焼きなましとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 透過電子顕微鏡用語 > 焼きなましの意味・解説 

焼きなまし

【英】:annealing

金属材料などの均質化のためや内部応力除去などのために適当な温度加熱後ゆっくり冷却する熱処理

焼なまし

(焼きなまし から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/14 06:14 UTC 版)

焼なまし(やきなまし、英語: annealing)、焼鈍し焼き鈍し焼鈍(しょうどん)、アニーリングとは、加工硬化による内部のひずみを取り除き、組織を軟化させ、展延性を向上させる熱処理である[1]。目的に応じて多くの種類・方法が存在する。焼きなましと「き」の送り仮名をつける表記もあるが、本記事では日本工業規格学術用語集の表記に準じる[2][3]焼入れ」を緩和する「焼戻しとは異なる。


  1. ^ a b 『機械工学辞典』日本機械学会、丸善、2007年、第2版、1307頁。ISBN 978-4-88898-083-8
  2. ^ JIS B 6905 p.2
  3. ^ オンライン学術用語集検索ページ”. 学術用語集. 文部科学省・国立情報学研究所. 2014年9月21日閲覧。
  4. ^ a b c 熱処理技術マニュアル p.40
  5. ^ a b c d e 熱処理ガイドブック p.121
  6. ^ a b 機械工作法Ⅰ p.183
  7. ^ 機械工作法Ⅰ p.184
  8. ^ a b c 熱処理ガイドブック p.122
  9. ^ 誰でも分かる鋳物基礎講座”. 日本鋳造工学会関東支部. 2014年7月23日閲覧。
  10. ^ 『溶接・接合技術入門』溶接学会、産報出版、2010年、第3版、265頁。ISBN 978-4-88318-151-3


「焼なまし」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「焼きなまし」の関連用語

焼きなましのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



焼きなましのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本電子株式会社日本電子株式会社
Copyright(C)1996-2019 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの焼なまし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS