ミニコンポとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 機器 > 音響機器 > 音響機器 > ミニコンポの意味・解説 

ミニコンポ

minicomponentから》スピーカー・アンプ・プレーヤーなどがそれぞれ独立していて、机の上置ける程度小型のオーディオシステム


ミニコンポ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/13 04:29 UTC 版)

ミニコンポ和製英語: mini compo)とは小型のコンポーネントステレオといったような意味だが、主として日本で発展したオーディオ機器の一形態である。


  1. ^ 略して「コンポ」
  2. ^ 約432ミリ
  3. ^ 広告媒体で使用。
  4. ^ 製品本体バッジに使用。
  5. ^ 1980年代
  6. ^ 略称「シスコン」
  7. ^ いわゆるコンポ以前の「セパレート型ステレオ」に相似している
  8. ^ 尤も、「ユニットコンポ」という名称に限ってはかつて小学館から発行されていたオーディオ専門誌「サウンドレコパル」、および「レコパル」(旧・FMレコパル)での総称だった。
  9. ^ CDケース数枚程度
  10. ^ Olasonicブランド
  11. ^ 価格を抑えるため、Bluetoothを省く、外部入力を省くといったメーカー独自の対応もある。とうしょうはAMのループアンテナすら省いたモデルがある。TEACの2011年の製品LP-R550USBが元祖だが、2015年のとうしょう製品を皮切りに次々と多くのメーカーが発売し同機能を模倣した。
  12. ^ 注文殺到の全部入り音楽プレーヤーに「MDがハブられている」とツッコミ…メーカーにスルーした理由を聞いた”. news.mixi.jp. news.mixi.jp. 2021年2月22日閲覧。
  13. ^ ターンテーブル・カセットプレーヤー付CDレコーダー LP-R520”. teac.jp (2018年5月10日). 2018年9月26日閲覧。
  14. ^ ターンテーブル・カセットプレーヤー付CDレコーダー LP-R550USB”. teac.jp (2018年5月10日). 2018年9月26日閲覧。
  15. ^ ターンテーブル・カセットプレーヤー付CDレコーダー LP-R560K”. teac.jp (2019年1月16日). 2019年1月26日閲覧。
  16. ^ ステレオコンポーネントシステムのCD対応シリーズ。オプションで「CDP-101」が組み込めるようになっている。
    『昭和55年 写真生活』(2017年、ダイアプレス)p104
  17. ^ 2017年ブランドおよび法人復活。
  18. ^ SANSUIシステムステレオ”. doshisha-av.com. 2019年6月3日閲覧。


「ミニコンポ」の続きの解説一覧

ミニコンポ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 06:46 UTC 版)

コンポーネントステレオ」の記事における「ミニコンポ」の解説

詳細は「ミニコンポ」を参照 システムコンポブーム一段落した後、さらに一回り小さいミニコンポや、もうひと回り小さい「ミニミニコンポ」が現れたその後に現れた左右スピーカー本体という3ピース構成で、ある種コンポ以前への先祖返りとも言える構成のオーディオシステムまで含め「ミニコンポ」と今日では全て含めて総称しており、オールインワンタイプの製品に次ぐ普及帯のオーディオ製品となっている。ミニコンポは一般にシスコンである。2010年代には、システムコンポではなく単品コンポ的なスペックとごく小さな筐体サイズCDケース数枚分)という新しコンセプト製品が、東和電子(Olasonicブランド)からNANOCOMPOという名前で登場した

※この「ミニコンポ」の解説は、「コンポーネントステレオ」の解説の一部です。
「ミニコンポ」を含む「コンポーネントステレオ」の記事については、「コンポーネントステレオ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ミニコンポ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミニコンポ」の関連用語

ミニコンポのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ミニコンポのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミニコンポ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのコンポーネントステレオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS