ヤスリとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ヤスリの意味・解説 

やす‐り【安利】

読み方:やすり

安い利息。「—で貸す」

利益少ないこと。「—に甘んじる


やすり【×鑢】

読み方:やすり

棒状板状鋼鉄の面に、細かい溝を多数刻み付け切り刃つくった切削工具手仕上げ工作物表面平らにしたり、角(かど)を落としたりするのに用いる。俗には、紙やすりのような研磨具も含めていうことがある。「—をかける」


ヤスリ

ヤスリ
ヤスリ
金属をやすって削るための道具です。大きさや形、目の荒さが色々あり断面形でそれぞれの種類分けられます。
長さ5cmから30cmぐらいのものまであり、ヤスリ目は、荒目中目細目・油目などがあります
機械打ちよりも手打ち物の方が、目にばらつきがあり、非常に使用しやすいと言われており、目を打ち直し使用することも可能です


クジメ

学名Hexagrammos agrammus 英名:Spottybelly greenlings
地方名:ヤスリ、モズ 
脊椎動物門硬骨魚綱カサゴ目アイナメ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D

※出典:長崎県水産部ホームページ
著作権尼岡 邦夫

特徴
アイナメに似るが、アイナメよりも浅め岩場海岸藻場にすみ、側線1本しかなく、味がアイナメに劣る。浅い藻場岩礁域にすみ、小さなワレカラヨコエビなど小さ甲殻類食べる。111月間に海藻などに直径mmの卵を産み付ける警戒心が強い反面貪欲でえさとりを得意とする釣り人人気のあるアイナメ違い、クジメはウミタナゴクロダイ狙っているときかかってしまうというケースがほとんどである。

分布:日本沿岸各地朝鮮半島南部及び黄海 大きさ:30cm
漁法:刺し網釣り 食べ方:刺身照り焼き煮付け

やすり

(ヤスリ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 04:35 UTC 版)

やすり、英:File )は、おもに金属の研削を行う手動工具である。


  1. ^ 広島地区鈩工業組合ホームページ Archived 2010年4月30日, at the Wayback Machine.
  2. ^ US Directory of American Tool And Machinery Patents Patent: 42,216 File Cutting Machines
  3. ^ THOMAS DUTTON 『THE HAND TOOLS MANUAL』p175、2007年発行、TSTC Publishing ISBN 978-1-934302-36-1
  4. ^ 「仁方とヤスリ」広島地区鈩工業組合 Archived 2010年4月30日, at the Wayback Machine.
  5. ^ 社団法人日本青年会議所中国地区広島ブロック協議会 (2005年). “活気ある広島県産業を目指して-12LOM 地場産業の紹介 (PDF)”. p. 6. 2005年12月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年5月16日閲覧。
  6. ^ ツボサン株式会社 カタログ 2007年 72頁。


「やすり」の続きの解説一覧

「ヤスリ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ヤスリのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヤスリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
東京藝術大学 鍛金研究室東京藝術大学 鍛金研究室
Copyright (C) 2022 東京藝術大学 美術学部 工芸科 鍛金研究室 All rights reserved.
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのやすり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS