末梢神経障害とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > 末梢 > 末梢神経障害の意味・解説 

末梢神経障害

【仮名】まっしょうしんけいしょうがい
原文peripheral neuropathy

身体の様々な部位痛みやしびれ、刺痛、腫脹筋力低下などが起きる神経系病態通常は手か足から始まり時間ととも悪化していく。末梢神経障害の原因としては、身体的損傷感染毒性物質疾患(がん、糖尿病腎不全栄養失調など)、薬物抗がん剤など)などが考えられる。「neuropathy神経障害)」とも呼ばれる

ニューロパチー

(末梢神経障害 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/18 10:03 UTC 版)

ニューロパチーニューロパシー[1]、Neuropathy)は、末梢神経の正常な伝導が障害される病態。障害される神経の種類は運動神経感覚神経自律神経に及び、ミクロ的な障害部位は軸索であったり髄鞘(シュワン細胞)であったりする。マクロ的にどこが障害されるかによって、単神経炎多発性単神経炎多発神経炎に区別される。


  1. ^ 重篤副作用疾患別対応マニュアル”. 厚生労働省. 2018年2月4日閲覧。





末梢神経障害と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「末梢神経障害」の関連用語

末梢神経障害のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



末梢神経障害のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニューロパチー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS