外界とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 世界 > 外界の意味・解説 

がい‐かい〔グワイ‐〕【外界】

外の世界。まわりの世界

哲学で、意識から独立してその外部存在するすべてのもの。客観的実在世界。⇔内界


がい‐かい グヮイ‥ 【外界】

〔名〕 外の世界。あるものをとりまく、まわりの存在哲学では、自己の意識から独立して存在するすべてのものをいう客観的世界。⇔内界。〔哲学字彙(1881)〕

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「書斎に吸ひ付いて、嘗て外界に向って口を開いた事がない」


外界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/22 06:09 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「外界」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「外界」を含むページの一覧/「外界」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「外界」が役に立つかも知れません。


外界

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 13:13 UTC 版)

名詞

がいかい

  1. 外の世界
  2. 意識から独立して存在する全てのもの。

発音

が↗いかい

対義語




外界と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「外界」の関連用語

外界のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



外界のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの外界 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの外界 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS