三科とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 三科の意味・解説 

三科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/01 04:28 UTC 版)

三科(さんか)とは部派仏教における、世界を在らしめる『一切』を分類した三範疇、五蘊(五陰)・十二処十八界をいう。蘊・処・界、または陰・界・入と略すこともある[2]。また、六根六境六識の三範疇をいうこともある。


  1. ^ a b 図解雑学 般若心経 2003, p. 97.
  2. ^ 阿含経のほか大乗経典でも、鳩摩羅什訳『摩訶般若波羅蜜経 無生品第二十六』(T0223_.08.0270c01)などにみられる。
  3. ^ a b c d e 櫻部 1981, p. 69.
  4. ^ 村上 2010, p. 233~234.
  5. ^ a b 図解雑学 般若心経 2003, p. 96.
  6. ^ a b c d e f 櫻部・上山 2006, p. 60.
  7. ^ a b c 村上 2010, p. 233.
  8. ^ a b c d e f 岩波仏教辞典 1989, p. 851.
  9. ^ a b c d e f g h 櫻部・上山 2006, p. 仏教基本語彙(1)-(10).
  10. ^ 櫻部・上山 2006, p. 94.
  11. ^ 「意根」 - デジタル大辞泉、小学館。
  12. ^ a b 櫻部 1981, p. 138.
  13. ^ a b c d 櫻部 1981, p. 64.
  14. ^ 櫻部 1981, p. 64-65.
  15. ^ 五欲とは - ブリタニカ国際大百科事典/大辞泉/大辞林/コトバンク
  16. ^ 櫻部 1981, p. 73.
  17. ^ 櫻部 1981, p. 70.
  18. ^ 櫻部・上山 2006, p. 60-61.
  19. ^ 櫻部・上山 2006, p. 105.
  20. ^ デジタル大辞泉『五識』 - コトバンク
  21. ^ a b c d e f 櫻部・上山 2006, p. 108.
  22. ^ 櫻部 1981, p. 65.
  23. ^ 岩波仏教辞典 1989, p. 851-852.
  24. ^ 櫻部・上山 2006, p. 65.
  25. ^ a b 櫻部 1981, p. 66.
  26. ^ 櫻部 1981, p. 70~71.
  27. ^ 例えば『仏説長阿含経 巻第八 第二分衆集経第五』(T0001_.01.0051c19~26)
  28. ^ 雑阿含経 巻第八 一九五』(T0099_.02.0050a13~23)等。また大乗経典の『摩訶般若波羅蜜経 巻第二 往生品第四』(T0223_.08.0231b19~20)にも見られる。
  29. ^ 櫻部 1981, p. 72~73.


「三科」の続きの解説一覧

三科

出典:『Wiktionary』 (2018/04/07 00:56 UTC 版)

名詞

(さんか)

  1. (仏教) 仏教において、世界構成する一切分類した三つ範疇のこと。五蘊ごうん十二処じゅうにしょ十八界じゅうはちかいをいう。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三科」の関連用語

三科のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



三科のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの三科 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの三科 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS