乱択アルゴリズムとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > コンピュータ > アルゴリズム > 乱択アルゴリズムの意味・解説 

乱択アルゴリズム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/14 07:23 UTC 版)

乱択アルゴリズム(らんたくアルゴリズム、: Randomized algorithm、ランダム・アルゴリズム)または確率的アルゴリズム(かくりつてき-、: Probabilistic algorithm)は、その論理の一部に無作為性を導入したアルゴリズムである。通常のアルゴリズムでは自然数を順番にあてはめるような決定的な部分で、乱数による非決定的な選択を入れることで、「平均的に」よい性能を実現することを目的としている。形式的には、乱択アルゴリズムの性能はランダムビット列で決定される確率変数となる。その期待値を「期待実行時間; expected runtime」と呼ぶ。最悪の場合に関して「無視できる」ほどに低い確率であることが、一般に、この類のアルゴリズムが効果的である要件となる。






「乱択アルゴリズム」の続きの解説一覧



乱択アルゴリズムと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「乱択アルゴリズム」の関連用語

乱択アルゴリズムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



乱択アルゴリズムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの乱択アルゴリズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS