ステレオとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > ステレオ > ステレオの意味・解説 

ステレオ【stereo】

読み方:すてれお

テレビ・ラジオ・オーディオなどで、立体感得られるように音響再生する方式また、その装置。2個以上のマイクロフォン使って録音し複数スピーカー再生して音の空間での分布再現する

多く複合語形で用い立体の、固い、などの意を表す。


ステレオ

作者岸本ジェシカ

収載図書秘密の箱
出版社文芸社
刊行年月2005.11


ステレオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 08:42 UTC 版)

ステレオ (: stereo) は、音響工学ではステレオフォニック (stereophonic, 英語版ではstereophonic sound) の略語であり、左右2つのスピーカーで音声を再生する方式のことである。対比されている概念はモノラル


注釈

  1. ^ デューク・エリントンと彼のオーケストラも偶然から1932年2月3日にステレオ録音を行った(RCAビクターによる録音)。当時、マイクを複数設置して同時に録音するやり方が普通に行われていた。これは後でそれぞれを聞き比べて最もよいマイク位置を選択するためである。また、マスター盤に何かあった場合のスペアの意味もあった。あるコレクターが同時に録音されたものを複数入手し、それらを同時に再生するとステレオになることに気づいた。これが後に22枚組CD "The Duke Ellington Centennial Edition" に入れられ、販売されている。同様の例は1933年4月11日エドワード・エルガーが自身の指揮でBBC交響楽団と共にアビー・ロード・スタジオで録音した「コケイン」(後半の5分が現存)などでも見られ、エルガーの「ステレオ」録音はオリジナルの録音と共にナクソスから発売されている[4]
  2. ^ ただし、この録音はステレオとモノラルの双方の方式で行われており、実際にレコードとして発売されたのはモノラル録音のほうであった。このステレオ録音は結局はレコードとして発売されず、そのうちに第4部の「奈落への騎行」の一部だけを残してテープが行方不明になってしまった。
  3. ^ RCA社としての最初期のステレオ録音のうちで実際にレコードとして発売された最初のものは、1954年3月6日録音のフリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団の演奏によるリヒャルト・シュトラウス「サロメ~7枚のヴェールの踊り」(インゲ・ボルク〈Sp〉)と同『英雄の生涯』である。
  4. ^ Chronomedia: 1982.Chronomediaには1982年12月10日が日本のテレビがステレオ放送の本放送開始日と記述されており、それ以前の約4年2ヵ月間を試験放送とみなしているなど、諸説ある。

出典

  1. ^ Early Radio History. Scientific American, December 31, 1881, pages 422–23. The Telephone at the Paris Opera Retrieved March 27, 2009.
  2. ^ "Court Circular", The Times (London), Nov. 6, 1895, p. 7. "Post Office Electrical Engineers. The Electrophone Service", The Times (London), Jan. 15, 1913, p. 24. "Wired Wireless", The Times (London), June 22, 1925, p. 8.
  3. ^ “Early stereo recordings restored”. BBC. (2008年). http://news.bbc.co.uk/2/hi/technology/7537782.stm 2008年8月7日閲覧. "Blumlein lodged the patent for 'binaural sound' in 1931, in a paper that patented stereo records, stereo films, and also surround sound. He and his colleagues then made a series of experimental recordings and films to demonstrate the technology to see if there was any commercial interest from the fledgling film and audio industry." 
  4. ^ 1933年、「偶然の」ステレオ
  5. ^ B.B. Bauer, "Some Techniques Toward Better Stereophonic Perspective", IEEE Transactions on Audio, May–June 1963, p. 89.
  6. ^ "Radio Adds Third Dimension", Popular Science, Jan. 1953, p. 106.
  7. ^ "Sound Waves 'Rock' Carnegie Hall as 'Enhanced Music' is Played", The New York Times, April 10, 1940, p. 25.
  8. ^ "New Sound Effects Achieved in Film", The New York Times, Oct. 12, 1937, p. 27.
  9. ^ Nelson B. Bell, "Rapid Strides are Being Made in Development of Sound Track", The Washington Post, April 11, 1937, p. TR1.
  10. ^ Motion Picture Herald, September 11, 1937, p. 40.
  11. ^ Andrew R. Boone, "Mickey Mouse Goes Classical", Popular Science, January 1941, p. 65.
  12. ^ CinemaScope Widescreen Museum
  13. ^ Camelot (1967) IMDb
  14. ^ "Commercial Binaural Sound Not Far Off", Billboard, Oct. 24, 1953, p. 15.
  15. ^ "Adventures in Sound", Popular Mechanics, September 1952, p. 216.
  16. ^ "Tape Trade Group to Fix Standards", Billboard, July 10, 1954, p. 34.
  17. ^ "Hi-Fi: Two-Channel Commotion", The New York Times, November 17, 1957, p. XX1.
  18. ^ Jazzbeat 2007-10-26
  19. ^ Harry R. Porter history
  20. ^ Audio Fidelity advertisement, Billboard, Dec. 16, 1957, p. 33.
  21. ^ "Mass Produced Stereo Disk is Demonstrated", Billboard, Dec. 16, 1957, p. 27.
  22. ^ Alfred R. Zipser, "Stereophonic Sound Waiting for a Boom", The New York Times, August 24, 1958, p. F1.
  23. ^ "Audio Fidelity Bombshell Had Industry Agog", Billboard, Dec. 22, 1962, p. 36.
  24. ^ Bruce Laing, The Audio Fidelity Database, 2007. 同じタイトルがモノラルのレコードとステレオテープで以前リリースされていた。"New Releases", Billboard, Oct. 28, 1957, p. 12.
  25. ^ "'45-45' Stereo Disks On the Way", The New York Times, January 12, 1958, p. X11.
  26. ^ Sylvan Fox, "Disks Today: New Sounds and Technology Spin Long-Playing Record of Prosperity", The New York Times, August 28, 1967, p. 35.
  27. ^ RCA Victor Red Seal Labelography (1950–1967) Archived 2012年1月11日, at the Wayback Machine..
  28. ^ "Mfrs. Strangle Monaural", Billboard, Jan. 6, 1968, p. 1.
  29. ^ W-G-N and WGNB to Unveil New 'Visual' Sound", The Chicago Tribune, May 19, 1952, p. B-6.
  30. ^ "News of TV and Radio", The New York Times, Oct. 26, 1952, p. X-11. "Binaural Devices", The New York Times, March 21, 1954, p. XX-9.
  31. ^ "Binaural Music on the Campus", Popular Science, April 1953, p. 20.
  32. ^ Commentary: Dick Burden on FM Stereo Revisited”. RADIOWORLD (2007年2月1日). 2009年9月22日閲覧。
  33. ^ "Conversion to Stereo Broadcasts on FM is Approved by F.C.C.", The New York Times, April 20, 1961, p. 67.
  34. ^ "Stereophonic FM Broadcast Begun by WEFM", The Chicago Tribune, June 2, 1961, p. B-10.
  35. ^ "Theater to Have Special Sound System for TV", Los Angeles Times, Dec. 5, 1952, p. B-8.
  36. ^ "A Television First! Welk Goes Stereophonic" (advertisement), Los Angeles Times, September 10, 1958, p. A-7.
  37. ^ "Dealers:—Lawrence Welk Leads in Stereo!" (advertisement), Billboard, Oct. 13, 1958, p. 23.
  38. ^ "Expect Giant TV Stereo Audience", Billboard, Oct. 20, 1958, p. 12.
  39. ^ 例えば: Jack Gould, "TV: Happy Marriage With FM Stereo", The New York Times, Dec. 26, 1967, p. 67.
  40. ^ a b "Japan's Stereo TV System", The New York Times, June 16, 1984.
  41. ^ Peter W. Kaplan, "TV Notes", New York Times, July 28, 1984, sec. 1, p. 46.


「ステレオ」の続きの解説一覧

ステレオ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 08:01 UTC 版)

名詞

  1. 左右2つスピーカー使って音声再生する方式
    1. この方式を利用した装置

語源

翻訳

関連語


「ステレオ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ステレオと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ステレオのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ステレオのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
サラウンドWebサラウンドWeb
Copyright Japan Audio Society All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのステレオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのステレオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS