広範囲とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 範囲 > 広範囲の意味・解説 

こう‐はんい〔クワウハンヰ〕【広範囲】

読み方:こうはんい

[名・形動範囲がひろいこと。また、そのさま。広範。「―な被害区域

「広範囲」に似た言葉

広範囲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 02:09 UTC 版)

コカ・コロニゼーション」の記事における「広範囲」の解説

2015年時点でコカ・コーラ中国グアテマラパプアニューギニアメキシコロシアカナダイギリスアルジェリアリビアを含む世界200カ国上で親しまれている同社によると、コカ・コーラは「オーケー」の次に世界で2番目に理解されている用語である。 商品としてのコカ・コーラは、国境を越えてブランド生み出している。「多くの政治的学問的会話的なレトリックで、コカ・コーラという用語は、特定の清涼飲料だけでなく、一般的に商品問題のある性質を表すためにも使われているメタ商品である。…それは商品資本主義を表すかもしれませんが同様に帝国主義アメリカ化を表すかもしれまない。」コカコロナイゼーションは、アメリカ文化ブランド広がりを指すものとして西洋化された資本主義消費主義広範なインフラの例とみなされている。 一方コカ・コロナイゼーションに対する反発もあった。2012年ボリビア外相デビッド・チョケワナカは「コカ・コーラではなくモコチンチ(英語版)(ボリビア親しまれているジュース)を飲め」と発言するなどして、コカ・コーラ締め出そうとしたが、失敗終わったコカ・コーラフランチャイズを通じて運営されている。したがって、その生産恩恵を受ける地域には、地元瓶詰め工場必要であるトリニダード1939年フランチャイズ取得したので、トリニダードでは、1975年のカニングスの訴訟で、他の古い植民地会社と同様に、コーニングがカニングスの会社瓶詰めされた。 トリニダードでは、甘い飲み物贅沢品ではなく庶民日常品見なされている。コカ・コーラ関連して、「トリニダード島飲酒に対する黒い甘い飲み物中心性は、何よりも島のほとんどの人々にとっての中心的なアルコール飲料としてのラム酒コーラ」の概念要約されています。正確な甘い飲み物存在必要とする一般的な飲み物を持っていることは、地元環境へのその保持強調する

※この「広範囲」の解説は、「コカ・コロニゼーション」の解説の一部です。
「広範囲」を含む「コカ・コロニゼーション」の記事については、「コカ・コロニゼーション」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「広範囲」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「広範囲」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



広範囲と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「広範囲」の関連用語

広範囲のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



広範囲のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのコカ・コロニゼーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS