湧水とは? わかりやすく解説

ゆう‐すい【湧水】

読み方:ゆうすい

地中から自然にわき出ること。また、そのわきみず


湧水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 09:10 UTC 版)

湧水(ゆうすい)は、地下水が地表に自然に出てきたもののことである。湧き水(わきみず)や(いずみ)、湧泉(ゆうせん)ともいう[注 1]。大規模な湧水はそのままの源流となることもある。


注釈

  1. ^ 詳しくは、わき出る場所が「湧泉」、わき出た水が「湧水」、わき出る作用が「湧出」であるが、湧水と湧泉は混同して使われることが多い。

出典

  1. ^ 環境省選定 平成の名水百選/インフォメーション”. 環境省. 2011年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月9日閲覧。
  2. ^ 環境省選定 名水百選/詳細ページ”. 環境省. 2011年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月9日閲覧。
  3. ^ 石川県の代表的な湧水”. 環境省. 2019年5月9日閲覧。
  4. ^ 千葉の大地・千葉の湧水”. 2019年5月9日閲覧。
  5. ^ 出水(でみず)観音池 (PDF) - 宮崎県えびの市[リンク切れ]
  6. ^ きのと観光物産館(どっこん水の里)”. 新潟県公式観光情報サイト にいがた観光ナビ. 公益社団法人 新潟県観光協会. 2013年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月9日閲覧。


「湧水」の続きの解説一覧

湧水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 06:09 UTC 版)

マリオカート ツアー」の記事における「湧水」の解説

複数コース登場する湧き上がるタイミングで通過すると、ジャンプアクションができる。噴出口通過してもジャンプアクションができる。

※この「湧水」の解説は、「マリオカート ツアー」の解説の一部です。
「湧水」を含む「マリオカート ツアー」の記事については、「マリオカート ツアー」の概要を参照ください。


湧水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 05:58 UTC 版)

千葉県」の記事における「湧水」の解説

千葉県内に多くの湧水地があり、久留里一帯では住民管理する複数の井戸があり、名水として知られている熊野の清水昭和名水百選)、生きた水・久留里平成の名水百選

※この「湧水」の解説は、「千葉県」の解説の一部です。
「湧水」を含む「千葉県」の記事については、「千葉県」の概要を参照ください。


湧水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/27 19:01 UTC 版)

婆娑羅峠」の記事における「湧水」の解説

バサラ停留所すぐそばに湧水が湧き出している所がある。

※この「湧水」の解説は、「婆娑羅峠」の解説の一部です。
「湧水」を含む「婆娑羅峠」の記事については、「婆娑羅峠」の概要を参照ください。


湧水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/20 08:15 UTC 版)

内別川」の記事における「湧水」の解説

内別川千歳市西郊支笏火山灰台地から湧き出し支笏湖から約24km・JR千歳駅から5km地点千歳川に合流する延長2.5kmと短いため流域面積は狭いが、湧水量が豊富で流量は0.69m3/sあり、流域降水量1.8を超えている。 60数個所の湧水地点確認されており、約42,000年前支笏火山終期噴火により支笏湖カルデラ形成された際に噴出した支笏軽石堆積物層より湧出している。なかでも源頭部の湧水量は0.15m3/sと全流量20%が1箇所から湧き出している。 千歳市上水道主要な水源として1967年蘭越浄水場千歳川合流点手前に完成し2000年から5万m3/日を取水している。また豊富な湧水量と水質により1985年名水百選選定された。これを記念して1989年には浄水場隣接して名水ふれあい公園開設された。園内には内別川沿いの遊歩道浄水場直結水汲み場、見学施設設けられている。7km下流インディアン水車による捕獲逃れて遡上した姿を見ることもある。

※この「湧水」の解説は、「内別川」の解説の一部です。
「湧水」を含む「内別川」の記事については、「内別川」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「湧水」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

湧水

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 06:42 UTC 版)

名詞

ゆうすい

  1. 地中から湧き出ること。また、その湧き水

翻訳


「湧水」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

湧水のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



湧水のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2022. All Rights Reserved.
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2022 京浜河川事務所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの湧水 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマリオカート ツアー (改訂履歴)、千葉県 (改訂履歴)、婆娑羅峠 (改訂履歴)、内別川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの湧水 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS