火山灰とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 火山灰の意味・解説 

かざん‐ばい〔クワザンばひ〕【火山灰】

読み方:かざんばい

火山から噴出された灰のようなもの。火山砕屑物の一で、直径2ミリ下の細粒ものをいうごく細であれば火山塵(かざんじん)ともいう。


火山灰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 22:38 UTC 版)

火山灰(かざんばい、: volcanic ash[1])とは、火山の噴出物(火山砕屑物)の一つで、主にマグマが発泡してできる細かい破片のこと。木や紙などを燃やしてできるとは成分も性質も異なる。


  1. ^ 文部省学術用語集 地学編』日本学術振興会、1984年、66頁。ISBN 4-8181-8401-2http://sciterm.nii.ac.jp/cgi-bin/reference.cgi 
  2. ^ 下鶴大輔「成層圏に注入される火山灰『地学雑誌』98-6(1989年)pp.88-96
  3. ^ a b c d e f g h i j k 防災科学技術研究所ライブラリー. “降灰への備え”. 防災科学技術研究所. 2019年11月17日閲覧。
  4. ^ a b c 防災科学技術研究所ライブラリー. “火山灰の健康影響”. 防災科学技術研究所. 2019年11月17日閲覧。
  5. ^ 【科学の扉】「想定外」を考える/富士山噴火 襲う火山灰/交通網まひ 家屋倒壊や洪水も朝日新聞』朝刊2017年10月8日(2018年5月20日閲覧)
  6. ^ 二輪駆動車 火山灰アウト12センチで立ち往生「避難に使わないで」産経新聞』朝刊2022年5月24日(社会面)同日閲覧


「火山灰」の続きの解説一覧

火山灰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/03 08:28 UTC 版)

Plague inc.」の記事における「火山灰」の解説

海賊伝染病」と似たシナリオだが、飛行機運行数が減少していることが特徴である。

※この「火山灰」の解説は、「Plague inc.」の解説の一部です。
「火山灰」を含む「Plague inc.」の記事については、「Plague inc.」の概要を参照ください。


火山灰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 17:37 UTC 版)

富士山の火山防災対策」の記事における「火山灰」の解説

宝永大噴火規模噴火起こった場合、火山灰は神奈川県東京都降り積もる大量の降灰農産物枯れ死させ、鉄道道路使えなくなり、健康を害し首都圏機能麻痺させる可能性がある。 その他、融雪型火山泥流噴石土石流などの発生想定されている。

※この「火山灰」の解説は、「富士山の火山防災対策」の解説の一部です。
「火山灰」を含む「富士山の火山防災対策」の記事については、「富士山の火山防災対策」の概要を参照ください。


火山灰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/23 15:48 UTC 版)

FOD (航空用語)」の記事における「火山灰」の解説

1982年6月24日西オーストラリアパース向かっていたブリティッシュ・エアウェイズ9便は、インド洋上空で火山灰の遭遇した当該機ボーイング747-200B)の4台のエンジンがすべてサージング起こしフレームアウトした。乗客搭乗員には、「セントエルモの火」として知られる現象機体周辺発生するのが見えた。9便は、降下して火山灰の雲から抜け出しエンジンが火山灰を吸い込まない状態になってから、再始動行った。火山灰によってコックピット風防に傷が生じたため、パイロットの視界妨げられたものの、無事に着陸した1989年12月15日千葉の新東京国際空港当時現・成国際空港)に向かっていたKLMオランダ航空867便は、前日噴火したリダウト山から噴出した火山灰の遭遇した当該機ボーイング747-400)の4台のエンジンは、すべてフレームアウトした。パイロットは、約14,000フィート降下してからエンジン再始動し、アンカレッジ国際空港に無事着陸した

※この「火山灰」の解説は、「FOD (航空用語)」の解説の一部です。
「火山灰」を含む「FOD (航空用語)」の記事については、「FOD (航空用語)」の概要を参照ください。


火山灰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 15:15 UTC 版)

「缶詰」記事における「火山灰」の解説

鹿児島県垂水市では市役所屋上等に積もった桜島の火山灰を封入した土産品「灰缶詰ハイ!どうぞ!〜」が販売されている。

※この「火山灰」の解説は、「缶詰」の解説の一部です。
「火山灰」を含む「缶詰」の記事については、「缶詰」の概要を参照ください。


火山灰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 16:05 UTC 版)

噴火」の記事における「火山灰」の解説

火山灰とは、噴火に伴って生じ火山岩直径2mm以下に砕けたものを指す。 火山灰の主な発生原因としては 火山の爆発 高温の岩なだれが火山山腹流下 溶岩飛沫飛散時 などがある。 火山灰の色・大きさなどの外見火山および噴火種類異なり、色は明る灰色から黒色まで、大きさ小石サイズから化粧用パウダーなどの細かい粒子までと千差万別である。 空中浮遊する火山灰は太陽光遮り視界悪化させるほか、細かい粒同士衝突摩擦により電気帯び稲妻発生させる原因ともなる。また、微粒子サイズの火山灰は大規模な噴煙と共に風の影を受けて風下流される場合もある。生成直後の火山灰は酸性皮膜覆われており、これは人体吸引するなどすると肺や目に対して刺激的な弊害与え健康被害原因となるほか、降り積もれば周辺地域水質悪影響を与える場合があり、同時に植物への悪影響農作物不作原因ともなる。この皮膜降雨によってすぐに取除かれる大量に降り積もった火山灰は火山地域それまで土壌混じり合い肥沃な表土層となる。多くの火山地域周辺肥沃な土壌が多いのは、古い火山灰堆積物地層存在することが要因となっている。 詳細は「火山灰」を参照

※この「火山灰」の解説は、「噴火」の解説の一部です。
「火山灰」を含む「噴火」の記事については、「噴火」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「火山灰」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

火山灰

出典:『Wiktionary』 (2019/02/14 04:43 UTC 版)

名詞

火山 かざんばい

  1. 直径が2mm以下火山砕屑物。灰状のため噴出したのち風に流されるなどして広範囲ゆっくりと降下する。

関連語

上位語

参照

翻訳


「火山灰」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「火山灰」の関連用語

火山灰のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



火山灰のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの火山灰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのPlague inc. (改訂履歴)、富士山の火山防災対策 (改訂履歴)、FOD (航空用語) (改訂履歴)、缶詰 (改訂履歴)、噴火 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの火山灰 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS