痛覚とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > > 痛覚の意味・解説 

つう‐かく【痛覚】

読み方:つうかく

痛み感覚皮膚の痛点臓器組織圧迫障害などの刺激によって起こる。


疼痛

(痛覚 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/04 09:09 UTC 版)

疼痛(とうつう、: Pain: Schmerz)とは、痛みを意味する医学用語であり、ここではその生理学的な側面を記述する。一般的には末梢神経への刺激により生じる。


  1. ^ Debono, DJ; Hoeksema, LJ; Hobbs, RD (August 2013). “Caring for Patients with Chronic Pain: Pearls and Pitfalls”. Journal of the American Osteopathic Association 113 (8): 620–627. doi:10.7556/jaoa.2013.023. PMID 23918913. 
  2. ^ Turk, DC; Dworkin, RH (2004). “What should be the core outcomes in chronic pain clinical trials?”. Arthritis Research & Therapy 6 (4): 151–4. doi:10.1186/ar1196. PMC 464897. PMID 15225358. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC464897/. 
  3. ^ Breivik, H; Borchgrevink, PC; Allen, SM; Rosseland, LA; Romundstad, L; Hals, EK; Kvarstein, G; Stubhaug, A (July 2008). “Assessment of pain”. Br J Anaesth 101 (1): 17–24. doi:10.1093/bja/aen103. PMID 18487245. 
  4. ^ Moore, RA; Wiffen, PJ; Derry, S; Maguire, T; Roy, YM; Tyrrell, L (4 November 2015). “Non-prescription (OTC) oral analgesics for acute pain - an overview of Cochrane reviews.”. The Cochrane database of systematic reviews 11: CD010794. doi:10.1002/14651858.CD010794.pub2. PMID 26544675. 
  5. ^ Eisenberger, NI; Lieberman, M (2005). “Why it hurts to be left out: The neurocognitive overlap between physical and social pain”. In Williams, KD. The Social Outcast: Ostracism, Social Exclusion, Rejection, & Bullying (Sydney Symposium of Social Psychology). East Sussex: Psychology Press. pp. 210. ISBN 1-84169-424-X. http://webscript.princeton.edu/psych/psychology/related/socneuconf/pdf/eisenberger-lieberman2.pdf 
  6. ^ Melzack, R; Casey, KL. “Sensory, motivational and central control determinants of chronic pain: A new conceptual model”. In Kenshalo, DR. The skin senses: Proceedings of the first International Symposium on the Skin Senses, held at the Florida State University in Tallahassee, Florida. pp. 432 
  7. ^ Weyers, H (September 2006). “Explaining the emergence of euthanasia law in the Netherlands: how the sociology of law can help the sociology of bioethics.”. Sociology of health & illness 28 (6): 802–16. doi:10.1111/j.1467-9566.2006.00543.x. PMID 17184419. 
  8. ^ 自然科学研究機構生理学研究所の柿木隆介教授らの実験
  9. ^ (編集)日本緩和医療学会、緩和医療ガイドライン作成委員会「薬理学的知識」(pdf) 『がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン』(2014年版)金原出版、2010年6月20日。ISBN 978-4-307-10165-3https://www.jspm.ne.jp/guidelines/pain/2014/pdf/02_03.pdf 
  10. ^ 日本皮膚科学会、井上雄二、金子栄、加納宏行ほか「創傷・褥瘡・熱傷ガイドライン―1:創傷一般ガイドライン」『日本皮膚科学会雑誌』第127巻第8号、2017年、 1659-1687頁、 doi:10.14924/dermatol.127.1659NAID 130005815329
  11. ^ Katz, J. A.; Swerdloff, M. A.; Brass, S. D.; Argoff, C. E.; Markman, J.; Backonja, M.; Katz, N.; Franklin, G. M. (2015). “Opioids for chronic noncancer pain: A position paper of the American Academy of Neurology”. Neurology 84 (14): 1503–1505. doi:10.1212/WNL.0000000000001485. ISSN 0028-3878. 
  12. ^ Kristina Fiore (2014年9月30日). “AAN Warns Against Opioids in Chronic Noncancer Pain”. MedPage Today. http://www.medpagetoday.com/PainManagement/PainManagement/47871 2015年5月15日閲覧。 
  13. ^ Megan Brooks (2018年6月15日). “First Ketamine Guidelines for Pain Released”. WebMD. 2018年6月15日閲覧。
  14. ^ Henry Goldman (2018年7月14日). “New York Health Officials See Marijuana as an Alternative to Opioids”. Bloomberg. https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-07-13/n-y-health-officials-see-marijuana-as-an-alternative-to-opioids 2018年6月10日閲覧。 
  15. ^ Zhu C, Xu Y, Duan Y, et al. (November 2017). “Exogenous melatonin in the treatment of pain: a systematic review and meta-analysis”. Oncotarget (59): 100582–100592. doi:10.18632/oncotarget.21504. PMC 5725045. PMID 29246003. http://www.oncotarget.com/index.php?journal=oncotarget&page=article&op=view&path%5B%5D=21504&path%5B%5D=68333. 
  16. ^ a b 世界保健機関 (2018-06) (pdf). Pre-review: Cannabis plant and resin: Section 4: Therapeutic Use (Report). World Health Organization. http://www.who.int/medicines/access/controlled-substances/ecdd_40_meeting/en/ 2018年6月10日閲覧。. , Fortieth meeting of the Expert Committee on Drug Dependence.
  17. ^ Lakhan SE, Sheafer H, Tepper D (2016). “The Effectiveness of Aromatherapy in Reducing Pain: A Systematic Review and Meta-Analysis”. Pain Res Treat: 8158693. doi:10.1155/2016/8158693. PMC 5192342. PMID 28070420. https://doi.org/10.1155/2016/8158693. 
  18. ^ Dimitriou V, Mavridou P, Manataki A, Damigos D (December 2017). “The Use of Aromatherapy for Postoperative Pain Management: A Systematic Review of Randomized Controlled Trials”. J. Perianesth. Nurs. (6): 530–541. doi:10.1016/j.jopan.2016.12.003. PMID 29157760. 
  19. ^ Chen TH, Tung TH, Chen PS, et al. (2016). “The Clinical Effects of Aromatherapy Massage on Reducing Pain for the Cancer Patients: Meta-Analysis of Randomized Controlled Trials”. Evid Based Complement Alternat Med: 9147974. doi:10.1155/2016/9147974. PMC 4738948. PMID 26884799. https://doi.org/10.1155/2016/9147974. 
  20. ^ Eisenberger, NI; Lieberman (2005). "Why it hurts to be left out: The neurocognitive overlap between physical and social pain" Archived 29 February 2012 at the Wayback Machine. In Williams, KD; Forgas, JP; von Hippel, W. The social outcast: Ostracism, social exclusion, rejection, and bullying. New York: Cambridge University Press. pp. 109–127. ISBN 1-84169-424-X.
  21. ^ Melzack, R; Wall, PD (1996). The challenge of pain (2 ed.). London: Penguin. pp. 26–28. ISBN 978-0-14-025670-3
  22. ^ Vlaeyen, JW; Morley, S (2005). Cognitive-behavioral treatments for chronic pain: what works for whom?. 21. pp. 1–8. doi:10.1097/00002508-200501000-00001. PMID 15599126. 
  23. ^ Ost, LG (October 2014). “The efficacy of Acceptance and Commitment Therapy: an updated systematic review and meta-analysis.”. Behaviour research and therapy 61: 105–21. doi:10.1016/j.brat.2014.07.018. PMID 25193001. 
  24. ^ Cordell, WH; Keene, KK; Giles, BK; Jones, JB; Jones, JH; Brizendine, EJ (2002). “The high prevalence of pain in emergency medical care”. American Journal of Emergency Medicine 20 (3): 165–9. doi:10.1053/ajem.2002.32643. PMID 11992334. 
  25. ^ Hasselström, J; Liu-Palmgren, J; Rasjö-Wrååk, G (2002). “Prevalence of pain in general practice”. Eur J Pain 6 (5): 375–85. doi:10.1016/S1090-3801(02)00025-3. PMID 12160512. 
  26. ^ Abu-Saad Huijer, H (2010). “Chronic pain: a review”. J Med Liban 58 (1): 21–7. PMID 20358856. 
  27. ^ Smith, AK; Cenzer, IS; Knight, SJ; Puntillo, KA; Widera, E; Williams, BA; Boscardin, WJ; Covinsky, KE (November 2010). “The epidemiology of pain during the last 2 years of life”. Annals of Internal Medicine 153 (9): 563–9. doi:10.7326/0003-4819-153-9-201011020-00005. PMC 3150170. PMID 21041575. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3150170/. 



痛覚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 06:00 UTC 版)

クオリア」の記事における「痛覚」の解説

痛み感覚哲学者たちにとって、主観的な感覚について議論するための代表的な素材一つとなっている。痛みに関する情報伝達するC線維疼痛のような神経線維活動電位と、火傷した皮膚のチリチリした痛みや、虫歯もたらすズキズキとした感覚との間には、どういう関係があるのか。それは同一性の関係か、または別の種類のたとえば付随性といった関係か、といったことが議論されるちなみに神経科学者クリストフ・コッホは虫になってその痛み苦しんでいるときに、「歯痛がなぜ「痛い」のか、自分の持つ生理学知識では理解できない」と思いそこから意識研究者となることを志したという。

※この「痛覚」の解説は、「クオリア」の解説の一部です。
「痛覚」を含む「クオリア」の記事については、「クオリア」の概要を参照ください。


痛覚(「人差し指を当ててください」のリメイク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 08:21 UTC 版)

世にも奇妙な物語の放映作品一覧」の記事における「痛覚(「人差し指を当ててください」のリメイク)」の解説

「この黒い点に人差し指を当ててください」というナレーション後に視聴者側が)黒い点に指を当てると、そこから血が滴り落ちてくる。

※この「痛覚(「人差し指を当ててください」のリメイク)」の解説は、「世にも奇妙な物語の放映作品一覧」の解説の一部です。
「痛覚(「人差し指を当ててください」のリメイク)」を含む「世にも奇妙な物語の放映作品一覧」の記事については、「世にも奇妙な物語の放映作品一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「痛覚」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

痛覚

出典:『Wiktionary』 (2017/11/11 07:15 UTC 版)

名詞

 つうかく

  1. 痛みじる感覚

関連語


「痛覚」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



痛覚と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

痛覚のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



痛覚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの疼痛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのクオリア (改訂履歴)、世にも奇妙な物語の放映作品一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの痛覚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS