史リブレット60)p9 私市正年 山川出版社 2004年6月25日1版1刷
  15. ^ “砂漠の真ん中でカローラとすれ違う アフリカ道路事情(1) <アフリカン・メドレー>”. 岩崎有一 (アサヒカメラ.net). (2015-07-08 11:00 (JST)). http://dot.asahi.com/asahicameranet/info/topics/2015070800021.html 2015年7月17日閲覧。 
  16. ^ “サハラ砂漠に92人の遺体、行き倒れたニジェール難民”. AFP (フランス通信社). (2013年11月2日). http://topics.jp.msn.com/world/general/article.aspx?articleid=2164103 2013年11月10日閲覧。 
  17. ^ サハラ砂漠に水・食糧なしで放置、移民67人を救助 ニジェール AFP(2017年7月10日)2017年7月10日閲覧


「サハラ砂漠」の続きの解説一覧

サハラ砂漠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 21:17 UTC 版)

サハラ交易」の記事における「サハラ砂漠」の解説

サハラ砂漠は、北アフリカサブサハラ・アフリカ間に位置しており、地中海経済ニジェール盆地経済隔て空間である。機械化され輸送手段なしにその空間越えるのは、期待される利益輸送コスト道中の危険の予想を上回る例外的な場合にのみ価値がある。 サハラ砂漠の一帯1億8000万年前に塩湖の下にあり、交易品である塩鉱のもとになった。11000年前から5000年前までは湿潤期で覆われた地域多く人間中央の高地生活していた。紀元前3000年頃からの乾燥化人間サバンナ地中海沿岸移住した推測されている。サハラ砂漠の気候交易にも影響及ぼしており、8世紀から16世紀にかけて西アフリカ比較湿潤だったが、17世紀以降乾燥化移住引き起こし交易減少する一因となった

※この「サハラ砂漠」の解説は、「サハラ交易」の解説の一部です。
「サハラ砂漠」を含む「サハラ交易」の記事については、「サハラ交易」の概要を参照ください。


サハラ砂漠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/02 12:26 UTC 版)

ロージー・スウェイル・ポープ」の記事における「サハラ砂漠」の解説

1997年にサハラ砂漠を越えて243kmを完走、「地球上で最もタフな人力レース」と呼ばれるこの「マラソン・デ・サーブル」は6日間以内完走する規定で、総距離は通常のマラソン5.5回分相当する参加者全員必要なものをすべてバックパックに詰めて自分で背負って走った

※この「サハラ砂漠」の解説は、「ロージー・スウェイル・ポープ」の解説の一部です。
「サハラ砂漠」を含む「ロージー・スウェイル・ポープ」の記事については、「ロージー・スウェイル・ポープ」の概要を参照ください。


サハラ砂漠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 16:10 UTC 版)

二十世紀の豫言」の記事における「サハラ砂漠」の解説

サハラ大砂漠漸次沃野化し東半球文明漸々ようよう支那日本及び亞弗利加アフリカに於て發達発達】すべし 砂漠緑化事業ということで半分的中している。東半球文明については、アジア発展予想通りといえる

※この「サハラ砂漠」の解説は、「二十世紀の豫言」の解説の一部です。
「サハラ砂漠」を含む「二十世紀の豫言」の記事については、「二十世紀の豫言」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「サハラ砂漠」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「サハラ砂漠」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サハラ砂漠」の関連用語

サハラ砂漠のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サハラ砂漠のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサハラ砂漠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサハラ交易 (改訂履歴)、ロージー・スウェイル・ポープ (改訂履歴)、二十世紀の豫言 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS