五感とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > 感覚 > 五感の意味・解説 

ご‐かん【五感】

読み方:ごかん

視・聴・嗅(きゅう)・味・触の五つ感覚これらの感覚によって外界の状態を認識する。「—を研ぎすませる」


五感

読み方:ゴカン(gokan)

人間知覚総称


五感

作者高橋毅

収載図書木っ端
出版社文芸社
刊行年月2008.10


五感

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/09 02:24 UTC 版)

五感(ごかん)とは、動物ヒト外界を感知するための多種類の感覚機能のうち、古来の分類による5種類、すなわち視覚聴覚触覚味覚嗅覚をさす。この伝統的な分類を前提として、人間の感覚全体を指すために「五感」という表現が用いられる場合もある(「五感を鋭くする」など)。




「五感」の続きの解説一覧

五感

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 21:50 UTC 版)

ディロング」の記事における「五感」の解説

頭蓋解析から、ディロングは薄い髄膜保護されS字型の脳を持つことが示唆されており、これは厚い髄膜保護され線状の脳を持つティラノサウルスとは異なっている。これはワニと同様体格相関関係があるとされているディロング巨大な片葉ディロング俊敏平衡感覚長けていたことを示唆している一方で嗅索は小さくティラノサウルス後のティラノサウルス科ほどディロング嗅覚洗練されていなかったことが示されている。

※この「五感」の解説は、「ディロング」の解説の一部です。
「五感」を含む「ディロング」の記事については、「ディロング」の概要を参照ください。


五感

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 06:31 UTC 版)

セベクス」の記事における「五感」の解説

セベクスに関するコルバート論文には脳・耳管および顎の筋肉記載もある。これら軟部組織詳細頭骨特徴内部のエンドキャストあるいはモールドから推測されるセベクス吻部が深いため脳の形状現生ワニ類ある程度異なるものの、構造一致する嗅球長く、脳の主要部占める。大脳現生ワニ類比較する狭く長く嗅球向かって細くなる側頭葉現生ワニ類よりもある程度小さい。ワニ脳のサイズ進化するにつれて大型化する傾向があるため、コルバートセベクス小型の大脳原始的であることの印とした。ハンスC・Eラーソン2001年恐竜カルカロドントサウルス・サハリクスの頭蓋内解剖学研究行い、脳の全体容積大脳比率他の先史時代爬虫類比較した彼はセベクスアロサウルス・フラギリスカルカロドントサウルスに近い比率出し現生爬虫類特徴づける95%の信頼区間収まることを発見した耳管中耳咽頭繋がりワニにおいては非常に複雑である他の脊椎動物異なりワニ耳管内部で分岐した複数の管が内部で繋がっている。この構造セベクスでは完全に発達しており、おそらくワニ形上目極めて初期に出現したものである一方で幅狭二等辺三角形をした頭部側方向いた眼窩により、本種の立体視野は現生ワニ類のように限られていた。こういった点は同じ陸生ワニ類カプロスクスなどと異なる。

※この「五感」の解説は、「セベクス」の解説の一部です。
「五感」を含む「セベクス」の記事については、「セベクス」の概要を参照ください。


五感

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 09:01 UTC 版)

霊魂論」の記事における「五感」の解説

感覚には触覚味覚嗅覚聴覚視覚という五つ感覚があり、それら感覚器官共通して感じることができる対象には運動静止数量形状大きさ五つがある。それら感覚の中でも触覚あらゆる動物一般的に備わっている、とアリストテレス指摘し触覚能力十分にあってはじめて他の能力備わっていくものと考えていた。

※この「五感」の解説は、「霊魂論」の解説の一部です。
「五感」を含む「霊魂論」の記事については、「霊魂論」の概要を参照ください。


五感

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 16:00 UTC 版)

4D技術」の記事における「五感」の解説

1次元視覚2次元聴覚3次元触覚4次元嗅覚

※この「五感」の解説は、「4D技術」の解説の一部です。
「五感」を含む「4D技術」の記事については、「4D技術」の概要を参照ください。


五感

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 06:25 UTC 版)

ウォーキング・デッド」の記事における「五感」の解説

視覚聴覚嗅覚は、程度不明ながら有しており、銃声アラームのような大きな物音音声反応して進行方向変えたり生者の姿を見つめながら襲いかかる感染者見極めは主に嗅覚頼っていることが窺えウォーカーの血と臓物全身塗りたく動き真似することで群れ紛れることができる。

※この「五感」の解説は、「ウォーキング・デッド」の解説の一部です。
「五感」を含む「ウォーキング・デッド」の記事については、「ウォーキング・デッド」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「五感」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

五感

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 03:42 UTC 版)

名詞

ごかん

  1. 外界事物感知するための5つ感覚機能視覚聴覚嗅覚味覚触覚総称

発音(?)

  • ご↗かん

「五感」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



五感と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

五感のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



五感のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの五感 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのディロング (改訂履歴)、セベクス (改訂履歴)、霊魂論 (改訂履歴)、4D技術 (改訂履歴)、ウォーキング・デッド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの五感 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS