耳とは?

みみ【耳】

頭部左右にあり、聴覚および平衡感覚つかさどる器官哺乳類では耳介(じかい)(耳殻(じかく))張り出し鳥類とともに外耳中耳内耳の3部分からなる爬虫(はちゅう)類・両生類では中耳内耳があり、鼓膜露出魚類では内耳だけで、平衡器としての働き大きい。「耳まで真っ赤になる」

聞く能力聴力また、聞くこと。聞こえること。「耳がいい」「耳に快い音楽

耳のように器物両側ついている部分取っ手。「鍋の耳」「水差しの耳」

紙や食パンなどのふち・へり。織物で、横糸折り返す部分。「パンの耳」「紙の耳をそろえる」

針の糸を通す穴。めど。「針の耳

本製本書籍で、背の両側のやや隆起した部分

兜(かぶと)の吹き返し異称

大判小判のふち。転じて、その枚数

千両小判—がかけてもならぬ」〈浄・傾城酒呑童子

[下接語] 兎(うさぎ)耳・聞き耳・小耳・笊(ざる)耳・地獄耳・空(そら)耳・垂れ耳・遠耳・寝耳初耳早耳・僻(ひが)耳・福耳袋耳

耳の画像
耳の画像
(1)表紙 (2)耳 (3)背 (4)地 (5)角
耳の画像
耳(6)

じ【耳】

[音](漢) ニ(呉) [訓]みみ のみ

学習漢字1年

[一]〈ジ〉

みみ。「耳朶(じだ)・耳鼻科外耳心耳俗耳内耳馬耳

耳で聞くこと。「耳順

[二]〈みみ〉「耳元空耳早耳福耳


英訳・(英)同義/類義語:auris, ear

動物聴覚器官の総称耳介から鼓膜に至る外耳耳小骨からなる中耳蝸牛管をもつ内耳から構成される。
「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  網膜  網膜色素上皮  繊維性結合組織  耳  耳下腺  耳介  耳小骨

織端、耳 SELVAGE

縁(ふち)かがりなどをしなくても、ほつれないように仕上げカーペットの織端。

トンソク・ミミ(足・耳)

トンソク トンソクは1本250~300g程度ありますカルシウムが100g中に179mg前後ずば抜けて多くタンパク質も高い値となっています。ミミについても、大部分タンパク質構成されていますが、共にコラーゲンがその主成分となっているため、とてもヘルシー食品言えましょう
いずれも軟骨のようなコリコリとした歯ごたえがあり、くせのないあっさりとした味をしています。

読み方:ミミmimi

所在 鳥取県倉吉市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/16 04:25 UTC 版)

(みみ)は、動物器官の1つで、を適刺激とする感覚器であると同時に、重力の向きと加速度を適刺激とする感覚器でもある。一般に、聴覚にとって重要な器官として広く認知されているが、聴覚以外にも平衡感覚と回転覚を感知しているため、合わせて平衡聴覚器とも言う[1]


  1. ^ a b c d e f g h i j k l 解剖学第2版、p.153-157、平衡聴覚器
  2. ^ Stenström, J. Sten: Deformities of the ear; In: Grabb, W., C., Smith, J.S. (Edited): “Plastic Surgery”, Little, Brown and Company, Boston, 1979, ISBN 0-316-32269-5 (C), ISBN 0-316-32268-7 (P)
  3. ^ a b チャールズ・ダーウィン、1871年、『人類の由来(及び雌雄淘汰より見たる男女の関係)英語版』、John Murray: London.
  4. ^ Mr. St. George Mivart, Elementary Anatomy, 1873, p. 396.
  5. ^ Lam SM. Edward Talbot Ely: father of aesthetic otoplasty. [Biography. Historical Article. Journal Article] Archives of Facial Plastic Surgery. 6(1):64, 2004 Jan-Feb.
  6. ^ Siegert R. Combined reconstruction of congenital auricular atresia and severe microtia. [Evaluation Studies. Journal Article] Laryngoscope. 113(11):2021-7; discussion 2028-9, 2003 Nov.
  7. ^ Trigg DJ. Applebaum EL. Indications for the surgical repair of unilateral aural atresia in children. [Review] [33 refs] [Journal Article. Review], American Journal of Otology. 19(5):679-84; discussion 684-6, 1998 September
  8. ^ 解剖学第2版、p.135-139、神経系 4.末端神経系 1)脳神経
  9. ^ Greinwald, John H. Jr MD; Hartnick, Christopher J. MD The Evaluation of Children With Hearing Loss. Archives of Otolaryngology — Head & Neck Surgery. 128(1):84-87, January 2002
  10. ^ 中西準子、岸本充生『トルエン』NEDO技術開発機構・産業技術総合研究所化学物質リスク管理研究センター、丸善〈詳細リスク評価書シリーズ〉、2005年、43頁。ISBN 4-621-07519-5
  11. ^ a b c 『トルエン』64頁。
  12. ^ 『トルエン』65頁。
  13. ^ 『トルエン』87頁。
  14. ^ [1]
  15. ^ [2]
  16. ^ [3]
  17. ^ Piper, Ross (2007), Extraordinary Animals: An Encyclopedia of Curious and Unusual Animals, Greenwood Press.
  18. ^ Scoble, M. J. 1992. The Lepidoptera: Form, function, and diversity. オックスフォード大学出版局
  19. ^ Deborah S. Sarnoff, Robert H. Gotkin, and Joan Swirsky (2002). Instant Beauty: Getting Gorgeous on Your Lunch Break. St. Martin's Press. ISBN 0-312-28697-X. http://books.google.com/books?id=ljeY_Tvyl_MC&pg=PA60&ots=pt_I8xjg9k&dq=earlobe+tear+earring&sig=YBnRJSoIUiA1Kjhrzpq_Odd_0yk 



出典:『Wiktionary』 (2019/10/30 14:42 UTC 版)

読み

名詞

  1. みみ聴覚感ず感覚器及びその周辺器官
  2. みみ)特に哺乳類で、語義1の器官に音を集め働き有する器官耳朶みみたぶ
  3. みみ傾聴する意思
    • 聞くを持たない。 の痛い話だ。
  4. (仏教) 聴覚機能聴覚器官五根六根十二処のひとつ。耳根にこん耳処にしょウィキペディア三科」、「五位」も参照)。

翻訳

語義1

助詞(漢文

  1. 漢文読み下しで)のみ。~だけ。
  1. 「直不百歩」(ただ、百歩ならざるのみ

熟語

  • 耳処にしょ

手書きの字形について


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



耳と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「耳」に関係したコラム

  • FXの円高、円安とは

    FX(外国為替証拠金取引)では、円高、円安という言葉をよくにします。例えば、USD/JPYが1ドル81.50円から81.30円へ値動きした場合には、円の価値が高くなったので、「20銭の円高」といいま...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「耳」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
96% |||||

5
96% |||||

6
96% |||||

7
96% |||||

8
96% |||||

9
96% |||||

10
96% |||||

耳のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



耳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ニッシンニッシン
Copyright (C) 2021 NISSIN CARPET CO., LTD. All Rights Reserved
サイボクサイボク
Copyright(C)2021株式会社埼玉種畜牧場
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの耳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS