鋳鉄とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 加工 > 合金 > 鋳鉄の意味・解説 

ちゅう てつ ちう- [1][0] 【鋳鉄】

2.1~3.6パーセント程度炭素と、ケイ素マンガンなど若干を含む鉄合金また、その製品ねずみ鋳鉄球状黒鉛鋳鉄可鍛鋳鉄などがある。鋼に比べ溶融点が低く、もろい。

鋳鉄

英語 cast-iron

鋳鉄とは、1.7~6.7%の炭素との合金である。形状自由度大きい鋳鉄は古くから用いられ、その材料は溶湯温度が低くても湯流れがよいこと、すなわち鋳造性が高いことが必要である。そのため炭素(1.7~6.7%)とケイ素(0.5~7%)を基本成分とし、そのほかマンガンリン硫黄などを含有する。最近機械構造用材料として強度対す要求も高まっており、強さ粘り強さも高い鋳鉄が広く使用されてきている。そのために鋳鉄中の黒鉛形状および基地改善加えられている。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

鋳鉄

<普通鋳鉄> 最も多く採用されている普通鋳鉄は、JISではその色から「ねずみ鋳鉄」と表記され ている。また鋳鉄中に分散する炭素粒子黒鉛)の形が三日月状であることから 「片状黒鉛鋳鉄」とも呼ばれている。「普通鋳鉄」という名称は特別な合金元素添加ていないことを表している。

<球状黒鉛鋳鉄> 鋳鉄組織中に析出している黒鉛形状球状であることから、球状黒鉛鋳鉄呼ばれている。普通鋳鉄の組織では黒鉛粒子三日月形状であるため黒鉛先端が 尖っていて、応力掛かる応力集中しやすくクラック入りやすい。このため 普通鋳鉄は大きな塑性変形に弱い。これに対して黒鉛球状球状黒鉛鋳鉄応力集中が起きにくく、ある程度塑性変形に対応出来る。
このためダクタイル鋳鉄」とも呼ばれている。

鋳鉄

読み方:イガネ(igane)

炭素含有量の多い鉄


鋳鉄

鋳者用の
薪ストーブ材質としてもっとも一般的鋳型に流すため、凹凸のある美し細部重量感特徴で、クラシックな雰囲気に。熱しにくく冷めにくいため柔らか輻射熱が得られる。

鋳鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/16 06:04 UTC 版)

鋳鉄(ちゅうてつ、cast iron)とは、




「鋳鉄」の続きの解説一覧



鋳鉄と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鋳鉄」の関連用語

鋳鉄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鋳鉄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
材料屋.com材料屋.com
Copyright(c) 2004-2019 (有)イーマテリアル
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
薪おじさん薪おじさん
Copyright(C)2019 maki-ojisan.com All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鋳鉄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS