コンポーネントステレオとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 機器 > 音響機器 > 音響機器 > コンポーネントステレオの意味・解説 

コンポーネント‐ステレオ

《(和)componentstereo》アンプ・チューナー・プレーヤー・スピーカーなどがそれぞれ独立した単体で、それらを組み合わせて使うオーディオシステム。レイアウトが自由で、各部分を買い替えグレードアップもできる。コンポ。ステレオコンポ。コンポステレオ。→ミニコンポ

[補説] 英語ではstereo component system


コンポーネントステレオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/22 23:59 UTC 版)

コンポーネントステレオ和製英語: component stereo, 英語: stereo component system)は、スピーカーアンププレーヤーなどがそれぞれ独立し単体化された形態のステレオ[1]。(「複数のコンポーネントで構成されたステレオ方式の音響再生装置」という意味の用語[2]) 略して「コンポ」と呼ばれることもある。


  1. ^ a b 精選版 日本国語大辞典、コンポーネントステレオ
  2. ^ 「ステレオ」はもともと、左・右の音をべつべつに扱う、2ch方式(音響信号のチャネル(通る経路、通る回路)が、左・右別に、2つある方式)の音響方式を指す用語。現在では、「ステレオ」一言でステレオ方式の再生装置を意味する使い方はやや歴史的である。今日ではステレオ方式の音響再生装置は、単に「オーディオ装置」「オーディオセット」や単に「オーディオ」と呼んで済ませてしまうことが多い。というのは、音楽鑑賞の分野で、かつてモノラル方式が主流だった時代にステレオ方式が登場し普及してゆく段階では「ステレオ(方式)」であることを強調することは重要でそちらに比重を置いた(かつ短縮化するために後半の「オーディオ(装置)」を削った)のだが、その後、モノラル方式のオーディオ装置は、ステレオ方式に負けて世の中から消滅してしまったため、モノラル装置の消滅後は、「ステレオ(方式)」ということをわざわざ強調しなくてもそうに決まっている、という判断が働いている。つまり、「ステレオ(方式)オーディオ(装置)」の前半部分は省略して後半部分の「オーディオ」だけを残すなどして用語の短縮化を行っているのが現在の状況なのである。
  3. ^ モノラルレコードの再生装置は以前からあった。ちょうどこの頃レコードがステレオ化されたのである。
  4. ^ 翌 1959年、さらに AM ステレオチューナーが発売された。このように後から追加できるのもコンポーネントステレオの利点である。
  5. ^ シスコンが登場してから、シスコンでないコンポーネントステレオのことをレトロニムで「バラコン」(機器がバラバラという意味)という呼び方をする人も一部で現れたが、でっちあげ気味の言葉であるし、また上品な表現でもないとされている。


「コンポーネントステレオ」の続きの解説一覧



コンポーネントステレオと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コンポーネントステレオ」の関連用語

コンポーネントステレオのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コンポーネントステレオのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコンポーネントステレオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS