鋳鉄とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > 合金 > 鋳鉄の意味・解説 

ちゅう‐てつ〔チウ‐〕【鋳鉄】

炭素を2.0~4.5パーセント程度ふくむ鋳物用の機械加工が容易であるが、衝撃力に弱い。普通鋳鉄・高級鋳鉄・特殊鋳鉄・可鍛鋳鉄などに分類される。いてつ。


い‐てつ【鋳鉄】

ちゅうてつ(鋳鉄)


鋳鉄

英語 cast-iron

鋳鉄とは、1.7~6.7%の炭素との合金である。形状自由度大きい鋳鉄は古くから用いられ、その材料は溶湯温度が低くても湯流れがよいこと、すなわち鋳造性が高いことが必要である。そのため炭素(1.7~6.7%)とケイ素(0.5~7%)を基本成分とし、そのほかマンガンリン硫黄などを含有する。最近機械構造用材料として強度対す要求も高まっており、強さ粘り強さも高い鋳鉄が広く使用されてきている。そのために鋳鉄中の黒鉛形状および基地改善加えられている。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

鋳鉄

<普通鋳鉄> 最も多く採用されている普通鋳鉄は、JISではその色から「ねずみ鋳鉄」と表記され ている。また鋳鉄中に分散する炭素粒子黒鉛)の形が三日月状であることから 「片状黒鉛鋳鉄」とも呼ばれている。「普通鋳鉄」という名称は特別な合金元素添加ていないことを表している。

<球状黒鉛鋳鉄> 鋳鉄組織中に析出している黒鉛形状球状であることから、球状黒鉛鋳鉄呼ばれている。普通鋳鉄の組織では黒鉛粒子三日月形状であるため黒鉛先端が 尖っていて、応力掛かる応力集中しやすくクラック入りやすい。このため 普通鋳鉄は大きな塑性変形に弱い。これに対して黒鉛球状球状黒鉛鋳鉄応力集中が起きにくく、ある程度塑性変形に対応出来る。
このためダクタイル鋳鉄」とも呼ばれている。

鋳鉄

読み方:イガネ(igane)

炭素含有量の多い鉄


鋳鉄

鋳者用の
薪ストーブ材質としてもっとも一般的鋳型に流すため、凹凸のある美し細部重量感特徴で、クラシックな雰囲気に。熱しにくく冷めにくいため柔らか輻射熱が得られる。

鋳鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/24 20:47 UTC 版)

鋳鉄(ちゅうてつ、いてつ、cast iron)とは、




「鋳鉄」の続きの解説一覧

鋳鉄

出典:『Wiktionary』 (2017/12/26 12:51 UTC 版)

名詞

 ちゅうてつ

  1. 2.0[1][2]-3.0パーセント以上[3]炭素のほかに少量珪素マンガンなどを含む合金

発音

東京アクセント
  • ちゅ↗ーてつ
  • ちゅ↘ーてつ

関連語

翻訳

脚注

  1. 梅棹忠夫金田一春彦阪倉篤義日野原重明 監修講談社 カラー日本語大辞典1989年ISBN 4-06-121057-2
  2. 新村出 編『広辞苑 第四版』岩波書店1991年ISBN 4-00-080101-5
  3. hasło żeliwo w: Elżbieta Sobol (red.), Mały słownik języka polskiego, wyd. XI, Wydawnictwo Naukowe PWN, Warszawa 1994. ISBN 83-01-11052-X



鋳鉄と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鋳鉄」の関連用語

鋳鉄のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鋳鉄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
材料屋.com材料屋.com
Copyright(c) 2004-2021 (有)イーマテリアル
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
薪おじさん薪おじさん
Copyright(C)2021 maki-ojisan.com All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鋳鉄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの鋳鉄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS