パナソニックとは? わかりやすく解説

パナソニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/09 07:43 UTC 版)

パナソニック株式会社: Panasonic Corporation)は、パナソニックホールディングス傘下の日本の大手電機メーカーエアコン洗濯機などといった白物家電分野をはじめ、照明器具・配線器具、B2B向けの空調事業などの分野などに重点を置く。登記上の本店は大阪府門真市に、本社機能は東京都港区東新橋パナソニック東京汐留ビル)にそれぞれ置いている。




「パナソニック」の続きの解説一覧

パナソニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 19:48 UTC 版)

ジョージ・ホワイトロック」の記事における「パナソニック」の解説

2014年日本のパナソニックワイルドナイツプレーし10試合出場したCanterbury Rugby Football Union Crusaders profile

※この「パナソニック」の解説は、「ジョージ・ホワイトロック」の解説の一部です。
「パナソニック」を含む「ジョージ・ホワイトロック」の記事については、「ジョージ・ホワイトロック」の概要を参照ください。


パナソニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 14:37 UTC 版)

テスラ (会社)」の記事における「パナソニック」の解説

2010年1月12日テスラモーターズとパナソニックは共同で電気自動車用次世代バッテリー開発を行うと発表した。パナソニックはテスラ3000ドル出資し従来の18650と比べ容量がおよそ2倍にまで高められている新しリチウムイオンバッテリー2170セル開発パワーウォールモデル3搭載される。 テスラ2016年12月ニューヨーク州バッファロー工場太陽電池セルモジュール生産開始することで合意したと発表したSolar Roof生産開始する際には、パナソニックのセル使用されるとしている。 2017年1月4日、米ネバダ州リノ建設進めていたリチウムイオン電池生産工場ギガファクトリーで、パナソニックと共同でリチウムイオン蓄電池量産開始した発表した

※この「パナソニック」の解説は、「テスラ (会社)」の解説の一部です。
「パナソニック」を含む「テスラ (会社)」の記事については、「テスラ (会社)」の概要を参照ください。


パナソニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 13:56 UTC 版)

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の記事における「パナソニック」の解説

ヤマトイスカンダルへの旅の途中乗組員芽生えた長期航行における艦内空気環境の改善」の意識を、地球への帰還後に真田が創風機「Q」をベースとしてパナソニックと共同開発したという設定で、コラボレーションを展開。本編には、真田開発したという設定第二章にQが登場する

※この「パナソニック」の解説は、「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の解説の一部です。
「パナソニック」を含む「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の記事については、「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の概要を参照ください。


パナソニック(旧・松下電器産業を含む)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 15:05 UTC 版)

DVDレコーダー」の記事における「パナソニック(旧・松下電器産業を含む)」の解説

DIGAシリーズBlu-rayレコーダーを含む)。DVD-RAM陣営詳細DIGAを参照2005年モデルからはDVD-RWにも対応。なお、2008年秋実売9万円以上の上位機種全て生産終了2009年2月には2008年時点でDVDレコーダー生産している大手メーカーでは初めてWチューナーモデルの生産終了した2007年までDVDレコーダーでは3割強のシェア持ちトップだった。2007年度僅差シャープに追い抜かれ2位となっている。また、BDレコーダーではソニーが約6割のシェア獲得し1位となっている。これは2007年年末に、商品供給追いつかなかったためであるCATV用のHDDレコーダー唯一発売し全国CATV局採用されている。機器は、月額利用料含めてレンタルされる。2番同時録画可能で地上デジタルBSデジタルCATVデジタルCSデジタルほぼ同じチャンネル)の視聴が可能。 2010年9月時点における現行モデルは「DMR-XP200」、「DMR-XP25VVHS一体型)」、「DMR-XE100地デジ専用)」の3機種のみで、2009年秋モデルDMR-XP200以降DVDレコーダー新製品発表は無い(新製品発表BDレコーダーのみ)。この3機種2011年相次いで生産終了最後まで生産されていたのは「DMR-XP25Vであった

※この「パナソニック(旧・松下電器産業を含む)」の解説は、「DVDレコーダー」の解説の一部です。
「パナソニック(旧・松下電器産業を含む)」を含む「DVDレコーダー」の記事については、「DVDレコーダー」の概要を参照ください。


パナソニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 19:02 UTC 版)

コーポレートアイデンティティ」の記事における「パナソニック」の解説

Panasonic(パナソニック)- 電化製品全般かつては日本国外映像・音響製品ブランド名最初のブランド適用商品ブランド発祥でもある同名テレビ受像機)。

※この「パナソニック」の解説は、「コーポレートアイデンティティ」の解説の一部です。
「パナソニック」を含む「コーポレートアイデンティティ」の記事については、「コーポレートアイデンティティ」の概要を参照ください。


パナソニック(旧・松下電器産業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 02:05 UTC 版)

ミニコンポ」の記事における「パナソニック(旧・松下電器産業)」の解説

コンサイス - 初めはテクニクスブランドでの生産その後現在のパナソニックブランドでも生産 / 初代A4サイズ登場コンサイス・G☆テクニクスでも最上位機種位置づけられるGの称号与えられたモデルCDプレーヤー、シングルカセットデッキ、チューナーアンプの4BOX構成だが、単品ないしセットモデル用意されていた。それぞれバーチャルバッテリーオペレーション採用しアンプのみMOSクラスAAそれ以外にはクラスA搭載されている。 コンサイスmini☆SC-CA7 - アナログパワーメーターなどのテクニクスで培われた機能高音質設計ベースに、レスティSC-CH530の殆どの機能搭載事実上SC-CH530の後継モデル。5CDチェンジャー搭載プリメインアンプNEWクラスA採用したレスティとは大きく異なり、本モデルではプリアンプパワーアンプ独立しており、パワーアンプのみNEWクラスA搭載オプション見えるラジオMDデッキに対応。 HALFコンポ(ハーフコンポ) RESTYレスティ) - 上位機種にはDCCデッキ搭載 P-COMPO(ピーコンポ) D-dockディードックSC-PMシリーズ★ SC-PMXシリーズ★☆ - 上位機種ネットワークオーディオに対応

※この「パナソニック(旧・松下電器産業)」の解説は、「ミニコンポ」の解説の一部です。
「パナソニック(旧・松下電器産業)」を含む「ミニコンポ」の記事については、「ミニコンポ」の概要を参照ください。


パナソニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/08 03:03 UTC 版)

BDレコーダー」の記事における「パナソニック」の解説

ブルーレイDIGAシリーズ詳細DIGAを参照上位機種BWシリーズ)はi.LINKTS端子搭載しているもののi.LINKHDV端子は非搭載i.LINKDV端子i.LINKTS端子兼用搭載)。2008年10月には当時世界初だったVHS搭載モデル発売第1号機:DMR-BR630V)。DVD-RAM記録できる唯一のメーカーでもあるBD-REBD-R DL開発中心企業であり現在のトップシェア(2008年末)。 2010年9月中旬からは(SPS認定パナソニックショップ限定モデル初登場第1号は「DMR-BW695」)。通常の「新らくらくリモコンに加えブルーレイ初心者でも使いやすい「簡単リモコン」とパナソニック純正HDMIケーブル付属しデジタル家電扱い不慣れな高齢者層でも使いやすい工夫施されている。本製品含めた系列店限定モデル」はパナソニック公式サイト全機種非掲載で、パナソニックショップ置かれているカタログ・チラシ類にのみ掲載されている。 2011年2月には業界初のトリプルチューナー搭載スカパーHD及びケーブルTV録画対応し最大4番組)の機種発売最上位モデル初の3TBHDDを搭載している。 なおハイビジョンディーガはDMR-XP25V最後に2011年11月限り生産終了となり、パナソニックはソニー三菱電機次いで3番目にBDレコーダーのみの生産へと移行した同時期VHS一体型ブルーレイディーガ生産DMR-BR670V最後に終了)。 また2013年以降モデルより(DMR-BXT3000皮切りにBD業界で(ソニー次いで国内2番目となる「(ディーガBDプレーヤー全機種を対象とした)アナログAV出力端子全廃」に踏み切っており、TV受像機とはHDMIケーブルでしか繋げなくなっている。このため2005年以前製造ビエラ(LX500・PX/LX50・LD60・D65各シリーズ以前HDMI端子搭載=ビエラリンク非対応機種)とは組み合わせ不可従来型アナログTV受像機における外付デジタルチューナーとしての使用不可)。加えて(デジタルコードレスサラウンドヘッドホンなどとの組み合わせ可能な光デジタル出力端子ディーガについては「BZTシリーズ(トリプルチューナー搭載モデル)」と「BXTシリーズ(トリプルチューナー+チャンネル録画機能搭載モデル)」のみへの搭載となり、Wチューナーモデル(BWTシリーズ)とシングルチューナーモデル(BRT/BRシリーズ)は2011年モデル(DMR-BWT510/BRT300)を最後に光デジタル出力端子廃止した。 なおパナソニックでは純正レンズクリーナー「RP-CL720A」を発売しており、ディーガのレンズクリーニングにはパナソニック純正「RP-CL720A」の使用推奨されている。

※この「パナソニック」の解説は、「BDレコーダー」の解説の一部です。
「パナソニック」を含む「BDレコーダー」の記事については、「BDレコーダー」の概要を参照ください。


パナソニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 08:29 UTC 版)

温水洗浄便座」の記事における「パナソニック」の解説

パナソニック(旧:松下電器産業)の商品名はビューティ・トワレ、パナソニック電工(旧:松下電工)の商品名はクリーンシャワレ。パナソニックブランドであるが、クリーンシャワレはビューティ・トワレに統合される形でナショナルブランド時代廃止された。また、1980年代半ば以前の旧松下電工製品はクリーンベンザの商標用いていた。また、系列住宅メーカーパナホームブランドのものもあった。多く電器量販店での販売であるがシェア的に小さいものの便器発売しており、一体型発売されている。ノズルINAXと同様2本ノズル式が主流であったが、最新機種1本ノズルになっている。ビューティ・トワレでは近年機種ではノズルステンレス製になっている。また最近では除菌脱臭に「ナノイー」が採用された機種やアラウーノの激落ちバブル同様に台所用洗剤使用し同じような効果を得る「泡コート」を採用した機種もある。 ビューティ・トワレ AWKWH、UF20(エコナビ搭載 便座シャワー瞬間式)、RGRJ(シャワーのみ瞬間式)、Mシリーズ(旧・パナソニック電工扱い) ビューティ・トワレ EJX(貯湯式)、Sシリーズ(旧・パナソニック電工扱い)・UF20、EJXは本体スイッチ式、その他はリモコン式 クリーンシャワレホテル向けの一部機種は現在も、旧松下電工系のクリーンシャワレを継続販売している。 温水洗浄便座一体型便器/専用便座組み合わせ便器アラウーノ/アラウーノS/アラウーノV 2006年12月1日発売瞬間式。便器材質陶器ではなく有機ガラス系の新素材便器洗浄洗剤混ぜて汚れ落としやすくする「激落ちバブル機能搭載2010年製品からはエコナビ搭載商品発売された。2008年7月貯湯式のアラウーノSを発売(機能はアラウーノとほぼ共通。2012年2月21日には組み合わせ便器アラウーノVを発売

※この「パナソニック」の解説は、「温水洗浄便座」の解説の一部です。
「パナソニック」を含む「温水洗浄便座」の記事については、「温水洗浄便座」の概要を参照ください。


パナソニック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 02:00 UTC 版)

Lマウントレンズの一覧」の記事における「パナソニック」の解説

パナソニックがLUMIXブランド製造販売したLマウントアライアンス純正レンズ全て35mmフルサイズ用であり、APS-Cレンズ販売計画はない。 Dual I.S.2に対応したレンズは、対応したカメラボディ手ブレ補正(B.I.S.)とレンズ手ブレ補正(O.I.S.)の連動を行うことができる。 S PROラインSライン存在する。S PROレンズは「Certified by LEICA」としてライカカメラ社の品質基準に基づき、ライカカメラ社が認定した測定機器品質保証システムによって生産されている。

※この「パナソニック」の解説は、「Lマウントレンズの一覧」の解説の一部です。
「パナソニック」を含む「Lマウントレンズの一覧」の記事については、「Lマウントレンズの一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「パナソニック」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「パナソニック」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類

日本の電気機器メーカー エコリカ  ソニーエナジー・デバイス  パナソニック  タムラ製作所  東北フジクラ
大阪府の企業 スタジアムプロモーション  鶴原製薬  パナソニック  はくぶん  劇団カッパ座
半導体企業 コネクサント  コバレントマテリアル  パナソニック  Realtek  マイクロン・テクノロジ
コンピュータ企業 メイテック  シンクレア・リサーチ  パナソニック  日本ヒューレット・パッカード  アムストラッド
日本のカメラメーカー・ブランド レオタックスカメラ  アイレス写真機製作所  パナソニック  LUMIX  ミランダカメラ
日本のガス器具メーカー 高木産業  ハウステック  パナソニック  ノーリツ  リンナイ
社会人野球チーム 函館太洋倶楽部  横浜中央クラブ  パナソニック  大和高田クラブ  東京好球倶楽部

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「パナソニック」に関係したコラム

  • 株式の投資判断とされるR&D比率とは

    株式の投資判断とされるR&D比率とは、売上高のR&Dの割合をパーセンテージで表したものです。R&D比率は、売上高研究開発費比率ともいいます。R&D比率のR&Dとは研究開発費のことです。一般的にR&D比...

  • 株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは

    株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは、自己資本と有利子負債との比率を表したものです。D/Eレシオともいいます。有利子負債自己資本比率の有利子負債には、長期借入金、短期借入金、普通社債、転換...

  • 株式の大型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

  • 株式の投資基準とされるPBRとは

    株式の投資基準とされるPBR(Price Book-value Ratio)とは、時価総額が株主資本の何倍かを示す指標のことで、株価純資産倍率とも呼ばれています。PBRは、次の計算式で求めることができ...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「パナソニック」の関連用語

パナソニックのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パナソニックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリパナソニックの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパナソニック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジョージ・ホワイトロック (改訂履歴)、テスラ (会社) (改訂履歴)、宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち (改訂履歴)、DVDレコーダー (改訂履歴)、コーポレートアイデンティティ (改訂履歴)、ミニコンポ (改訂履歴)、BDレコーダー (改訂履歴)、温水洗浄便座 (改訂履歴)、Lマウントレンズの一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS