身とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > > の意味・解説 

読み方:み



人の体、主に胴体を指す語。あるいは自分という存在やその社会的立ち位置抽象的指し示す語。

物の部分指して「身」という場合は、表層的表面的要素付属的・装飾的要素対比して「本体となる部分」を指す意味で「身」の語が用いられる。たとえば「刀身」は、鞘や柄などの「拵え」に対し、刃を含む本体部分を指す。箱については「身」は「」と対比され、下側の、物を収める容器部分指して「身」という。

む【身】

「身(み)」の古形。「身代わり」「身ざね」など、複合語として用いられる。


み【身】

《「実」と同語源》

[名]

生きている人間のからだ。身体。「茂み身を隠す」「装飾品身につける

わが身。自分自身。「身を犠牲にする」「だまっている方が身のためだぞ」「身の危険感じる」

自分が何かをやろうとする心。誠心。「勉強身が入らない

地位身分立場。「身のほどをわきまえる」「家族扶養する身」「他人の身になって考える」

皮や骨に対し、食べられる部分。肉。「の身をむしる」「身の小さな(はまぐり)」

容器の、ふたに対して物を入れる部分また、ふた付きの鏡などで、ふたに対して本体のほう。

衣服の袖・襟・衽(おくみ)などを除き、胴体を覆う部分身頃(みごろ)。

刀の、鞘(さや)に収まっている刃の部分刀身

木の、皮に包まれた部分

10 身ぶり。

「少し案じる―ありてうなづき」〈咄・鹿の子餅

[代]

一人称人代名詞。わたし。それがし中世近世で用いられた上品でやや尊大言い方

「―が申すやうは」〈伽・三人法師

二人称人代名詞。「お」「おん」に続けて用いられる。→御身(おみ・おんみ)

[下接語] 赤身当たり身当て身脂身・新(あら)身・生身・入り身・浮き身憂き身受け身後ろ身打ち身・現(うつ)し身・上(うわ)身・大身・御(お)身・御(おん)身・影身片身肩身・空(から)身・変わり身黄身切り身黒身・笹(ささ)身・刺し身差し身下身死に身白身親身(しんみ)・剝(す)き身・捨て身・擂(す)り身・総身反り身立ち身作り身中身長身・生(なま)身・抜き身・裸(はだか)身・肌身半身一つ身人身独り身不死身古身細身骨身本身前身三つ身・剝(む)き身・四つ身寄り身我が身


しん【身】

[音]シン(呉)(漢) [訓] みずから

学習漢字3年

〈シン

人のからだ。「身体身長護身焼身心身全身長身病身満身裸身

自分。わがみ。「献身自身修身

社会的地位立場。みぶん。「身上(しんじょうしんしょう)・身代出身前身独身保身立身

なかみ。物の本体。「銃身刀身

〈み〉「身軽身銭・身近・身分親身(しんみ)・総身(そうみ)・中身

名のり]これ・ただ・ちか・のぶ・みる・む・もと・よし

難読文身(いれずみ)・随身(ずいじん)・正身(そうじみ)


むくろ【×躯/骸/身】

死体なきがらまた、首のない胴体だけの死体。「冷たい―と化す

朽ちた木の幹。

からだ。特に、胴体

「かしらは、―は(たぬき)、尾はくちなは」〈平家・四〉


読み方:しん

  1. 分のこと。又は賭博胴親

読み方:しん

  1. 博徒其他ノ乾分。〔第二類 人物風俗
  2. 乾分を云ふ。

読み方:み

  1. 博徒社会にて親分属す一類或は金銭を云ふ。
  2. 博徒社会において親分属す一味のこと。或いは金銭のことをいう。

分類 博徒


読み方:み

  1. 博徒社会ニ於テ同一親分配下ニ属スル一類。〔第二類 人物風俗
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/14 16:18 UTC 版)

身体、からだ)、身体(しんたい)は、生物学的かつ文化的に規定された、有機体としての人間動物の構造を指す。人間は身体を通じて世界を経験し、世界を構成する。




  1. ^ a b c 波平恵美子『からだの文化人類学: 変貌する日本人の身体観』大修館書店、2005年(平成17年)
  2. ^ Latitudinal variation in light levels drives human visual system size(著:Eiluned Pearce, Robin Dunbar 英国王立協会の会報「Biology Letter」Published:27 July 2011. 参照日:21 June 2018. doi:10.1098/rsbl.2011.0570)


「体」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2019/05/11 06:23 UTC 版)

発音

名詞

  1. からだ身体
  2. などの肉の部分
  3. 自分自身
  4. (シン) (仏教) 触覚機能触覚器官五根六根十二処のひとつ。身根しんこん身処しんしょに同じ(ウィキペディア三科」、「五位」も参照)。

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



身と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「身」の関連用語


2
96% |||||

3
96% |||||

4
96% |||||

5
96% |||||

6
96% |||||


8
90% |||||

9
90% |||||

10
90% |||||

身のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



身のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS