工具とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 工具 > 工具の意味・解説 

こう‐ぐ【工具】

読み方:こうぐ

工作道具。特に、機械工作に用い刃物類など。


工具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 03:51 UTC 版)

工具(こうぐ)とは、工作に用いる道具である。機械加工に用いるもの、電気工事に用いるもの、大工仕事に用いるものなど様々な用途の工具がある。工作機械も工具と呼ばれる。本項目では手動工具(ハンドツール)、電動工具、空圧工具、油圧工具、計測具、大工道具、切削・研削・研磨工具等に分類されるものについて述べる。


  1. ^ a b THOMAS DUTTON 『THE HAND TOOLS MANUAL』p.1-p.6, 2007年発行、TSTC Publishing ISBN 978-1-934302-36-1
  2. ^ 技能士の友編集部『作業工具のツカイカタ』48頁から52頁、2002年8月25日13版発行。株式会社 大河出版。
  3. ^ 技能士の友編集部『作業工具のツカイカタ』134頁135頁、2002年8月25日13版発行、株式会社 大河出版。
  4. ^ 技能士の友編集部『作業工具のツカイカタ』138頁から147頁、2002年8月25日13版発行、株式会社 大河出版。


「工具」の続きの解説一覧

工具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/09 15:15 UTC 版)

「へら」の記事における「工具」の解説

工具としてのへらでは、木製の柄がついた金属製のへらがしばしば使われる先端部一直線になっており、塗装する前に古い塗料汚れはがしたり、床でこびりつき硬くなったガムはがしたり、または壁紙リノリウム床材張り替えるためにはがしたりするのに利用されるスクレーパー (工具)を参照また、陶芸分野では粘土形を整えるために木や竹で作られたへらが利用される。特に楽焼では手とへらのみで形を整える粘土彫像作る際に使用される

※この「工具」の解説は、「へら」の解説の一部です。
「工具」を含む「へら」の記事については、「へら」の概要を参照ください。


工具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/23 04:29 UTC 版)

ローラーチェーン」の記事における「工具」の解説

パイプレンチやオイルフィルターレンチなど多様な径の円柱強く締め上げて掴む工具として、ローラーチェーン対象物巻きつける構造を持つものがある

※この「工具」の解説は、「ローラーチェーン」の解説の一部です。
「工具」を含む「ローラーチェーン」の記事については、「ローラーチェーン」の概要を参照ください。


工具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/10 01:57 UTC 版)

スクレイパー」の記事における「工具」の解説

詳細は「スクレーパー (工具)を参照 機械建築などで、表面仕上げをする工具をスクレーパーという。

※この「工具」の解説は、「スクレイパー」の解説の一部です。
「工具」を含む「スクレイパー」の記事については、「スクレイパー」の概要を参照ください。


工具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/26 07:00 UTC 版)

鈍し鉄線」の記事における「工具」の解説

施工時に用いる工具 ボルトカッタ番線カッター) - 切断用いる。 ラチェットレンチ#建設ラチェットレンチ - シノ付きのもの。シノ用いて番線締め付けるハッカー (hooker) - 鉄筋結束するのに用いる。

※この「工具」の解説は、「鈍し鉄線」の解説の一部です。
「工具」を含む「鈍し鉄線」の記事については、「鈍し鉄線」の概要を参照ください。


工具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/24 22:10 UTC 版)

ワイヤーワーク」の記事における「工具」の解説

最低限「切る」「曲げる」ための道具さえあれば良い針金の太さや扱う素材作製するものによって、道具若干異なる

※この「工具」の解説は、「ワイヤーワーク」の解説の一部です。
「工具」を含む「ワイヤーワーク」の記事については、「ワイヤーワーク」の概要を参照ください。


工具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/23 08:51 UTC 版)

オートバイ用品」の記事における「工具」の解説

オートバイ整備修理ユーザー自身が行場合もあり、オートバイ特有の工具やツーリングなどに携行することを前提とした工具セットなどがある。

※この「工具」の解説は、「オートバイ用品」の解説の一部です。
「工具」を含む「オートバイ用品」の記事については、「オートバイ用品」の概要を参照ください。


工具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 07:42 UTC 版)

彫金」の記事における「工具」の解説

リューター - ピット先端工具)により削り磨き使い分ける。 バフモーター - 作品や工具の磨きに使う。 ドリル - 電動ハンドドリルなど。穴を開けるタガネ - タガネナマシ彫刻してヤキ入れして作る彫金用には片切り毛彫り丸毛彫りキサゲ 磨きヘラ 糸鋸 - 糸鋸刃は#8/0~#10(細かい刃~荒い刃)になり、細かい刃(切れやすい)は細かい作業、荒い刃(切れにくい)は荒い作業に使う。 金槌 木槌 金 溝台 ローラー 刻印 - 曲がった刻印指輪彫刻機 バイス ヤスリ - 平良面、丸面、三角面、四角面など様々なものがある。 奴床(プライヤ) - サイズや形により用途が異なる。 溶解皿 - 金属溶かす際に使用するバーナー - 通常都市ガスプロパンガスで、中には水素酸素用のバーナーもある。 ピンセット - 熱い時用、銀金ロウ使い分ける第三の手 - 固定押さえ使用する鋳造工具 洗浄機 磁気バレル - ステンレス針で素材を荒めに磨く。 メッキ装置 ゲージ ノギス 電子はかり 線引プライヤー&ニッパー すり板 旋盤

※この「工具」の解説は、「彫金」の解説の一部です。
「工具」を含む「彫金」の記事については、「彫金」の概要を参照ください。


工具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/15 03:24 UTC 版)

空気エンジン」の記事における「工具」の解説

インパクトレンチドリル歯科用ドリル英語版)や気圧式工具(英語版)は空気エンジンまたは空気モーター使用する欠点として高圧空気排気による騒音大きく、特に歯科用ドリルでは患者不快感を与えることから使用されなくなってきている。

※この「工具」の解説は、「空気エンジン」の解説の一部です。
「工具」を含む「空気エンジン」の記事については、「空気エンジン」の概要を参照ください。


工具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/02 06:24 UTC 版)

モデル・エンジニアリング」の記事における「工具」の解説

モデルエンジニアリング使用される工具として旋盤フライス盤シェーパーボール盤がある。

※この「工具」の解説は、「モデル・エンジニアリング」の解説の一部です。
「工具」を含む「モデル・エンジニアリング」の記事については、「モデル・エンジニアリング」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「工具」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

工具

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 11:46 UTC 版)

名詞

(こうぐ)

  1. 工作物機械組み立て又は分解などに用い道具

発音(?)

こ↘ーぐ

類義語

複合語

翻訳


「工具」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



工具と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

工具のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



工具のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの工具 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのへら (改訂履歴)、ローラーチェーン (改訂履歴)、スクレイパー (改訂履歴)、鈍し鉄線 (改訂履歴)、ワイヤーワーク (改訂履歴)、オートバイ用品 (改訂履歴)、彫金 (改訂履歴)、空気エンジン (改訂履歴)、モデル・エンジニアリング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの工具 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS