十二処とは? わかりやすく解説

十二処

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/01 04:28 UTC 版)

三科」の記事における「十二処」の解説

十二処(じゅうにしょ)または十二入(「処」は梵: āyatana) - 12の知覚生じる場。六根六境後に「処」の字をつけて呼ぶこともある。「処」とは、阿毘達磨倶舎論においては心と心作用(心所)の生じてくる門(生門(しょうもん))のこと。 六根ろっこん、梵: ṣaḍ-indriya) - 主観の側の六種器官感官のこと。六内入処(ろくないにゅうしょ)とも。 眼(げん、梵: cakṣus) - 視覚能力もしくは視覚器官 耳(に、梵: śrotra) - 聴覚能力もしくは聴覚器官 鼻(び、梵: ghrāṇa) - 嗅覚能力もしくは嗅覚器官 舌(ぜつ、梵: jihvā) - 味覚能力もしくは味覚器官 身(しん、梵: kāya) - 触覚能力もしくは触覚器官 意(い、梵: manas) - 知覚能力もしくは知覚器官 眼・耳・鼻・舌・身の5つを「五根」といい、人間感覚能力 すなわち五感であり、意は認識するはたらき拠り所となる感官である。 六境ろっきょう、梵: ṣaḍ-viaya) - 客観の側の六種対象感官対象のこと。六外入処(ろくげにゅうしょ)とも。 色(しき、梵: rūpa) - 眼根によって見られる色彩と形象 「色 (仏教)」も参照 .mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:"ruby"0}顕色けんじき)(いろ)と形色(ぎょうしき)(かたち)の2種類分たれ、また、青、黄、赤、白、長、短、方、円、高(凸形)、下(凹形)、正(規則的な形)、不正(不規則な形)、、煙、塵、、影、光、明、闇の20種に分たれる。 声(しょう、梵: śabda) - 聴覚の対象 苦楽感覚を発する有情身の発する音そうでない音、意味を伝える音とそうでない音、および快い音そうでない音との別により8種に分たれる。 香(こう、梵: gandha) - 嗅覚対象 良い香りと悪い香り適度な香りそうでない香りの別により4種分たれる。 味(み、梵: rasa) - 味覚対象 甘さ酸っぱさ、しおからさ、辛さ苦さ渋さの6種に分たれる。 触(そく、梵: sparśa) - 身根によって感じられる堅さ熱さ重さなど 滑らかさ粗さ重さ軽さ冷たさ、ひもじさ、渇きの7種、および地、、火、風の4種(四大もしくは四大種という)の合計11種に分たれる。 法(ほう、梵: manas) - 意根によって知覚される概念を含むすべて存在 また、五根対応する境の部分(色・声・香・味・触)を五境、そこに生じる欲を五欲五塵)と表現したりもする。五根五境あわせて十色界という。 六根六境(、後述六界)の順序は、現在の法を対象とするものを先にし、四大種によって作られた色(所造色)のみを対象とする眼、耳、鼻、舌を先にし、より遠い対象作用するものを先にし(眼、耳の順)、より速やかに明らかに作用するものを先とし(鼻、舌の順)、あるいは感覚器官位置の高いほど先とし(眼、耳、鼻、舌の順で、身は多くの部分がこの下にあるからこれらの次とし、意はとどまる場所がないから最後となる)。

※この「十二処」の解説は、「三科」の解説の一部です。
「十二処」を含む「三科」の記事については、「三科」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「十二処」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

十二処

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 06:54 UTC 版)

名詞

じゅうにしょ)

  1. (仏教) 存在体系三科のひとつ人間認識を行う場や条件分類したもの主観の側の6つ器官である「六根ろっこん」(げんぜつしん)および、客観の側の6つ対象である「六境ろっきょう」(しきしょうこうそくほうからなるウィキペディア三科」も参照)。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

十二処のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



十二処のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの三科 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの十二処 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS