交易品とは? わかりやすく解説

交易品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 21:17 UTC 版)

サハラ交易」の記事における「交易品」の解説

歴史的に扱われてきた主な交易品として塩、金、奴隷タカラガイコーラの実があった。塩とコーラの実は21世紀以降取り引きされているキャラバンラクダ背負え重量100キログラムから120キログラムであり、採算を取るには旅費1.5倍から2倍以上の価値品物必要だったそのため贅沢品か国家が求める品を選んだ。 塩は塩山塩鉱から掘り出され南方運ばれた。塩鉱はアウリル、テガーザ、カウアル山地英語版)などにあった。塩は交易路定期市では各地産物交換され、さらに金やコーラ交換された。21世紀以降タウデニ採掘された塩が交易されている塩鉱採掘され岩塩板状削られてバー呼ばれバー重量1枚あたり約30キログラムとなる。バーラクダで運ぶ場合は、ラクダ年齢に合わせて枚数決める。4歳以上は左右2枚ずつ計43歳3枚2歳2枚となる。 金は、西スーダンセネガル川産する砂金主なものだった。「スーダンの金」とも呼ばれ北から運ばれる塩と交換された。金はイスラーム王朝発行するディナールや、ヨーロッパドゥカートフローリンなどの金貨素材となった豊富な金によってガーナ、ガオマリソンガイなどの国家栄え、「黄金ニンジンのように土から生える」という伝承地中海沿岸では生まれた。金が南から北へ運ばれ続けたのは、貨幣文化の違いもあった。金を産出する西アフリカでは、タカラガイ貝貨や、、塩、布が貨幣使われており、金は装身具贈り物だった砂金16世紀には枯渇進んだ奴隷は塩や金次いで高価な交易品として扱われ9世紀頃からマグリブアンダルスエジプトアラビア半島メソポタミアへと運ばれた。こうした奴隷増加とともにアラビア語文献では黒人劣った人間として記録された最初期文献マスウーディーの『黄金の牧場と宝石の鉱山』(947年)であり、黒人を「知能足りず知性が弱い」と論じている。のちのアラビア語文献黒人能力について同様の記述しており、劣る者とみなすことは時代とともに減ったものの16世紀まで続いた奴隷16世紀まで年間平均4000人から5100人、その後モロッコハウサ諸王国影響で7000人に達したとされる。主に若い女性交易され、妻妾召使いにされた。男性オアシスナツメヤシ畑の管理者兵士官僚にされた。ヨーロッパ諸国による大西洋奴隷貿易とは、規模奴隷扱い異なっていた。 タカラガイモルディブ諸島採取されたものがインド洋越えて運ばれアフリカ貝貨として使用された。9世紀頃からモルディブタカラガイ運ばれていたとされ、紅海から北アフリカをへて交易路に入るルートか地中海沿岸進んでサハラ砂漠横断するルート使われた。 コーラの実は西アフリカ広く使われている嗜好品で、新鮮な実を刻んでチューインガムのように噛み眠気覚まし興奮剤にする。食感生のニンジンに似ており、渋味がある。サハラ交易では14世紀以降に扱われるようになった森林地帯コラの木から産するため、時には2000キロメートル以上を運んだ高温乾燥劣化するため品質維持労力財力必要で、富と権力象徴とされた。 その他の品として、胡椒象牙皮革ダチョウ羽根ガラスビーズ、高級織物、馬、大理石ヘンナの種、陶磁器インディゴギニアショウガココヤシなどがあった。農産物は交易品に選ばれなかった。その理由として、(1) 農作物余剰少なかった(2) 農作物種類が同じ地域広範囲におよび、交換する意義がなかった。(3) 車輪牛馬などの運搬手段がなく、かさばる上に利益少な農産物品物にならなかった。

※この「交易品」の解説は、「サハラ交易」の解説の一部です。
「交易品」を含む「サハラ交易」の記事については、「サハラ交易」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「交易品」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

交易品のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



交易品のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサハラ交易 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS