オアシスとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > オアシスの意味・解説 

オアシス [1] [2] 【oasis】

砂漠の中でがわき,樹木生えている場所。
人々気持ち和らげたり,いやしたりしてくれる場所。いこいの場。 「都会の-」

OASIS

フルスペル:Organization for the Advancement of Structured Information Standards
読み方:オアシス

OASISとは、XMLSGMLといった、XML関連するオープン標準技術普及促進活動を行う非営利団体の名称である。W3Cなどの国際標準化団体策定した標準仕様基づいて異なベンダー間における相互接続性を確保するためのガイドライン作成するのが主な活動となる。2001年5月には、国際連合下の標準化組織である UN/CEFACTと共にXMLを用いた企業電子商取引のための共通規格「ebXML」をまとめた。

OASISは1993年SGML Openとして発足したが、議論対象範囲SGML以外にXMLHTMLなどへと拡大する目的で、1998年現在の称へ改めた。IBM社やMicrosoft社、NEC富士通をはじめ、世界中300にも上る企業や団体がOASISに加盟している。


参照リンク
OASIS
企業活動のほかの用語一覧
標準化団体:  JEDEC  LMSC  NIST  OASIS  OMA  PCMCIA  3GPP

オアシス

作者赤川次郎

収載図書いつもと違う日
出版社光文社
刊行年月1991.1


オアシス

作者赤羽建美

収載図書夜の贈り物
出版社扶桑社
刊行年月1994.2


オアシス

作者星新一

収載図書星新一ショートショートセレクション 2 宇宙のネロ
出版社理論社
刊行年月2001.12


オアシス

作者本間赤人

収載図書大阪下町風委員会
出版社スターツ出版
刊行年月2005.7


オアシス(Oasis)

読み方:おあしす

  1. 女学生間にて、意外の幸福又は喜びに逢ふことをいふ。荒凉たる沙漠の中でOasis(オアシス)の恵に逢つたやうな感じがするから。〔情事語〕
  2. 女学生間で意外の幸福或は予約しない喜びに逢ふことに用ふ。〔学生
  3. 女学生間にて意外の幸福又は喜びに逢ふことをいふ。荒涼たる沙漠の中でOasis緑地」の恵に逢うたやうな感じがするから。
  4. 女学生間で使ふ言葉。意外の幸福、或は予約しない喜びに逢ふことに用る。「あんたの腕時計、づいぶんいいわね」「昨日伯父さんから送くつて来たの」「まあ、それはオアシスね」。

分類 女学生学生情事

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

オアシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/09 09:15 UTC 版)

オアシス英語:Oasis)とは砂漠ステップなど乾燥地域における緑地。英語読みはオウエイスィス




  1. ^ http://dictionary.reference.com/browse/oasis
  2. ^ 関口(1983):102ページ
  3. ^ 関口(1983):102 - 103ページ
  4. ^ a b c d 関口(1983):103ページ


「オアシス」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オアシス」の関連用語

オアシスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オアシスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリOASISの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオアシス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS