bakゲルとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > がん用語 > bakゲルの意味・解説 

bakゲル

【仮名】bakげる
原文BAK gel

化学療法原因で生じる末梢神経障害手足における痛み、しびれ、刺痛、灼熱痛筋力低下など)の治療薬として研究されている物質バクロフェンアミトリプチリンケタミンという3種類の薬物が含まれており、これらが神経の受容体遮断することによって筋肉弛緩させる。このゲル剤は、皮膚の症状のある部分塗布して用いられる。鎮痛剤一種である。「baclofen/amitriptyline/ketamine gelバクロフェン/アミトリプチリン/ケタミンゲル)」とも呼ばれる




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「bakゲル」の関連用語

bakゲルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

興津海水浴場

セキ

大島映二

クズレ沢斜路工

広帯域移動無線アクセスシステム

コリドラス・ニューアドルフォイ

黄 孟正

中山鳥居





bakゲルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2018 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター

©2018 Weblio RSS